SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2004.10.06/三条あかり景色とその結果

2004/10/07

【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.10.06 Vol.194 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   配信部数 941部

「まちづくりとSOHO」(#007)
                         渡辺@ウェブマックス

【○】本日のお題 「三条あかり景色とその結果」━━━━

皆様こんにちは。ウェブマックスの渡辺です。前回から何度かお話ししてきまし
たまちぶら会の取り組みについて、先週打ち上げ花火的イベント「三条あかり景
色」が終了しました。まちづくりの新たな取り組みとしてのこのイベント、期間
中観客のべ約3万人ということで、なんとか成功裡に終わりました。今回はその
ご報告をしてみたいと思います。http://www.do-kyoto.jp/machi/akari/


 三条あかり景色への道

このイベントは京都三条通周辺という観光地ではない中心市街地の活性化が目的
でした。前回も書きましたが、地域活性化をするなら、やはりアナログで目立っ
たイベントなどをうっていく、地域の地図を作る、などアナログな目に見えやす
い作業が中心になるんでしょう。地域のSOHOも認知度を高めるためには、やはり
アナログなアプローチなのかなって思います。その意味でかなりアナログなアプ
ローチができたと思います。

ではどんなことをやったのかをまずご説明します。このイベントを主催したまち
ぶら会は、京都の中心市街地活性化のための任意団体で、参加者それぞれが持ち
寄ったことを実現化することを中心に活動しています。そのなかで、三条通は夜
寂しいねえ、という問題認識が出てきました。では夜に人が出てきやすいことを
やってみたいということを考えついたわけです。

すでに神戸のルミナリエのように、夜に人を呼ぶイベントにはライトアップがい
いという実例もあり、さらに京都でもねねの道や二年坂産寧坂周辺で花灯篭とい
うライトアップイベントがあって、かなりの人出だったのを目にしたので、それ
に近いコンセプトでライトアップということになりました。

しかしながら、同じようなものでは仕方ないし、ということでメンバーの一人に
劇場プロデューサーさんがいらしたので、考えて頂きました。そのときプロジェ
クターで映像を照射することでライトアップをしてみてはどうか?ということに
なって実現したわけです。

日程も比較的京都に観光客が少なく、寒さや暑さが比較的しのげる時期というこ
とで、9月中旬ということになりました。ちょうどそのとき、京都映画祭が開催
されるということで映画祭ともコラボレーションできる。さらには映像も映画祭
の関連映像が使えるのではないかということになり、日程は決まりました。

また京都の市民のための祭りである「京都まつり」も通常10月下旬なのに同じ
時期に前倒しになりました。なので、3つのイベントが同時開催と言うことにな
ったのです。


 三条あかり景色の直前
 
さて、こうして開催が決まったわけですが、直前の準備はやはり大変でした。特
に思いもよらなかったのは、コンテンツの不足でした。あかりの照射箇所は三条
通の京阪三条〜烏丸三条まで約50カ所でした。ところが30コンテンツしか集
められなかったのです。それでも2ヶ月前告知で公募したのですから、このくら
いでも十分かもしれません。しかし20カ所は不足するので、1枚のDVDに焼
き込んで同じ映像を流す場所を作らなければなりませんでした。

もっとも映像作品については、私の教えている京都芸術デザイン専門学校の映像
を専門とする学生に夏休みの課題として作ってもらいました。これがよくできて
いたのでかなり助かりました。映像作家の卵たちのデビュー作品になってくれた
のは嬉しいことでした。

またこのプロジェクトに参加しているデザイナーさんたちからも集まり、やはり
かなりクオリティーの高いコンテンツも数は少ないですが、集まりました。また
映画祭からは、上映される貴重なフィルムの予告編を作ってもらいました。本当
に多くのいわゆるSOHOによる作品の供給を受けることができたわけです。

ボランティアベースだったので、プロジェクターもDVDプレーヤーも全部持ち
よりでした。それでもエプソンさんにはスポンサーとしてプロジェクターを借り
ることもできました。

そして、50カ所の会場があるので、それぞれでプロジェクターの照射を行うス
タッフや、交通整理の人が少なくとも100名は必要になりました。これも、新
風館さんなどから学生さんに呼びかけて頂き、何とか確保できました。これでい
よいよスタートです。


 三条あかり景色の当日

さて、当日ですが思ったよりもスムーズに事が運びました。これも中心になって
仕切っていただいたのが、劇場アートコンプレックス1928の関係者の方々で
した。やはり慣れているものでかなりの工程がありましたが、なんとか設置や照
射までもっていくことができました。ただ、まちぶら会メンバーはほぼ全員、あ
ちこちの照射箇所を見回るためかなりの仕事量でした。学生さんのボランティア
さんもまちぶらメンバーやアートコンプレックスさんの指揮下で、かなりよく動
いてくれました。

当日は段取りも不慣れながらなんとかでき、実際にお客さんもねらい通りたくさ
ん来て頂けました。いつもの三条通はほとんど夜は人がいなくなるのですが、今
日ばかりは昼間と同じくらい人が歩いていました。

それを翌日の京都新聞の一面に掲載されました。翌日は連休中日の日曜日でもあ
ったので、信じれられないくらい多くの人が集まってきました。

もちろん明かり景色を照射するだけでなく、1日目は着物を着る会の皆さん20
名以上に三条通を歩いて頂き、2日目は京都まつりに来て頂いた鎧行列の皆さん
30名にも歩いて頂き、また節分のお化け行列も出しました。また10月9日に
開催される京都学生祭典の広報部隊も着物で行列を出してくれました。

そんなことが重なり、三条通は大にぎわいになったわけです。これはもうねらい
以上の成果が出たと思います。観客動員数も3日間でおよそ3万人程度でした。

新聞やテレビ、ラジオ、雑誌にかなりの取材を受け、まちづくりの新しい試みと
して大きく評価頂いたような気がします。参加した、若い世代の商店主、SOHO事
業者、学生さんと、いままでまちづくりに参加してきていない人々が中心になっ
たのですから、これまでのまちづくりの話とは全く違うアプローチができたと思
います。


 三条あかり景色の反省
 
さて、そうはいっても問題点も多くありました。若い世代中心に進めていたので、
さらに上の世代が半信半疑でなかなか参加して頂けなかったとか、もっともっと
小さいイベントと思われていたとか、そもそも映像コンテンツ自体がおもしろく
ないとか、また音を出す許可が得られなかったため、無音の映像で物足りなさを
感じた人がいたなど、まだまだ反省点も多いです。

今後は特にコンテンツの面で、さらにブラッシュアップが必要な気がします。参
加していたSOHO事業者の皆さんの作品ももっともっとPRできたのではないかと
思いますが、結局人手不足で、いろんな才能を持った方々に集まって頂いてるに
もかかわらず、どんな人も交通整理や照射などに当たらねばならず、本来の才能
を十二分には生かし切れなかった方もおられるかもしれません。そのあたりの役
割分担も今後の課題かもしれませんね。


 今日のまとめ
 
まちづくりとSOHOの関わりについて論じてきたわけですが、かなりアナログなア
プローチから、徐々に本来得意なデジタル的アプローチにつなげるようにもって
いく方向性から作らないと難しいなと実感できました。ただ、まだ次へつなげる
には、もう少しアナログ的アプローチをブラッシュアップする必要もありそうで
す。次回からはそのあたりも考えていきたいと思います。


それでは次回も宜しくお願いいたします。

========================================================================
【プロフィール】
渡辺 康一(わたなべ やすかず)ウェブマックス株式会社代表取締役社長
wa@webmax.co.jp  

1969年山梨生。
1988年より京都移住。
1996年高校社会科講師をしながら副業で在宅就業形態でウェブ制作開始。
1999年リストラによりウェブマックス合資会社を資本金7万円で起業。
2001年資本金300万円でウェブマックス有限会社を設立。
2002年関西SOHOデジタルコンテンツ事業協同組合理事長に就任。翌年退任。
2003年資本金1000万円に増資しウェブマックス株式会社に組織変更。

携帯向・地域活性化・EC・学術機関・伝統工芸系サイト等200以上プロデュース。
東京・京都・亀岡商工会議所、石川県・京都府関連団体・大阪府関連団体など
行政でIT関連講師を務める。着物で営業をすることで知られる。

現在、
龍谷大学非常勤講師日本史担当
デジタルハリウッド大阪校 WEBプロデューサー講座講師
厚生労働省委託社会経済生産性本部「在宅就業ポータルサイト」協議会委員
http://soho-portal.org/
近畿情報システム産業協議会幹事http://ss7.inet-osaka.or.jp/%7Ekisa2/
大阪韓国ITビジネス交流ネットワーク http://ok-net.org/
京都府地域と人をむすび育てるIT活用プラン委員
http://www.pref.kyoto.jp/it-promo/ap/index.html
(財)日本SOHO協会理事http://j-soho.or.jp/



☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、村上肇
 水曜日:渡辺康一、折笠僚洋
【編集者】
   稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
     http://www.kansai-soho.or.jp/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2004 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。