SOHO

日刊「SOHOのツボ!」

SOHOの集まる事業協同組合が日刊で発行。様々なSOHOとしての立場からのリアルな体験談から、マネジメントの話まで、業界重鎮からの熱いコラムをお届けします。

全て表示する >

★日刊「SOHOのツボ!」2003.12.19「SOHO奮闘記 まとめ」

2003/12/19

【関西の元気なSOHOが熱く語る!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2003.12.19 Vol.099 ━━━━━
 ☆☆★★★
 ☆☆★☆☆ 日刊「SOHOのツボ!」
 ★★★☆☆              http://www.soho-union.com/soho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         配信部数  853部

「SOHO奮闘記」(#010)   
                                                       松尾裕司@BLUE-M

【○】本日のお題   「まとめ」                  ━━━━━━━━

みなさん、こんにちは!
ブルームの松尾です。
 
早いもので、もう10回目の最終になってしまいました。
2週間に一度というサイクルは結構早く、「もう締切や!えらいこっちゃ。」
と思いながら、毎回悩んで書いていたのですが、それも今回で終わりになって
しまいました。ちょっと残念です。
 
そして、この回が記念すべき100回目にあたるのです。※
ご購読の皆さん、ほんとうに長い間、ありがとうございました。
この最終回も頑張って書かせていただきますので、よろしくお願いいたします。

(※編集部註 松尾さんすみません、諸般の事情で99回目になってしまいました。
  読者の皆様にも済みません。でもこの原稿の晴れやかな気分を維持したく
  あえてそのまま発信させていただきます。何とぞご容赦くださいませ)


前回は、
「現実は超キビシイ!」           
 〜人との出会いが未来をつくる!〜

というタイトルで、
独立・創業当初は、
他業界の方との親交もほとんどなかった私が、
この3年間の間にいろんな業界のプロの方々とお知り合いになることができ、
そして、今では、これが大きな財産となり、
仕事にも繋がっているという状況を
お話させていただきました。

最終回の今回は、
独立・創業してから、今までを振り返って、
検証できたことをお話させていただきます。


■第10話 「まとめ」  

 3年間を振り返ってみますと、ほんとうにいろんなことがありました。
当初の2年間は、ほとんど失敗の連続で、いろいろな要因はその時その時で
あったのですが、たくさん失敗してしまったことに変わりはありません。

 ・サラリーマンを辞めた。
  (これは「絶対正解である」と思えるようにしたい。)

 ・創業をした。
  (これも絶対失敗ではないと思っていますが、夢を間違っていました。)

 ・お金をたくさん使ってしまいました。
  (無計画性が招いた最たるのもです。)

 ・顧問契約を結んだ。(訳もわからず、よくやりました。)

 ・契約社員を採用した。(忙しくて忙しくて、猫の手も借りたかったのですが
   ほんとうの猫の手を借りた方が、よっぽど良かったです。)

 ・プロの方々を信用し過ぎました。(プロの方々の中にも、「本物のプロ」と
   「偽りのプロ」がおられることが良くわかりました。)

 ・赤字決算でした。(まったく、「経営の無知+給料の取り過ぎ+税金を一杯
   払った」以外の何物でもありませんでした。ガックリ!)

などなどですが、小さいことを入れたら切りがありません。
ほんとうにこの短い間に、いろんな種類の失敗をたくさんしてしまったのですが
今後はこの教訓を十分活かして、2度と同じ失敗を繰り返さないようにしていき
たいと思っています。

そのためにも、今までの検証をしました。
そして、まずかったことがたくさん判りました。

 ・経営に関しては、全くのど素人であったので、大きな大きな落とし穴に、
   いとも簡単に何度も何度もはまってしまいました。
   (経営や財務・経理などの大事さが、身に沁みてわかりました。)

 ・事業計画が全くたてられておらず、方向性が決まっていなかった。
   (進むべく道があやふやだったので、戦略も組めなかった。)

 ・業務内容が不明瞭だったので、説明しても理解していただけなかった。
   (そのため、いろんな分野や専門外の仕事も入ってきてしまった。)

 ・収益構造が確立されていなかった。
   (何の事業で儲けるのかさえ、わかっていなかった。)

 ・自社のプロモーションができていなかった。
   (他社のプロモーションはするのに・・・。)

ということなどが、わかったのです。
また、逆に、うまくいっていることも、少しだけありました。

 ・一度も営業に行っていないのに、仕事が入ってきている。
   (経営上では、まだまだ足らないのですが・・・。)

 ・自社の企業名と個人名を、少しは覚えていただけるようになってきた。
   (やっぱり、石の上にも3年なんですね。)

 ・今後、自社の事業の中心となる業務で成果が出始めてきている。
   (少し、進める道が見えてきたのかな。)

など、まずかったことばかりではなく、うまく進み始めていることもあったこと
がわかったのです。そして、この検証結果を元に、もう一度夢に向かって進んで
いこうと思っているのです。

今までは、「周りの状況もわからず、闇雲に目一杯ダッシュをし、そして、足を
踏み外しては崖から何度と落ち、その度に、何とか這い上がってきたのですが、
これからは、現況をきっちりと認識したうえで戦略を立て、一歩づつ足元を固め
ながら、着実に前進していき、夢を実現しようと思っています。

創業とは、人の引いた道の上を歩くことではないのです。
創業者本人にしか創れない、この世に1本しかない独自の道を創ることなのです。
それが、自分の進む道であり、自分の事業であり、自分の未来を創ることになる
のです。

自分で創るから、たいへんなんです。
自分で創るから、楽しくておもしろいんです。
自分で創るから、夢があるんです。
 
まだまだ、楽しいとかおもしろいとかまでを体感することができず、
今だに、たいへんなことばかりですが、
少しだけ希望が見えてきたのかな、と思えることが何だかうれしいです。
 
この「うれしい」という言葉を打ち始めた瞬間に、
自然と涙が出てきてしまいました。
 
まだまだ、苦難の道のりは続くと思いますが、頑張っていきたいと思います。
必ず、夢が実現出来ることと、楽しい未来を創るために・・・。
 
長い間、ご購読、ありがとうございました。
 

<プロフィール>
 
松尾裕司(マツオ ユウジ)
 
プロモーション
コンサルタント&プロデューサー
 
総合広告代理店にて各セクションを経験し、
多数のプロモーションをプロデュースする。
2000年10月 BLUE-M co.,Ltd(ブルーム)設立。
 
■プロモーションのコンサルティングとプロデュースの企業です。■
 企業のプロモーションのコンサルティングと「比叡山ライトアップ根本中堂」
「京都きものパスポート」「国土交通省 交通社会実験」「京都ビジネスメッセ・
創業フェア2003」などのプロモーションをプロデュース。
 
■ プロモーションのコンサルティング
■ プロモーションの総合プロデュース
■ 新商品・新事業・施設開発等プロモーションの総合プロデュース
■ 広告計画・メディア計画・イベント企画等のプランニングと実施
■ プロモーション・企業広報・創業等の講演・セミナー
 
■ http:// www.blue-m.co.jp <http://www.blue-m.co.jp> (2004年1月1日より、
ご覧いただけます。)
■ mailto: ym-pro@mbox.kyoto-inet.or.jp


☆☆★★★==============================================================
▽編集発行/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
 「SOHOに良く利くツボ」を毎日提供!
【執筆者】<隔週で変更になります>
 月曜日:咲本勝巳、渡辺康一
 火曜日:能瀬敏文or後藤英夫、福井修
 水曜日:石井研二、田中克明
 木曜日:山本茂史、山本由美子
 金曜日:村上肇、松尾裕司
 不定期:寺本哲子
【編集者】
  稲木俊一、村上肇、石井研二、咲本勝巳

☆☆★☆☆==============================================================
○日刊「SOHOのツボ!」は無料です。
○解除・メールアドレス変更は
『まぐまぐ(ID:113954)』 ( http://www.mag2.com/ )
『melma!(ID:m00094675)』 ( http://www.melma.com/ ) まで。
手動による変更作業は受付けておりません。
○関連URL:関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
    http://kandigi.net/
○広告のお問い合わせはこちらまで   mailto:mag@tokeidai.net

Copyright(c), 2003 関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
無断転載を禁じます。必ずご一報ください。
★★★☆☆==============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-11  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。