旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
ホテル・アーカイブズ通信

ホテルやリゾート、旅館の実際に泊まった部屋をいろいろな角度で写真に撮って、「リアリティ」のある情報をお届けします。眺めるだけでも楽しいビジュアル・マガジンです。

全て表示する >

ホテル・アーカイブズ通信 第121号 上質の空間と食事を満喫する新たな「温泉オーベルジュ」

2007/01/31


Hotel Archives通信




 

Today's hotel |今日のホテル Volume.121
Released at 31 Jan. 2007

桜湯 山茱萸
上質の空間と食事を満喫する新たな「温泉オーベルジュ」
600年前から薬湯が自噴している宮城県鎌先温泉で、古くから湯治宿を営んできた湯主一條は、現在の当主が20代目という歴史の宿です。特に、巨大な木造本館は、大正末期から昭和初期にかけて、宮大工が一本の釘も使わずに建てたという由緒ある建物で、3年ほど前までは、自炊中心の湯治客が泊まっていました。
その本館の内部を改装し、2004年に個室料亭「匠庵」に生まれ変わらせてから、この旅館は大きく進化しました。宿泊客が木造本館を楽しむ時間が生まれ、以前は部屋食中心だったため、「温かいものは温かく」というようなサービスが十分にできなかった食事の質が大幅に向上。料理長の腕がさらに発揮されるようになったためか、大手ネット代理店で「北海道東北ブロック食事部門第1位(2006.5)」になったとのこと。
宿泊におすすめなのは、一番高いバス・トイレ付きの部屋より、むしろ部屋の窓から写真のように本館の眺めが楽しめるトイレ付きの部屋でしょう。1泊2食ひとり1万円台のリーズナブルな宿ですので、部屋の中はふつうの温泉宿という雰囲気ですが、想像以上に大きく見える本館の風情を楽しみながら、のんびりすごすにはぴったり。
料理だけでなく、折り目正しいベテラン従業員と、笑顔の絶えない若いスタッフが温かな空気をかもしだし、若い経営者ともども一生懸命サービス水準を高めている、そんな姿勢が明確に感じとれる宿です。温泉の質も良く、値段以上の満足感がありました。
山茱萸
続きはホームページで
基本情報
名称: 桜湯 山茱萸(さんしゅゆ)
所在地: 山形県南陽市赤湯740
撮影時期: 2006年05月
大小6つの三角屋根がお出迎え 気分良くチェックイン 花筏という名の部屋 ジブリからバッハまで これがさんしゅゆの花
昼寝にも朝寝にも 小宇宙的リゾート 2時間ほどかかります 米沢牛はたっぷり 贅沢な大浴場
マッサージ機能付きライブラリー おかゆと御飯のダブル攻撃      
続きはホームページで
Topics |トピックス
お知らせ

読者の皆様へ発行についてのお知らせ

不定期ながらも続けていきたいと思っておりますので、引き続きご愛読いただければ幸いです。

From Editor | 編集後記
新しい年を迎え、早やひと月たってしまいました。だいぶ間があいてしまいましたが、発行することができて、うれしく思っております。好きなスキーも雪に恵まれず、今年はあと1回できればいいかなぁ。少し「冬」らしさを感じてみたい今日この頃です

Next issue | 次回予告

未定です。

--
掲載している情報はできるだけ正確を期していますが、間違っている場合もあるかもしれません。 このメールマガジンに掲載された情報によって、読者が損害をこうむったとしても、発行者は責任を負うことができませんことをご了承ください。 読者の自己責任の範囲で参考にしてくだされば、幸いです。
このメールマガジンの内容を無断で転載することはご遠慮ください。
このメールマガジンは、まぐまぐ!、melma!、メルマガ天国のシステムを利用して配信しています。
解除する場合には、ご登録された配信サービスにてお願いいたします。発行者はご登録のメールアドレスをはじめ個人情報を得ておりません。
>>まぐまぐ!
(110758)
>>melma!
(m00089261)
>>メルマガ天国
(ID:18982)
--
ホテル・アーカイブズ通信
発行者:HOTEL ARCHIVES
ご意見、ご感想なんでもお寄せください: info@hotel-archives.org
Copyright : 2003-2007 Hotel Archives |ホテルアーカイブズ通信. All rights reserved.
http://www.hotel-archives.org/mailmagazine/vol121/index.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-20  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示