SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2004.08.23/続・SOHOによく効く書籍「意味形成」

2004/08/23

========================================================================
【あなたのメール読まれていますか?】8月26日『メール道』セミナー開催!
 ----------------------------------------------------
  http://factory.e-b2b.jp/seminar/semi040826.htm
 ----------------------------------------------------
 〜ビジネスに勝てる!電子メールをご存知ですか?ネットコミュニケーション
 の基本中の基本。電子メールを見直そう!毎日のメールに心を込めてこそ
「道」は開ける〜 講師:久米繊維工業株式会社 代表取締役 久米信行氏
========================================================================


【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.08.23 Vol.181 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   配信部数 948部

「続・SOHOによく効く書籍」(#004)
                           咲本@時計台ネット

【○】本日のお題 「意味形成〜名もなきものをいかに表現するのか?」━━━

こんにちは!咲本です。

今回のお題は「意味形成」ということにいたしました。

このような言葉を使いますと、難しそうなことをお話するのではないかとのイメ
ージを抱かれる方がいらっしゃるかもしれません。

勿論、簡単なことを簡単なままにお伝えするような、結果的に役に立たないこと
になるような妥協をするつもりはありません。

「意味形成」の問題とは、例えば商品名・サービス名・事業名・社名などのネー
ミングをどのようにするのかとか、キャッチコピーをどのようにするのかという
問題、また事業活動の向かう方向性をどのように表現するのかということでもあ
ります。

中小企業という位置づけの企業は勿論のこと、SOHO事業者を含めて、様々な事業
に取組むに当たって、「スローガン」となる簡潔な表現を作り上げることが必須
となります。

そういったところを考え抜くのに必要とされる表現法のひとつが、「メタファー」
であり、その他にも「メトニミー」や「シネクドキ」と呼ばれるものが存在しま
す。

そのようなところにまで問題意識を落とし込みますと、「意味形成」の問題を、
必死で考え抜いていくことがSOHO事業者に求められることが、少しは感じていた
だけるのではないかと思います。

今回は、そんな観点から、オススメ書籍をご紹介させていただきます。

ちなみに、「ネーミングのツボ」といったノリでのノウハウ本は、多数存在して
いますが、そんな類の本を読んだからといって、うまいネーミングを作れたとの
話を一度も耳にしたことはありません。


▽ 瀬戸賢一『メタファー思考』(講談社現代新書)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061492470/

本書は、ビジネス書ではなく、言語学者が一般向けにメタファーについてわかり
やすく解説した書です。

メタファーとは日本語では隠喩、メトニミーは換喩、シネクドキは提喩と呼ばれ
るものを指します。

著者によれば、
メタファーは、類似性に基づく。より抽象的で分かりにくい対象を、より具体的
で分かりやすい対象に《見立て》ること。

メトニミーは、現実世界(民話のような想像世界も含める)のなかでの隣接関係
に基づく意味変化である。

シネクドキは、意味世界(私たちの頭のなかにある)における包摂関係に基づく
意味変化である。包摂関係とは、類と種の間のカテゴリー関係である。

分かりやすい例に当てはめますと、
「月見うどん」はメタファー、「きつねうどん」はメトニミー、「親子丼」はシ
ネクドキ。また、「白雪姫」はメタファー、「赤ずきん」はメトニミー、「人魚
姫」はシネクドキ。さらに、「たい焼き」はメタファー、「たこ焼き」はメトニ
ミー、「焼鳥」はシネクドキ。
による表現ということになります。

なんだかこういった説明だけでは、まだ漠然としか理解いただけないかもしれま
せんが、詳しくは新書サイズのお気軽に読める本でもありますので、是非本書を
お読みになってご理解下さい。

いずれにしましても、メタファーが「身体の表面に張り巡らされた視・聴・嗅・
味・触の五感は、世界に向けて広げられた敏感なアンテナ。五感のメタファーが
世界を理解するーー外の情報を内の意味に転換する(理解可能なものに変える)
ーーうえで、とくに重要な働きをするのは、このためである」のです。

つまりは、認識したものをどのように意味形成していくのかという点、ひらたく
言えば、いかにネーミングするのかという働きに重要となるのがメタファーであ
るということです。

次回は、もう少しビジネス系の書籍にシフトしまして、組織における意味形成の
点について、ポスト・モダンマネジメントといわれる著書をご紹介させていただ
く予定です。


【プロフィール】
咲本 勝巳(さきもと かつみ)
1965年京都生まれ。京都在住。eビジネス、組織論、創業、ベンチャー、経営戦
略、現代思想にとても高い関心を持つマーケティングのコンサル屋。

関西ベンチャー学会 理事 http://www.kansai-venture.org/

大阪市立大学・大学院創造都市研究科アントレプレナーシップ研究分野
「創業アドバイザー」 http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp/

起業・マーケティング・eビジネスによく効くメルマガ「週刊☆ビジマ」発行人
http://www.mankai.biz/


【あとがき】

私のかかわっている2つのイベントをご紹介させていただきます。

《その1》
8月27日にデジハリ杉山校長をお招きして、「デジタルコンテンツの現在と未来」
をテーマに「関西ベンチャー学会8月例会」を開催いたします。
一般の方のご参加も大歓迎です。
詳しくは⇒ http://www.kansai-venture.org/07_event/reikai-Aug%2004.htm

《その2》
9月4日、キャンパスプラザ京都で「どうする!京都人!自分らしく生きる〜好き
なことでメシを食う〜」をテーマに200名定員の大イベントが開催されます。
カンデジの吉田(前)理事長が基調講演。SOHOでメシを喰っていこうと思われる方
オススメです。
詳しくは⇒ http://www.kyo.or.jp/kyoto/cgi-bin/data/detail/0004.html

まだまだ暑い日が続きますねえ。
ということで、昨夜ネットショップで注文したアロハシャツを着て、これらイベ
ントには登場しようと思ってます。


ご意見・ご感想は→ mailto:sakimoto@tokeidai.net
私についてご興味のある方は硝子張り公開→ http://www.tokeidai.net/works/

☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、村上肇
 水曜日:渡辺康一、折笠僚洋
【編集者】
   稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
     http://www.kansai-soho.or.jp/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2004 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。