哲学・心理学

本当の自分がわかる心の技術 安らぎと治癒の自己改革

憂うつや神経症(不安障害・ノイローゼ)を短期間で克服するため、人生の質を向上させるために、より効果的な精神療法(心理療法)を考えるメルマガです。

メルマガ情報

創刊日:2003-06-25  
最終発行日:2012-04-09  
発行周期:ときどき  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

自信を取り戻す! 

2012/04/09

____________________________________________________________________

  本当の自分がわかる心の技術 安らぎと治癒の自己改革
     第119号 2012・4・9(月)発行  
_____________________________________________________________________

平井です。(^^)ノ 

……………………………………………………………………………………………
● 親の呪縛からの解放 
……………………………………………………………………………………………

前回のメールマガジン発行後、「メルマガの文章を読むと、親からの呪縛から
解放されていないようですね」との意見が届きました。

この方は、完全に誤解されています。
親からの呪縛からすっかり解放されているからこそ、親から受けた、強い呪縛
がどんなものだったかを、冷静に振り返って赤裸々に語れるのですよ。(^^)! 

前回は、
「どこにも居場所がない」「弱い立場になりやすい」「肩身が狭い」
「自分がここにいて、生きていて申し訳ないような気がする」、
こういう感じ方の根っこにあるのが、自信や自己愛や自己肯定と対極にある、
罪悪感、自己否定ですと申し上げました。 

この罪悪感は、母が私に、「お前が生まれてきたから私が不幸になった」と
直接面と向かって発した、なんとも卑劣な言葉に端を発していることも、
申し上げました。  

その一方で、世の中には、「あなたが生まれてきてくれて嬉しい。」と
言われる子供もいます。

子供が受けるこの待遇の開きは、子供が原因ではなく、親の側にあります。

「親が子供を愛する能力」にかかっているのです。


何度も繰り返し押しつけられてきた罪悪感から解放されるためには、
何かいいことがあったりしたときも、そうでない普段からも、
つとめて、「自分には良いことを受ける資格がある」「自分にはそれに見合う
価値がある」、と積極的に強く考えるようにすることです。(^^)ノ 
 
本来、子供時代に親から与えられるべき考え方ですが、大人になってからも、
自分で自分に与えて遅過ぎるということはありません。 

自分自身に、「良いことに見合う人間」としての地位を与えましょう。


……………………………………………………………………………………………
● ある『プライベート・アイズ』セミナー受講生の方の感想
……………………………………………………………………………………………
少し前になりますが、プラアイ受講生の方から、このようなメールを三通、
いただいておりました。三通ともご紹介します。

(伊藤さん・男性・30代)

 平井さん、突然のメールで失礼致します。

 お元気でしょうか?
 沢山の生徒さんを抱えておられると思うので、こんな古い生徒が
 メールしてしまうと困らせてしまうかもしれませんが、
 あの時は本当にお世話になりました。

 僕の混乱に平井さんがかけてくれた言葉が、どれほど今も力づよく
 支えとなっているか、メールではお礼のしようもない程です。
 本当はもっと早くにお礼がしたかったのですが、
 『自分の問題を完全に消化してから』という気持ちがあり、
 こんな時期になってしまいました。

 当然ですが、平井さんほどの洞察力と心の理解をもつ
 人に会うことは未だありません。
 
・・・・・・・・・・・・・ 
 
 平井さん

  僕の文は何の制限もなく使って頂いて結構です。
  僕は平井さんの考え方がより多くの方に伝わることを
  希望していました。
  お役に立てるなら嬉しいです。
  また、今回平井さんと話しているうちに、色々と思いが湧いてきました。
  僕の感謝の気持ちに整理をつけたく、
  以下に書きました。読んで頂けると嬉しいです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  僕の心の症状が強かった時、一人で炎の中を歩いているように
  感じていました。
  治療の方法を見つけなければ心も体ももたないだろうと。
  僕は複雑で難解で強力な、心の症状に圧倒されていました。
  周囲の人達からも怖れから目を背けられていました。
  そして自分が孤立し、何冊もの本や病院の先生の言葉の中にも
  自分の症状を説明するものを見つけられないことは
  恐怖以外の何ものでもありませんでした。


  でも、自分の症状の原因は自分自身の歴史の中にある。
  僕はいつどこで「自分自身の心や身体や神経」を傷つけたのか
  見つめていく必要がありました。
  そして、症状とは身体の中からの信号音。
  機械だって故障したらカタカタいいます。
  分解してみると必ずカタカタの原因がある。
  人間は機械より何倍も精密だから、
  心を病む時にはもっといろんな音が出て当然。
  戦いは困難でも原因は必ず自分自身のなかにある。
  無理は決してしないで、
  自分の身体の発する音に怖がらずにゆっくり自分の中を探すことが大事。

  これが、平井さんから学んだ最大の勇気と知恵でした。

  そして、『どんな人のどんな心の症状も決して怖れるものではない。』
  平井さんはそんな強さを持って僕に向き合ってくれ、
  支えてくれた存在でした。
  平井さんのかけてくれる言葉によって自分の足下に
  安心して立っていられる場所が増えました。
  そしてその場所とは僕自身の中にありました。

  心に苦しむ人とその周りの人々が『怖れ』を人の心に抱く事なく向き合え、
  助けあえる時代が来ることを。
  平井さんを通して多くの方に伝わっていきますように、
  願っています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

  平井さん

  最後になりますが、改めてお世話になりました。

  僕はプラアイ本体の平井さんの技術は、すべては使いこなせない
  ところもありましたが、
  メールセラピーでの平井さんの僕に対する洞察が、どれほど
  新鮮な驚きと安心感を与えてくれたことでしょうか。
  いまでも当時の平井さんのメールを読み返すことがあるんですよ。

  無理な話ですが、平井さんほど一度会いたい人はいません(笑)

  追伸
  ハンドルネームの件ですが、もし可能でしたら[伊藤]と
  名字のみをそのまま使えないでしょうか?
  出来る限り堂々としていたいです。
  心の病が隠さなくてはいけないものではなくなる日がくるように、
  自分の名前でいたいです。

  もし不都合でしたら、イニシャルでお願いします。

  どうかお元気でいてください。

  ---------------------------------------------------------------

  ★平井のコメント
  感想とメール使用のご快諾、ありがとうございます。(^^) 
  伊藤さんの症状もけっして軽くはなかったのですが、
  『プライベート・アイズ』開始当初とは別人のように回復されて、
  落ち着いて、だいぶ余裕が出てきましたね。ほんとうに、良かったです。 

うつと神経症を完治させる心理療法『プライベート・アイズ』セミナー
http://hiraiyoko.com/nh.html

平井 瑛子( ひらいようこ )
______________________________________________________________________
 
■ お願い・注意事項 ■
______________________________________________________________________
 
●お友だち・お知り合いへの全文転送は大歓迎です。
心の不安を抱えた方、心の健康に興味がある方に教えてあげてください。

●お寄せいただいたメールは、全て拝見させていただいております。
メールマガジンやサイトでご紹介させて頂く場合もございますが、
掲載時には必ず、お名前なら苗字と名前のイニシャルのみに変更して、
個人を特定できる要素は削除ないし書き換えなどの配慮をさせていただきます。
なにとぞ、ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。<(_ _)> 

●転載・引用される場合は、このメルマガのURLも、
必ずそえてください。
_____________________________________________________________________

当メルマガ『本当の自分がわかる心の技術 安らぎと治癒の自己改革』の
バックナンバー ⇒ http://hiraiyoko.com/seminar.html
……………………………………………………………………………………………
★【メルマガ解除・変更画面】コチラです。手続きはご自身でお願いします。
       http://hiraiyoko.com/seminar.html
_____________________________________________________________________

企画・執筆・編集・発行責任者  平井 瑛子(ひらい・ようこ)
ホームぺージ http://hiraiyoko.com/ 不安神経症を完治する心理療法
楽天 http://plaza.rakuten.co.jp/ykoyo/ 心の病気と悩みを解決するヒント
livedoor http://sinrigaku.livedoor.biz/ 不安神経症は心理学で完治OK!
_______________________________________________________________________

☆ このメールマガジンへの感想、ご意見、質問、応援メッセージ、
どんどんお寄せください。お待ちしています。(^^)☆ 

      連絡フォーム
        ↓
https://ssl.formman.com/form/pc/AdLz3sTTS6S6wMyQ/
______________________________________________________________________

 



最新のコメント

  • 名無しさん2011-09-18 20:52:57

    最後のネット右翼まがいのアジ演説は醜悪。確かに民主党も悪いが自民&公明政権はもっとひどかった。麻生や安倍を評価するとは2ちゃんねるで情報操作しているネット右翼並み。