SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2004.04.21/SOHOでやっていくための人間力

2004/04/21

========================================================================
★モノつくり企業必見!関西IT活用企業百選優秀賞受賞『ブラシビレッジ』
 ネット売り上げ3000万円達成!更に伸び続ける秘密を全公開!!!
    http://factory.e-b2b.jp/seminar/semi040514.htm
------------------------------------------------------------------------
◎講師はもちろん!:町工場を100倍元気にする WEBマスター 加藤克典氏
========================================================================

【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.04.21 Vol.147 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   配信部数 905部

「優柔不断SOHOのすすめ?」(#006)
                            タブチ@アイパラ

【○】本日のお題「SOHOでやっていくための人間力」━━━━━━━━━━━━

────────────────────────────────────
■自由の代わりに背負うもの。
────────────────────────────────────

私の考えるSOHOのメリット・デメリットは前回お話したとおりなのだが、ご覧に
なっていただければお分かりになるかと思うが、メリットであると思う事柄でも
見方を変えればデメリットとなり、また逆の場合も考えられる。

たとえば『通勤時間がない。』のは結構なことだが、裏を返せば、『公私の区別
がつけにくい』というデメリットにもつながる。『仕事量を選べる。』が『仕事
の争奪戦に生き残らねばならない。』といった感じである。
まったく二律背反である。

すなわち企業という組織の枠組みから離れSOHOという自由な立場で働ける環境を
得る代償として、仕事をとってこないといけないという多大なプレッシャーと自
分一人に重くのしかかる責任と戦っていかなければならない。

また自己管理面においても会社勤めのとき以上に気を配らなければならない。
なにせ万が一自分が倒れたときの代わりはどこにもいないのだ。

大げさに聞こえるかもしれないが、ほんとにほんとの話である。
私も独立して丸二年、そんな得も入れぬプレッシャーと戦いながら今日までどう
にかこうにかやってきた。
自画自賛するわけではないが、ほんとによく持ちこたえたものである。(笑)

────────────────────────────────────
■それでも私はデタラメ?。
────────────────────────────────────

さてあまりSOHOに対するむずかしいことばかり並べ立てて、せっかくSOHOでやっ
てみようと思っておられる仲間を減らしてしまうのは良くないので、このあたり
にしておこうと思う。

実際問題、私はどうかというと正直なところ結構いい加減でデタラメな感じでこ
れまでやってきた。
これは自他ともに認めることで(笑)客先からもよく冗談まじりに「タブチさん
って得ですねえ〜。本当に適当にやっているようなんだけど、なぜかうまく事が
おさまってますよね。やっぱり人徳?」と言われる。

う〜ん。。どうなんだろうか???自分ではよく解らないが、2回目のツボでも
書いたが、とにかく私は仕事もプライベートも「おもいっきり楽しまなきゃ!」
と思っている。たぶんそういう姿勢が私の周囲の状況にもうまく連鎖して良い状
態が生まれているのではないかと思う。

────────────────────────────────────
■人間力アップ養成ギブス。
────────────────────────────────────

ただ、そんな私でも少しは努力もし、また勉強もしているのである。
それは何かというと、私自身の人間的な魅力を高めることである。
「人間力アップ養成ギブス」はそのための秘密兵器である。(笑)

この「人間力アップ養成ギブス」を使ってどのような力を養っているかというと
具体的には下記の通りである。


・情報管理力

・企画力

・根回し力

・交渉・説得力

・時間管理力

・数字管理力

・判断能力

・先見力

・リーダーシップ能力

・プロデューサー感覚力

・人脈形成力

・コミュニケーション能力

・IT技術力

・記憶力

・人気者になりたい能力

・プレゼン能力

・読書大好き人脳威力

・教養能力

・国語力・英語力

・表現力

・遊んじゃうぞ能力

・ストレス発散能力


おい、おいこんなにあるのかよという感じだが、それぞれの力がどのような力で、
どのように「人間的魅力」に繋がっていくのかは次回のお話ということで。。。

では!



------------------------------------------------------------------------
【プロフィール】
------------------------------------------------------------------------
タブチソウイチロウ  アイ・パラシュート・デザイン代表

□生年月日〜1962年8月8日
□出身地〜大阪府高槻市
□学校〜神戸の某大学を5年がかりで卒業

某アパレルメーカーでマーチャンダイザー歴3年。
某ブランド洋服の販売員歴1年。
某印刷会社でグラフィックデザイナー歴12年。

現在はフリーのクリエイティブディレクターとしてグラフィック、エディトリア
ル、Webサイト構築、ショッププロデュースなど、メディアの枠に囚われない多
彩なクリエイティブワークを展開中。

E-mail:info@ipara.com
URL:http://www.ipara.com/

━━▼おすすめセミナー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪府デザイン・オープン・カレッジ
「Webコンテンツ制作から管理・運用までのスキルを探る」コース募集
主催:大阪府産業デザインセンター主催
http://www.pref.osaka.jp/oidc/college/college_frame.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Webサイトの構築には、盛り込む情報、デザイン、最新情報技術等が、総合
的に必要になります。本コースでは、一貫したサイト運営を行うために、コン
テンツ制作の重要ポイントからサイトの管理・運用のノウハウまでを解説しま
す。

【開講日】5月7日,14日,21日,28日(金曜日・4日間)
     午後1時30分〜4時
【内 容】
<5月7日>
「マーケティングとWebサイト構築のためのSEO」
◆住 太陽氏(SEO Solution代表 SEOコンサルタント&Webディレクター)

<5月14日>
「情報整理からはじめる、わかりやすいWebサイト構築」
◆高田 三鈴氏(STUDIO μ(スタジオミュー)代表)

<5月21日>
「Webコンテンツを効果的に見せる色彩計画」
◆坂本 邦夫氏(カラープランニングオフィス フォルトゥナ 代表
          カラーコーディネーター)

<5月28日>
「オンラインショッピング成功のためのノウハウ」
◆奥井 力也氏(株式会社アン 取締役 EC事業部本部長)

【会 場】  マイドームおおさか4階セミナー室
【定 員】  25名  
【受講料】  10,000円(税込・4回分)
【申込・問合】  大阪府産業デザインセンター オープン・カレッジ係
大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか4階 TEL:06-6949-4791
FAX:06-6949-4792 Eメール:oidc@mic.e-osaka.ne.jp
※申込は上記HP及びEメールからお願いします。
※先着順に受け付け、定員になり次第締切ります。


☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、渡辺康一
 火曜日:後藤英夫(4週に一度)
 水曜日:山本邦雄、田渕宗一郎
 金曜日:村上肇、寺本哲子
【編集者】
    稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
      http://www.kansai-soho.or.jp/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2004 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。