SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2004.02.17「確定申告のツボ」

2004/02/17

【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004.02.17 Vol.116 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    配信部数 888部

   「SOHOによく効く経営戦略のツボ」(#002)
                     後藤@起業家支援コンサルタント

【○】本日のお題「確定申告のツボ」━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


日刊「SOHOのツボ!!」読者の皆様、
本日の執筆の担当は税理士・ITコーディネータの後藤英夫です。
本業である税務会計をはじめSOHO事業者や起業家のための事業立上げ支援をも専
門としています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


▽確定申告のツボ
 今回は、時節柄SOHO事業者や起業家の方がビジネスで成功するための秘訣のひ
とつとして、確定申告について述べてみたいと思います。


■確定申告とは何?
サラリーマンやパートタイマーなどの給与所得のある方は、勤め先で毎月の給料
やボーナスから源泉徴収された所得税と、実際に収めなければならない所得税と
の過不足の精算は年末調整で行われます。

これに対し、個人事業者の方は給与所得者ではなく事業所得者ですので年末調整
といった仕組みはなく、1月1日から12月31日までの一年間に儲けた収入からその
儲けにかかった経費などを差し引いた所得にたいして所得税を自分で計算をして
納税します。この仕組みを確定申告といいます。


■確定申告をしなければならない人
事業者の方はもちろんのことサラリーマンやパートタイマーなどの給与所得者の
方でも年収が2000万円を越える方は、確定申告をしなければなりません。

また、給与を2箇所以上から得ている場合も確定申告をしなければなりません。
また、給与所得のほかに、他の所得がある方も確定申告をしなければなりませ
ん。

たとえば給与所得と不動産所得のある方などです。

また、給与所得者で年末調整が行われていない方も確定申告をしなければなりま
せん。この場合、税金が還付される可能性が高いです。


■所得の種類
所得には、「給与」「不動産」「事業」などに分けられています。所得の特性に
よって給与所得や不動産所得などのように10種類に分け、それぞれの所得ごとに
いくら収入があって、いくらの所得金額になるかということを計算するように
なっているからです。当然、所得の種類が異なれば、所得金額の計算方法も異
なってきます。


■確定申告の期間
平成15年度分の確定申告は今月の16日(月)から3月15日(月)の期間です。


■所得の計算の仕方
所得金額の算定は、総収入金額から必要経費などを差し引いて求めます。
この所得金額から所得控除を差し引き課税所得金額を求めます。
この課税所得金額と一定の計算式から税額を求めます。
求めた税額から税額控除を差し引きます。
これで収めるべき税額が決まります。

所得が事業所得のみで納める税金が発生する場合の計算の流れは、つぎのように
なります。


「収入金額」−「収入から差し引かれる金額」=「所得金額」

「所得金額」−「所得から差し引かれる金額」=「課税される所得金額」

「課税される所得金額」×税率=「所得税額」

「所得税額」−「所得税額から差し引かれる金額」=「申告納税額」


■所得控除と税額控除
上記からもお分かりのように税額を求める前の段階で、所得金額から差し引くの
が所得控除で、税額から直接差し引きできるのが税額控除です。

所得控除と税額控除は確定申告時だけ用いられるものではなく、給与所得者の年
末調整でも用いられる考え方ですので知っていれば得をする部分です。

従って、年末調整で記入忘れとか、年末調整後に新たな所得控除が発生した方な
どが確定申告をすることによって、税金の還付を受けることができます。


■所得控除の種類
所得控除は15種類あり、適用が可能であればいくらでも所得金額から差し引く
ことができるというものですが逆に知らなければ控除ができません。
ここでは主だったものを挙げておきましょう。

《基礎控除》
納税者本人に全て一律に控除できる金額です。
控除額38万円。

《配偶者控除》
納税者本人に控除対象配偶者がいる場合に控除できます。
控除額38万円。

《配偶者特別控除》
所得が76万円(給与年収141万円)未満の配偶者がいて、かつ納税者の所得が
1000万円以下の場合。
控除額は、3〜38万円。

《扶養控除》
納税者本人に所得が38万円以下の親族がいる場合。
控除額38〜93万円。年齢等によって異なる。

《生命保険料控除》
生命保険料を支払った場合に控除され支払った保険料に応じて控除できる金額が
異なります。
控除額最高10万円。

《損害保険控除》
損害保険料を支払った場合に控除され支払った保険料に応じて控除できる金額が
異なります。
控除額最高1万5000円。

《社会保険料控除》
国民健康保険や国民年金などの社会保険料を支払った場合に控除されます。
控除額は、支払い保険料の全額。

《医療費控除》
年間10万円を超える医療費を支払った場合に最高200万円まで控除されます。
医療費控除は、年末調整では行われませんので必ず確定申告が必要です。
控除額は医療費−10万円。

《寄付金控除》
納税者本人が1万円を超える特定の寄付金を支出した場合に控除されます。
通常の場合、控除額は1万円を超えた額。

《雑損控除》
災害、盗難などによって資産に損害を受けた場合や、災害に関連してやむをえな

支出をした場合に控除されます。
なお、住宅や家財に損害を受けた時は、雑損控除にかえて損害減免措置を受ける
こともできます。
控除額は「損害金額-所得金額の10%」と「災害関連支出―5万円」のうち大きい
方。

《小規模企業共済等掛金控除》
納税者本人が小規模企業共済等掛金を支払った場合には、全額が控除されます。
控除額は、支払い金額の全額。


■税額控除の種類
税額控除には、つぎのようなものがあります。

配当控除・・・・配当所得がある場合

住宅取得等特別控除・・・・新築住宅の取得などの場合。

定率減税額・・・定率減税前の所得税額の20%と25万円のいずれか少な
いほうの金額。


■確定申告書の使い分け
昨年の確定申告から申告書の様式が大幅に変更となりました。
申告する所得と所得控除によって用いる申告書が異なります。

「申告書A」を用いる方
 年末調整をしていないパートの方や年金だけの収入の方や年末調整で所得控除
の漏れのある方や医療費控除を行う方が用います。

「申告書B」を用いる方
不動産所得のある方などです。

「申告書B」と「分離課税用」を用いる方
土地や売却した人や株式の売買で申告分離課税を選択した人などです。

「申告書B」と「損失申告用」を用いる方
自宅を売却されて損失が出る人などです。
確定申告する場所
所轄税務署に提出する以外にも所轄税務署が開設する申告相談会場で申告をする
ことができます。
    ↓
 http://www.osaka.nta.go.jp/kakutei14/page6.html
 
確定申告書は大阪国税局のホームページより
ダウンロードすることもできます。
    ↓
 http://www.osaka.nta.go.jp/


【プロフィール】
 後藤 英夫(ごとう ひでお)
◆1957年生 税理士 ITコーディネータ
◆財団法人 大阪府中小企業支援センター 経営・技術アドバイザー
◆財団法人 滋賀県産業支援プラザ 事業可能性評価委員
◆財団法人 兵庫県中小企業振興公社 経営診断等専門家
◆財団法人 和歌山県中小企業振興公社 経営情報等専門家
◆財団法人 神戸市産業振興財団 経営技術診断専門家
◆ドリームゲートプロジェクト(後援:経済産業省)登録専門家
メルマガ登録→http://www.dreamgate.gr.jp/aff/af.php?ue=37,4
◆関西ベンチャー学会ユビキタスジャパン研究部会幹事
◆関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合所属
◆お問い合わせmailto:goto@bridgejapn.jp/


☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、渡辺康一
 火曜日:後藤英夫(4週に一度)
 水曜日:山本邦雄、田渕宗一郎
 金曜日:村上肇、寺本哲子
【編集者】
   稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
     http://www.kansai-soho.or.jp/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2004 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。