海外旅行

SHIZA旅 3年4ヶ月世界一周ひとり旅

「日本から飛行機を使わずにケープタウンまで行ってみよう」それが当初の旅の目的だった・・・3年4ヶ月世界一周半。累積訪問国110ヶ国以上。アジア、中東、アフリカ、中南米、中央アジア、ロシア。「辺境」を好んで旅した著者による記録。是非ご登録下さい。(無料)【相互紹介歓迎】

全て表示する >

SHIZA旅(マラウイ1)

2011/07/25

SHIZA旅(マラウイ1)
2011.07.24 18:37作成:日本
2011.07.24 22:16貼付:日本
2011.07.25 10:00配信予定(日本時間):時差0時間
まぐまぐ:337部 melma!:459部
--------------------------------------------------------------
【このメールマガジンについて】
これは、2003年4月から2006年8月まで旅をした経験などを元に
旅の思い出などを中心に語るメールマガジンです。

現在は、日本で再就職をしていますので、
お間違いないようにお願い致します。
--------------------------------------------------------------
【重要なお知らせ】

万一メルマガが届かない場合は、
お手数ですが再登録をして頂きます様お願いいたします。
--------------------------------------------------------------
【目次】
1.カロンガ
2.タザラ鉄道
3.博物館
4.宿
5.編集後記
--------------------------------------------------------------
【1.カロンガ】

(2004年5月下旬:マラウイ)

薄暗い部屋の壁にヤモリが張り付いていた。

しかし、そのヤモリは壁を歩くのが下手で、
べチャッという音を立てて、何度も床に落ちた。

その度に、壁によじ登るのだが、またすぐに落ちてしまう。

私はそのヤモリを見ながら、
今日起こったことを思い出し、日記を書いていた。


・・・ザンジバル島で珊瑚礁のシュノーケリングを楽しんだ後、
西岸のストーンタウンに戻って
オマーン王朝時代の入り組んだ街並みを歩き回った。

アラブの匂いのするその街並みは、
私にはとても懐かしいもののように感じられた。

そして、ザンジバル島をフェリーで出航すると、
タンザニア本土のダルエスサラームに戻ったのだった。

--------------------------------------------------------------
【2.タザラ鉄道】

ダルエスサラームからは、タザラ(タンザン)鉄道で移動した。

タザラ鉄道は、タンザニアのダルエスサラームと
ザンビアのカピリムポシとを結ぶ鉄道である。

この鉄道は、中華人民共和国の援助で作られたということだ。
車両は確かに、中国の鉄道のものに似ていた。
駅も中国のものに似ており、
さらには、
中国にゆかりのある偉人の銅像も立っているという噂だった。

経済発展する以前から、アフリカとの関係を作っていたというのは、
やはり、このアジアの超大国は、外交面でも優れたものを持っている。

私はこの、中国の援助を受けたタザラ鉄道に乗って、
ダルエスサラームから、ムベヤという街に向かった。

ムベヤは、高原の街であり、過ごしやすい気候だ。
宿泊した宿は、清潔で、机や椅子も設置されており
とても居心地が良かった。

そのムベヤで一泊した後、
タンザニアからバスを乗り継いで、マラウイに入国したのだった。

マラウイは、マラウイ湖という湖の西岸に広がる細長い国で
「マラウイ湖畔」での滞在が、欧米人に人気のあるところだ。

湖畔のロッジなどでは、
透明な水が岸辺に打ち付けてくるのを眺めながら
のんびりと過ごすことができる。

--------------------------------------------------------------
【3.博物館】

私が訪問した2004年当時、
都市部以外の治安は、それほど悪くは無かった。

ただし、一部の大都市では、強盗が出るので、
街歩きには要注意だといわれていた。

今日、タンザニアからマラウイ北部の小都市、カロンガへ
到着してみると、穏やかな雰囲気に安心感を覚える。

ダルエスサラームとは異なり、殺伐とした雰囲気もなく、
穏やかな人たちが多く、心が洗われるようだ。

夕食代わりに、街の露店で、フライドポテトを食べたが
英語で「どうもありがとうございます」と丁寧に言われた。

水を買った所では、こんなセリフを聞いた。
「あなた日本人?博物館で働いているの?」

話を聞いてみるとカロンガの博物館の館長は日本人だということだ。
だから、私がそこの博物館の関係者だと考えたのだろう。

バナナ、小魚、ビスケットを購入して宿に戻る。

--------------------------------------------------------------
【4.宿】

私が宿をとったところは、質素な建物だった。
決して不潔という訳ではなく、居心地はよいぐらいだった。

しかし、昨日タンザニアのムベヤで泊まったところと比べると、
窓が小さいため部屋は薄暗く、壁は薄汚れていた。
シーツも「よれよれ」で、それは清潔ではあったが、
あまり爽快な感じではなかった。

その宿は、長屋のような細長い建物で、
個室がずらりと並んでいる構造になっている。

トイレは、部屋の外にあり、そこまで歩いていくのが面倒だった。

部屋の料金は150MKだから、日本円で150円程度だろうか。

部屋で、小魚を齧りながら私はぼんやりと部屋の中を眺めている。

蜘蛛が、蛾を捕っている。
ヤモリが壁によじ登り、べチャッという音を立てて、床に落ちた。

さきほど、火を点けた蚊取り線香は、
まだ消えないでゆらゆらと煙が上がっている。ゆらゆらと。

--------------------------------------------------------------
【5.編集後記】

日本国の総理大臣が、北朝鮮と深い繋がりを持っている団体に
献金してきたという問題が国会で追及されていた。

【2011.07.21 参議院 予算委員会】

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 事務局長
増元照明さんの発言が心に残る。

YouTubeへのリンク↓
http://www.youtube.com/watch?v=gD9k5dSKnac

この答弁を見ていると、菅とかいう人物が
どういう人間かというのがよく伝わってくる。

まさか日本の総理大臣になるような人物が、
拉致事件容疑者の息子に
6000万円も献金するとは思いもしなかった。

この政権は一体、どうなっているのか。

--------------------------------------------------------------
もしよかったら推薦してください。「読者さんの本棚」(まぐまぐ)
(melma!と「まぐまぐ」ではIDが異なりますのでご注意ください)

http://www.mag2.com/wmag/osusume/form
【「SHIZA旅」3年4ヶ月 世界一周ひとり旅】ID:0000206271 
--------------------------------------------------------------
・SHIZA旅のページ(発行者サイト)
http://www.geocities.jp/shizatabi/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2011/07/26

    国会質問が有るYou Tube へのリンクが特に良かった。