住宅・不動産

【読むだけで、部屋探しの達人になれる!】

第一線のプロが明かす掟破りの部屋探しのノウハウ!読むだけで楽しく、簡単に部屋探しができる考え方とコツがわかり、まったくの素人でも部屋探しの達人になれる!おまけに、暮らしの知恵まで身につきます!


全て表示する >

部屋探しの達人になれる!(49号)【1人暮しに都会の死角!】

2005/02/03

━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━相互広告━━━━

▼やったあ!毎日5分でWEBクリエイターになれる! 
http://www.mag2.com/m/0000113225.htm
ネットビジネスのための一口メモ。さらりと読める今日のヒントです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━○━2005/2/3━○△
 あなたは、どのような暮らしがしたいと思っていますか?
 どのようなライフスタイルを希望していますか?

引越のための部屋探しを考えている方、
今の暮らしを変えたいと願っている人たちのためのメールメマガジン

      【読むだけで、部屋探しの達人になれる!】  **第49号**
            −暮らしの知恵を身につけよう!−
   
   URL   http://www11.ocn.ne.jp/~aidenet
   MAIL  aidenet@violin.ocn.ne.jp 
   【編集・発行責任者】 相原 眞喜雄   

△○△○△○━━━━━━━━━━━━━━━━△○△○△○△

 第49号のはじまりです。

 いつもこの時期になると、あっという間に1ヶ月がすぎてしまったなぁ!
と思います。本当に年末から年始にかけては、
驚くほど早く過ぎ去ってしまいます。
何もしないまま年老いてしまうようで、怖い気がします。

 昨年末は暖冬、暖冬と騒がれていました。
我が家のトマトも実をつけたまま赤く色づくこともなく、
緑のまま大きくなっています。
食べられるのかどうかわかりません?
本当に変ですよね!

しかし、年が明けてやっと寒い冬に戻ったようです。
寒い冬があるから春が待ち遠しい気持ちになります。
この時期は、春を待ち焦がれています。
だって、寒いのは大の苦手ですから・・・!

 
 前置きが長くなりましたが、
今回は、【1人暮しに都会の死角!】というテーマです。

今年も、元気を出して行きましょう!


 都会では、隣人がどんな人なのかさえ気にしないまま
1人暮しをしている人がたくさんいます。
しかし、もし地震が起きて家具やガレキに閉じ込められてしまったら・・・。

 特に女性の1人暮しは、都会では死角になっているようです!
10年前の阪神淡路大震災の時には、閉じ込められた人の98%が
自力か家族、隣人、通行人の手で助けられたといいます。
つまり普通の人こそ救出の主力になったということです。
都会で1人暮しをしている人は、自力以外で助かる可能性は
少ないと考えておいた方がいいと思います。

 
 それでは、閉じ込められた時にはどうすればいいのでしょうか?
大人の場合、閉じ込められて72時間が生命維持の限界のようです。
この72時間の間に、
『体力を温存しながら、自分の存在を外部に知らせる』
ことが基本だと言えます。
1.体力の温存を第一に考える。
2.自分の存在を音で知らせる。
  声を出すと体力を消耗するので、物で壁などを叩いたり、
  目覚まし時計を鳴らすなどする。
3.倒壊物で動けない場合は、下手に抜こうとすると傷口を広げる
  怖れがあるので、動かないこと。
4.絶対に助けが来ることを信じて待つ。
5.救助隊員や近隣住民の呼びかけに耳を澄ませ、
  ここぞという時に声や音で応じる。

 自力で脱出できそうな時には、
1.動ける時には、余震の前に1秒でも早く外へ出ること。
  ただし、落下物に注意すること。
2.「○○へ避難しています」というメモを自宅ドアなどに残しておくこと。


 安否の連絡をとるには、下記方法を覚えておいてください。
1.NTT災害用伝言ダイアル
  『171』に安否や避難先などの伝言を30秒まで録音・再生可能。
2.NTTドコモ 『iモード災害用伝言板』
  被災地にいる利用者がiMenuからメッセージを登録。
3.KDDI災害用伝言板
  au携帯電話の「EZweb」に伝言を登録。
  1月下旬からドコモの『iモード災害用伝言板』と相互接続。

 もしもの時のことを考えて、安否の確認方法を家族で決めて、
確認しあっておくといいと思います。


 最後に、多くの1人暮しの女性が住んでいるワンルームマンションでの
震災対策を紹介します。
1.家具は突っ張り棒とマットなどで上下から固定する。
  家具の下段には重いものを入れ安定性を向上させる。
2.パソコンなどの家電は、粘着シート、耐震マットなどを利用する。
3.寝る場所はガラスが飛散する恐れがある窓際を避ける。
4.ガラスには、飛散防止フィルムを貼り、寝る時はカーテンを閉めること。
5.枕元には、笛、スリッパ、懐中電灯、携帯電話などを置いておくこと。
  特に懐中電灯は、手回し式や上下に振るだけで発電するタイプが便利。
  携帯用手動式充電器を持っていると、携帯電話の充電ができるだけでなく、
  アラーム、ラジオ、ライトの機能もついているので安心です。

 今回も日本経済新聞の記事を参考にしました。
 災害に遭わないのが一番ですが、もし遭った時に慌てないように
準備しておいてください。起きてからでは手遅れです。
今年も、災害は必ず起きると思います。


 それでは、このへんで。
  次回をお楽しみに!
 
 
 防災グッズに興味がある方は、下記アドレスから、どうぞ!
  http://aidenet.at.infoseek.co.jp/bousai.htm

 △○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△

 みなさんの感想もどんどんとりあげていきたいと思います。
このメルマガに関する感想をお寄せ下さい。

【発行元】株式会社エイド・ネット
〒790-0915 愛媛県松山市松末2-16-17-206
Tel:089-998-2235  
【発行責任者】 相原 眞喜雄  Makio Aihara
ご意見・ご感想:aidenet@violin.ocn.ne.jp  
          http://www11.ocn.ne.jp/~aidenet
過去のバックナンバーがご覧になれます。
サンプルはこちら http://www11.ocn.ne.jp/~aidenet/mailmaga.htm

△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△○△

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-08-02  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。