写真

お散歩デジカメ

プロの写真家がデジカメで撮影した写真を、軽妙なエッセイと共に毎日お届けするメルマガです。ちょっとした「使えるワザ」やレタッチ、現像のコツもコメントします。参考にしてください。

全て表示する >

週刊お散歩デジカメ(475)

2019/06/06


  週刊版 第475号




(画像はクリックで拡大表示されます。)
天空の棚田
5/27 Mon. 宮崎県椎葉村
鶴富屋敷
5/28 Tue. 宮崎県椎葉村
八村杉
5/29 Wed. 宮崎県椎葉村
十根川伝建地区
雨の目黒川5/30 Thu. 宮崎県椎葉村
二丈福井の棚田
5/31 Fri. 福岡県糸島市
麦秋列車
6/1 Sat. 福岡県糸島市
懐かしい面々
6/2 Sun. 大阪市
 暑くなってきた。今日は、午前中がリハビリで、その後、イオンモールで買い物をして帰宅したのが午後3時、それから5時過ぎまで、2時間ちょっとの間冷房を入れた。今年の初冷房である。設定温度は25度だから、外気温との差は5度前後しかないが、冷房が入っていない状態では汗が止まらない。室内でも30度を超えていたようだ。
 リハビリが週に3日入る。週日は1日置きということだ。その日は午前中がほぼ潰れるから、遠出の撮影ができない。かと言って、近場に撮影スポットがそんなにあるわけではないから、遠出をしたいときにはリハビリを休む必要がある。撮影には天気も大きく影響する。なので、事前にリハビリを休むかどうかなど判断できない。当日、良くて前日に判断することになり、病院の療法士には相当迷惑をかけていることになる。
 まあ、それについては越谷にいるときも同じだった。療法士にボクの生活リズムに慣れてもらうしか解決法はないわけで、そういう意味ではでは、こちらでもしばらくの間は恨まれようが、いずれは理解してくれると期待するしかない。




鳥羽亮
剣客春秋―里美の恋
幻冬舎文庫
文庫版 \576
Kindle版 \533

★★★★★
高野秀行
西南シルクロードは密林に消える
講談社文庫
文庫版 \983
Kindle版 \983

★★★★★+★
鳥羽亮
剣客春秋―女剣士ふたり
幻冬舎文庫
文庫版 \576
Kindle版 \533

★★★★★
鳥羽亮
剣客春秋―かどわかし
幻冬舎文庫
文庫版 \576
Kindle版 \533

★★★★★
鳥羽亮
剣客春秋―濡れぎぬ
幻冬舎文庫
文庫版 \576
Kindle版 \533

★★★★★

 鳥羽亮が書く剣豪小説の斬り合い場面(チャンバラ活劇)は、自身が剣道3段である自らの経験値と、秘剣と言われる達人芸を、単に摩訶不思議な剣術としてではなく、できるだけ科学的、合理的に太刀筋を説明してフィクションに現実味を与え、それによって客観性が担保されるから、読者としても感情移入しやすくなるのだと思う。
 単に180円得するからという理由だけで、合本版を買ってしまった。全11巻がひとまとめになっている電子書籍である。買ったからには読まなきゃいかんわけで、せっせとページをめくっているが、シリーズものにありがちなマンネリ感もなく、楽しく読めている。巻を重ねるごとに登場人物が成長していくから、途中で飽きるということがない。

プレミア版の購読申し込みはこちら
詳細はこちらをご覧ください。

5/27
第4921号
待ち合わせ
5/28
第4922号
絢爛
5/29
第4923号
麦の秋
写 真
コラム 心臓の病院が決まる 天気に負けるな 通院生活
5/30
第4924号
二丈福井の棚田
5/31
第4925号
二丈の田を行く筑肥線
6/1
第4926号
二丈の田を行く筑肥線・その2
6/2
第4927号
雨の曽根崎新地
台風被害を避ける きょんちさんの個展 まっすぐ帰宅 リハビリ


読者同士が誘い合わせて行く撮影会です。会員ならだれでも呼び掛けることができます。ドタ参自由。参加費は原則無料、自分の交通費や食費など、実費だけの負担です。非会員の参加も歓迎。ただし、病みつきになることがありますので、ご自分の生活スタイルを崩したくない人は十分ご注意ください。


キットタケナガ著
「心に残る名風景・
日本の棚田」
出版元: PIE BOOKS
定価: 1,900円+税



"Rice Fields in Japan Vol.1"
\ 640
発売元:楽天kobo
パソコンでも読めるようになりました。
パソコン用アプリはこちらから。
Amazon、Pubooでも取り扱い中。

キットタケナガ著
「デジタル写真の学校」
出版元: 雷鳥社
定価: 1,500円+税

基徳竹永著
「數位攝影技術講座
攝影學校」
出版元:尖端出版(台湾)
定価:450台湾ドル
(150香港ドル)

基徳竹永著

出版元:南海出版公司
定価:39元
nippon.comに掲載されている「棚田―日本の失われゆく原風景を訪ねて」の翻訳作業が完了しました。
英語、中国語(簡字体・繁字体)、フランス語、スペイン語、アラブ語、ロシア語でも読むことができます。
購読解除はこちら
全バックナンバーはこちら

感想、ご意見などはこちらから。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-20  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。