海外旅行

SHIZA旅 3年4ヶ月世界一周ひとり旅

「日本から飛行機を使わずにケープタウンまで行ってみよう」それが当初の旅の目的だった・・・3年4ヶ月世界一周半。累積訪問国110ヶ国以上。アジア、中東、アフリカ、中南米、中央アジア、ロシア。「辺境」を好んで旅した著者による記録。是非ご登録下さい。(無料)【相互紹介歓迎】

メルマガ情報

創刊日:2003-03-30  
最終発行日:2017-10-16  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

SHIZA旅(メキシコ序1)

2017/10/16

SHIZA旅(メキシコ序1)
2017.10.15 11:54貼付:日本
2017.10.16 10:00配信予定(日本時間):時差0時間
まぐまぐ:233部 melma!:464部
Vol.1108
--------------------------------------------------------------
【このメールマガジンについて】
これは、2003年4月から2006年8月まで旅をした経験などを元に
旅の思い出などを中心に語るメールマガジンです。

現在は、日本で再就職をしていますので、
お間違いないようにお願い致します。
--------------------------------------------------------------
【重要なお知らせ】

万一メルマガが届かない場合は、
お手数ですが再登録をして頂きます様お願いいたします。
--------------------------------------------------------------
【目次】
1.カンクン
2.満室
3.アメリカ
4.キューバ
5.編集後記
--------------------------------------------------------------
【1.カンクン】

メキシコのリゾート地カンクンにいる。

ベリーズを出国し、
メキシコに入国したのは、9月15日。
翌日、9月16日は「独立記念日」で、銀行や商店は休み。

「失敗した」という気分だ。


銀行でTCの両替をしようと思ったが、
閉まっていて、できなかったのだから。

こういうこともあろうかと、
余裕をもって木曜日にベリーズを出国したが、
まだまだ、甘かった。

金曜日は、独立記念日で休みだったから。
そこまで調査しきれていなかったことが悔しく感じられる。

せっかくのメキシコでも、カネがなければ、大したことができない。

木曜日に、ベリーズからメキシコに入国した後、
メキシコのチェトゥマルで両替しようとしたら、
長い行列ができていて、結局時間が無くて両替できなかった。

そういう不運が重なっている。

--------------------------------------------------------------
【2.満室】

宿泊を予定していた「カーサ吉田」は満室だった。
一時間待ったが、空き部屋は無かった。

時間は夜10時半。
宿を探しにカンクンの夜をさまよい歩いた。

近くのホステルに空きはあった。
料金は、10ドル。

カーサ吉田は、一泊で10ドル、連泊すると9ドルだから、
たいして料金の違いはない。

そういえば、ここに来るまでのバスの料金も、かなり高かった。
メキシコに入国して格段に物価が上がったような気がする。

日本と比較すると激安ではあるが、
こういう感覚は「慣れ」だから、

基本的に10ドル以下、
平均7ドル程度の宿に泊まっていた生活を送ると、
何でも高く感じるようになってしまう。

アジア横断して、ヨーロッパに入国した人と、
ヨーロッパから、トルコ経由してアジアに向かう人と、
訊いてみれば、多くの人が同意してくれるだろう。

--------------------------------------------------------------
【3.アメリカ】

メキシコに来て、
アメリカ、欧州的なものを強く感じるようになった。
街並みも先進国に近くなっている。

コンビニもある。

人々の服装、振る舞いも洗練されている。


メキシコというと、アメリカへの不法移民のイメージもあるためか、

「先進国」という印象はないのかもしれないが、
少なくともカンクンは、先進国の匂いが濃い。

人気のあるリゾート地だからなのかもしれないが、
ここだけ見ると、貧しい国という印象はない。

高層ホテルも並び、中米を旅してきた身には、
急に都会に来てしまったという印象だ。

戸惑いすら覚える程だ。

だが、同時に、懐かしさも感じる。
日本とも共通する「先進国の匂い」に対して。

--------------------------------------------------------------
【4.キューバ】

メキシコに入国してすぐに出国予定だった。
行先は、キューバ。(スペイン語では「クーバ」)

カンクンからは、キューバは目と鼻の先なのだ。
だから、航空券も比較的安い。

私は、早速そのための準備を始めていた。

情報を集め、カップラーメンなどの食料を買い込んだ。
航空券の手配もした。

いよいよ、キューバが近づいてきたという思いが強くなる。
やはり私はそういう国に強く惹かれるのだ。


それにしても、メキシコのカンクンは、異常に暑い。
湿気が多くてベトベトして気持ちが悪い。

そんな場所で、私はキューバへ行く準備を着々と進めていた。

--------------------------------------------------------------
【5.編集後記】

恐怖を感じる。

小池都知事を絶賛し、「政権交代へ!」と煽り続けた報道が、
手のひらを返したように、小池新党(希望の党)叩きに変わった。

投票日まであと、一週間。
再度、報道の「手のひら返し」があるのだろうか。

東京都議会議員選挙直前のように、議員の失言を
繰り返し繰り返し報道するのだろうか。

経済危機、戦乱、政治の混乱によって、崩壊した国もある。
崩壊しないまでも、混乱と貧困に喘いでいる国もある。

一つや二つではなく、
私が旅をしてきた「少なくない数の国」が、そういう状態にあった。

日本もそうなるのではないか?
事実、日本が「そういう状態だった時代」もあるのだ。

マスコミが日本人の背中を押して、崖から突き落とすようで、
それが非常に怖い。

平和や安寧や、何でもない日常生活は、どうしたら守られるのか。

ガラガラと、何もかもが崩れそうな音が聞こえてきそうで、
マスコミの報道が非常に怖い。

--------------------------------------------------------------
もしよかったら推薦してください。「読者さんの本棚」(まぐまぐ)
(melma!と「まぐまぐ」ではIDが異なりますのでご注意ください)

http://www.mag2.com/wmag/osusume/form
【「SHIZA旅」3年4ヶ月 世界一周ひとり旅】ID:0000206271 
--------------------------------------------------------------
・SHIZA旅のページ(発行者サイト)
http://www.geocities.jp/shizatabi/

最新のコメント