独立・起業

東京起業家サークルマガジン

東京圏で起業した人・したい人の為の会です。起業家サークルの開催情報や代表の四方山話、その他東京地域の友好交流会会情報を流します。どうぞよろしくお願いいたします。

全て表示する >

【起業家サークル通信】 大不況に勝つための

2009/01/06

━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 起業家サークル通信      ☆
━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       
1.この厳しい新年を迎えたにあたって
  起業家サークル代表                  
  NPO法人日本きぎょうコミュニティ代表理事  中尾吉宏  



2.経済産業省委託事業 起業家支援ネットワークNICe
  埼玉1/24 大阪北区2/7 
  イベントスケジュール・申し込みは以下のサイトからどうぞ
   http://kigyoukacircle.com/nicek/   


友好会イベント情報
 1月10日 大阪最大級の交流会
        キックオフ関西 新春交流会のご案内
        http://www2.odn.ne.jp/kick-off-kansai/page048.html



PR
起業家サークル代表の中尾の最新刊
「今」を生きる起業家たちの物語 http://kigyoukacircle.com/index11.htm
※本を購入頂いた方全員にメールの無料起業相談にものります
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     起業家サークル    http://kigyoukacircle.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新年が明けました。
 
 目出度いことなのか?
 目出度くないことなのか?
 と、聞かれましたら多くの方は「目出度い年の始まり方ではないであろう」と仰られるでしょう。
 
 昨年半ばのアメリカの金融不安に端を発した一連の不景気ニュースの数々。
 
 それが年末には一般の人達にも広く波及をして、雇用不安にまで至りました。 

 年末年始のニュースで労働者達が公園で野宿をするのを見た方も
 多いと思います。

 この野宿の人達に対しては、多くの人が含むところもあり、賛否も分かれるでしょうが
 今回はその話は触れずにおいて、実際にこの不景気による雇用喪失と経済の墜落現象を
 どのように解決していけばいいのか、我々個々のレベルででも真剣に考える必要がありますね。
 
 さて、今回の不景気に対して、皆さんは一体どうされますか?
 
 備えるための貯蓄
 と、言う事が一番に上がるかと思いますがその貯蓄すら切り崩していくことになる
 かも知れません。
 と、言って暴落しきったであろう株に新規参戦をして、資産を増やすというのは
 素人にとってかなり危ないことになるでしょう(実際、底値だと思われた去年の9月頃に
 参戦した素人トレーダー達の多くがヤケドを負っている)。
 
 多くの人にとって・・・
 やることと言っても、自分の生きている範囲では限られてしまい、ただただ
 嵐が無事に過ぎ去ることを願うのみ。
 と、言うのが本当のところなんでしょうね。 

 けど日本は昔のように最強経済国家ではなく、ましてや物作り立国の地位も
 危なくなっています。
  
 例えば、今回のように景気が悪くなった後の回復を果たしたとしても、
 景気悪化前のレベル以上に行くことはおろか、その前のポイントに戻ることも
 かなり難しいことになっているのが今の日本の力だと思います。 

 景気が悪くなる→力が落ちる
 景気が良くなる→力が完全には戻らない 
 の、繰り返しで日本は徐々に力が削がれていき、代わりに新興国の経済が
 景気が良くなる→前以上の力になる
 となることでしょう。
 
 かっての日本のように・・・。
 
 と、言う事で日本はドンドンと国力の衰退化を招くことになる。

 その事が実感出来る年が今年になるのだろうと僕は思う訳です。
 
 楽観論は誰にでも言えます。
 楽観論は耳に心地よいです。
 
 けど、少子高齢化で人口が減り始めている日本に、何の希望が有るのでしょうか。  

 
 働く人が引退をしていき
 働きに来る人達が減る
 
 需要と供給のバランスから見てももはや衰退は明白。
 その上、経済でも新興国と「価格競争をする力」は今の日本にはありません。
 
 時間稼ぎ的に「派遣法」というモノで「モノを安く作るための調整弁」をこしらえましたが
 その調整弁も多くの大企業は使い切っていますからね。

 価格競争でもかなり厳しくなります。
 
 この上で国際競争力を金額だけで戦うならば、正社員の賃金カットと
 サービス残業に頼るしかなくなります。
 
 と、つらつらと 
 暗い今年の始まりをさらに暗くするニュースを書きました。
 
 では、このまま我々は座して死を待つのみなのでしょうか?
 
 否
 
 と、僕は思います。
 とは言え、僕がそう思ったところで、実際に何かの行動が起きないと 
 何ら変わることなく衰退一路でしょう。
 
 だからこそ、今からはじめることは
 
 皆さんの力もお借りして、皆さんと共に挑戦することで未来を作る。
 
 おそらくはこれだけが未来に明るい兆しを呼び込めるかも知れない
 唯一無二の方法かと思います。

 今年の必要なことは教育と実践の場とそして挑戦だと思います。
 
 僕の今年はこの起業家サークルを、そしてNPOで培った人脈・知識を駆使して
1.教育の場を作ります
2.実践出来るイベントを開催します
3.挑戦する人をさらに応援します
 
 の、三つをテーマに頑張ろうと思います。
 
 その為に自分自身も
1.今まで以上に勉強をして
2.さらに多くの人との交流を出来るように外に出て
3.自分自身がまずは挑戦していくこと
 を、約束しようと思います。
 
 皆さん、昨日と同じ明日はもう二度と来ません。
 座しているだけでしたら、今日より必ず悪い明日が来るでしょう。

 座して死を待つつもりがないので有れば
 
 一緒にその何かに対して挑戦をしましょう。
 
 その為に、まずは僕とも交流をしてください。
 僕を土台として活躍してくれるので有れば、この身体いつでもお貸ししますから。  


 皆さんがもし、夢を温めているので有ればどんな場ででも良い 
 
 なかおにまでお話をしに来てくださいね。
 話した夢からすべてを叶えていけるように
 
 活動しましょう。
 
 暗い年こそチャンスのだと思います。
 
 なかおでした。


以下、イベントガイドです。
以下のイベントにはすべてなかおも参加しますので、是非、皆さんも参加ください。
リンクからイベントの詳細に飛びます。


経済産業省委託事業起業支援ネットワークNICeのサイトに飛びます

埼玉1/24  
埼玉イベント       https://www.nice-vec.jp/2008aw/saitama/
イベント詳細・申し込み  http://pcgaku.com/nice/20090124.html
   
大阪北区2/7
大阪イベント       https://www.nice-vec.jp/2008aw/osaka2/  
イベント詳細・申し込み http://kigyoukacircle.com/nicek

※両イベント共にイベントブースがあります。 
 なかおは両イベント共に「起業」と「出版」の相談
 そして、2009年度版の「かなり不揃いの起業家達の執筆者募集案内」の
 ブースを出していますので、お気軽にお尋ねください。
 最新版かなり不揃いの起業家たちシリーズ本
 「今」を生きる起業家たちの物語  http://kigyoukacircle.com/index11.htm




関西最大級の交流会 キックオフ関西の新春大交流会(大阪)
     http://www2.odn.ne.jp/kick-off-kansai/page048.html
※当イベントになかおも参加します。
 参加の皆様は申し込み時になかおの名前を出して頂ければ 
 当日、個別にお話し出来るように会の方に計らって頂きます 





メールマガジンに対するご意見ご要望、そして投稿、このようなイベントをして
欲しいなどの情報がありましたらお気軽になかおまでご連絡ください。
nakao@kigyoukacircle.com
090−3925−4354(ソフトバンクです)


――――――――――――――――――――――――
内閣府認証 特定非営利法人 日本きぎょうコミュニティ
代表理事
起業家サークル代表

                          中尾吉宏

 大阪府大阪市北区天神西町7−5 2A
 東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル6F
 tel&fax 06−6364−0817
 携帯 090−3925−4354(ソフトバンク)
 mtouring@silver.ocn.ne.jp
 http://kigyoukacircle.com/
 http://npo-nkc.jp/
――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-06-16  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。