住宅・不動産

【読むだけで、部屋探しの達人になれる!】

第一線のプロが明かす掟破りの部屋探しのノウハウ!読むだけで楽しく、簡単に部屋探しができる考え方とコツがわかり、まったくの素人でも部屋探しの達人になれる!おまけに、暮らしの知恵まで身につきます!


全て表示する >

部屋探しの達人になれる!(52号)【賃貸借契約の解除について】

2005/03/17

△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○2005/3/17━━○△
 あなたは、どのような暮らしがしたいと思っていますか?
 どのようなライフスタイルを希望していますか?

引越のための部屋探しを考えている方、
今の暮らしを変えたいと願っている人たちのメールメマガジン

    【読むだけで、部屋探しの達人になれる!】  **第52号**
 −部屋探しする前に、どんな暮らしをしたいのか、よ〜く考えなさい−
   
   URL   http://www11.ocn.ne.jp/~aidenet
   MAIL  aidenet@violin.ocn.ne.jp
   【発行元】株式会社エイド・ネット
   〒790-0915 愛媛県松山市松末2-16-17-206
   Tel:089-998-2235  
   【発行責任者】 相原 眞喜雄  Makio Aihara   

△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△
 
 春らしい陽射しになってきました。
といっても、朝晩はまだまだ寒い日が続いていますが、
桜の季節が近づいているのを肌で感じることができるようになりました。

 のんびりとした始まりになりましたが、実はとても忙しい日々を送っています。
やはり転勤などで引越が多いこの時期は、1年で一番忙しい時期です。
ここのところ休みもなく働いています。
実は嬉しい悲鳴をあげているのですが・・・!

 今年は、去年に比べて企業の転勤が多いような気がしています。
そんな忙しい状況の中で、ふと気が付いたことをテーマに取り上げます。

  
 それでは、第52号の始まりです。
もうすぐお花見の季節です!今週も元気を出して行きましょう!


 今回は、【賃貸借契約の解除について】という内容です。

 2〜4月にかけては、転勤などで引越をしなければならなくなった人が
いると思います。既に、部屋探しをしている人、もう終わった人など
いろいろだと思います。

引越先を見つけるのも大変ですが、見つかった後は引越の準備だけでなく、
今住んでいる部屋の賃貸借契約を解除する必要があります。
ここに問題が生ずることがあるので、今回は契約解除について説明します。


 一般的に建物の賃貸借契約は契約期間を定めて合意します。
例えば、賃貸借契約期間は2年間とするという具合です。
契約期間を定めて賃貸借契約を締結すると、当事者はこの契約期間に
拘束されることになります。

 つまり、家主(賃貸人)は2年間貸し続ける契約上の義務があり、
借りた人(賃借人)は、賃料を支払って2年間借り続ける契約上の
義務があります。

 とはいっても、会社から○○へ転勤を命じられれば、
「賃貸者契約が1年残っているので転勤できません!」
なんて言おうものなら、リストラの対象にされかねないご時世ですから、
そんなこと言えないですよね!

 借りた人(賃借人)は、借地借家法の正当事由制度で保護されているので、
家主(賃貸人)から解除することはできません。

 それでは、借りた人(賃借人)が自由に解除できるかというと、
そうではありません。借りた人も契約は守らなければなりません。

民法では、期間を定めない賃貸借契約を締結した場合、
具体的に言うと、1年間の賃貸借契約をして、その後は自動更新する
ような場合(従来は最もポピュラーな契約でした)、
当事者(家主と借りた人)は、いつでも解約を申し入れることができます。
この場合契約は解約申入れ後3ヶ月を経過することによって終了します。


 では、期間を定めた賃貸借契約の場合は、どうなるのか?
誰でも疑問に思いますよね!
ちょっと面倒な話になります。

賃借人の期間内解約については、契約書に期間内解約条項がない限り、
賃借人も期間内解約ができないことになります。
皆さんも契約書の内容をよ〜く確認してくださいね!

じゃあ、どうして解約できるのでしょう?
それは、借りた人が家主に対して解約したいと申し出た場合に、
家主が了承して契約が終了します。
この了承も期間内解約の条項を利用して解約したのか、
それとも当事者間の合意で解除したのかで対応が違ってきます。

期間内解約の条項を利用して解約したとなると、その条項に拘束されます。
したがって、解約した後6ヶ月分の家賃を支払わなければならなくなることが
あります。それは、解約条項の内容によるのですが。

一般的には合意解除になるので、賃貸借契約は合意した時点で
直ちに契約終了になります。そのため余分な家賃を支払う必要はありません。
通常であれば、家主もそこまで知らないのでトラブルになることはありませんが、
たまによく勉強している家主様がいて、そういう点をついてきます。
その場合解約時のトラブル発生!
最悪の場合、裁判になるケースもあります!


 皆さんも解約して次の契約を締結する場合、ここのところを注意しておいて
くださいね!変な家主の物件は敬遠しましょう!
  
 皆さんの健闘を祈っています! 
 
 
今回は、これくらいにしておきます。
 それでは、次回をお楽しみに!



 お助けグッズのHPに興味がある方は、下記アドレスから、どうぞ!
  http://aidenet.at.infoseek.co.jp/index.htm
  
△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△

 みなさんの感想もどんどんとりあげていきたいと思います。
このメルマガに関する感想をお寄せ下さい。

【発行元】株式会社エイド・ネット
〒790-0915 愛媛県松山市松末2-16-17-206
Tel:089-998-2235  
【発行責任者】 相原 眞喜雄  Makio Aihara
ご意見・ご感想:aidenet@violin.ocn.ne.jp  
          http://www11.ocn.ne.jp/~aidenet
過去のバックナンバーがご覧になれます。
サンプルはこちら http://www11.ocn.ne.jp/~aidenet/mailmaga.htm

△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-08-02  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。