旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
ホテル・アーカイブズ通信

ホテルやリゾート、旅館の実際に泊まった部屋をいろいろな角度で写真に撮って、「リアリティ」のある情報をお届けします。眺めるだけでも楽しいビジュアル・マガジンです。

全て表示する >

再送 ホテル・アーカイブズ通信 代121号上質の空間と食事を満喫する新たな「温泉オーベルジュ」

2007/02/01


Hotel Archives通信




 

Today's hotel |今日のホテル Volume.121
Released at 31 Jan. 2007

桜湯 山茱萸
上質の空間と食事を満喫する新たな「温泉オーベルジュ」
山形県南部の赤湯温泉にある「桜湯山茱萸」に行ってみようと思ったのは、DANCYUなどで活躍する柏井壽さんが食事を褒めている記事がきっかけでした。HPで確認すると、露天風呂付きの広い客室としては料金がとてもリーズナブル。さらに食事が美味しいならと、GW明けにさっそく訪れました。
殺風景と言えるほどの赤湯の街並みにひときわ目立つ佇まいが目当ての山茱萸でした。凝った看板と、黄土色の塗壁の奥に見える山野草の庭に、別天地への期待が高まります。シンプルながらも和モダンの意匠を尽くしたロビーを抜け、和室・洋室・寝室・露天風呂・専用の庭からなる、広々とした客室に案内されました。
午後2時チェックインで翌日正午チェックアウト。CD、DVD、書籍の充実したコレクションもあって、ゆったりとした滞在を楽しめます。寝室には、チェックインからチェックアウトまで布団が敷きっ放しになっています。部屋の露天風呂は浴槽が大きく、これだけでも十分なのに、男女別の立派な大浴場やかけ流しの露天泡風呂が完備。7室しかないため、ほとんど何時でも貸切状態という贅沢さを味わえます。そして、食事は期待通り。夜は、地元の米沢牛や山菜がたっぷり楽しめる、洗練された懐石料理、見て楽しく食べて美味しい朝ごはんも秀逸でした。
若いスタッフがマニュアル通りの対応しかできないという点は残念でしたが、全体の水準を考えればそれもご愛嬌。オーナーの趣味や哲学が強く感じられる珠玉の宿だと思います。
山茱萸
続きはホームページで
基本情報
名称: 桜湯 山茱萸(さんしゅゆ)
所在地: 山形県南陽市赤湯740
撮影時期: 2006年05月
大小6つの三角屋根がお出迎え 気分良くチェックイン 花筏という名の部屋 ジブリからバッハまで これがさんしゅゆの花
昼寝にも朝寝にも 小宇宙的リゾート 2時間ほどかかります 米沢牛はたっぷり 贅沢な大浴場
マッサージ機能付きライブラリー おかゆと御飯のダブル攻撃      
続きはホームページで
Topics |トピックス
お知らせ

読者の皆様へ発行についてのお知らせ

不定期ながらも続けていきたいと思っておりますので、引き続きご愛読いただければ幸いです。

From Editor | 編集後記
新しい年を迎え、早やひと月たってしまいました。だいぶ間があいてしまいましたが、発行することができて、うれしく思っております。好きなスキーも雪に恵まれず、今年はあと1回できればいいかなぁ。少し「冬」らしさを感じてみたい今日この頃です

Next issue | 次回予告

未定です。

--
掲載している情報はできるだけ正確を期していますが、間違っている場合もあるかもしれません。 このメールマガジンに掲載された情報によって、読者が損害をこうむったとしても、発行者は責任を負うことができませんことをご了承ください。 読者の自己責任の範囲で参考にしてくだされば、幸いです。
このメールマガジンの内容を無断で転載することはご遠慮ください。
このメールマガジンは、まぐまぐ!、melma!、メルマガ天国のシステムを利用して配信しています。
解除する場合には、ご登録された配信サービスにてお願いいたします。発行者はご登録のメールアドレスをはじめ個人情報を得ておりません。
>>まぐまぐ!
(110758)
>>melma!
(m00089261)
>>メルマガ天国
(ID:18982)
--
ホテル・アーカイブズ通信
発行者:HOTEL ARCHIVES
ご意見、ご感想なんでもお寄せください: info@hotel-archives.org
Copyright : 2003-2007 Hotel Archives |ホテルアーカイブズ通信. All rights reserved.
http://www.hotel-archives.org/mailmagazine/vol121/index.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-20  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。