トップ > 旅行・レジャー > 海外旅行 > SHIZA旅 3年4ヶ月世界一周ひとり旅

「日本から飛行機を使わずにケープタウンまで行ってみよう」それが当初の旅の目的だった・・・3年4ヶ月世界一周半。累積訪問国110ヶ国以上。アジア、中東、アフリカ、中南米、中央アジア、ロシア。「辺境」を好んで旅した著者による記録。是非ご登録下さい。(無料)【相互紹介歓迎】



このメルマガは最新記事のみ公開されています。

メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



SHIZA旅(グアテマラ2)

発行日:4/24

SHIZA旅(グアテマラ2)
2017.04.16 16:52貼付:日本
2017.04.24 10:00配信予定(日本時間):時差0時間
まぐまぐ:240部 melma!:466部
Vol.1084
--------------------------------------------------------------
【このメールマガジンについて】
これは、2003年4月から2006年8月まで旅をした経験などを元に
旅の思い出などを中心に語るメールマガジンです。

現在は、日本で再就職をしていますので、
お間違いないようにお願い致します。
--------------------------------------------------------------
【重要なお知らせ】

万一メルマガが届かない場合は、
お手数ですが再登録をして頂きます様お願いいたします。
--------------------------------------------------------------
【目次】
1.グアテマラシティ
2.ズボン売り
3.警官
4.チキンバス
5.編集後記
--------------------------------------------------------------
【1.グアテマラシティ】

(前回からの続き)

エルサルバドルから、バスに乗って
グアテマラの首都である
「グアテマラシティ」に着いた。

そのグアテマラシティでは、こんなことがあった。

バスは、バスターミナル前の道で止まり、乗客は全員降りた。

「アンティグアへ行きたいです」というと、
「あっちにバスターミナルがある」という答えが帰ってきた。

それを聞き、私はバスターミナルの方角へ歩き始めた。

辺りは、露店がひしめき、スイカ、パイナップル、トマト、
ピーマン、焼きもろこし、衣類を売る店がビッシリ並ぶ。

その角を曲がると、トマトを売っているおばさんに止められた。

「ちょっと待った。あっちには行くな。ここでバスを待て」

「しかし、バスターミナルから始発のバスに乗りたいです。
なぜならば、途中から乗ると、席が無いかもしれないから」

「いや、ここで待ちなさい。
絶対にターミナルへ行ってはいけない!」

--------------------------------------------------------------
【2.ズボン売り】

ズボン売りの青年(ユン君17歳)も、「ここで待っていろ」という。
話を聞いてみると、「すごく危険」だから行くな、ということだった。

今までも「危険な」国はあったが、
こうして、必死に止められることはなかった。

私は、その人たちを信用した。
少なくとも、この場所は、安心できそうだ。

「危険な」バスターミナルへ向かう必要もない。
始発に乗りたかったが、それは仕方がないことだ。
席がなければ立ったままでいれば良いのだ。

荷物を置いてバスを待っていると、ダダダダッという音を立て、
凄い勢いで走っていく男がいた。


露店の間を抜けて、走り去る。

その後を数人の男たちが、必死の形相で追いかけていく。

ユン君(ズボンを売っていた青年)に「あれは何だ」と聞くと、
「ああ、あれはスリだよ。気をつけないと」という答えだ。

--------------------------------------------------------------
【3.警官】

その5分後、警官がザザッと走ってターミナルの方へ集結していった。

「ああ、あれは、拳銃のトラブルだよ」とユン君。

拳銃を所持していた人が警官に連行されたようだ。
それを一目見ようと、凄い人だかりになっている。

心拍数が勝手に上がっていくのが分かる。
これは大変なことになっている。

あのまま、私がバスターミナルに向かっていたら、
私自身が被害者になってしまったかもしれないのだ。

何だか、とんでもないところに来てしまった。

「ここは、すごーく危険なんだね」と私は言う。
「ターミナルの中は、すごーく危険だが、ここは大丈夫だ」

30分ほど、ユン君としゃべりながらバスを待つ。

それにしても、これほど親切な人に会わなかったら、
私自身が、スリか、拳銃強盗に遭遇していたかもしれない。

心の底から感謝していた。

無知とはいえ、自分で危険な場所に飛び込んでいくところだった。
それを、親切心で、忠告してくれたのだ。

よそ者で、外国人の旅人に・・・

--------------------------------------------------------------
【4.チキンバス】

30分ほど待つとバスが来て、私はそれに乗り込んだ。
バスは、米国の古い「スクールバス」を使っている。

このバスは、地元で「チキンバス」と呼ばれている。

乗り心地は、良くないが、
だからと言って、不満ではなかった。

米国の生徒たちが、
その昔、このバスに乗って通学していたのだ。

そして、古くなったバスを、グアテマラが譲り受け、
路線バスとして、活躍している。

多くの生徒たちが座ったであろう座席、
使い古された車体。

それが、愛おしく感じられる。

「チキンバス」は、ノロノロと走り続ける。
料金は、6Q。(1米ドル強)

所要時間は、1時間弱。

そして、私は古都「アンティグア」にたどり着いた。
ここは、観光の目玉となる場所が多く、
気候も良いため、多くの旅人を惹きつける。

首都グアテマラシティは、大都会で、
アンティグアは、小さな都市という趣だが、
旅行者には、アンティグアの方が、魅力的だ。

私は、このアンティグアを拠点に、グアテマラを旅することになる。

--------------------------------------------------------------
【5.編集後記】


近江から日本史を読み直す 今谷明
(講談社現代新書)

確か、「街道をゆく」第一巻は近江。
その近江の歴史を中心に記述した本である。

地味と思われるかもしれないが、そんなことはない。
近江は、日本史で重要な事件が多く起こった場所でもある。

琵琶湖の水運。
穀倉地帯としての近江。
比叡山の門前町である坂本。
姉川の合戦、
安土城。佐和山城、彦根城。
ロシア皇太子の大津事件。

近江は、日本史において重要な役割を果たしてきた。

それが良く分かる書物である。

--------------------------------------------------------------
もしよかったら推薦してください。「読者さんの本棚」(まぐまぐ)
(melma!と「まぐまぐ」ではIDが異なりますのでご注意ください)

http://www.mag2.com/wmag/osusume/form
【「SHIZA旅」3年4ヶ月 世界一周ひとり旅】ID:0000206271 
--------------------------------------------------------------
・SHIZA旅のページ(発行者サイト)
http://www.geocities.jp/shizatabi/

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 地球の歩き方WEB通信

    最終発行日:
    2017/04/25
    読者数:
    2501人

    「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。

  2. 今日の夕食

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    6886人

    料理のレパートリーが少なく、毎日何を作ろうか悩んでいませんか? 外食を減らしておうちでお料理にチャレンジしてみませんか? 簡単家庭料理レシピをお届けします。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    24234人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/04/12
    読者数:
    3295人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  5. 5分でわかるデジタル家電のABC

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    468人

    デジタル家電の開発・設計を担当している現役エンジニアが語る電気の世界。携帯電話、デジカメ、薄型テレビなど、デジタル家電の基本から最先端技術まで、何でもありのデジタルワールドへようこそ。メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2008受賞。【相互紹介歓迎】

発行者プロフィール

SHIZA

SHIZA

http://www.geocities.jp/shizatabi/

2003年3月に電機メーカを退職。約1200日(3年4ヶ月)かけて世界一周。帰国後は、再び電機メーカに就職し、時間を見つけて短期の旅に出ている。(訪問国数110カ国以上)