社会・社会学

コラム・ゆりかもめ

月2回、24節季に配信。筆者は元朝日新聞記者で勝どき書房役員。「コラム」は文化・スポーツ・芸術などをテーマに、狭山事件や俳人橋本夢道について触れることが多い。また「編集随想」では本作りの仕事につて書く。雪月花」では、季節の写真とへたな俳句も載せている。

メルマガ情報

創刊日:2003-06-27  
最終発行日:2018-11-07  
発行周期:隔週刊  
Score!: 84 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

コラム・ゆりかもめ(630)「スーパーボランティア尾畠春夫さん國民栄誉賞に」

2018/11/07

第630号    2018/11/07   立冬号 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇24節季ごろ配信。受信登録の方法は末尾に掲載。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      
 ◆スーパーボランティア尾畠春夫さん
    ぜひとも「國民栄誉賞」に
   なぜ芸能人やスポーツマンばかり?◆

國民栄誉賞は1977年にプロ野球選手の王貞治さ
んに授与したのが最初で、これまで27人が受
賞しています。最近では、フィギュアスケートの
羽生結弦さんが受賞、将棋棋士の羽生善治さん、
レスリングの伊調馨さん、野球の松井秀喜さん、
相撲の大鵬幸喜さんら、スポーツマン、俳優の森
繁久彌さんと、ほとんどがスポーツ、芸能関係者
です。國民栄誉とはいったいなんなのでしょう。

映画俳優、映画監督、横綱、野球選手、マラソン
の優勝、レスリング、将棋、囲碁、なんでスポー
ツ芸能ニュースで騒がれる人たちばかりが受賞す
るのでしょう。それとは別に叙勲というのがあり
ます。ことしの「秋の叙勲」を受章者が発表され、
新聞に名前が掲載されています。全体で4079人も
いて。そのうち2188人は役人です。民間は1891人
でした。

民間人とはともかく、なぜ役人に叙勲なのでしょ
う。肩書きを見ると、偉そうな役職ですば、特別
になにか仕事をしたとは思えません。給料をもら
って、仕事をしたなら、國民のほとんど全員が同
じように仕事をしています。役所に勤めたから受賞
というのでは、おかしいでしょう。

ことしの國民栄誉賞は大分県のスーパーボランテ
ィア尾畠春夫さんではないですか。ことし、8月
15日には、山口県周防大島町で行方不明の2才男
児を救出しました。それを讃えて11月3日には、
大分県知事から県功労者表彰を授与されたのです。
しかし、それだけではないはずです。尾畠さんは
國民的な英雄です。ぜひ、國民栄誉賞を授与する
べきではないでしょうか。

これについて、「南瓜大玉の日の本國憲法私案」
の著者の南瓜大玉先生のご意見を聴いてみました。
以下、南瓜先生のお話です。

◆南瓜大玉の話
尾畠春夫さんは、ことし8月12日に行方不明と
なった子どもを心配していた。3日後の15日、
いよいよ見つからないと知った尾畠さんは、軽
自動車で大分から山口県周防大島町へ捜しに行
った。尾畠さんは、行方不明になった子どもは、
上の方へ歩いて行ったと思ったそうだ。それまで
の、ボランティアの経験から、2歳ぐらいの子は
上へ上へと歩く、というのだ。

しかし、警察などの捜索は、山の下を流れる川の
付近を捜していた。子どもが川に落ちて、どこか
に沈んでいるとでも思ったのだろう。生きている
と思って捜すのと、死んでいると思って捜すので
は、心構えが違う。捜索隊の姿をテレビで見てい
た尾畠さんは、現地へ行ったら、上を捜してみよ
う、と決めていた。到着して、家族から話を聞き、
行方が分からなくなった地点から、上へと歩き始
めた。

子どもの名前を叫んで、坂道を上って行くと、子
どもの返事が聞こえた。藪をかき分けて見ると、
子どもが石の上に座っていた。名前をいうと返事
をした。持っていたあめ玉を渡すと、バリバリ音
を立てて食べたという。それを見て尾畠さんは「よ
かった、これで助かった」と涙を流した。

子どもを抱いて、坂道を下りてくると、山口県
警の警察官が「規則ですから、子どもを渡して
ください」といった。しかし、尾畠さんは、
「見つけた子どもは、わたしが親にきちんと
手渡すと約束した。口約束も契約、言うたこ
とは守る。警察であろうと、総理大臣であろ
うと渡す訳にはいかない」と抱いた子を離さ
なかった。尾畠さんは「人の命より重いもの
はない。尊い命が助かってよかった」と喜んだ。

警察官にしてみたら、子どもを渡してもらいた
かっただろうね。警察官が子どもを抱いて、記
者団の前で撮影してもらえば、子ども発見の手
柄の写真は全国に放送される。テレビを見た國
民は警察が見つけたと思うかもしれない。だが、
子どもを抱いていたのは尾畠さんだ。警察の手
柄にはならなかった。警察官たちは、尾畠さん
の後ろをゾロゾロ歩く野次馬のように見えた。

3日間で見つからない子どもを、たった20分
で見つけた。もし、あと1日、見つからなかっ
たら、子どもは死んでいたかもしれない。この
ニュースは、日の本中のだれもが喜んだに違い
ない。これまでも、尾畠さんは、ボランティア
として、報酬を全く受けていない。軽自動車の
中で寝て、食事は車に持ちこんでいる。子ども
の祖父が「どうぞ、風呂にでも入ってゆっくり
してください」といったら、断った。

ボランティアの心構えとして、尾畠さんは他人
の家の敷居をまたがないようにしている。食事
や弁当なんかとんでもない、水以外はご馳走に
ならない。いつも、赤いシャツ、赤いはちまき
をしているが、これは見ている人に元気になっ
てもらうため、という。背中には、自分の名前
と住所を縫い込んでいる。住民が、だれが来て
くれているのは不安にならないように、という。

災害地域に来るボランティアによっては「弁当
はどこにありますか」と催促したり、倒壊家屋
の片づけを手伝うような振りをして、金目の物
を盗んでしまう例もある。中には、夜中に何人
かで車で行って、家の中に入り、金庫を持って
行ってしまう悪いのもいる。そんな世知辛い世
に、尾畠さんのようなスーパーボランティアに
は、國民栄誉賞を授与するべきだね。

警察官は、永く勤めれば叙勲される。それなに、
子どもを見つけた尾畠さんには、山口県の功労
者表彰というのは、ちょっと残念だね。國のお
偉いさんは、スポーツや芸能だけでなく、地味
でもがんばっているボランティアに目を向けて
ほしい。

◎ 俳句 冬立ちて長く生き過ぎたのか針が顔出す(駿星)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆このコラムは写真付きでブログ「コラムゆりか
もめ」に転載しています。
 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777/ 
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆次回の第30回「夢道サロン」は2018年11月
10日(第2土曜日)午後2時から5時まで。
勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。
参加者には自由なテーマで話してもらいます。
「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法
・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢
道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけ
っこうです。参加費無料。初めて参加希望の方
は事前にメールをください。
          syunsei777@yahoo.co.jp  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
 ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
   「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
 都道府県やめて10州制・司法改革・死刑廃止
 脱原発・教育委員選挙制・ベーシックインカム……
   南瓜先生の信州別所温泉の講演記録です。
  定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ブログ書籍案内で紹介 https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
  直売希望の方は、下記に2100円を送金してください。
   郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  定価3200円税別・ブログ読者割引 2000円(送料込み)
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   「死刑制度」のある国は民主国家ではない
   忠臣蔵、最後の脱盟者毛利小平太の言い分とは?
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
 …………………………………………………………………………………
◆「火 みちのく一関忠臣蔵」小野寺苓著
   46判・ハードカバー、332頁、2000円税別
  全国書店で好評発売中。火は常に胸中に在り、
  灯りにもなれば、火事にもなる。
  小野寺苓のみちのく歴史小説シリーズ第3弾。 
 勝どき書房の直売はありません。書店に注文してください。
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  現在の貨幣価値にして50億円に相当する現金強奪事件
  真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
  ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  勝どき書房直売の場合は送料込み 2000円です。
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
  全国書店で発売、勝どき書房で直売もしています
  2160円(送料込み)で受け付けおります
  ……………………………………………………………………………
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯
  ◇全国の書店で発売・「月島・相田書店」に常備。
   ブログ読者の特別割引  1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女性週刊誌記者が1963年5月狭山市で発生の
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
  定価1800円税別  ブログ読者割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が編集局長から
 特命を受け事件の真相を追究する
 定価2300円税別・ ブログ読者割引1000円(送料込み)
 ………………………………………………………………………………
◆「心思出会い―俳句往来・雑唱―」信田廣保著・46判並製398頁
 <聖書読む唯それだけのクリスマス>新俳句人連盟に所属した
 俳人信田紅穂が芭蕉俳句大会で優秀賞を取った俳句や
 エッセイ、東急電鉄の安全管理担当としての記録
 など80年間の自分史をまとめる
 勝どき書房直売3000円税別・ブログ読者割引2000円
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
 ◆ 勝どき書房へのメールでの連絡は  katidoki_syobou@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新のコメント

  • コメントはありません。