経営

勝ち組候補限定!ビジネスパーソン最強化プロジェクト

あなたも勝ち組になれる!勝ち組に必須の経営戦略やマーケティングなどの知識を米国No.1ビジネスクールでMBAを取得した今話題のビジネスプロデューサーがとてもわかりやすくお伝えします。1日たった3分であなたを勝ち組に導くメルマガとして話題沸騰中!

メルマガ情報

創刊日:2003-04-12  
最終発行日:2017-07-12  
発行周期:毎週月木曜日  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【MBA講座】巨額の現金流出はワタミの経営にどのような劇的な変化をもたらしたのか?

2017/07/12

※画像が表示されない場合は テキスト版のメールマガジンをご利用下さい。

 

◆ ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信◆

 

 



こんにちは!『1日3分MBA講座』をお届けする安部です。


前回の書籍が出版されて10ケ月。


次の書籍の全体像がようやく見えてきました。(笑)


現状、集中的に執筆に取り組んでいるのですが、一応来週いっぱいで、最初の原稿を仕上げる予定でいます。


今回の書籍はこれまでの集大成のようなものになり、長い時間をかけて構想を練り、執筆してきたものでもありますので、自信を持ってみなさんにお届けできそうです。


ただ、目途が立ったといえども、まだまだ先の長い話なので、オープンにできる情報は随時このメルマガなどでお伝えしていきたいと思います。


お楽しみにお待ち下さいませ。(^^)


それでは、今回のMBA講座も張り切ってお届けしていきますので、最後までよろしくお願いします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メルマガは、MBAとして学ぶ理論を活用して個別のケーススタディをお届けしていきます。


体系的なMBA理論を身につけたい方は、『最強のビジネス理論集中講義』がお薦めです。


ドラッカーやポーター、コトラー、ブルーオーシャン戦略からイノベーションまでを1冊で非常にわかりやすく解説した書籍です。


詳しくはこちらからどうぞ。
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html


   

 

 

◆ 1日3分で身につけるMBA講座
 

 




さて、今回の『1日3分で身につけるMBA講座』は、前回に引き続きワタミの最新決算を分析していきます。


前回の分析記事をお読みでない方は、ブログにアップしていますので、まずはこちらをお読み下さい。

http://ameblo.jp/mbasolution/entry-12289945234.html


また、今回も図表付きの記事を公開していますので、よろしかったらご訪問下さいませ。

http://ameblo.jp/mbasolution/entry-12291998577.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ 1年で53億円ものキャッシュが減少したワタミ


ワタミの最新決算分析の前編では、損益計算書から18億円の赤字の原因を特定し、前期の赤字は一時的なものであることを浮き彫りにしてきました。


今回は後編として、バランスシートやキャッシュフロー計算書から、ワタミの経営分析を行っていきたいと思います。


それでは、まずバランスシートの現金残高からチェックしていくことにしましょう。


ワタミの2017年3月末現在の現金残高ですが、138億円とこの1年間で前年の191億円から53億円も減少しています。


この138億円という現金残高は、日割りで計算するとおよそ50日分の売り上げに相当する水準になります。


この水準自体の妥当性はワタミの数字だけでは判断しにくいので、同業他社の鳥貴族と比較してみましょう。


鳥貴族の直近の決算書を見ると、売上高245億円に対して現金残高は37億円とおよそ55日分の売り上げに相当する水準です。


このように両社の現金残高の水準を比較してみると、決してワタミが著しく低い水準ではないことがわかるでしょう。


■ 巨額の現金の減少に伴ってワタミに起こった劇的な変化とは?


ただ、やはり1年間で53億円もの現金が減少することは、何かしらの原因があると思われます。


やはり、赤字が原因なのでしょうか?


その原因を探るべく、続いてはキャッシュフロー計算書をチェックしてみましょう。


ワタミの2017年3月期のキャッシュフロー計算書は、次のような数字になっています。


営業キャッシュフロー +30億円
投資キャッシュフロー −18億円(※1)
財務キャッシュフロー −65億円(※2)

計)−53億円

(※1)定期預金の増加分−50億円を除く
(※2)内訳:債務返済−61億円、配当金支払−4億円


つまり、営業で生み出した30億円のキャッシュのうち、18億円を設備投資などに使った後、余った12億円と手持ちのキャッシュ53億円を合わせた65億円を、61億円の債務の返済と4億円の配当に充てたということになります。


特にこの60億円を超える債務の返済はワタミの財務に劇的な変化をもたらしたことが決算書から読み取れます。


2016年3月期には18億5千万円もあった支払利息が、2017年3月期には1億8千万円と10分の1以下になったのです。

もし、この支払利息の大幅な減少がなければ、2017年3月期の経常利益は7億円ですから、確実に経常赤字に陥っていた計算になります。


ワタミはこの借入金の返済により、これまで金利負担が重荷になっていた経営から一転、身軽になって利益を上げやすい体質に転換したといえます。


今期の業績予想は、売上高960億円、最終利益で1億円を見込みますが、本物の回復で最終黒字を果たすというシナリオは現実味を帯びてきたといっても決して過言ではないでしょう。


■ ワタミが完全復活を果たすために気を付けなければならないこととは?


確かに財務的には回復の兆しが見えますが、ワタミにとってはまだまだ安心できる状況ではありません。


やはり、特に世論を刺激しないよう慎重には慎重を期す必要があります。


ワタミは、かつてブラック企業の烙印を押され、そのブランドは地に堕ちて業績不振に陥りました。


顧客離れが加速して虎の子の介護事業を手放してまで再建に取り組んできた経緯があるのです。


ここでまた評判を下げるような事態となれば、せっかく見え始めた復活の兆しがまた遠のくことになりかねません。


ただ、そのような自社の置かれた状況を知ってか知らずか、先日も物議を醸す事態が起こりました。


ワタミは来年度の新卒採用に際して、次のような条件で募集を行ったのです。


“初任給:
基本給202,100円 (月間127時間分の深夜みなし手当30,000円、営業手当10,000円含む)
※127時間を超えた時間外労働については追加支給”


つまり、月間127時間分の深夜みなし手当は3万円で基本給の中に含まれているということになりますが、「127時間の残業をしてわずか3万円しかもらえないのか!?」とネット上で話題となったのです。


ワタミはこの件に関して、誤解を与える表現だったと謝罪に追い込まれますが、かつてワタミの長時間残業が社会問題化した経緯を考えれば、募集条件を提示する前に誤解のないよう細心の注意を払う必要があったといえるでしょう。


もし今後もそのような配慮を欠くなら、「やはりワタミは変わっていない」と社会の信頼を再び損ね、回復の兆しに冷や水を浴びせることにつながりかねません。


マクドナルドもかつて異物混入などの不祥事によって社会的な信頼を失い、危機的な状況に陥りましたが、もう2度と起こさないという不退転の決意と誠意ある行動で信頼を回復してきました。


ワタミもこれからの復活が本物になるかどうかは、過去の過ちを深く反省し、自ら進んですべてのステークホルダーとの関係をより良い方向へ変えていく意識が重要なことは言うまでもないでしょう。



    

                                                       

 【編集後記】




みなさんは将棋を指すでしょうか?


私は、小学生の時に父に教わってから、今でもネット対戦でプレイすることもあるくらいキャリアが長いのですが、最近の将棋ブームを嬉しく思っています。


その立役者である藤井聡太四段ですが、昨日対戦があり、ネットで観戦していました。


途中、相手がすごい手を指して、さすがの藤井四段も今回ばかりは負けかなと思って見ていたのですが、臆することなくどんどん攻め込み終わってみれば大逆転勝利となりました。


恐らく自分のピンチも含めて、最後の詰みまで読み切っていたのだと思います。


14歳といえど、恐ろしいほどの才能ですね。(^^;


一世代前は、羽生善治三冠が数々の記録を塗り替えてきたように、今度は藤井四段が新たな記録を打ち立てつづけるのではないでしょうか。


今後どれだけ成長するのか、本当に楽しみな逸材が現れましたね。


一将棋ファンとして応援し続けたいと思います。(^^)v


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m


今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/contact.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!

☆超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」
http://www.mbajp.org/i/s/kotler.html
↑マーケティングのバイブルのエッセンスが詰まった最新刊です!

☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の書です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載の最新刊です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!

 

 

【著作権・サイトなどでの引用について】

このメルマガの著作権はMBA Solution, Inc.に帰属します。 本内容を無断で転載することを堅く禁じます。ただ、引用いただくことは問題ございませんので、必ず引用先として 『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA 講座』としていただき、下記サイトにリンクをお貼り下さい。

http://www.mbasolution.com/magtop.htm

 

 
発行責任者: 
安部 徹也

略歴:
九州大学経済学部経営学科卒業後、現三井住友銀行入行。銀行退職後、グローバルビジネスでの起業を目指し、 インターナショナルビジネスで世界トップクラスのビジネススクールである Thunderbirdに留学し、MBAを取得。トップMBAのみ加入が許される "ΒΓΣ(ベータ・ガンマ・シグマ)"会員。

卒業後、米国人パートナーと共に経営コンサルティング事業を開始。MBA Solutionの代表に就任し、現在に至る。 著書に『メガヒットのからくり』、『ファイナンスがスラスラわかる本』、 『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』などがあり、テレビやラジオ、雑誌、新聞など数多くのマスメディアにも登場している。

発行者からひとこと:
このメルマガは“MBA理論をマスターしてビジネスを楽しく!”をコンセプトにお届けしています。 100万人のビジネスパーソンに役に立つMBA理論を学んでいただくことを目標に日々 努力していますのでよろしかったらお友達にこのメルマガをご紹介下さい!⇒  http://mbasolution.com/magtop.htm


発行元:
■ MBA Solution, Inc.

URL : http://www.mbasolution.com

■ MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

※今後メルマガ配信が不要の方はこちらから解除ができます。

今までご愛読いただきありがとうございました。→  http://www.mbasolution.com/cancel.htm

 

Copyright(c) MBA Solution, Inc. All Right Reserved.

最新のコメント

  • コメントはありません。