海外旅行

SHIZA旅 3年4ヶ月世界一周ひとり旅

「日本から飛行機を使わずにケープタウンまで行ってみよう」それが当初の旅の目的だった・・・3年4ヶ月世界一周半。累積訪問国110ヶ国以上。アジア、中東、アフリカ、中南米、中央アジア、ロシア。「辺境」を好んで旅した著者による記録。是非ご登録下さい。(無料)【相互紹介歓迎】

メルマガ情報

創刊日:2003-03-30  
最終発行日:2018-10-15  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

SHIZA旅(メキシコシティ5)

2018/10/15

SHIZA旅(メキシコシティ5)
2018.10.08 22:08貼付:日本
2018.10.15 10:00配信予定(日本時間):時差0時間
まぐまぐ:228部 melma!:461部
Vol.1149
--------------------------------------------------------------
【このメールマガジンについて】
これは、2003年4月から2006年8月まで旅をした経験などを元に
旅の思い出などを中心に語るメールマガジンです。

現在は、日本で再就職をしていますので、
お間違いないようにお願い致します。
--------------------------------------------------------------
【重要なお知らせ】

万一メルマガが届かない場合は、
お手数ですが再登録をして頂きます様お願いいたします。
--------------------------------------------------------------
【目次】
1.新聞
2.ハリケーン
3.話
4.カンクン
5.編集後記
--------------------------------------------------------------
【1.新聞】

メキシコシティを歩いていると、新聞を売っているのが目につく。

その新聞を、ちらりと立ち読み(表紙だけ)すると、
メキシコのユカタン半島は、大洪水のようだ。

Wilma(ウィルマ?)と呼ばれるハリケーンの大雨で、
街が水浸しになっている写真がたくさんある。

私が1ヶ月ほど前にいた、カンクンという街も洪水のようだ。

カンクンに居たとき、1時間ほどの豪雨で、
道路が川のようになったことを思い出す。
メキシコのチアパス州でも、道路はすぐに溢れた。

私の経験では、中南米のどの国も、雨に対しては、意外に脆く、
道路は水浸し、家は雨漏り、という場合が多かった。

(それで、思い出したけれど、インカ帝国(ペルーなど)の
遺跡は、水の管理が優れていて、巧みに張り巡らされた水路を
遺跡内に見ることができる。例:マチュピチュなど)

--------------------------------------------------------------
【2.ハリケーン】

そういう街に、巨大なハリケーンが襲いかかったら、
と考えると、住んでいる方々に対して、
何と言ったら良いのか言葉が思い浮かばない。

どれぐらいの被害があったのか、今の私には良く分からないけれど。

(「ペンションアミーゴ」には皆が観られるようなテレビがなく、
メキシコシティのネット代は高いので、
情報は、主に口コミか新聞の表紙の立ち読みで入手している)

きっと大変な思いをされている方も多いだろうし、
何人かは、亡くなられた方もおられるだろう。

そういえば、パキスタン北部でも地震があったようだし、
去年の年末は、津波が発生したということも聞いた。

このメキシコシティも、今から20年前に、大地震にみまわれた
(たしか9月ごろ)ということは、ご存知の方も多いと思う。

そういうことを考えていくと、
苦しみとか悲しみだとかいうものが、
この世界には、たくさんあって、

もしかしたら、それらを乗り越えるために、
人は、随分とたくさんの努力をしてきたし、
これからもしていくのかもしれない。

そして、社会的貢献を何一つしていない現在の私は、
日々努力している人たちに対して、申し訳ない気持ちで一杯なのだ。

--------------------------------------------------------------
【3.話】

そして、後日、ペンションアミーゴにやってきた旅人から、
生々しい話を伺う機会があった。

その人たちは、カリブ海に面したカンクンという街から、
このメキシコシティにやってきたのだ。

--------------------------------------------------------------
彼らはカンクンに滞在していて、ハリケーンの直撃にあったという。
先週金曜日ぐらいから、風雨は強まり、道路は冠水、
「カーサ吉田」から、近くにある小学校に避難した。

しかし、その小学校の建物にも水が浸入し始め、
軍のトラックで、公民館のようなところに移動。

その公民館も水浸しになり、
一段高くなった「舞台」のようなところに避難。

パンと缶詰の「配給」があったようだが、
女性や子供を中心として配られ、
彼らは、自分たちで買いだめしておいた、
食料を少しずつ食べていたという。

街は、腰ぐらいのところまで水が来ているところもあり、
「略奪」が横行していたという。
なんと、拳銃を持った「本物の警官」までもが
略奪をしていたらしい。

(「その光景を実際に見たんですか」と聞いたら、
「実際に見た」ということだった。)

略奪の対象は、テレビ、靴、ベッドなど
「普段は買えないけれど欲しいもの」だった。

つまり「飢えて追い詰められたから、仕方なく」
ということではなく、

「実に楽しそうにして略奪をしていた」ようだ。
「俺はこんなものを奪ってきた」と自慢しあっていたという。

--------------------------------------------------------------
【4.カンクン】

彼らがカンクンに居た火曜日(25日)の段階で、
電気も水道も復旧していないという。

(道路は一部復旧)

電柱は折れ、トイレは流れず、酷い状態だった。

カンクンには「ホテルゾーン」と言われる、
高級ホテルが並ぶ地域があるのだが、

その附近は、3階ぐらいまで、水が来ていて、
「ワニが徘徊している」という噂まである。

そして、致命的なのが「プラヤ(砂浜)の消滅」。
カンクンを世界的リゾートにしている「白い砂浜」が、
ハリケーンの高波のため7割ぐらい消えてしまったということだ。

まともな食事もできず、
シャワーも浴びられなかった数日間を過ごしてきた彼らは、
そんなことを口々に言っていた。

--------------------------------------------------------------
ちなみに、メキシコシティのHIS(日系の旅行会社)は、
カンクンでのハリケーン被害の対応のために、
今週末まで航空券業務中止。
もしかしたら、来週も通常業務は行なわないかもしれないという。

HISで航空券を買うつもりだった私は困っているが、
カンクンで被害に遭われた方々に比べたら、
大したことがない問題だろう。

彼らの印象的な言葉。

「欧米人は、いざとなると自分の主張をするだけで何もしない」
「あれ?欧米人は、自己犠牲精神に富んでいる
という印象がありますが・・・」
「一部の人は、一生懸命にやるが、殆どの人は何もしない状態だった」

災害などで献身的に復旧作業を手伝う欧米人を映像で見る事もあるが、
自分が被害者になると、
「欧米人は、周りから奪い取ることしか考えない」
(そしてその反動として、一部の人は献身的態度になるという)
という、証言には、いささか衝撃を受けた。

(以上は、伝聞を元にした報告です。
実際に、その場に居なかった私には欧米人非難など、
どういう認識を持ったらよいのか、わからないが・・・)

私の実体験としては、エチオピアにいたとき、
一日に、たったの一本しかないバスの便があった。
それに乗るとき、欧米人が、現地人を押しのけ、
叩き落とすようにして乗り込んでいた。

「まるでベトナム戦争だな」(サイゴン陥落)

やはり、人は、余裕がないと、他の人のために働くことは難しい。
私はそのバスには、周りの人たちに押しのけられ、
最後に乗り込み、
当然、座席は無く、苦難の時間を過ごした。

だが、その欧米人たちを非難することはできない。
立場が同じなら、私も同じことをしただろうから。

ただ、そのときの私は、座席がなくてもよいと思い、

最悪の場合、バスに乗り込めずに、
次の日まで、バスを待っても良いとさえ思っていた。

時間に十分な余裕があったし、
トラブルや、苦難さえも、楽しむ気持ちの余裕もあったのだ。

--------------------------------------------------------------
【5.編集後記】

海外での略奪というと、最近ではインドネシアを思い出す。

個人的には、
法や秩序が守られないのは、
恐いことだと感じるから

日本で略奪が少ないのはよかったが、
生活必需品「ではないもの」も略奪するという話は、
やはり、衝撃を受けた。

--------------------------------------------------------------
もしよかったら推薦してください。「読者さんの本棚」(まぐまぐ)
(melma!と「まぐまぐ」ではIDが異なりますのでご注意ください)

http://www.mag2.com/wmag/osusume/form
【「SHIZA旅」3年4ヶ月 世界一周ひとり旅】ID:0000206271 
--------------------------------------------------------------
・SHIZA旅のページ(発行者サイト)
http://www.geocities.jp/shizatabi/

最新のコメント

  • 名無しさん2018-04-22 07:18:19

    このメルマガを読みたいために、melma!に登録しました!

  • 名無しさん2016-08-15 11:21:55

    そろそろ南米も終わると思うとちょっと寂しい気分です。次は?

  • 名無しさん2016-06-06 12:01:17

    何回読んでも楽しくて空想をかきたてる旅行記ですね。次回が待たれます。90歳近い老人より。

  • 名無しさん2016-05-30 11:42:59

    いつもありがとう。

  • 名無しさん2016-01-18 14:07:46

    ナスカの地上絵、ぼくも見てみたい!