環境

中国環境・CSR・エネルギーレポート

テーマは、中国環境ビジネス、日中環境協力、中国環境問題、日中エネルギー協力、中国CSR活動、日中関係、対外環境戦略、中国NGO等で、現地中国からのレポートをお届けします

全て表示する >

【中国環境・CSR・エネルギーレポート】<第266号>(簡易版)

2007/12/30

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

         中国環境・CSR・エネルギーレポート(簡易版)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
                                2007年12月30日(日)第266号
————————————————————————————————————
■中国環境・CSR・エネルギーレポートとは
 このメルマガは、環境保護を共通目標として、日中両国および東アジアの共同事
業の展開、相互理解を進めようと、中国で奮闘する日中環境戦略研究家のレポート
です。
 近況レポート、生活日記、滞在記、ニュースなど現地からの独自のレポートをお
届けします。
 私こと、日中環境戦略研究家は個人サイトを運営しております。プロフィールや
過去レポートなども掲載してありますので、こちらの方も併せてご覧いただければ
幸いです。
 http://www.realintegrity.net/~onogish/
  なお、現在の発行部数は4175(まぐまぐとメルマ、独自発送の合計)です。
※月1回発行の中国語版メルマガ発行部数は11471です。中国語版は日本語版と内容
が異なります。中国語が見られる方には送信します。ご連絡ください。

■ごあいさつ
 2007年ももうすぐ終わりとなりました。おかげさまで、日中環境協力支援セ
ンターは少しずつ成長してきております。2008年、日中環境協力や省エネ協力
が更に進展し、弊社もそれに少しでも貢献できるよう頑張って参りたいと思い
ます。皆様の益々のご発展を祈念致します。よい年をお迎え下さい。

■日中環境協力支援センターからのお知らせ
□当社の中国環境・エネルギー・CSR支援業務における強み       
1.1万名を超える中国環境分野の人脈を活用
 当社は、1万名を超える中国環境分野の人脈を有しています。環境、エネルギ
ー、リサイクル、生態系などの広い分野、環境保護総局・発展改革委・建設部
・地方政府などの中央地方官公庁、企業・事業団体・シンクタンク・大学・メ
ディア・NGOなどの広いセクターに渡っており、貴団体の各種業務をサポートし
ます
2.大量の中国環境情報の集積基地
 当社は、『週刊中国環境CSRニュース』やメールマガジン週刊『中国環境・エ
ネルギー・CSRレポート』を配信しているほか、日本の環境分野の業界紙への寄
稿、中国での各種の環境会議への参加、中国環境専門家とのやりとり、中国の
環境新聞・雑誌などを通じて、大量の中国環境情報を集積し、長年の経験によ
る分析を加えて、貴団体の各種業務をサポートします。
3.専門的アドバイザーによる業務支援ビジネス支援
 当社は、中国環境ビジネス・研究に通じたアドバイザーを抱えており、環境
ビジネス・環境研究・共同事業の実施に関する各種のノウハウを提供しています。

□有料版『週刊中国環境CSRニュース』
 最新の環境法令情報、CSR動向、環境産業動向、展示会・会議情報満載の『週刊
中国環境CSRニュース』をご購読ください。見本をお送りいたします。

12月第3週(12月15日〜12月21日分、18ページ)
【週間官公庁・地方法令情報】
【有益中国環境情報】
【汚染対策】
福建省泉州市:汚染源自動モニタリング監視設備の設置が同省最多
河北省石家荘市:「重点流域水汚染防止特別行動方案」を公布
遼寧省瀋陽市:環境関連苦情が半減
上海市:工業固体廃棄物処理を強化
広東省:独水河流域で区域認可制限を実施
東北監督センターが遼河流域の水汚染防止を監督視察
河南省:環境監督管理を全面強化 565重点汚染源でオンラインモニタリング
河南省:県級汚水ゴミ処理事業が全面完成
甘粛省:半数以上の汚水処理場が正常に稼動せず
中国海油省エネ排出削減モニタリングセンターが発足
遼寧省:各種「五小」企業1700社以上を閉鎖に
【環境政策】
80の国家環境保護重点実験室と事業技術センターの建設認可申請始まる
山東省青島市:2008年の自動車排気ガス汚染防止目標を確定
湖北省:汚染排出権取引プラットフォームを構築 取引管理弁法を作成
北京市:工業構造調整とクリーナープロダクションで2008年にCOD4%削減
湖北省:汚水処理費の徴収で困難に直面 1トン0.05元未満 41県では未徴収
安徽省:炭層ガス採掘利用の強化に関する実施意見を公布
吉林省:工業団地を検査、8団地に区域環境評価の期限内やり直し命令
【環境ビジネス、CSR情報】
遼寧省:第11次五ヵ年計画期間に69の都市汚水処理場を建設
『黄河水資源公報』:2006年、黄河流域の汚水排出量は42.63億トンに
無錫市と江南大学が協力 15ヶ所の研究センターを開設
排ガス回収による複合発電で二酸化炭素6.4万トン/年を削減 日本技術を導入
中国と韓国の企業100社が環境ビジネス交渉
石炭産業の省エネ排出削減で成果を上げる
江蘇省無錫市:環境評価の低い企業10社に対し融資削減
中国環境NGOが気候変動に関する立場を表明
バイエル集団:気候保護計画で中国省エネ排出削減目標に対応
山西省:石炭利用分野で省エネ排出削減5大プロジェクトを実施
浙江省嘉興市:25社の環境信用不良企業が市民へ公開謝罪
深セン:国内初の社会的責任指数となる泰達環境指数を導入
【クリーンエネルギー、省エネ】
広東省深セン市:太陽エネルギー産業モデル基地が発足
再生可能エネルギー建築事業130件が補助金対象に
四川省南充市:中国石油初のバイオエネルギー開発生産モデル基地を設立
中国バイオエタノール産業に外資系企業が初参入
新エネ商会が新エネ産業報告を公布 民間資本が次々と参入
【環境展示会・シンポジウム情報】

■お知らせ
□2008第9回中国国際環境保護展覧会(CIEPEC+EPTEE)受付のお知らせ
 2008年4月27日〜29日、上海にて中国最大規模の環境展である「2008第9回中
国国際環境保護展覧会(CIEPEC+EPTEE)」が開催されます。同環境展の日本
側受付窓口は、日中環境協力支援センターです。詳しくは、以下のページをご
覧下さい。締め切りは1月30日(水)です。

展示会フロントページ(日本語)
http://www.jcesc.com/eptee2008.html
パンフレット
http://www.jcesc.com/2008epteejp071224.doc
出展申込書
http://www.jcesc.com/2008epteejp071224.doc

□電子投票のお願い
 現在JICA広報部門では、各技術協力プロジェクトのホームページ・コンテス
トを実施中です。世界中で実施されている技術協力プロジェクトのホームペー
ジから、皆様の投票によって最も優秀なものを選ぶという企画です。もし弊社
が支援している「JICA日中林業生態研修センター計画プロジェクト」のHPが良
いと思っていただけるようでしたら、以下のウェブサイトから同プロジェクト
枠横の「投票」をクリックして頂きますようお願いいたします。1月3日締め切
りです。
http://project.jica.go.jp/area/asia/033_1.html
 ちなみに07年はおかげさまで第2位に選ばれました。このときは弊社がホー
ムページの管理等を直接担当しておりました。以下、参照下さい。
http://project.jica.go.jp/#osusume01

□発表・寄稿等アーカイブ
 私の会議発表・新聞雑誌寄稿・論文発表・インタビューの記録をまとめた
アーカイブをアップロードしました。ご覧下さい。
http://www.jcesc.com/archive20071224.doc

■トピックス
□JICA研修員による『日本の非営利組織』新書発表懇談会に参加
  12月27日、JICA主催、民政部民間組織管理局・清華大学NGO研究所の共催に
よるJICA『日本の非営利組織』新書発表会に、当社スタッフが参加した。同会
議は、JICAが2005年から2年にわたり行ってきた「日本NPO法制度視察研修」を
通じた日中比較検討・調査研究の成果をまとめた『日本の非営利組織』(北京
大学出版)の発表会で、執筆編集に携わった民政部・国務院法制弁公室・国家
税務総局など政府関係者のほか、日中の社会福祉・環境NGOや研究機関から、
あわせて40名ほどが参加した。

□読売新聞
 12月25日付読売新聞の「中国疾走 五輪前夜」で私の発言が掲載されました。

□サーチナ
 中国情報局(サーチナ)の新春企画「特別寄稿 各界有識者による2007年回
顧と2008年展望」で、環境問題分野について私の原稿が掲載される予定です。

■イベント紹介
□2008第9回中国国際環境保護展覧会(CIEPEC+EPTEE)
 2008年4月27日〜29日、上海にて中国最大規模の環境展である「2008第9回中
国国際環境保護展覧会(CIEPEC+EPTEE)」が開催されます。詳しくは、以下
のページをご覧下さい。締め切りは1月30日(水)。
http://www.jcesc.com/eptee2008.html

□電子製品3C認証安全基準シンポジウム
主催:情報産業部電子製品安全基準作業チーム事務局
日時・場所:2008年1月11日、北京市
※有料版購読者でご希望の方には案内(中国語)を送ります。
申込締切は1月5日

□2008年CDM商談会及びCDMシンポジウム
主催:海南省発展・改革庁研修センター
日時・場所:2008年1月18日〜20日、海南省海口市
※有料版購読者でご希望の方には案内(中国語)を送ります。

□第一回中国環境保護投資大会
主催:清華大学環境系
日時・場所:2008年1月23日〜24日、北京市
※有料版購読者でご希望の方には案内(日本語)を送ります。

■スケジュール
 当分北京滞在。1月に一時帰国、東京と大阪に行く予定。1月14日の週はほぼ
大阪(関西)滞在で、1月21日の週はほぼ東京滞在。

■日本語で読める中国環境ニュース
ネットアドレス入りのメルマガは有料版購読者のみに配信しております。
□CRI
中国、中央アジアと結ぶ天然ガスパイプラインを計画
再生可能エネルギーの開発を強化
中国、「エネルギー状況と政策に関する白書」を発表 
中国の龍灘水力発電プロジェクトが正式に稼動
一人当りのエネルギー資源保有量 中国は世界で下位
中国、エネルギー面における国際協力を強化すべきと主張 
日本の07年度対中円借款協定 調印 
中日両国、環境保護と省エネ協力で共同声明 
中日両国、気候変動問題で技術協力を強化へ
東アジア5ヶ国、ハ陽湖湿地を合同調査
日本の対中無償援助プロジェクト、調印
中国、砂漠化による損失が毎日1億5000万元 
来年、北京では自動車排ガス基準「国家4」を実施 
中国の副首相、党・政府機関の省エネを提唱 
気候温暖化、黄土高原の干害を深刻化 
中国の全人代、水質汚染防止法修正案を審議へ 
中国気象局人工影響天気センター、設立
農村の飲料水安全確保、資金面で支援強化

□人民網
中国、エネルギー関連の立法推進へ 
生産能力の劣った鉄鋼メーカーの閉鎖政策、全国へ拡大
秦皇島港の石炭取扱量、世界初の年間2億トンに 
工業用取水量8.9%削減 06年
広西の竜灘水力発電所、ユニット3基が初稼動 
環境保護マーク制導入へ 自動車の排ガス規制に 広州 
寧夏、干ばつ地域居住7万7千人を移住へ
環境保護型トンネル、無錫で開通
日本の対中円借款、環境保護に463億200万円
西蔵、クリーンエネルギーへの代替に2400万元投入
一人当りのエネルギー資源保有量 中国は世界で下位
中国、エネルギー分野への海外からの投資を奨励
エネルギー供給の安定した発展を 5つの措置発表
太湖流域で汚染物質排出権の有料化モデル事業展開
水質管理が地方政府の査定項目に
「資源枯渇都市」、最初の枠組みが決定 
中国、エネルギー白書を発表 世界の安定供給に貢献
省エネ対策で5項目の措置を展開へ
中国のバイオディーゼル大手、NYSEに上場
大慶油田、火力発電の冷却塔6基を爆破
国防白書、気候変動白書等が来年発表へ
生ワラ利用の発電プロジェクトが稼働 江蘇
燃料エチルアルコール事業スタート、非穀物化路線へ
中国、氷河面積が7.4%縮小へ
海底から地下淡水資源を発見 浙江省
海洋の気候変動モニタリングへ実験室設立 青島
四川省九寨溝、一切の映画・ドラマ撮影を謝絶
中国の環境整備は依然非常に脆弱
砂漠化による経済損失は年間540億元
環境保護団体が報告発表 北京市
上海が初の海底気象台建設へ 海底から信号受信 
3万羽のユリカモメ、昆明市で越冬

□チャイナネット
 『中国エネルギーの現状と政策』白書が発表
中国初の火力発電所CO2捕獲プロジェクト着工
省エネと汚染物排出減少を実現させた企業
ハ陽湖で第7回アジア湿地ウィーク関連イベント
北京市緑化局、五輪緑化プロジェクト85%完成
人工降雨により、干ばつを緩和 桂林

□中国情報局
中国風電:子会社が吉林、内蒙古の風力発電に投資
中国海洋石油:渤海海域のガス・油田が稼働
福田首相訪中に外交部「熱烈歓迎」環境協力など期待
中国風電:風力発電会社2社を設立へ
日中首脳会談で東シナ海問題対処、環境対策など合意
大気汚染:改善は「視界不良」、濃霧も晴れず 北京
広西:龍灘水力発電所が稼動開始 中国第4の発電力
新明和工業:重慶でごみ収集車など特装車製造へ
Xマス:「清しこの夜」終わってみれば街ゴミだらけ
中国:砂漠化による経済損失、1日で1.5億元
「エネルギー政策白書」で省エネへの積極性アピール 
中央官庁再編か エネルギー部・環境建設部が発足?
カナダ企業の寄付1.1億円で砂漠化対策基金設立
「白鳥の湖」に白鳥がいない 環境汚染が原因か
中国最大の石油精錬プラント、08年稼働へ
上海沖で中国初の大型海上発電プロジェクト始動 
重慶:5年で「退耕還林」100万h、土壌流失に歯止め
新疆・クチャ:07年原油生産量は500万トン超に

□新華通信ネットジャパン
山東:二酸化硫黄とCODの排出を4%削減へ
天津市、エコ都市の建設に向けて本格始動
河南:90億元で南水北調の供水路整備 
四川:成都、大型ゴミ処理発電所が間もなく稼動
河北:汚染物質排出削減に注力、五輪期間も特別措置
北京:08年より自動車用燃料に国4基準
省エネ・環境保全が08年の基準制定の重点に
「省エネ・汚染物質削減作業経験交流会」開催 
遼寧:都市汚水処理場69ヶ所を建設
江蘇:淮安で中国初のわら発電プラントが稼動
雲南:国際林業協力での外資受入額、約5億元に
風と雪が霧を追いやり、「青空目標」達成へ
陝西:エコツーリズムと温泉リゾートを開発
陝西省、神華集団と石炭開発で協力
中国石油:長距離石油ガスパイプライン、集中管理へ

□日中経済通信
甘粛省のゴミ・汚水処理、体制不備で深刻な汚染を懸念
海洋分野で初、青島市に気候変化実験室が設立
国内初の二酸化炭素回収プロジェクトが北京でスタート
中国人1人当たりの二酸化炭素排出量、世界第92位
天津宝成、タイSahaviriyaの海水淡水化プロジェクトに調印
中国最大の民営鉄鋼企業、スペインのENDESA社と排出権取引へ
中国第1の観光都市・三亜市の立遅れたゴミ処理機能が発覚
砂漠化対策で成果、年平均1283平方Km縮小 経済損失540億元
河北省保定市、米AES社とCDMプロジェクトをスタート
中国都市部の大気汚染が深刻化—社会科学院研究者が指摘
黄河流域の水質汚染状況、依然として楽観を許さない状況
シノペック出資の中国初1000トン級大型製油所が完成間近
新疆ウイグル自治区、将来的に非金属鉱物生産基地に成長
普光ガス田、年間20億立方メートルの混合ガス生産を見込む
エネルギー白書「中国人1人当たりのCO2排出量は世界92位」

□済龍
中国開発銀行:陜西省エネルギー化工業へ600億元貸付
中国:工業増加値1万元あたりの水消費量、8.9%削減
普光ガス田:年間生産量20億立方メートルに
華電長沙発電所、第1期プロジェクトを完成
内モンゴル炭鉱:1基あたりの生産量、60万トンを突破
中国:2008年1月にディーゼルオイル80万トンを輸入する計画
中国:砂漠化により、1日あたり1億5000万元を損失
カラマイ油田:原油生産量、1197.4万トンに
中国新疆:タリム油田、売上げ300億元超に
中国内モンゴル自治区:非鉄金属産業が柱産業に
中国国電集団:電容量6000万キロワット超へ
三峡ダム発電所の中国産発電ユニット、稼働開始
重慶市:電力151万キロワットを緊急購入、元旦の電力供給を確保
華能北方電力:風力発電プロジェクト、稼動を開始
中国:エネルギー自給率、90%以上に
中国:地中熱源ヒートポンプ市場規模、10億元に
龍灘水力発電所、期日前倒しで稼動を開始
中国:バイオマス発電、発展の道へ
四川—上海特高圧直流送電模範プロジェクトが着工へ
紅太陽集団:万州に天然ガスバイオ化学工業プロジェクト建設
中国:初の非食糧アルコール生産プロジェクト、生産開始へ
広西:再生可能エネルギー建築で、石炭削減5万トンに
チベット:2008年、再生可能資源利用に2400万元投入
中国:外資企業のエネルギー業への投資を奨励

□日経
南北と中国、25日からエネルギー支援で実務協議
中国の環境保全へ共同基金、首相訪中で提案検討
[発表資料]富士重工、スバルの環境対応技術と安全技術に関する取り組みを発表
福田首相、日中環境基金創設を提案へ・中国首脳との会談で
日中首相会談、ガス田早期決着を確認・環境など協力

□その他
長江流域の水質改善で協力 27日から福田首相訪中
中国:脅威論を否定、効率改善最優先に エネルギー白書
中国が初のエネルギー白書、1人あたり消費水準の低さ強調
エネルギー安保、中国脅威論を否定 中国政府の白書
環境保護で「日中共同基金」創設、公明代表が首相に要請
光化学オキシダント:20年で1.2倍 大陸からの影響で
NOx排出量、アジアで激増…中国から日本への越境汚染も
日中首脳会談:ガス田協議加速で一致 環境問題も協力強化
日中首脳会談:「環境」10項目で協力
環境で連携強化合意へ 日中首相会談 ガス田問題も協議
日中首脳会談 環境や安保協力推進 ガス田「早期決着へ努力」
環境、エネルギー協力が鍵 中国で日本の影響力低下
福田首相訪中、環境外交が焦点に
日中環境基金の実現を
エネルギー安保、中国脅威論を否定 中国政府の白書
日中両国が環境ファンドに18億ドル共同出資へ
GDPの1.35%投資、数値目標も…中国「環境中期計画」
中国政府、ベンチャー基金設立・天津市に300億円
中国の環境整備は依然非常に脆弱
黄砂や揚子江の水質対策、日中首脳会談で協力合意へ
西安の森林再生で取り組み 北桑田高、現地の学生らと交流も

————————————————————————————————————
■MSNメッセンジャーでチャット可能 アドレスは、onogi@jcesc.com です。
SkypeやGmailチャットも開通しました。IDお持ちの方はご連絡ください。
————————————————————————————————————
■このページに関するご意見、お問い合わせ、投稿等は以下のアドレスまで。
  onogish@yahoo.co.jp
(ご相談等は『週刊中国環境ニュース』会員を優先させていただきます)
————————————————————————————————————

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-08-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。