独立・起業

東京起業家サークルマガジン

東京圏で起業した人・したい人の為の会です。起業家サークルの開催情報や代表の四方山話、その他東京地域の友好交流会会情報を流します。どうぞよろしくお願いいたします。

全て表示する >

起業生活継続の経費を考える 起業家サークル通信

2011/01/06

━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 起業家サークル通信      ☆
━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                   起業「生活」継続の経費






起業をした人したい人の相談に載ります
また、顧問的に経営相談を求める方もお気軽にお問い合わせをどうぞ
nakao@kigyoukacircle.com 090−3925−4354

今年のからふるのカレンダー完売しました→ http://color-fuls.ocnk.net/product/54
年末を楽しみにしていてくださいね〜(^^)v
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元= 起業家サークル来夢 http://kigyoukacircle.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。 

 起業家サークルの中尾です。

 今年はじめてのメルマガ、皆さま今年もよろしくお願いします。
〜 ってか、今年こそまだ出会ってない皆さんは僕とも会って
お話ししてくださいね! 〜
 
 多くの皆さまが今年が今までで一番のいい年になりますように、
僕もサポートを頑張りますよ〜♪

 起業家ってのはいろんな悩みが有るともいます。

 そんな時には、時間があったら一度は中尾にもお話ししてくださいね。 

 そこから何かが変わったり、何かが始まったりすることもあると
信じて僕は活動しているんです。 



 さて、今年一回目のメルマガは、起業の「生活」を継続させるため
の経費のお話です。 

 っても、起業をして1年も経った人ならば、「そんな当たり前のこと、
判ってるよ」って言われるかも知れませんね。 
 
 実際、そうだと思いますよ、起業家の皆さんは自分の生活の為の
経費はよく知ってる。 

 だもんで、今回のメルマガは起業前の人に向けてのメルマガなのかな?
 
 と、思われがちですがちょっと違って、自分以外の他の人たちの生活経費
ってのを考えて貰えたらと思います。 

 でも打ち明けますと・・・
 
 この話は先日、ライフプランナーの人と話したときに出た、他人の生活費の
話なんですよね。
 
 それに僕が起業の事を絡めて書くだけなんですが・・・最後は
恐い話になるかもですよ〜(笑)
 
 さて、起業継続の経費。 

 これはもう、会社の運営経費にほかなりません。 

 では、その会社の運営経費って・・・事務所代も有れば光熱費もあり、
車が有れば駐車場代もかかるし社員がいれば人件費、自分にだって
生活費がかかるわけですから人それぞれ。
 
 に、してもこれでもかって位、会社運営の経費ってかかるし
項目が多いんですよね。

 これは今回切り離して(笑)今回は起業家の生活費のことをちょっと
書いてみました(起業家に限らずですが)。

 僕は42才、そんな自分をまずはモデルにしますと。
 
 僕は結婚していて子供が二人います。
 
 中三と小六(各男)なんですけどね。

 こいつらがまぁ、よく食べるわけです。
 一日にご飯が8合いるんですから・・・は、ともかく(笑)そんなこんなで
飲食に掛かる費用が一ヶ月8万円くらいです(かなり節約してそれ)。 

 中三は受験というのがあって塾に行く(行ってるのか知らないけど)として
月謝が一ヶ月2〜3万、これに夏休み冬休みの集中講座で各5〜8万(^◇^;)
これらを足して月の平均にすると35000円くらい?

 でもって、小六にもなると塾に行ってる子も多いらしく、これまた一ヶ月
1〜2万に特別講習も会わせて一ヶ月にならすと2万円くらい? 

 塾経費で合わせて5万5千・・・(起業家サークルメンバーから聞き取った範囲での 

平均額くらい)。
 
 これに4人が暮らせるスペースの家賃に光熱費(13万前後?)、子等がクラブ活動 

などしていればさらに各1万円ほどが出て、車も有れば駐車場もかかる(月にならせば 

3〜4万? 除く車両購入費用)。
 
 車なんかは11年で230万円ほどを買い換えるとして年に21万、一ヶ月
2万位かな?
 
 これらを合わせて
 8万+5.5万+13万+2万+4万+2万=34万5千円。
 
 例えば塾は削って26万5千円。
 車も削れば21万くらい?(子供がいて車が無いのはなかなか考えられないけど)  


 これ、貯蓄0の場合。

 さらに個人年金や公的年金、健康保険や生命保険を入れたら大きく額は
膨らみますね(お小遣いも欲しいですね〜)。
 
 兎に角
 
 子供のいる家庭継続には35万円くらいは最低限、生活費がかかってるわけです。  

 
 これが、独身者になるとワンルーム的家賃5〜7万(大阪市内)
 食費は外食も入れて5万円くらい
 車は有っても無くても良いし
 後は保険関係だけかなぁ・・・。
 17万も有れば生活できるかな? 


 夫婦子供無しだと上記に車が着いて家賃が1〜2万上がって公的保険や
生保を入れて20万円くらいかなと(食費は外食が減る分、平均5万以内になるらしい)。 

 
 と、すれば
 
 生活にかかる経費って年齢や生活スタイルによって大きく変わるわけですね。 

 え?そんなこと判ってるって(^◇^;)ですよね。 

 でも、本当に他の人の生活費のこと、判っていますか?
 
 自分はこうだから他人もこうだって思ってませんか?
 
 自分はずっとこの生活費のままだとか
 ○○(パートナーや子供)が欲しいと思ったとして、実際にこの計算をしてますか? 

 ライフパートナーに言わせると、あんがいとこの計算をしてないそうなんです。 

 だもんで、せっかくの年明けです。 

 あらためて自分の人生
 
 このまま・・・○○円
 何かが増えたら・・・○○円
 
 と、計算してみるのも良いのかなと思います(中尾の場合は年喰って
身体が効かなくなってきたとか、検診費用なども計上か・・・(T.T))。
 
 悲しいかな、人間は生ものですから年は取っていきます。 
 
 年取っていけば出来ることも増えますが、それよりも出来なくなることが
増えますよね。
 
 自分の今、そして未来に対してのシュミレーションと備えをするのも
起業家ではないでしょうか?(と、ライフプランナーに言われたけど
そう思った 笑) 
 
 でね 

 最後にこわーい話なんですが(^◇^;) 

 自分の起業が終焉を迎えたとき、新たに働き口を求めたとして 
今の生活レベルを多少落としたとして、それだけで有る程度の生活ができますか?
 
 独身者ならば可能ですね。
 夫婦子供なしでも二人で協力すれば出来るでしょう。

 でも、子供がいる家庭。
 特に複数名(2名とか3名とか4名とか)は大変ですね。
 
 ちなみに42才中尾(特技・免許無し)がハローワークに出向きましたら
14万円の仕事口が有った程度です(T.T)それだって、競争で入れるかどうか
判りませんしサービス残業当たり前の職場でしょう。 

 タクシーなどの運転手募集の公告では「高所得」をうたっていますが、実際は
10数万円取れたらいい方・・・と、言うことで倒産した人はお先真っ暗になるんですね。 

 これは、会社をリストラされたり倒産したサラリーマンでも
同じなんですけどね〜(退職金や失業手当を貰えるだけまだマシかなとは思うけど)。 

 
 起業の破綻、経営の失敗は今ある生活を脅かすことでしょう。 

 ましてや月額30万円台半ばの経費が掛かる生活の人たちならば尚更です。
 
 だからこそ、僕は来夢の仲間達の起業の失敗が来ることの無いように
奔走しています。
 
 奔走はしていて、力を尽くしても及ばないことが多いんですけどね。 

 結局、最後は経営者の資質、そして見極め次第ですからね。

 それはそうとしても、その人にチャンスがある限りかけずり回っています。
 
 とは言え、僕の所に来る相談の場合、手遅れが多かったり、僕の力では
及ばないことも多く、申し訳ないけれどとお断りすることもあるんです。 

 倒産もまた、当たり前にあるのが我々起業家の世界なんですよね。
 
 でも、その場合失うモノも多くなりますからね、だからこそ皆さん。
 
 頑張りましょうね。
 頑張って頑張って頑張り抜いてさらに頑張って。
 
 でも、頑張るだけならば誰にでも出来るから・・・
 
 創意工夫を大切にして、必死のパッチで生き残っていきましょう。 

 もちろん、生き残るだけなんてつまらないから、面白い人生を
送るために、良い仕事をしてたくさんの人に喜んで貰って、それで
頂いた対価で自分の楽しみだって作りましょうよ。 

 いろんな欲だって満たしたらいいですしね
(中尾は今年こそ目指せ北海道ツーリング (^^)v)。
 
 面白く生きるために選んだ生き方が起業なんですからね。 
 
 皆さん、今年も楽しく生きていきましょうね。 

 ただし・・・心と体の風邪にだけはご用心 ご用心・・・。

 心の風邪だけは僕にはほんと、どうしようもないので、罹る前に
誰か(もちろん、僕にでも)に相談してくださいよ〜。
 
 仕事にまつわるいろんな相談が出来て、その解決のための
チームが出来たら本当に素晴らしいと思うので、僕は士業・サポート業の
ワンストップ化を去年から言い続けているのですよ。
 
 人は誰かに相談(愚痴のはけ口でも)できる体制は作っておくべきなんです。
 
 とまぁ、こんな話は年初だから書けるのかなと思う、起業家サークルの
中尾でした。

 エイエイオー(^ヘ^)/


予告
 次回はお金持ちの人たちの生活の話を書いてみようかなぁ・・・
(これまた、他人から聞いた話ですが・・・僕なりに考えて書きたいです)。




――――――――――――――――――――――――
発行 オフィス来夢 なかお
 大阪府大阪市北区天神西町7−5 2A
 東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル6F
 tel&fax 06−6364−0817
 携帯 090−3925−4354(ソフトバンク)
 mtouring@silver.ocn.ne.jp
 http://kigyoukacircle.com/
―――――――――――――――――――――――― 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-06-16  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。