環境

中国環境・CSR・エネルギーレポート

テーマは、中国環境ビジネス、日中環境協力、中国環境問題、日中エネルギー協力、中国CSR活動、日中関係、対外環境戦略、中国NGO等で、現地中国からのレポートをお届けします

全て表示する >

『週刊中国環境規制/ビジネスレポート』紹介 −中国環境メルマガ号外

2013/10/24

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

         中国環境・CSR・エネルギーレポート

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
                              2013年10月24日(木)号外
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 発行部数;13464(まぐまぐとメルマ!、独自発送、MLの合計)
※月刊中国語版メルマガの発行部数は25565です。必要な方は連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『週刊中国環境規制/ビジネスレポート』紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『週刊中国環境規制/ビジネスレポート』は2005年より始まり、8年も続い
ている中国環境市場及び中国環境/化学物質法令レポートです。貴社の中国
環境/化学物質コンプライアンスや中国環境ビジネスの強い味方となる本
『レポート』の特徴を以下に紹介します(既購読の方、重複ご了解願います)。

■中国環境コンプライアンスは大丈夫ですか
▲毎週10〜30もの環境・化学物質分野の法令・通達・標準情報を網羅
▲2日に1回配信する中国環境・化学物質法令速報

 ご存知でしょうか。中国ではなんと毎週10〜30もの環境・化学物質分野の
法令・通達・標準(環境製品規格、汚染排出基準、環境測定方法等)が策定
されています。しかもこの数は日系企業の生産・販売・輸出入と密接な関連
ある法令標準だけです。
 例えば環境規制はPM2.5や土壌汚染の報道を受けて強化されてきています。
また化学品政策の改定により、化学品を取り扱う企業は法令標準順守がより
強く義務付けられています。日中関係悪化を受け、当局は日系企業の環境規
制・化学物質規制を厳格にチェックしており、処罰された日系企業も増えて
います。環境・化学物質分野の法令標準への対応なしではもはや業務続行は
不可能です。

 しかしこれを各社が独自に収集・フォローするのは至難の業です。本『レ
ポート』ではこれらの情報をしっかりフォローしているほか、2日に1度の
「中国環境法令・化学物質法令速報サービス」で、策定機関・法令名・原文
URLを会員に送信しています。

 なお環境保護省が策定する環境標準(GBやHJ)だけで2011年〜2015年に約
800件が制定・改定される計画です。このほか工業・情報化省、建設省、国
家エネルギー局が策定・改定する環境関連標準や、地方政府が定める地方環
境標準を入れるとその数倍の数になります。

※環境・化学物質関連標準には、環境製品規格、工場等の汚染排出基準、環
境測定方法のほか、環境ラベル製品基準、ISO14001国内基準、中国版RoHS基
準、危険化学品GHS・MDSD基準などがあります。

 これら全ての環境法令・通達や環境関連標準を網羅しているのは本『レポ
ート』のみです(地方標準は東部沿海地区のみ網羅)。

▲策定前段階の情報もフォロー

 中国の環境政策・法令・通達・標準で最も悩ましい問題は、「知らないう
ちに出来る」というものです。しかし完璧ではないものの事前に知る方法が
あります。計画段階、パブコメ段階で公開されるほか、関係者がメディア・
シンポジウムで話すことがあります。これらの事前情報をフォローしている
のも本『レポート』のみです。


■豊富な中国環境プロジェクトや中国有力環境企業の情報を網羅

 本『レポート』が取り扱っている環境情報は、各地の環境プロジェクト、
中国の有力環境企業、環境・化学物質政策動向です。ほぼ全ての情報につ
いて、情報源原文URLを付記しています。


■最も豊富な環境展示会・環境シンポジウム情報

 中国の環境展示会・環境シンポジウムの情報を最も豊富に収録しているの
が本『レポート』です。常に30〜100もの情報を収録しています。環境シン
ポジウムは、中国の環境分野キーパーソンと知り合う良い機会であり、講
演の機会を設ければ宣伝の良い機会になります。

 中国の環境展は数多いわけですが、実は「ピンキリ」です。本『レポー
ト』購読者には効果的な中国環境展出展に関する相談にも対応させて頂きま
す。このようなサービスが可能なコンサル会社は多くありません。


■環境法令翻訳や環境レポートを無料進呈
▲中国環境・化学物質分野の重要法令和訳を無料進呈

 当社は、中国環境・化学物質分野の重要な法令・通達・五ヶ年計画等の
和訳を販売しておりますが、本『レポート』購読者には該当月販売の法令
和訳を無料進呈しています。詳細やバックナンバーは以下URLをご覧下さい。
http://www.jcesc.com/env_law_reg.html

(バックナンバーの一部例)
・全国都市給水施設改造・建設第12次五ヵ年計画及び2020年長期目標
・第12次五ヵ年全国都市生活ゴミ無害化処理施設建設計画
・第12次全国都市汚水処理・再生利用施設建設計画
・危険化学品安全使用許可証実施弁法
・危険化学品経営許可証管理弁法
・中国版PRTR 危険化学品環境登記管理弁法(試行)
・危険化学品登記管理弁法

※当社の和訳は日本人専門家による監修を受けております。

▲中国環境・化学物質分野の別冊レポートを無料進呈

 当社は、中国環境・化学物質分野の別冊レポートを販売しておりますが、
本『レポート』購読者には該当月販売の別冊レポートを無料進呈していま
す。詳細やバックナンバーは以下URLをご覧下さい。
http://www.jcesc.com/theme_report.html

(バックナンバーの一部例)
・中国環境メディアレポート
・中国危険化学品安全管理条例下位法策定の最新動向
・中国天然ガス地域冷暖房動向レポート及び 
 通達「天然ガス分散型エネルギー発展に関する指導意見」和文
・中国自動車排気ガス対策産業2010年発展総括
・中国有機廃ガスVOC対策産業2010年発展概要
・中国環境関連業界団体
・中国都市環境衛生(都市ゴミ処理)産業発展報告2010
・中国水道料金・汚水処理費:現状、問題分析、改善案


■その他にも特典あり

▲当社主催の中国環境セミナーに優待価格

 当社は年に数回、日本や中国で中国環境・化学物質法令制度解説セミナー
や中国環境ビジネス攻略法セミナーを開催しております。本『レポート』購
読者には優待価格を適用させて頂いています。

▲内容に関する質問・相談も受け付けています

 新たに本格的な調査が必要となる場合を除き、購読者には無料にて対応致し
ております。

■サービス詳細・価格・申込方法は以下サイト参照
http://www.jcesc.com/enw.html

▲2014年度の購読も受付中
▲お手軽な3ヶ月からのお申込も可能(94,500円)
▲購読ご検討頂ける方に過去1ヶ月分のバックナンバー進呈
▲中国内で人民元決済も可能

----------------------------------------------------------------
このほかにも貴社北京リエゾンオフィス代行業務・コンサルサービスパッ
ク・特定テーマ情報収集・化学品登記サービスなど数多くの中国環境ビジ
ネスツールをご用意しております。お気軽にご相談下さい。
----------------------------------------------------------------
中国環境ビジネスに関して、お気軽にご相談下さい(相談情報は守ります)。
環境一筋22年の著者が対応させていただきます。
……………………………………………
大野木昇司 onogi@jcesc.com、onogish@yahoo.co.jp
日中環境協力支援センター有限会社 取締役
北京大野木環境コンサルティング有限公司 社長
東京商工会議所 中小企業国際展開アドバイザー
福岡アジアビジネスセンター 対中環境ビジネスアドバイザー
立命館、桜美林、奈良先端科学技術大学院大学 客員研究員
北京和僑会顧問 中国環境雑誌(2社)編集委 
会社HP:www.jcesc.com 中国MP18211070847 日本MP090-8081-6668
Skype:onogish2 QQ:306244524 FB:www.facebook.com/799810557
ブログ:http://jcesc-ceo.cocolog-nifty.com/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-08-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。