小説

椙本孝思のイサカ・トト・ミグス

作家、椙本孝思のメールマガジン。連載小説、書評、サラリーマンと二足ワラジな日常をマイペースに配信します。小説が好きな人も、そうでない人も、知的好奇心に忙殺される青年におつき合いください。

メルマガ情報

創刊日:2003-03-12  
最終発行日:2019-11-11  
発行周期:毎週月曜日  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

◆椙本孝思のイサカ・トト・ミグス◆ Vol.924

2019/11/11

====================================================================
メールマガジン
        ◆椙本孝思のイサカ・トト・ミグス◆


             -椙本 孝思-
            (Sugimoto Takashi)
                        2019年11月11日 Vol.924
====================================================================
[お知らせ]

『ミルキ→ウェイ☆ホイッパ→ズ 一日警察署長と木星王国の野望』

著者 椙本孝思
出版 潮出版社
価格 815円+税
発売日 2019年4月5日

紹介ページ:http://hermit.nobody.jp/books.html#milkys

--------------------------------------------------------------------
[本日の他人言(ひとごと)]

熱い心と、冷たい頭を持て。

−緒方貞子(国際政治学者、2019年10月22日死去)−

--------------------------------------------------------------------
[ネットワーク・ポエムワーク] その669

サイト:Quick, Draw!
https://quickdraw.withgoogle.com/


− モンタージュ −

ボス 例の男が殺害された事件について 重要な情報が得られました

何 あの未解決事件のことか

当日当夜 男が逃げる姿を 隣の家の五歳児が見ていたそうです

それで五歳児は何と言っている

うまく話が伝わらなかったので 絵に描いて披露してもらいました

よし 顔が二つ 手足が六本 口から何か吐き出しているな

本人は上手くできたと言っていました

つまり忙しなく動き回る奴か 容疑者の郵便局員が犯人か

しかし郵便局員は その日現場には行っていません

待て 胸に十字のマークがある 容疑者の救急隊員が犯人か

しかし救急隊員は当時別の現場にいました

やや よく見れば髪が逆立っている 容疑者のミュージシャンが犯人か

しかしミュージシャンは 当夜ライブに出演していました

なんと 片手にピストルを持っているぞ まさか警察官が犯人か

ボス たったいま連絡があって 犯人が捕まったそうです

なんだと 一体誰が犯人だったんだ

犯人は容疑者のリストに含まれていなかった弁護士の男でした

弁護士だと 弁護士があんな格好で犯行に及んだのか

いえ普通に行って 普通に殺して逃げたそうです

そんな馬鹿な じゃあ五歳児の絵はなんだったんだ

あれは 僕が考えた最強のヒーローだそうです

なんでそんなものを描かせたんだ

絵を披露してくれ と言ったので ヒーローの絵を描いたそうです

それは ちょっと苦しくないか

しかも 実は私が描きました

何やってんだお前

(終)

--------------------------------------------------------------------
[本日の独言(ひとこと)]

人間の脳は主観的な恐怖体験と客観的な恐怖体験の違いを認識しており、そ
れぞれ違った脳活動と生体反応を示すものらしい。要するに実際に自動車で
事故を起こす場合と、事故の映像を見た時とでは恐怖の感じ方が違うという
ことだ。

恐怖というのはおよそ人間が避けるべき事象であり、体験したくないと思う
のは当然のことだろう。一方でホラー映画やホラー小説は娯楽として楽しま
れており、ジェットコースターもお化け屋敷もお金を払って体験するものだ。
自ら進んで恐怖や危険を得ようとする行動は、生物にとっては有り得ない判
断であり、ある意味では種の絶滅を招く嗜好とも言える。そうならないのは
賢い脳がこれは客観的な恐怖体験だと認識しているから安心して怖がること
ができるのだろう。

名作ホラー映画に怖いモンなし、という言葉がある。嘘だ。今勝手に私が思
いついただけだ。つまり名作とされるホラー映画の大半は、はっきり言って
それほど怖くはない。どちらかというと、怖がってもらうためによく作り込
まれている感があると思う。なぜなら観客の多くは真の恐怖を求めているの
ではなく、『これぞ真の恐怖!』と謳われている作品のほうを求めているか
らだ。その方が客観的な恐怖体験が得られて楽しんで怖がることができると
知っているからだ。だから本当に見たくない作品は受けない、というかマニ
アックになっていくのだろう。

要するにホラー作品が好きな人は現実でも犯罪を起こすに違いない発想は、
全く見当違いで脳違いの話ということだ。お話と現実をごっちゃにしている
のはどっちだということだ。

そして、そんな客観的な恐怖体験の最たるものがホラー小説だと思う。絵も
音もない文章だけの恐怖など客観的な物以外の何物でもないからだ。そこに
は主観的な恐怖体験とは全く異なるアプローチがあるのだろう。それを解析
できれば面白い作品ができそうな気がしているが、未だ答えに至らず作品に
落とし込めていない。

--------------------------------------------------------------------

次号(Vol.925)は、2019年11月18(月)に配信予定です。

====================================================================
◆椙本孝思のイサカ・トト・ミグス◆      2019年11月11日 Vol.924
--------------------------------------------------------------------

 発 行 者 : 椙本孝思(Sugimoto Takashi) 
 e-mail  : hermit@post.email.ne.jp
 URL   : http://hermit.nobody.jp/
 購読中止 : http://hermit.nobody.jp/magazine.html

 発行元 : まぐまぐ   (http://www.mag2.com/)       ID:106676
     melma!    (http://www.melma.com/)      ID:m00086315
     めろんぱん  (http://www.melonpan.net/)    ID:004257
     アルファポリス(http://www.alphapolis.co.jp/)ID:1000001

 ご意見・ご感想はこちらへどうぞ↓
 http://www.alphapolis.co.jp/each_bbs.php?bbs_id=158

 [お知らせ]
 ○◆椙本孝思のイサカ・トト・ミグス◆はメルマガ登録を積極的に募集し
  ております。本作品を気に入って頂けた方は友人・知人の方々にもお薦
  め下さいますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------
[椙本孝思の作品]

 http://hermit.nobody.jp/books.html

 ○「読んではいけない殺人事件」
 ○「ハイエナの微睡 刑事部特別捜査係」
 ○「君が何度死んでも」
 ○「へたれ探偵 観察日記 たちあがれ、大仏」
 ○「スパイダー・ウェブ」
 ○「幻双城事件 仮面の王子と移動密室」
 ○「へたれ探偵 観察日記」
 ○「庵谷高校の死神―閉ざされた校舎と見知らぬクラスメイト」
 ○「露壜村事件 −生き神少女とザンサツの夜− 」
 ○「バジリスク 寄生生物」
 ○「タイムカプセル」
 ○「昆虫部」
 ○「時間島」
 ○「天空高事件 −放課後探偵とサツジン連鎖−」
 ○「雨の降る夜、死霊メールが」
 ○「THE QUIZ」
 ○「SPOOKY」
 ○「魔神館事件 −夏と少女とサツリク風景−」
 ○「明日、キャロラインカフェで」
 ○「THE CHAT Ver.2.1」
 ○「THE CHAT」
 ○「やがて世界は詩に至る」

--------------------------------------------------------------------
        Copyright 2005 Takashi Sugimoto, All Rights Reserved.
====================================================================

最新のコメント

  • コメントはありません。