旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
ホテル・アーカイブズ通信

ホテルやリゾート、旅館の実際に泊まった部屋をいろいろな角度で写真に撮って、「リアリティ」のある情報をお届けします。眺めるだけでも楽しいビジュアル・マガジンです。

全て表示する >

ホテル・アーカイブズ通信 第118号 金沢らしさが実感できるアートホテル

2006/01/26


Hotel Archives




 

Today's hotel |今日のホテル Volume.118
Released at 25 Jan. 2006

金沢白鳥路ホテル
金沢らしさが実感できるアートホテル
金沢白鳥路ホテルは、すべての客室がツイン仕様で30平米以上というコンセプトに惹かれて、利用を決めました。兼六園に近い金沢市の閑静な一角にあるホテルは、写真の通り、華やかで広々としたロビーが印象的でした。大正ロマンをイメージしたアートホテルという通り、ロビーの至る所には、九谷焼、加賀友禅、金箔など、金沢ならではの美術工芸品が飾られています。ゆったりとした広さのゲストルームにも、さりげなく工芸品が置かれ、あわただしいビジネス滞在でも、ほっとさせてくれます。また、館内にある天然温泉もいい気分転換になりました。
そして、このホテルの最大の長所は、金沢城まで3分、兼六園まで5分、近江町市場や東茶屋街にも15分以内で歩いていけるという観光ロケーションの良さでしょう。実際、ホテル内では、観光客の姿が多く見られました。
2004年に経営が変わり、05年にかけて大規模なリノベーションが行われたばかりなので施設が新しく、快適に過ごせます。朝食に一工夫が必要な点、アメニティの平凡さ、ウォッシュトイレがないことなど、シティホテルになりきっていない点は見受けられますが、漆器の小箱に入った干菓子、金箔入り珈琲など、金沢らしさを意識したサービスにも好感が持てました。
東京全日空ホテル
続きはホームページで
基本情報
名称: 金沢白鳥路ホテル
所在地: 石川県金沢市丸の内6番3号
撮影時期: 2005年10月および11月
変わった形のホテル外観 天蓋付きのベッド 柔らかな色合い 旅館的サービス ビジネスホテルレベルのバスルーム
11月に宿泊した部屋 白鳥路という名前の由来 金沢の工芸品があふれるロビー 九谷焼 加賀友禅
ステンドグラス 金箔入りコーヒー 朝食にも金沢らしさを出せば・・    
続きはホームページで
From Editor | 編集後記
先週末、首都圏に降った大雪は、まだとけきらず、道端に残っています。豪雪地帯の方たちから見れば、たいした雪でもないのに、どうも慣れていない者には、転んだり、滑ったり、大騒ぎでした。 ところで、現在上映されている「有頂天ホテル」をご覧になった方、いらっしゃいますか?ランキングでダントツ1位ということで、なかなか人気があるようです。 主役級の俳優、女優がたくさん出演しているのも人気の一因かもしれませんが、やはり「ホテル」という舞台で繰り広げられる人間ドラマに関心があります。 どんな映画にしあがっているでしょうか。ぜひ見に行きたいと思っています。

--
掲載している情報はできるだけ正確を期していますが、間違っている場合もあるかもしれません。 このメールマガジンに掲載された情報によって、読者が損害をこうむったとしても、発行者は責任を負うことができませんことをご了承ください。 読者の自己責任の範囲で参考にしてくだされば、幸いです。
このメールマガジンの内容を無断で転載することはご遠慮ください。
このメールマガジンは、まぐまぐ!、melma!、メルマガ天国のシステムを利用して配信しています。
解除する場合には、ご登録された配信サービスにてお願いいたします。
>>まぐまぐ!
(110758)
>>melma!
(m00089261)
>>メルマガ天国
(ID:18982)
--
ホテル・アーカイブズ通信
発行者:HOTEL ARCHIVES
ご意見、ご感想なんでもお寄せください: info@hotel-archives.org
Copyright : 2003-2006 Hotel Archives |ホテルアーカイブズ通信. All rights reserved.
http://www.hotel-archives.org/mailmagazine/vol118/index.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-20  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示