トップ > マネー・政治・経済 > 経営 > 勝ち組候補限定!ビジネスパーソン最強化プロジェクト

勝ち組候補限定!ビジネスパーソン最強化プロジェクト

RSS

あなたも勝ち組になれる!勝ち組に必須の経営戦略やマーケティングなどの知識を米国No.1ビジネスクールでMBAを取得した今話題のビジネスプロデューサーがとてもわかりやすくお伝えします。1日たった3分であなたを勝ち組に導くメルマガとして話題沸騰中!



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【MBA講座】すき家が1000円を超える“高級牛丼”で狙う3つの意図とは?

発行日: 12/05

body bgcolor="#FFFFFF" text="#000000" leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0"

※画像が表示されない場合は テキスト版のメールマガジンをご利用下さい。

 

◆ ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信 ◆

 

 


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


はやいもので12月に突入しました。

2016年も後1ヶ月を切ったことになりますね。

12月は公私ともに忙しい月なので、あっという間に過ぎそうですね。

私もやることはたくさんありますので、やり残しのないように日々全力を尽くしていきたいと思います。(^^)

さて、12月といえば、恒例の『まぐまぐ大賞』が選ばれるシーズンでもあります。

この『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』も2年連続でビジネス・キャリア部門の受賞を果たしています。

昨年はお陰様で4位でした! 
http://www.mag2.com/events/mag2year/2015/page/cate03/

今年も読者の皆様の推薦を12月6日まで受け付けていますので、よろしかったら投票をお願い致します!

推薦はこちらからできます。
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/form.html


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程、よろしくお願いします!


+---------------------------------------------------+


【Bizコンパスで新しい記事が掲載されました!】


今回のテーマは、任天堂が発売して予想を上回るヒットを記録したファミコンの復刻版について。

なぜ、復刻版は売れるのか?

任天堂が復刻版でかつての勢いを取り戻すためにはどうすべきなのか?

Bizコンパスでご確認下さい!

『任天堂の例に見る、なぜ「復刻版」は売れるのか?』

http://www.bizcompass.jp/original/re-management-005-70.html




   

 

 

◆ 1日3分で身につけるMBA講座
 

 




さて、今回の『1日3分で身につけるMBA講座』は、1000円を超える高級牛丼を期間限定で発売したすき家の狙いについて。

“戦略製品”の考え方をお伝えしていきます。


≪すき家が1000円を超える“高級牛丼”で狙う3つの意図とは?≫


■ 1000円を超える高級牛丼を発売した牛丼業界の雄『すき家』


すき家は、11月17日から期間限定で、1個1,080円の『黒毛和牛弁当』を各店20個の限定で販売しています。

この『黒毛和牛弁当』は、赤身と脂身の絶妙なバランスで旨みが凝縮された国産黒毛和牛を特製のタレで煮込んだこだわりの逸品。すき家の牛丼は並盛で1杯350円なので、およそ3倍の価格の“高級牛丼”といえます。

このすき家の“高級化路線”への転換に、ネット上では「迷走している」や「誰もすき家では1,080円の牛丼など食べないから、売り上げアップにつながらない」など否定的な意見も散見されます。

ただ、すき家自身はこの『黒毛和牛弁当』で直接売り上げや利益アップを図る意図はないと思われます。

それは期間限定で、各店わずか20個しか販売しないことからも明らかです。

すき家がこれまでの低価格戦略から超“高級化路線”に転じて、『黒毛和牛弁当』で売り上げアップを図るようであれば、より事業にインパクトを与えるような販売計画を策定するはずです。

つまり、すき家にとって通常の牛丼のおよそ3倍の価格である1,080円の高級牛丼は、何らかの意図を持った“戦略商品”ということなのです。


■ 高級牛丼を利益度外視で発売したすき家の“隠された意図”とは?


それでは、『黒毛和牛弁当』の発売にはどのような意図が隠されているのでしょうか?

浮き彫りにしていくことにしましょう。


(1) 話題性 − ギャップによるプロモーション効果


まず、一つ目の大きな意図は、話題性によるプロモーション効果を狙ったものといえるでしょう。

これまで低価格の牛丼を販売してきたすき家がいきなり3倍以上の価格の牛丼を発売すれば大きなインパクトがあります。

プレスリリースを流せば、多くのメディアでニュースとして取り上げられるでしょうし、このニュースを受けてSNSや掲示板などで盛り上がりを見せることでしょう。

つまり、コストをあまりかけることなく、より多くの人にすき家で高級牛丼が発売されることをプロモーションすることが可能になるというわけです。


(2) 差別化 − ブランディング


2つ目の意図としては、差別化によるブランディングにつなげたいという狙いが浮き彫りとなります。

牛丼業界はこれまで激しい価格競争を繰り広げてきました。

すき家でいえば、かつては牛丼並盛1杯240円で提供したこともあり、『牛丼=安物』というイメージが図らずも定着してしまいました。

また、最近では回転寿司大手のくら寿司が“牛丼を超えた『牛丼』”をキャッチフレーズに、1杯399円で牛丼の提供を開始し、発売後わずか1ヶ月で50万食を売り上げるヒットを記録しました。12月2日からは牛丼の売り上げを加速するために、半熟の卵を2つトッピングした『W温玉牛丼』を前倒しで投入し、3ヶ月で100万食という目標の早期達成を目指しています。

このように、従来のライバルとは全く異なる企業も牛丼業界に殴り込みをかけてきているのが現状です。

牛丼業界において、従来の枠を超えて競争が激化する中、業界トップのすき家は威信をかけて差別化を図り、価格ではなく、商品力で勝負していこうという決意の表れでもあるといえるでしょう。

その強い想いは、すき家が日本の外食業界では初めて、世界の優れたブランドに贈られる『ブランド・オブ・ザ・イヤー』を受賞するなど、自社のブランドを高めることに注力しているところにも見てとれます。


(3) 新たな顧客層の開拓 − 価格から価値へのシフト


そして、最後の3つ目は新たな顧客層を開拓するという狙いです。

これまですき家は女性層やファミリー層など吉野家などが食欲旺盛な男性を狙う中、ポジションを少しずらして急成長を遂げてきました。一方で、“価格に敏感な顧客層”という共通の特徴も挙げられます。

ただ、すき家が新たに狙う顧客層は価格よりも価値に重点を置き、価格が少々高くても価値があれば購入を厭わない層です。

なぜなら、このような顧客層を取り込むことに成功すれば、今後不毛な価格競争に巻き込まれることを避けることも可能になるからです。

つまり、すき家は価格で浮気しやすい顧客よりも、価値を重視して浮気しない新たな顧客の開拓を目指しているというわけです。

そのような意味では、今回の『黒毛和牛弁当』は1200円や1500円相当のコストをかけて赤字覚悟の価値を提供する必要があるといえるでしょう。


■ すき家のコストリーダーシップ戦略から差別化戦略への転換は成功するか?


これまで牛丼業界では、価格重視のビジネスが展開され、すき家は規模の優位性をフル活用して、吉野家や松屋といったライバルに対して優位に競争を展開してきました。

ところが、コスト削減を究極まで追求していった結果、24時間営業店舗で夜間に店員が一人しかいないというワンオペレーションがブラックだと社会批判を受けた影響もあり、業績が悪化。2015年3月期はマイナス111億円という大幅な赤字に転落してしまいました。

これはメイン顧客が価格に敏感な場合、ビジネスが非常に難しくなることを如実に物語っています。

そこですき家は、これまで長い間展開されてきた牛丼業界の不毛な価格競争から抜け出し、ブランドを高めて安定的な成長を目指すべく『高級牛丼』を敢えて投入してきたのです。

『高級牛丼』投入の1つ目の意図は達成しました。

1000円を超える高級牛丼が戦略商品として成功を収めるには、残り2つの目的を達成できるかにかかっているといえるでしょう。


【1日3分MBA講座:本日のTake away】

商品には、それぞれ企業の最終的な目標を達成するための役割がある。

必ずしもその商品自身が売り上げや利益アップにつながらなくても、“ある役割を持った”戦略商品を活用することで、最終的な目標を達成することができるようになる。



    

                                                       

 【編集後記】



私の最新刊『マンガでやさしくわかるブルー・オーシャン戦略』ですが、大変ご好評をいただいているようでホッとしています。(^^)

アマゾンでもこんなうれしいお言葉を頂戴しました!
⇒ http://amzn.to/2eElcH8


他にもすでにお読みの方がいらっしゃいましたら、是非ともアマゾンなどで率直なご意見をいただけるとうれしいです!

よろしくお願い致します。⇒ http://amzn.to/2eElcH8



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m


今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/contact.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!

☆超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」
http://www.mbajp.org/i/s/kotler.html
↑マーケティングのバイブルのエッセンスが詰まった最新刊です!

☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の書です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載の最新刊です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!

 

 

【著作権・サイトなどでの引用について】

このメルマガの著作権はMBA Solution, Inc.に帰属します。 本内容を無断で転載することを堅く禁じます。ただ、引用いただくことは問題ございませんので、必ず引用先として 『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA 講座』としていただき、下記サイトにリンクをお貼り下さい。

http://www.mbasolution.com/magtop.htm

 

 
発行責任者: 
安部 徹也

略歴:
九州大学経済学部経営学科卒業後、現三井住友銀行入行。銀行退職後、グローバルビジネスでの起業を目指し、 インターナショナルビジネスで世界トップクラスのビジネススクールである Thunderbirdに留学し、MBAを取得。トップMBAのみ加入が許される "ΒΓΣ(ベータ・ガンマ・シグマ)"会員。

卒業後、米国人パートナーと共に経営コンサルティング事業を開始。MBA Solutionの代表に就任し、現在に至る。 著書に『メガヒットのからくり』、『ファイナンスがスラスラわかる本』、 『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』などがあり、テレビやラジオ、雑誌、新聞など数多くのマスメディアにも登場している。

発行者からひとこと:
このメルマガは“MBA理論をマスターしてビジネスを楽しく!”をコンセプトにお届けしています。 100万人のビジネスパーソンに役に立つMBA理論を学んでいただくことを目標に日々 努力していますのでよろしかったらお友達にこのメルマガをご紹介下さい!⇒  http://mbasolution.com/magtop.htm


発行元:
■ MBA Solution, Inc.

URL : http://www.mbasolution.com

■ MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

※今後メルマガ配信が不要の方はこちらから解除ができます。

今までご愛読いただきありがとうございました。→  http://www.mbasolution.com/cancel.htm

 

Copyright(c) MBA Solution, Inc. All Right Reserved.

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【MBA講座】すき家が1000円を超える“高級牛丼”で狙う3つの意図とは?

発行日: 12/05

body bgcolor="#FFFFFF" text="#000000" leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0"

※画像が表示されない場合は テキスト版のメールマガジンをご利用下さい。

 

◆ ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信 ◆

 

 


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


はやいもので12月に突入しました。

2016年も後1ヶ月を切ったことになりますね。

12月は公私ともに忙しい月なので、あっという間に過ぎそうですね。

私もやることはたくさんありますので、やり残しのないように日々全力を尽くしていきたいと思います。(^^)

さて、12月といえば、恒例の『まぐまぐ大賞』が選ばれるシーズンでもあります。

この『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』も2年連続でビジネス・キャリア部門の受賞を果たしています。

昨年はお陰様で4位でした! 
http://www.mag2.com/events/mag2year/2015/page/cate03/

今年も読者の皆様の推薦を12月6日まで受け付けていますので、よろしかったら投票をお願い致します!

推薦はこちらからできます。
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/form.html


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程、よろしくお願いします!


+---------------------------------------------------+


【Bizコンパスで新しい記事が掲載されました!】


今回のテーマは、任天堂が発売して予想を上回るヒットを記録したファミコンの復刻版について。

なぜ、復刻版は売れるのか?

任天堂が復刻版でかつての勢いを取り戻すためにはどうすべきなのか?

Bizコンパスでご確認下さい!

『任天堂の例に見る、なぜ「復刻版」は売れるのか?』

http://www.bizcompass.jp/original/re-management-005-70.html




   

 

 

◆ 1日3分で身につけるMBA講座
 

 




さて、今回の『1日3分で身につけるMBA講座』は、1000円を超える高級牛丼を期間限定で発売したすき家の狙いについて。

“戦略製品”の考え方をお伝えしていきます。


≪すき家が1000円を超える“高級牛丼”で狙う3つの意図とは?≫


■ 1000円を超える高級牛丼を発売した牛丼業界の雄『すき家』


すき家は、11月17日から期間限定で、1個1,080円の『黒毛和牛弁当』を各店20個の限定で販売しています。

この『黒毛和牛弁当』は、赤身と脂身の絶妙なバランスで旨みが凝縮された国産黒毛和牛を特製のタレで煮込んだこだわりの逸品。すき家の牛丼は並盛で1杯350円なので、およそ3倍の価格の“高級牛丼”といえます。

このすき家の“高級化路線”への転換に、ネット上では「迷走している」や「誰もすき家では1,080円の牛丼など食べないから、売り上げアップにつながらない」など否定的な意見も散見されます。

ただ、すき家自身はこの『黒毛和牛弁当』で直接売り上げや利益アップを図る意図はないと思われます。

それは期間限定で、各店わずか20個しか販売しないことからも明らかです。

すき家がこれまでの低価格戦略から超“高級化路線”に転じて、『黒毛和牛弁当』で売り上げアップを図るようであれば、より事業にインパクトを与えるような販売計画を策定するはずです。

つまり、すき家にとって通常の牛丼のおよそ3倍の価格である1,080円の高級牛丼は、何らかの意図を持った“戦略商品”ということなのです。


■ 高級牛丼を利益度外視で発売したすき家の“隠された意図”とは?


それでは、『黒毛和牛弁当』の発売にはどのような意図が隠されているのでしょうか?

浮き彫りにしていくことにしましょう。


(1) 話題性 − ギャップによるプロモーション効果


まず、一つ目の大きな意図は、話題性によるプロモーション効果を狙ったものといえるでしょう。

これまで低価格の牛丼を販売してきたすき家がいきなり3倍以上の価格の牛丼を発売すれば大きなインパクトがあります。

プレスリリースを流せば、多くのメディアでニュースとして取り上げられるでしょうし、このニュースを受けてSNSや掲示板などで盛り上がりを見せることでしょう。

つまり、コストをあまりかけることなく、より多くの人にすき家で高級牛丼が発売されることをプロモーションすることが可能になるというわけです。


(2) 差別化 − ブランディング


2つ目の意図としては、差別化によるブランディングにつなげたいという狙いが浮き彫りとなります。

牛丼業界はこれまで激しい価格競争を繰り広げてきました。

すき家でいえば、かつては牛丼並盛1杯240円で提供したこともあり、『牛丼=安物』というイメージが図らずも定着してしまいました。

また、最近では回転寿司大手のくら寿司が“牛丼を超えた『牛丼』”をキャッチフレーズに、1杯399円で牛丼の提供を開始し、発売後わずか1ヶ月で50万食を売り上げるヒットを記録しました。12月2日からは牛丼の売り上げを加速するために、半熟の卵を2つトッピングした『W温玉牛丼』を前倒しで投入し、3ヶ月で100万食という目標の早期達成を目指しています。

このように、従来のライバルとは全く異なる企業も牛丼業界に殴り込みをかけてきているのが現状です。

牛丼業界において、従来の枠を超えて競争が激化する中、業界トップのすき家は威信をかけて差別化を図り、価格ではなく、商品力で勝負していこうという決意の表れでもあるといえるでしょう。

その強い想いは、すき家が日本の外食業界では初めて、世界の優れたブランドに贈られる『ブランド・オブ・ザ・イヤー』を受賞するなど、自社のブランドを高めることに注力しているところにも見てとれます。


(3) 新たな顧客層の開拓 − 価格から価値へのシフト


そして、最後の3つ目は新たな顧客層を開拓するという狙いです。

これまですき家は女性層やファミリー層など吉野家などが食欲旺盛な男性を狙う中、ポジションを少しずらして急成長を遂げてきました。一方で、“価格に敏感な顧客層”という共通の特徴も挙げられます。

ただ、すき家が新たに狙う顧客層は価格よりも価値に重点を置き、価格が少々高くても価値があれば購入を厭わない層です。

なぜなら、このような顧客層を取り込むことに成功すれば、今後不毛な価格競争に巻き込まれることを避けることも可能になるからです。

つまり、すき家は価格で浮気しやすい顧客よりも、価値を重視して浮気しない新たな顧客の開拓を目指しているというわけです。

そのような意味では、今回の『黒毛和牛弁当』は1200円や1500円相当のコストをかけて赤字覚悟の価値を提供する必要があるといえるでしょう。


■ すき家のコストリーダーシップ戦略から差別化戦略への転換は成功するか?


これまで牛丼業界では、価格重視のビジネスが展開され、すき家は規模の優位性をフル活用して、吉野家や松屋といったライバルに対して優位に競争を展開してきました。

ところが、コスト削減を究極まで追求していった結果、24時間営業店舗で夜間に店員が一人しかいないというワンオペレーションがブラックだと社会批判を受けた影響もあり、業績が悪化。2015年3月期はマイナス111億円という大幅な赤字に転落してしまいました。

これはメイン顧客が価格に敏感な場合、ビジネスが非常に難しくなることを如実に物語っています。

そこですき家は、これまで長い間展開されてきた牛丼業界の不毛な価格競争から抜け出し、ブランドを高めて安定的な成長を目指すべく『高級牛丼』を敢えて投入してきたのです。

『高級牛丼』投入の1つ目の意図は達成しました。

1000円を超える高級牛丼が戦略商品として成功を収めるには、残り2つの目的を達成できるかにかかっているといえるでしょう。


【1日3分MBA講座:本日のTake away】

商品には、それぞれ企業の最終的な目標を達成するための役割がある。

必ずしもその商品自身が売り上げや利益アップにつながらなくても、“ある役割を持った”戦略商品を活用することで、最終的な目標を達成することができるようになる。



    

                                                       

 【編集後記】



私の最新刊『マンガでやさしくわかるブルー・オーシャン戦略』ですが、大変ご好評をいただいているようでホッとしています。(^^)

アマゾンでもこんなうれしいお言葉を頂戴しました!
⇒ http://amzn.to/2eElcH8


他にもすでにお読みの方がいらっしゃいましたら、是非ともアマゾンなどで率直なご意見をいただけるとうれしいです!

よろしくお願い致します。⇒ http://amzn.to/2eElcH8



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m


今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/contact.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!

☆超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」
http://www.mbajp.org/i/s/kotler.html
↑マーケティングのバイブルのエッセンスが詰まった最新刊です!

☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の書です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載の最新刊です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!

 

 

【著作権・サイトなどでの引用について】

このメルマガの著作権はMBA Solution, Inc.に帰属します。 本内容を無断で転載することを堅く禁じます。ただ、引用いただくことは問題ございませんので、必ず引用先として 『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA 講座』としていただき、下記サイトにリンクをお貼り下さい。

http://www.mbasolution.com/magtop.htm

 

 
発行責任者: 
安部 徹也

略歴:
九州大学経済学部経営学科卒業後、現三井住友銀行入行。銀行退職後、グローバルビジネスでの起業を目指し、 インターナショナルビジネスで世界トップクラスのビジネススクールである Thunderbirdに留学し、MBAを取得。トップMBAのみ加入が許される "ΒΓΣ(ベータ・ガンマ・シグマ)"会員。

卒業後、米国人パートナーと共に経営コンサルティング事業を開始。MBA Solutionの代表に就任し、現在に至る。 著書に『メガヒットのからくり』、『ファイナンスがスラスラわかる本』、 『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』などがあり、テレビやラジオ、雑誌、新聞など数多くのマスメディアにも登場している。

発行者からひとこと:
このメルマガは“MBA理論をマスターしてビジネスを楽しく!”をコンセプトにお届けしています。 100万人のビジネスパーソンに役に立つMBA理論を学んでいただくことを目標に日々 努力していますのでよろしかったらお友達にこのメルマガをご紹介下さい!⇒  http://mbasolution.com/magtop.htm


発行元:
■ MBA Solution, Inc.

URL : http://www.mbasolution.com

■ MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

※今後メルマガ配信が不要の方はこちらから解除ができます。

今までご愛読いただきありがとうございました。→  http://www.mbasolution.com/cancel.htm

 

Copyright(c) MBA Solution, Inc. All Right Reserved.

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. WIN式能力指数<競馬予想会社のデータ提供>

    最終発行日:
    2016/12/04
    読者数:
    1280人

    【殿堂入りマガジン】創業10年の競馬予想会社(有)ウイン。メルマガは1〜3レースの掲載で1勝以上の的中率87.5%の実績。当たるから熱烈支持されるメルマガで、会員機関紙を兼ねています。HPの無料競馬予想もお見逃しなく

  2. 競馬史上最強の法則 〓ジェノミクス〓

    最終発行日:
    2016/12/02
    読者数:
    1289人

    【まぐまぐ殿堂入り/155万馬券的中マガジン】発行16年の実績(2000年創刊)JRA主催競馬予想大会チャンピオンで総読者数18000名に支持される[現役プロ]の錬金術とは?!独自理論[表と裏]の存在証明⇒毎週会員情報[Sセミナー]と同じパラメータ+推奨馬を提供〓推奨馬の的中率83%!

  3. ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

    最終発行日:
    2016/12/05
    読者数:
    2214人

    【受講者数1万5千人以上!】 MBAホルダーがビジネスに必須のビジネス理論をわかりやすく解説。経営戦略、マーケティング、ファイナンス、人事・組織戦略などビジネススクールで学ぶ理論を無料で提供しています。

  4. 『リーダーへ贈る108通の手紙2』

    最終発行日:
    2016/12/02
    読者数:
    1092人

    田坂広志氏が主催する「社会起業家フォーラム」で紹介されたメルマガです。経営学、心理学、歴史など様々な分野をおりまぜ“人”を中心に考える元気の出るリーダーへの応援歌です!本のプレゼントもやってます!

  5. 松澤屋の新着ワイン情報

    最終発行日:
    2016/12/03
    読者数:
    4149人

    グランヴァン松澤屋が販売するワイン達を入荷する毎に皆様にお知らせいたします。日本に数本しか入らない稀少ワイン、生まれ年のグランヴァンなど、この情報から目が離せません。

発行者プロフィール