写真

お散歩デジカメ

プロの写真家がデジカメで撮影した写真を、軽妙なエッセイと共に毎日お届けするメルマガです。ちょっとした「使えるワザ」やレタッチ、現像のコツもコメントします。参考にしてください。

全て表示する >

週刊お散歩デジカメ(473)

2019/05/21


  週刊版 第473号




(画像はクリックで拡大表示されます。)
田植え終わる
5/13 Mon. 埼玉県越谷市
東武スカイツリーライン1
5/14 Tue. 埼玉県越谷市
東武スカイツリーライン2
5/15 Wed. 埼玉県越谷市
カルミア
雨の目黒川5/16 Thu. 埼玉県越谷市
蛇苺
5/17 Fri. 埼玉県鴻巣市
なんじゃもんじゃ
5/18 Sat. 埼玉県鴻巣市
日本一のポピー畑
5/19 Sun. 埼玉県鴻巣市
 糸島に帰ってきた。体調は、すこぶるいいとは言い兼ねるが、動かなければなにも問題はない。歩くスピードが入院前の半分ぐらいであれば、1キロぐらいなら歩ける。途中で何回か休憩を入れるけど、酸素ボンベの世話になることはない。坂ばっかりだった下関から、真っ平らな糸島に越してきたのが正解だったわけだ。
 今日は、転院先の病院を決めるために、福岡市で医師をしている同期生のところに相談しに行ったんだが、徒歩と電車で問題なく用件が片付いた。まだ最終決定ではないが、案は固まったので、同期生が根回しをしてくれるそうである。
 明日22日は宮崎県の椎葉村に天空のマチュピチュ棚田の取材に行く。けっこう遠いけど、全行程車だから、体力的には問題ないはず。調子に乗って歩き回るようなことをしなければ、生きて帰還できるであろう。




吉川永青
老侍
単行本 \1,620
Kindle版 \1,296

★★★★☆
赤井三尋
月と詐欺師(上)
講談社文庫
文庫版 絶版
Kindle版 \700

★★★★★
赤井三尋
月と詐欺師(下)
講談社文庫
文庫版 絶版
Kindle版 \700

★★★★★
立川談四楼
シャレのち曇り
PHP文芸文庫
文庫版 \799
Kindle版 \650

★★★★★
鳥羽亮
剣客春秋親子草 恋しのぶ
幻冬舎時代小説文庫
文庫版 \626
Kindle版 \580

★★★★★
高野秀行
神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記
集英社文庫
文庫版 \648
Kindle版 \432

★★★★★
立川談四楼
師匠!
PHP文芸文庫
文庫版 \734
Kindle版 \650

★★★★★
鳥羽亮
孫連れ侍裏稼業 仇討旅
幻冬舎時代小説文庫
文庫版 \626
Kindle版 \580

★★★★★

 「月と詐欺師」がなかなか良かった。いわゆるコンゲーム、犯罪小説だが、紆余曲折はありながら、最終的には思惑通りの詐欺が決まるまでのストーリーの組み立てが見事で、上下2巻を通しで読んでしまった。
 立川談四楼の小説を2冊読んだ。どちらも★5つだったけど、「師匠!」の方が頭一つ抜き出ていた。フィクションもあればノンフィクションもある短編小説集だが、いずれも師匠と弟子の関係をテーマに据え、じっくりと読ませる筋立てになっている。思わずうるっとくる話もあり、名人と言われる落語家は、話を作るのも、それを聞かせる、読ませるのも上手いと感心した次第。

プレミア版の購読申し込みはこちら
詳細はこちらをご覧ください。

5/13
第4907号
根津神社にて-2
5/14
第4908号
根津神社にて-3
5/15
第4909号
補植
写 真
コラム 71キロ 越谷の田んぼ 車の利用
5/16
第4910号
田植え終わる
5/17
第4911号
紫蘭
5/18
第4912号
カルミア
5/19
第4913号
なんじゃもんじゃ
やっと一段落 なんじゃもんじゃ 日本一のポピー畑 オーシャン東九フェリー


読者同士が誘い合わせて行く撮影会です。会員ならだれでも呼び掛けることができます。ドタ参自由。参加費は原則無料、自分の交通費や食費など、実費だけの負担です。非会員の参加も歓迎。ただし、病みつきになることがありますので、ご自分の生活スタイルを崩したくない人は十分ご注意ください。


キットタケナガ著
「心に残る名風景・
日本の棚田」
出版元: PIE BOOKS
定価: 1,900円+税



"Rice Fields in Japan Vol.1"
\ 640
発売元:楽天kobo
パソコンでも読めるようになりました。
パソコン用アプリはこちらから。
Amazon、Pubooでも取り扱い中。

キットタケナガ著
「デジタル写真の学校」
出版元: 雷鳥社
定価: 1,500円+税

基徳竹永著
「數位攝影技術講座
攝影學校」
出版元:尖端出版(台湾)
定価:450台湾ドル
(150香港ドル)

基徳竹永著

出版元:南海出版公司
定価:39元
nippon.comに掲載されている「棚田―日本の失われゆく原風景を訪ねて」の翻訳作業が完了しました。
英語、中国語(簡字体・繁字体)、フランス語、スペイン語、アラブ語、ロシア語でも読むことができます。
購読解除はこちら
全バックナンバーはこちら

感想、ご意見などはこちらから。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-20  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。