SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2004.3.8/SOHOで飯を食うには商工会議所を活用しよう!

2004/03/08

【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.03.08 Vol.126 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    配信部数 901部

「SOHOで飯が食えるか?!」(#004) 
                          渡辺@ウェブマックス

【○】本日のお題「SOHOで飯を食うには商工会議所を活用しよう!」━━━━━

みなさんこんにちは。ウェブマックスの渡辺です。今日は第4回のお話となりま
す。今回こそ地方発SOHOで飯を食うには?にしようと思います。でもこのタイト
ルだと、これからも使いそうですので、もう少し踏み込んだタイトルにしてみま
した。

今回は前からWEBのツボを購読して頂いている方にはよくご存じのネタです。京
都ITビジネス連絡会。京都商工会議所にIT事業者やSOHO支援を行う場所がなかっ
たので3年かけてつくってもらいました。立ち上げから1年。次回の活動は下記
のようなものになりました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
京都商工会議所情報産業社会特別委員会では、デジタル産業支援事業として『京
都・ITビジネス連絡会』を運営しております。これは当所の会員事業所の中で
IT関連事業者をグルーピングし、情報交換の場、ビジネス機会創出の場を提供
することにより、主に中小規模・SOHO事業者の事業拡大を支援することを目
的としています。

この度第4回の連絡会を下記により開催いたしますので、お知らせいたします。
『第4回京都・ITビジネス連絡会』では、2次元バーコードや無線LANさらに
は非接触IC等の搭載により、ユビキタス化、マルチメディア化が進む携帯電話
について、その最新技術やサービス、今後のビジネスの可能性などについてご講
演いただきます。
また、京都府域における縦貫型高速・大容量ネットワークの構築を目的として京
都府が推進する「京都デジタル疏水ネットワーク」の概要と利用公募開始につい
てご説明いただきます。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

●「第4回京都・ITビジネス連絡会」のご案内
1.日 時  平成16年3月19日(金) 15:00〜18:00
2.場 所  本所 役員室(3階)
3.内 容 
<第1部> 講演「モバイルマルチメディアとしてのケータイの可能性」(仮題)
講師:株式会社NTTドコモ 法人営業本部 システムサービス部 
担当部長 山口 洋氏
説明「京都デジタル疏水ネットワークの利用公募開始について」(仮題)
京都府企画環境部 企画参事(IT推進担当)
<第2部> 懇親交流会 (17:00〜18:00)
4.参 加 料  お一人様1,000円(懇親交流会費として、当日受付にて拝受致
します)
5.問合せ先  京都商工会議所 産業振興部  田中・河村
                  TEL:075-212-6442/FAX:075-255-0428 
6.申し込み  申込締切 3月12日(金)
下記フォーマットでFAX 075-255-0428もしくは 
電子メールにて tanaka-n@kyo.or.jp 
までお申し込みください。
                                   
第4回京都・ITビジネス連絡会 参加申込書(3月19日(金)15時〜18時)

お名前 :
会社名 :
役 職 :
TEL :
e-mail :
住 所 :〒

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今日のお話は結論から言えば、SOHOで飯を食うには、商工会議所を活用した方が
いいのと、ネットワークを広げることも大事で、さらに最新技術動向にも強くな
らないと、ってことになります。


SOHOで飯を食うには商工会議所を活用する!

SOHO事業者にもいろいろいますが、やはり商工会議所には加盟した方がいいでし
ょう。商工会議所なんて旧態依然とした組織で、堅くて古くて、新しい事業者が
入り込む余地がなく、ましてやデジタルな仕事をしているSOHOには入るメリット
さえない。というようなイメージがあります。私は意外にそうは思っていなかっ
たところがあります。でも大きな組織は、そうでもないところ・人もいれば、ま
さにそのまんま旧態依然なところや人もいます。
しかし、まだまだ社会的には大きな力がありますし、商工会議所に加盟すること
で社会的な認知度や信用が多少は高まるかもしれません。


ノリが違う商工会議所

ただ、ノリが違うんではないかって思うのは確かです。これは京都の商工会議所
に限った話かもしれませんが、他の商工会議所も結構似たり寄ったりの印象があ
りますので確かでしょう。
ノリの違いとはなんでしょうか?やはり世代の違いもあります。商工会議所は高
齢化しています。多分、商工会議所がとてもよく機能していたのが今から40年
ほど前、そのころ30代の若手がまだ中心で活躍されています。青年部が今から
15年前くらいに30代の若手だった人が中心のようです。私などの祖父祖母の
世代、親にあたる世代ですね。言い方を変えれば、高度経済成長の時代に活躍さ
れた方、バブルの頃に活躍された方が中心ということでしょうか。

ただ、社会構造の変化という視点で見ると、商工会議所の仕組みは農業社会から
産業社会に移行しつつある段階で作られた仕組みのようにも見え、SOHOというの
は産業社会から消費社会への移行期にあたる段階で出てきた形態のようにも思え
ます。なので社会構造の変化から考えると、SOHO事業者が入りたがらないのは必
然的なものかもしれません。


そうはいっても人脈は大事

しかしながら、人脈の拡大という視点ではきわめて有効なものを持っているよう
な気がします。何世代にもわたる人脈の流れを持っています。逆に我々の世代の
感覚や、デジタルの技術が、上の世代にはきわめて有効なはずです。ところが、
まだSOHOやデジタル事業者っていうのは上の世代に対してつながりが少ないよう
な気がします。

このような問題に対して、京都のSOHO、ベンチャー、デジタル事業者が自主的に
勉強会を始めて2年後にようやく実現したのがこのITビジネス連絡会でした。商
工会議所から歩み寄ってもらったところが大きいです。せっかくの機会を提供さ
れたので活用しない手はありません。


最新技術動向を聞いてどう考えるか

次回の勉強会は上記のニュースの通りです。SOHO・ベンチャー・デジタル事業者
が集まって、上の世代や、京都の大企業・中企業と一緒になって最新技術を勉強
すること、交流の機会を持つことで双方のメリットを出せればいいなと思ってい
ます。

最新技術を勉強しても、大企業や上の世代の人と、SOHO・ベンチャー・デジタル
事業者ではとらえ方が全く違います。それぞれ足りない部分があるでしょう。そ
れがうまく連携できればと思っています。

ということでいかがでしたか?それでは次回もよろしくお願いいたします。


========================================================================
【プロフィール】
渡辺 康一(わたなべ やすかず)ウェブマックス株式会社代表取締役社長
wa@webmax.co.jp  
プロフィールページを作りました。
http://www.webmax.co.jp/outline/watanabe.htm

1969年山梨生。
1988年より京都移住。
1996年高校社会科講師をしながら副業で在宅就業形態でウェブ制作開始。
1999年リストラによりウェブマックス合資会社を資本金7万円で起業。
2001年資本金300万円でウェブマックス有限会社を設立。
2002年関西SOHOデジタルコンテンツ事業協同組合理事長に就任。翌年退任。
2003年資本金1000万円に増資しウェブマックス株式会社に組織変更。

携帯向・地域活性化・EC・学術機関・伝統工芸系サイト等200以上プロデュース。
東京・京都・亀岡商工会議所、石川県・京都府関連団体・大阪府関連団体など
行政でIT関連講師を務める。着物で営業をすることで知られる。

現在、
龍谷大学非常勤講師日本史担当
関西SOHOデジタルコンテンツ事業協同組合(関デジ)理事 
デジタルハリウッド大阪校 WEBプロデューサー講座講師
(財)京都産業21 IT講習会講師 
厚生労働省委託社会経済生産性本部「在宅就業ポータルサイト」協議会委員
http://soho-portal.org/
近畿情報システム産業協議会理事http://ss7.inet-osaka.or.jp/%7Ekisa2/
大阪韓国ITビジネス交流ネットワーク http://ok-net.org/
京都府地域と人をむすび育てるIT活用プラン委員
http://www.pref.kyoto.jp/it-promo/ap/index.html


☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、渡辺康一
 火曜日:後藤英夫、塩見政春
 水曜日:山本邦雄、田渕宗一郎
 金曜日:村上肇、寺本哲子
 ※後藤英夫は4週に一度の配信
【編集者】
   稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
     http://www.kansai-soho.or.jp/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2004 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。