SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2004.04.19/SOHOで飯を食えるかどうかインターンシップ!?

2004/04/19

【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.04.19 Vol.146 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   配信部数 905部

「SOHOで飯が食えるか?!」(#007) 
                          渡辺@ウェブマックス

【○】本日のお題「SOHOで飯を食えるかどうかインターンシップ!?」━━━━

みなさんこんにちは。ウェブマックスの渡辺です。今日は第7回のお話となりま
す。今回はこの数年にかけて一般的になったインターンシップのお話です。

私が大学院を卒業した10年前は、学生の間でインターンシップはまったく一般
的ではかったそうです。確かに私もインターンといえば医者のことだと思ってい
たかと思います。

それがどうでしょう。私が教えている大学できいてみると、少なくとも7割はイ
ンターンシップを知っていましたし、そのうち3割くらいはすでに経験していま
した。この数字は私の主観的なものなので、あまり正確ではないかもしれません
が、少なくともゼロに近かったのが、半数以上の学生が認識していることになっ
たのは確かでしょうか。

うちの会社でも3年前から学生が来るようになっていまして、3年前は自分から
やりたいという学生が自主的に一人来て、2年前は京都の大学コンソーシアムか
ら1人派遣されてきました。昨年は20人以上が応募してきて、うち8名がイン
ターンシップをしにきました。

それも大学コンソーシアムから2名、ハイパーキャンパスシステムというのから
高等専門学校生ら5名、専門学校から1名でした。これは大学だけでなく、専門
学校でも高専でも一般的になったようです。それもうちのようなSOHO会社にイン
ターンですから時代は変わったものですね。

またいろいろな大学にあるアイセックという団体は、海外にインターンシップを
派遣したり、受け入れたりしています。うちの会社でも一人、京都大学のアイセ
ックを通じて韓国にインターンシップを派遣して、帰ってきた学生をやとったり
しています。

今日のお題ですが、SOHOのインターンシップということで、上記はSOHOのSOの例
でしたが、在宅型のHOへのインターンについても考えてみようと思います。

これまで在宅型のHOへのインターンシップはほとんど見聞きしたことがありませ
ん。しかし、むしろこれこそ必要なものではないでしょうか?学生の中にはSOHO
目指す人も多くいるはずです。また学生でなくても、就職している社会人でもい
るでしょう。むしろ社会人の方が多いでしょう。

ところが在宅型HOの仕事に触れる機会はほとんどないのではないでしょうか?し
かしSOHO独立という場合には、多くはHOを指しているような気がします。それな
のに多分こうだろうというような感じでいきなり独立の方も多いかもしれません。
確かに学生ではないので、仕事とはどういうものかってのはわかっていますから、
それほど大きく驚くことはないかもしれません。

ただ、一般にはSOHOが社会にもっと認知してもらえるためにも、SOHO志願者には
HOの実態を知ってもらうためにも、SOHOインターンシップの必要性を感じるわけ
です。

SOHOインターンシップ。大学でのインターンシップでさえ受け入れなど手続きは
大変です。SOHOとなるとさらに大変ですね。SOはまだ大学コンソーシアムなどか
ら頼みやすいですが、HOは手続きなどすごく大変そうです。

そうなると、やはりSOHOエージェントなどが行っていくのがいいのではないかっ
て思います。まだSOHOエージェントでさえ少ないのに、SOHOエージェントがSOHO
インターンシップをというのですから、話はまだまだ先になるかもしれませんね。
しかし、そんな取り組みが増えていくといいですね。

SOHOで飯が食えるかどうか、インターンシップで判断してもらう。そんなのもあ
りだと思います。

ということでいかがでしたか?それでは次回もよろしくお願いいたします。

========================================================================
【プロフィール】
渡辺 康一(わたなべ やすかず)ウェブマックス株式会社代表取締役社長
wa@webmax.co.jp  
プロフィールページを作りました。
http://www.webmax.co.jp/outline/watanabe.htm

1969年山梨生。
1988年より京都移住。
1996年高校社会科講師をしながら副業で在宅就業形態でウェブ制作開始。
1999年リストラによりウェブマックス合資会社を資本金7万円で起業。
2001年資本金300万円でウェブマックス有限会社を設立。
2002年関西SOHOデジタルコンテンツ事業協同組合理事長に就任。翌年退任。
2003年資本金1000万円に増資しウェブマックス株式会社に組織変更。

携帯向・地域活性化・EC・学術機関・伝統工芸系サイト等200以上プロデュース。
東京・京都・亀岡商工会議所、石川県・京都府関連団体・大阪府関連団体など
行政でIT関連講師を務める。着物で営業をすることで知られる。

現在、
龍谷大学非常勤講師日本史担当
関西SOHOデジタルコンテンツ事業協同組合(関デジ)理事 
デジタルハリウッド大阪校 WEBプロデューサー講座講師
(財)京都産業21 IT講習会講師 
厚生労働省委託社会経済生産性本部「在宅就業ポータルサイト」協議会委員
http://soho-portal.org/
近畿情報システム産業協議会理事http://ss7.inet-osaka.or.jp/%7Ekisa2/
大阪韓国ITビジネス交流ネットワーク http://ok-net.org/
京都府地域と人をむすび育てるIT活用プラン委員
http://www.pref.kyoto.jp/it-promo/ap/index.html


━━▼おすすめセミナー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪府デザイン・オープン・カレッジ
「Webコンテンツ制作から管理・運用までのスキルを探る」コース募集
主催:大阪府産業デザインセンター主催
http://www.pref.osaka.jp/oidc/college/college_frame.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Webサイトの構築には、盛り込む情報、デザイン、最新情報技術等が、総合
的に必要になります。本コースでは、一貫したサイト運営を行うために、コン
テンツ制作の重要ポイントからサイトの管理・運用のノウハウまでを解説しま
す。

【開講日】5月7日,14日,21日,28日(金曜日・4日間)
     午後1時30分〜4時
【内 容】
<5月7日>
「マーケティングとWebサイト構築のためのSEO」
◆住 太陽氏(SEO Solution代表 SEOコンサルタント&Webディレクター)

<5月14日>
「情報整理からはじめる、わかりやすいWebサイト構築」
◆高田 三鈴氏(STUDIO μ(スタジオミュー)代表)

<5月21日>
「Webコンテンツを効果的に見せる色彩計画」
◆坂本 邦夫氏(カラープランニングオフィス フォルトゥナ 代表
          カラーコーディネーター)

<5月28日>
「オンラインショッピング成功のためのノウハウ」
◆奥井 力也氏(株式会社アン 取締役 EC事業部本部長)

【会 場】  マイドームおおさか4階セミナー室
【定 員】  25名  
【受講料】  10,000円(税込・4回分)
【申込・問合】  大阪府産業デザインセンター オープン・カレッジ係
大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか4階 TEL:06-6949-4791
FAX:06-6949-4792 Eメール:oidc@mic.e-osaka.ne.jp
※申込は上記HP及びEメールからお願いします。
※先着順に受け付け、定員になり次第締切ります。


☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、渡辺康一
 火曜日:後藤英夫(4週に一度)
 水曜日:山本邦雄、田渕宗一郎
 金曜日:村上肇、寺本哲子
【編集者】
    稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
      http://www.kansai-soho.or.jp/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2004 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。