トップ > ニュース&情報 > 社会・社会学 > コラム・ゆりかもめ

コラム・ゆりかもめ

RSS

月2回、24節季に配信。筆者は元朝日新聞記者で勝どき書房役員。「コラム」は文化・スポーツ・芸術などをテーマに、狭山事件や俳人橋本夢道について触れることが多い。また「編集随想」では本作りの仕事につて書く。雪月花」では、季節の写真とへたな俳句も載せている。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2016-12-31
発行部数:
115
総発行部数:
41915
創刊日:
2003-06-27
発行周期:
隔週刊
Score!:
84点

コラム・ゆりかもめ(587)「あけましておめでとうございます。」

発行日: 12/31

■□  第587号 2017年01月01日  元日(01日)■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇月2回、24節季ごろに配信。受信登録の方法は末尾に掲載。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■雪・月・花■□■ 2017年 元日

◆あけましておめでとうございます。
   22017年はどんな年でなるでしょうか◆

2017年元日、あけましておめでとうございます。ことしも
元気に楽しく過ごすことができますようにお祈りします。
ふと、途方もないことを思ったのは、2万年後にまだ人類
(ホモサピエンス)が滅亡していないとして、22017年は
どんな年になっているのか、考えてみたくなりました。

というのは、昨年12月20日、わたしは上野の国立科学
博物館で開催している「世界遺産・ラスコー展」を妻と
観たからです。ラスコーの洞窟画は写真では見たことが
ありますが、今回は実物にそっくりの洞窟と、そこに実
物とそっくりの絵が再現されていました。観てよかった
と思いました。ラスコーの壁画は、われわれと同じ人類
(ホモサピエンス)が当時食糧にしていた、馬や鹿、バ
イソンと呼ばれる野牛が描かれています。活き活きと、
まるで生きているように動きのある絵でした。

●写真は「ラスコーの壁画」巨大な雌牛
http://www.geocities.jp/syunsei777/161231ko12.JPG

200メートルもの奥深い洞窟なので、石を加工して作
ったランプを使用していました。ランプには動物の脂
に樹木の芯を置き火をつけます。まるで、電灯の照明
のように明るいのです。様々な鉱石を粉にして絵の具
をつくり、はしごを使って壁に上り描いていました。
画家たちが弁当にした肉食の跡もありました。ある壁
画には、投げ矢で傷ついたバイソンの内蔵が飛び出し
ていて、そのバイソンが暴れて角で狩人に飛びかかっ
ている場面がありました。狩人はそのために死んでし
まったのでしょう。倒れてしまい、側に投槍器と矢が
落ちています。狩人は鳥の顔をしています。なぜ、顔
が鳥なのか理由は分かりません。

●写真は「ラスコーの壁画」傷ついたバイソンと倒れた鳥人間
http://www.geocities.jp/syunsei777/161231ko11.JPG

このように、物語性の強い絵が描けたのが2万年前と
は信じられません。われわれ人類(ホモサピエンス)
は進歩しているのでしょうか。2万年前よりも、むし
ろ後退しているのではないか、と不安を感じました。
少なくとも、洞窟画には人殺しの絵はありません。わ
れわれ人類(ホモサピエンス)の進歩は、武器ばかり
が目立ちます。原爆、ミサイル、無人機による盲爆、
最近では美しいシリアの都市アレッポの街が完全に破
壊されました。何百万人も難民が安住の地を求めて彷
徨っています。

●写真は「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
http://www.geocities.jp/syunsei777/mourikoheita.JPG

昨年2月に刊行した拙書「こんばんは、毛利小平太で
す。−霊談忠臣蔵−」で、千住宿の医師池田玄鶴は、
討ち入りに参加するかどうか迷っている毛利小平太に
対して「人殺しは絶対にいけない。たとえ、仇討ちで
あったとしても、報復は殺人の連鎖となる。すべて
の人が人を殺さないと決心したら、この世から戦争が
なくなるのだ」といいます。

池田玄鶴は「死刑は国家による殺人で、まず死刑は廃
止するところから、民を中心とした正しい道が開かれ
る」というのです。われわれ人類(ホモサピエンス)
は、いまこそ、決心をする時ではないでしょうか。次
の2万年後、22017年に、人類が滅亡していないこと
を望むなら、われわれは「人を殺さない」決心をしな
ければならないと思いました。

ところで今年は、3月11日(第2土曜日)午後2時
から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で
、ことし最初の「夢道サロン」を開催します。奇数
月に開いていますが、次回は第21回目となります。
参加者が自由に持論を展開する場です。芸術の道、
生き方のヒントになればと思います。

現在、勝どき書房では今年の刊行をめざして「うご
けば寒い 橋本夢道の獄中句」(仮題)の編集作業
を進めております。「大戦起るこの日のために獄を
たまわる」など、昭和16年2月に治安維持法違反
で逮捕され、拘置所の独房で約300の俳句を作った、
夢道の獄中句に焦点を当てた本です。「夢道サロン」
のメンバーによる、夢道についてのエッセイも掲載
します。

8月には「平和プラザ2017 平和をねがう中央区
民の戦争展」が開催されますが、ここで「夢道サロン」
も展示に参加する予定です。夢道の獄中句を中心に、
戦争に対する夢道の姿勢と戦時中に反戦的な俳人40
人を検挙した昭和俳句弾圧事件について触れたいと思
っております。まだ、日程が決まっておりませんので、
決まり次第ご連絡します。

また、勝どき書房では、本を出したい人のための相談
を受け付けています。出版のことだけでなく、暮らし
や生きる上での様々な問題、えん罪事件など、様々な
悩みをお聴きします。なにか、困ったことがあればど
うぞ、ご相談ください。電話かメールで、いつでも、OKです。
 電話 090ー8024ー5610 メール syunsei777@yahoo.co.jp

◎ 前向けば三六五日が初日の出(駿星)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回の第21回「夢道サロン」は2017年3月11日(第2
土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道
資料室」で開催します。1月は休みます。参加者には自由
なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事
件・えん罪」「憲法・政治」「古代史・邪馬台国」など。そ
の内容はブログ「夢道サロン」「駿星つれづれ日記」「狭山
事件の会」などで紹介します。参加費無料、飲み物は用意し
ます。お菓子などのお気遣いはなさらないように。できた
ら最近作った俳句を持って来てください。初めて参加希望
の方は事前にメール・電話をください。  
 syunsei777@yahoo.co.jp   090-8024-5610
……………………………………………………………………………
★勝どき書房では、仮題「うごけば寒い 橋本夢道の獄中句」刊行を企画、
  みなさまに1口1000円の支援のカンパをお願いしております。
  なお10口以上の方のお名前を書籍に掲載させていただきます。
  匿名希望の方は、通信欄に匿名希望とお書き下さい。
  郵便振替先は NO 00120-9-538001   ・宛先 資)勝どき書房
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
 ◆本にしたい原稿がありましたら、どうぞご相談ください。
……………………………………………………………………………
 「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
  殿岡駿星著・46判上製・360頁。
 忠臣蔵の最後に 脱盟した小平太の言い分とは?
 毛利小平太「討ち入りせず」に真の武士道を見た。
 ◇全国書店で発売中  定価 2000円(税別) 
 ……………………………………………………………………………
『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
 殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
 激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯
 ◇全国の書店で発売・「月島・相田書店」に常備(0335312311) 
  ………………………………………………………………………………
『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・四六判並製440頁
 「コラムゆりかもめ」に連載した「狭山事件・取材ノート」を土台に
事件のデータ、家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
 400字詰め換算1200枚のノンフィクション。定価3200円・税別
◇初版・全国で発売中・築地・弘尚堂書店に常備。(0335410333)
………………………………………………………………………………
『狭山事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・304ページ
 狭山の女子高生殺人事件、真犯人に迫るノンフィクション推理小説。
 ◇在庫が少なく一般書店では築地の弘尚堂書店に常備。(0335410333)
   勝どき書房でも直売しています。
     特別割引直売    1000円(送料込み)
  郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房   
…………………………………………………………………………………
『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332ページ
 40年後、真犯人がすべてを語り、3分間の英雄の実像に迫る。
  ◇第2版・全国の書店で発売中    定価1700円・税別
 …………………………………………………………………………………
『茶杓 消えた伊達家老』小野寺 苓著・46判上製・324ページ
 伊達藩城代家老の冨塚重標は父が作った一本の茶杓を懐に流配の地へ。
  ◇全国書店で発売中      定価1900円・税別
 ……………………………………………………………………………
『新聞記者はなぜ殺されたのか』殿岡 駿星著・46判並製・328頁
 朝日・阪神支局事件の謎に挑戦し、舞台を埼玉に移して真相に迫る。
  ◇全国書店で発売中   定価2300円・税別   
………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/01/15
    読者数:
    13269人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/01/20
    読者数:
    23885人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 言論NPOメールマガジン

    最終発行日:
    2017/01/10
    読者数:
    1778人

    現在、各政党によるマニフェスト(政権公約)の作成が提案されています。言論NPOは中立的な立場で評価し、責任と実行性のあるマニフェストの作成を各政党に促します。小泉改革についての評価書も発表。

  4. マスコミが伝えない事実

    最終発行日:
    2017/01/17
    読者数:
    141人

    答えの出せないゴマカシだらけの学者やマスコミに代わって、現実を直視して生きる普通の人々が、事実を追究するサイト。毎週500〜700投稿の中から、テーマに応じたオススメ投稿を紹介!!

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/01/13
    読者数:
    7069人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

殿岡 駿星

殿岡 駿星

http://www.geocities.jp/syunsei777/page006.html

元朝日新聞記者、勝どき書房の役員。主な著作は「橋本夢道物語 妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね」「「三億円事件の真犯人」「新聞記者はなぜ殺されたのか」「狭山事件 50年目の心理分析」「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」などがある。