経営

社長の着眼

経営者として視点・観点・測点をどこにおくべきか?人材育成、利益率アップのポイントは?ベテラン経営者でり、現職の経営コンサルタントでもある筆者による、社長を支援するマガジン。

メルマガ情報

創刊日:2003-06-04  
最終発行日:2012-06-15  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

 ■━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━■
              社長・経営者のためのメールマガジン            
                                                            
                  〜〜〜『社長の着眼』〜〜〜                
                                                            
                  2007年05月14日号(vol.182)               
                         毎週月曜発行                       
    発行:飯塚保人(ヤスンドコム http://www.yasundo.com)   
 ■━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━■


  ★問題の整理と細分化

   問題をすべて抱え込もうとすることが、文字通り“問題”なの
  だ。何を問題とするかがポイントになります。それは、3年先の
  自社のあるべき姿を明確にして、そこに到達するために何が問題
  なのかを明確にすることです。

   たとえば、富士山に登る時には他の山の地図はいりません。ま
  た、夏山に登る時は、冬山の装備はいりません。常に課題を明確
  にすることで、問題の整理と細分化ができます。

   毎日の近視眼的なものの考え方で問題を整理するのではなく、
  目線を上げて、あるべき姿から常に今の問題を見るようにしまし
  ょう。

   経営で迷うのは、あるべき姿が明確になっていないからです。
  あるべき姿が明確になれば、問題の整理も容易になります。


 ----------------------------------------------------------
 メールマガジン『社長の着眼』
 毎週月曜日発行
 発行元:ヤスンドコム http://www.yasundo.com
 連絡先:y-info@yasundo.com
 ----------------------------------------------------------

最新のコメント

  • コメントはありません。