語学

実務翻訳ジャーナル〜稼げる!翻訳家への道〜

翻訳家または翻訳家を目指している方々向けです。演習課題はプロの翻訳家が担当。大変実践的です。

全て表示する >

実務翻訳ジャーナル〜稼げる!翻訳家への道〜

2008/08/12


▽▼ INFORMATION ▼▽

□■10月スタートの実務翻訳◎通学講座 申込受付中!!■□

翻訳初心者から本気でプロを目指す方まで、段階的にステップアップできま
す。実務翻訳を仕事にするためのノウハウが詰まった講座です。

【 基 礎 科 】
 講座内容 :プロになる前段階として、実務翻訳の土台作りを行います
 授業日時 :毎週木曜日 19:00〜21:00
 開校日  :10月16日(水)
 受講期間 :3ヶ月

【 実 践 演 習 科 】
 講座内容 :プロとして通用する翻訳力を身につけます
 授業日時 :毎週水曜日 19:00〜21:00
 開校日  :10月15日(木)
 受講期間 :3ヶ月

講座の詳細はこちら↓からご覧ください。
http://www.mri-trans.com/course/index.html

■体験セミナーを開催します■
通学講座の開講にあたって、講義内容を実際に体験することができる「体験
セミナー」を開催いたします。お申し込みお待ちしております!

<実務翻訳◎通学講座 体験セミナー>
日時 : 2008年9月20日(土) 10時00分〜12時30分
会場 : メディア総合研究所本社会議室(千駄ヶ谷)
参加費: 3,000円(税込)
詳細は↓こちらからご覧下さい。
http://www.mri-trans.com/seminar/index.html


●翻訳講座の資料請求・お問い合わせは―
MRI(メディア総合研究所) 語学教育センター
フリーダイヤル 0120-441-172(平日9:30〜18:00)
e-mail center@media-int.net
ホームページ http://www.mri-trans.com/


□■CONTENTS■□--------------------------------------------------
 1.<即実践!>実務翻訳の仕事術 
     その2「Native checkを意識した翻訳」

 2.@翻訳わぁーるど 〜お役立ちサイト情報〜
------------------------------------------------------------------


∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵☆実務翻訳◎体験セミナー☆

       ☆2008年9月20日(土)10:00〜12:30 開催☆

      〜翻訳マーケットの現場と学習方法を徹底解説〜
和文英訳・英文和訳を通して、実際の講義を体験することができます!
      http://www.mri-trans.com/seminar/index.html

☆実務翻訳◎体験セミナー☆∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


1.<即実践!>実務翻訳の仕事術 

◆その2「Native checkを意識した翻訳」

Native checkでは、外国語訳された訳文に、その言語を母国語とするnative 
checkerが文法上の誤りの修正、表現のbrush-upなどを施し、その品質を向
上させます。Native checkは原文を参照せずに行うことも多く、その場合、
誤訳や原文に対する過不足などはnative checkerに誤りとして認識されませ
ん。さらに、brush-upは、前後の文や段落全体を含めて包括的に行うことも
多いので、その過程で誤訳などの影響が広がりやすいという特性もあります。
誤訳などや、その影響が及んだ部分については、次の工程で日本人校閲者が
翻訳し直したり、修正・追加・削除したりするのですが(外国語としては正
確で自然なのに!)、多くの場合、再びnative checkに戻す工程上の余裕はな
く、表現のトーンの統一には限界があります。
また、native checkerに理解しづらい、長く複雑な(そして往々にして文法上
の誤りも多い)訳文も、結果として、これらと同じような理由から、工数の
浪費と品質低下の原因になり、翻訳者にとっても、訳文が「活かされない」
という残念な結果につながってしまいます。具体的には、原文の個々の文が
長く、内容も整理されていないときに、それらをそのまま、全ての情報を含
む一つの文として翻訳し、節ごとに変わる主語や、関係代名詞の用法の誤り
などによって、難解な訳文となってしまう場合等がこれにあたります。
翻訳者としては、このようなnative checkの特性、特にその限界、を意識し、
(1)誤訳せず、過不足(「過」は、翻訳者による不用意な補足など)を出さ
ないこと、および(2)native checkerに理解しやすい簡潔・明瞭な訳文を作
成することに着意したいものです。

次回は日本人校閲を意識した翻訳についてお話しします。

Takashi Shimemura(メディア総研 校閲室)


∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∵‥☆無料で実力診断☆

       ☆チャレンジ No.1〜無料翻訳能力診断テスト〜☆

           あなたの実力を無料で診断!
      http://www.mri-trans.com/challenge/index.html

☆無料で実力診断☆∵‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


2.@翻訳わぁーるど 〜お役立ちサイト情報〜

▼Guide to Punctuation
http://www.informatics.sussex.ac.uk/department/docs/punctuation/node00.html
英語の句読点についての解説サイト。さまざまな句読点(コロン、セミコロ
ン、カンマ、ダッシュなど)をはじめ、感嘆符(!)や疑問符(?)なども
含めて詳細に説明されていて、英文を書く上でとてもためになるサイトです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。