SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2004.07.28「ポリシーの立て方」

2004/07/28

========================================================================
 ★関デジ主催 値切られない受注とWebアクセシビリティのつぼ&交流会
   Webクリエイター必見!関デジが配信するメールマガジン
   「Webのツボ」をリアルでライブ公開!!
 □詳細:http://www.kansai-soho.or.jp/seminer/osaka0811.html
------------------------------------------------------------------------
パネルディスカッションでは、関デジ会員が関デジ体験談を赤裸々に語ります。
========================================================================

【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.07.28 Vol.176 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   配信部数 0930部

「稼げるSOHOに必要なこと」(#002)
                     オリカサ@ペンギンファクトリー

【○】本日のお題「ポリシーの立て方」━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オリカサです。

第2回はSOHOを続けていく中で、私自身が一番に必要だと思っていること。
「ポリシー」について書かせていただきます。

といいつつ、私自身も最近になって、やっとポツリポツリと他人に色んな形で話
せるようになってきたところで、その「ポリシー」をうまく商売につなげること
ができるようになるにつれ、次第と売上も上がり利益も出るようになってきまし
た。
ちなみに我が社の「ポリシー」は、シグネチャの中に入れている、

『Linux&オープンソースで高品質なサービスを』

や、ホームページ上にある、

『Linuxを有効に活用し質のよいツールやサービスを生み出す。そして、それら
 を使って皆様のお役に立つことをペンギンファクトリーは目指しています 』

です。

要はコストを抑えて、いい製品やサービスを提供する。ということで、割とクー
ルな感じにしてます。
「目標」「ポリシー」というよりも「付加価値」や「セールストーク」に近いも
のです。これをホームページの案内文や会社案内などに使っています。

しかし、これとは別にもう1つ。
社内や友人、近い知人にしか言ってない「ポリシー」があります。

要約すると、

『ネット社会をよりよいものにするために、仕事を通じて社会に貢献し、次の世
 代を育てるための環境としての土台をつくることこそが自分達の使命である』

です。しかし、
ちょっと大きすぎるかもしれない内容の「ポリシー」なので、あまり表でも言っ
てません。もしかすると、このメルマガが初公開かもしれません。

私には子供が3人います。子供達が大きくなったときに、同業者達の運営するサ
イトやサービスで見たり使ったりして欲しくないものがたくさんあります。ネガ
ティブなもの、グロテスクなもの、あまりに直接的なものや過激なもの、そして
それらを垂れ流しにするもの。大人はそれらに免疫を持って対処することが可能
だと思いますが、精神的に無防備な子供達にとってはショックを過大に与え、そ
の後の成長を歪めてしまうものが少なくないのではないかと思います。宗教もな
く倫理教育も無い日本では、これらの現状はしばらくは変わらないのではないか
と思います。

そんな中、せめて自分達だけはしっかりとした「目的・目標」としての「ポリシ
ー」を持とう。という熱い想いがこもった内容なんですが、人によっては、大口
を叩いていると思われてしまったり、言葉尻をとって反論されたり、茶化した記
事にされたりすることもあったりしました。

ということで、友人や知人と熱く語るときや、社員を叱ったり言い諭したりする
ときなんかに思い出して使っています。サービスの進む方向に迷ったとき後の展
開の指針となったり、どちらをつくるかの優先順位付けで顧客の好評価を得るこ
とができたり、手を組むべき相手かどうか判断しかねていた時に安易な儲け話に
乗らずに済んだり、相手と心を開いて話し会えたり。と、結構色々な局面で、こ
の隠れた「ポリシー」が役に立っています。

しっかりとした「ポリシー」を持ち、自分を律しつつそれを表現していくことで
、結果として熱くて深い人脈ができ、その中で楽しい商売ができつつあるところ
です。類は友を呼ぶ。ってところでしょうか。

しかし、まだまだ「ポリシー」に見合った行動ができずにいますが(^^;;;
さて、みなさんは「ポリシー」を持って仕事をしていますか?

次週は「アセット」について書こうと思います。

========================================================================
【プロフィール】

オリカサ☆トモヒロ(本名:折笠 僚洋)
 EMail:ori@penguin.ne.jp
 Blog:http://d.hatena.ne.jp/penguin_ori/

〜Linux&オープンソースで高品質なサービスを〜
有限会社ペンギンファクトリー 代表取締役 プログラマー
 URL:http://www.penguin.co.jp/

1970年 北海道生まれ。小学校卒業とともに福岡から京都に転校してくる。
1993年 「ディアスコーポレーション(屋号)」として個人ソフトハウス開業。
1999年 資本金300万円で「有限会社ディアス」設立。
2001年 「有限会社ペンギンファクトリー」に社名変更。
2003年 増資。資本金620万。

生産・販売管理などの全社システムから、社内決済や業務管理用ツール、テクニ
カルなWebサイトやグループウェアシステムなど、大小100以上のシステムの設計
〜開発を自ら行なう。「ネット社会をよりよいものに!」をモットーに、自社開
発システムのオープンソース化や低価格サービスなどの提供で社会貢献をしつつ
、次代を育むようなWebサービス作りを行なっている。特技は適当な仕事を振っ
てくる人を切り捨てることと、プログラムしながら時たまトリップできること。
現在もペンギンファクトリーのメインプログラマーとしてWebサイトやパッケー
ジシステムの構築を行っている。BLOGシステム「ペンギンブログ」を近日公開の
予定。


☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、村上肇
 水曜日:渡辺康一、折笠僚洋
【編集者】
   稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
     http://www.kansai-soho.or.jp/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2004 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。