トップ > 健康 > 医学・薬学 > e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室 391号

発行日:12/31

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    e-doctor   ドクタースマートの医学なんでも相談室
                              
vol.391(2008.12.31) 

毎週水曜日発行                  発行部数5458部

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    祝 melmaのメルマ!ガ オブ ザ イヤー カテゴリ賞4年連続受賞


  『メルマ!ガ オブ ザ イヤー 2008 』を受賞することができました。

            http://ad.melma.com/to?id=28427 


   「e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室」
  が4年連続で健康部門でのカテゴリ賞を受賞いたしました。

  これも、ひとえに読者の皆さまの応援のお蔭でございます。
    これほど嬉しいことはございません。
  毎年、投票をしていただき、まことにありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ドクタースマートの診療所   麹町内科のHPは下記です。
              http://www.koujimachi-naika.jp/

麹町内科(こうじまちないか)の場所は、
     千代田区麹町2−2−31麹町サンライズビル201
       TEL 03-52767-2082   FAX 03-5276-2388 


診療時間は、朝10時から午後1時(土曜日はこの時間だけ)
      夕方の4時から7時(月〜金曜日)
      日・祝日は休診です。


診療科目は、内科・小児科・皮膚科・老人内科です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

読者の質問に、内科医であるドクタースマートが、お答えするメルマガです。
病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。

質問は⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp
件名は⇒ 「医学相談」

医者には聞きにくいこと、聞くのが恥ずかしいこと、くだらないこと、聞くと
怒られそうなことなど、なんでも、どんなことでもすべてお答えいたします。
それに、分かりやすくお答えするように、常に心がけております。

質問はなるべく原文のまま載せるようにしておりますが、
文章が長いときには、割愛することもありますので、ご了承ください。

e-doctor ドクタースマートがメルマガ上で本音でお答えいたします。


訊きたいこと・年齢・性別・身長・体重・職業・現在服用しているおくすり
・今までかかったことのある病気等を、なるべくくわしくお書きください。
とくに、症状はくわしくお書きください。⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

件名を「医学相談」として、ドクタースマートにメールをください。
件名が「医学相談」でないと、間違って削除してしまうことがあるからです。

原則として、個別にはお答えできませんが、すべての質問にお答えいたします。


*********************************************************************

ご質問には、年齢・性別・身長・体重・職業・既往歴・現病歴・現在服んでい
る薬などを、かならず書いてくださいますように、重ねてお願いいたします。

(目次)

1)子どもの発熱時、薄着がいいのですか、厚着がいいのですか

2)腰痛は何科へかかればいいのでしょうか、また痛みについて教えて下さい

3)後鼻漏(こうびろう)について教えてください

4)散歩の途中で不整脈があります、散歩を続けてもいいのでしょうか

5)気管支拡張症を悪化させない方法があるのでしょうか

編集後記 「甘いものにも依存性のあることが判明したんだって?」

メールの件名は、かならず「医学相談」としてください。
件名が「医学相談」でないと、間違って削除してしまうことがあるからです。

興味のあるところ、読みたいところだけ読むようにしてください。


ドクタースマートの「医学なんでもブログ」のURLは下記↓です。
             http://drsmart.exblog.jp/
ブログの内容は、当メルマガの編集後記を多少手直ししたものです。


ドクタースマートのHPのURLは、下記↓です。
         http://www.bestmm.jp/e-doctor.htm
HPから、いままでのメルマガをすべて読むことが出来ます。
また、HPからドクタースマートにメールで質問を送ることができます。


*********************************************************************

  {ドクタースマートの医学なんでも電話相談室のお知らせ}

以前より、ご要望や問い合わせの多い「電話相談室」を開設いたしました。
電話相談は有料です。ご相談後の1週間、何度でもくり返して相談できます。

お申し込みは、件名「電話相談」としてメールでお願いします。
⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

メールを拝見したうえで、ドクタースマートからお電話をさしあげ、
その場でご相談にのります。

ご相談後、1週間以内なら何度でも相談できますので、再度メールをください。
この電話相談は有料です。1件につき1万円を指定の口座にお振込みください。

有料電話相談をご希望の方は、まずメールにてご連絡をお願いいたします。
        ドクタースマート⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

メールには、連絡先の電話番号・性別・年齢と希望日時などをお書きください。
そのご相談に対して、ドクタースマートから電話でご連絡を差し上げます。


*********************************************************************

1)子どもの発熱時、薄着がいいのですか、厚着がいいのですか
11月26日のメールに子供が熱をだしたときの着せ方について、お聞きしたい。

数か月前に孫(発熱時1歳5か月)が休日に40度の熱を出したので暖かくして
様子を見るよう子供夫婦に指導しました、休日明けに近くの小児科医院で診察を
受けたとき、厚着させたのは間違いで、「今後は薄着にして体を冷やすように」
との指導を受けました。

私が子供を育てたときのお医者(孫が受信した同じ医院で今の先生の先代)は、
先生のご意見同様体を「温めて発汗で体温を下げよ」との指導を受けました。
発熱した時の処置で学会の意見が分かれているのでしょうか。


(回答)
子どもの発熱時、薄着がいいのですか、厚着がいいのですかというご相談です。

結論から申し上げます。お孫さんは、薄着にして体を冷やした方がいいでしょう。

11月26日(386号)のメルマガで、厚着にして、汗をかかせるのがいいと回答
しましたが、そのお子さんは6歳でした。

12月3日(387号)のメルマガで、「熱が出るとき(出始め)は、体温がどんどん
上昇しているときなので薄着にしない方がいいみたいです。」とご意見をくだ
さった方は2歳のお子さんがいらっしゃいました。

お孫さんは1歳5ヶ月だそうですから、薄着にして体を冷やす方がいいでしょう。

出来ましたら、386号と387号をもう一度読み直してください。


*********************************************************************

2)腰痛は何科へかかればいいのでしょうか、また痛みについて教えて下さい
お久しぶりです。いつもありがとうございます。いつもはメールで質問させて
いただいています。いつもは細かな質問でしたが、今回は少し大雑把な話なの
でこちらに書かせていただきました。

50歳男性です。特に大きな病歴ありません。
子供のときからアトピーで、脂肪肝が15年ほど続いています。

質問その1
今、腰痛と足の痺れで少し心配しています。原因が何なのかです。素人考えですが、
考えられるのが ふつうの腰痛(筋肉痛、神経痛)、内臓疾患による腰痛
(腎臓結石があるので)、脳血管系の疾患(痺れについてですが)。

それぞれ、整形外科、泌尿器科、神経内科(外科?)と違う専門のように思われ
ます。こういうとき何科にまずかかれば良いのでしょうか?
そしてどうやって正しく判定できるのでしょうか?

実は半年ほど前、内科医は腎臓結石の痛みでは無いと断言しましたが、数日後、
石が出てきました。しかし、その後も痛みは続きました。

質問その2
50歳になると今まで経験したことの無い体調の異変がいくつもあります。
痛みもそうです。単なる老化によるのか、それとも何かの悪い病気なのか悩みます。
しかしいちいち気にしていてもきりがありません。

痛みの深刻さを判定する目安はありますでしょうか?放っておいて良い痛みと、
すぐ病院に行ったほうが良い痛みの区別はありますでしょうか?
痺れについてもお教えください。よろしくお願いします。
追伸:メルマガ大賞投票させていただきました。


(回答)
腰痛は何科へかかればいいのか、また痛みについて教えてというご相談です。

このご質問は掲示板の方にされたのですが、メルマガで回答する方がいいと思い
ましてメルマガに転載しました。

腰痛に関してですが、腰痛があって一番始めに行くのは整形外科でしょう。
一般的に、腰痛の原因は整形外科関係が一番多いからです。

この方の足の痺れは腰痛と関係がありそうですし、腎臓結石の痛みではないと
内科医に云われているのですから、迷わずに整形外科へ行きましょう。

足の痺れが脳血管系ということはありません。足の痺れのくわしい事が分からな
いので、これ以上は分かりませんが、通常、足の痺れは坐骨神経痛が多いです。

内科の主治医が「腰痛は腎臓結石の痛みでない」と断言したそうですが、素晴ら
しいですね。腎臓結石が出てからも腰痛が続いているのですから、内科医の云う
通りですものね。この主治医にもっと相談しましょう。

痛みに関してですが、痛みの深刻度を判定する目安というものはありません。

ひどい痛みであっても、命に別状のない病気も多いですし、かすかな痛みでも、
大変重病なこともあるからです。

一般的に、初期の癌は痛みを伴わないことが多いです。
ですから、がん検診が重要になるのです。

痛みがあったら、取りあえず医者に行くことをお奨めします。

メルマガ大賞に投票してくれたそうで、ありがとうございました。
残念なことに、今年もメルマガ大賞の受賞は逃しましたが、来年も頑張ります
ので応援の程、よろしくお願いいたします。


*********************************************************************

3)後鼻漏(こうびろう)について教えてください
66歳の男性です。5〜6年前より後鼻漏に悩んでおります。
(身長164cm、体重60kg、舌には苔が殆どありません)
 
耳鼻咽喉科の診断は副鼻腔炎、アレルギー等、鼻に関する異常は認められません。
ムコダイン、時々、クラリスorクラビットを常用しておりますが、改善致しません。
口中は唾液も普通にでておりますが、鼻の分泌物(純白でネバりけがあります)が、
喉の方にまわり、常時、口中がネバついております(喉の辺)。
鼻をかむ事が出来ません。

以前、漢方薬(辛夷肺清湯、柴朴湯、六味丸等)を2〜3月使用した時もありま
したが、良い方向には至りませんでした。
耳鼻咽喉科の診断は副鼻腔炎・加齢・原因不明が原因との事です。
※耳鼻科では慢性咽頭症、慢性鼻炎症とも言われました。
 
職業:無し(定年退職)
服用している薬:ムコダイン(去痰剤)、ユリーフ・カプセル(前立腺肥大症)、
マイスリー(眠剤)、リダックス(高脂血症・コレステロール高)
既往症:平成10年  鼻中隔湾曲症手術   何か良い処方法はありませんか?


(回答)
後鼻漏(こうびろう)について教えてくださいというご相談です。

結論から申し上げます。後鼻漏に「良い処方」というのはありません。

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の病気で、鼻汁がのどの方へ落ちてしまう
ことを後鼻漏といいます。

この方は副鼻腔炎(ふくびくうえん)があるそうですので、それが原因でしょう。

現在、耳鼻科で治療を受けられているのに、後鼻漏がよくならないそうです。

後鼻漏自体、治療がとても難しい病気ですが、他の耳鼻科で診てもらいましょう。
治療法が変われば、後鼻漏の症状もよくなるかもしれません。


*********************************************************************

4)散歩の途中で不整脈があります、散歩を続けてもいいのでしょうか
年齢 78歳 性別 男  身長 161cm 体重 54k 職業 無職
既往症 20歳の時、右肺人工気胸2年半の治療、水が溜まり中止
  
20年以上前から健康診断のたび不整脈ありと言われております
現在健康維持のため1時間30分のウォーキング7年間実施中
最近ウォーキング中、胸さわぎの様な症状あり直ぐに沈静しますが脈が飛ぶ状態 
このまま運動を続けて良いかお伺いいたします。


(回答)
散歩の途中で不整脈があります、散歩を続けてもいいのかというご相談です。

結論から申し上げます。循環器内科でくわしく診てもらいましょう。

メルマガでは、不整脈や狭心症などの診断は出来ません。
循環器内科できちんと調べてもらいましょう。

90分のウォーキングは、健康にとてもいいと思いますが、心臓に病気があれば
考え直さなくてはならなくなるかもしれません。


*********************************************************************

5)気管支拡張症を悪化させない方法があるのでしょうか
65歳の男性です。慢性の軽度の気管支拡張症です。
この病気は治癒することはないと聞いていますが、悪化させない方法はあるので
しょうか?


(回答)
気管支拡張症を悪化させない方法があるのでしょうかというご相談です。

気管支拡張症とは、気管支の壁が損傷を受けて、気道の一部が拡張したまま元に
戻らない状態のことを云います。

悪化させない方法というのは、感染症を防ぐことです。
もちろん、喫煙はしてないでしょうね。

風邪を引かないようにすること、インフルエンザワクチンを接種すること、肺炎
球菌ワクチンを接種すること、手洗い・うがいをもっと頻繁にすること。

以上、いくつか並べましたが、定期的に医者に通院することも大事ですね。
それから、現在、何も治療をしてないのでしょうか?


*********************************************************************

ドクタースマートの診療所   麹町内科のHPは下記です。
              http://www.koujimachi-naika.jp/

麹町内科(こうじまちないか)の場所は、
     千代田区麹町2−2−31麹町サンライズビル201
       TEL 03-52767-2082   FAX 03-5276-2388 


診療時間は、朝10時から午後1時(土曜日はこの時間だけ)
      夕方の4時から7時(月〜金曜日)
      日・祝日は休診です。

診療科目は、内科・小児科・皮膚科・老人内科です。


在宅療養支援診療所ですので、在宅診療希望の方はお電話をください。
麹町内科から、クルマで2〜30分のところ(山手線環内)まで往診します。

もちろん、在宅医療を行ってますので、24時間電話対応をしています。

よその病院・医院になく麹町内科だけの特別な治療というのは、ボケ防止・
痴呆の改善・認知症症状の改善などをスーパーライザーという機械を使って
治療することです。

スーパーライザーは、頸のところにある星状神経節に近赤外線を照射すること
により、麻酔薬を注射する星状神経節ブロックに近い効果をあげられるのです。

星状神経節ブロックをすると、体中の血管が拡張するし、リラックスできます。
脳血管はとくに拡張するので、脳血流がかなり増加しますし、リラックスする
ことにより、ストレスなどからも開放され、爽やかな気分になります。

脳血流を改善させることにより、物忘れ・認知症などを治療して行くので、
スーパーライザーでボケ防止・認知症々状の改善などが期待できるのです。

物忘れをする方、固有名詞・地名・人名などが出てこないで、アノとかソノ
とかで話をする方、少し前のことが思い出せない方、電話番号を覚えられない
方など、認知症の初期の症状がある人にはうってつけの治療法なのです。

上記の症状にお心当たりがある方は、是非、麹町内科へいらしてください。
スーパーライザーの治療は無料にて行っていますので、初診料か再診料で
スーパーライザーの照射が受けられます。是非一度、お試しください。

それから、スーパーライザーは痛みを取るのが得意ですから、五十肩・腰痛・
肩こり・膝の痛み・ヘルペス後の神経痛・その他神経痛など・歯の知覚過敏・
リウマチ・原因不明の痛みなど、どんな痛みにでもよく効きます。

どんな痛みでも、疼痛除去にはとても大きな威力を発揮するので、痛みに悩ん
でいらっしゃる方も、麹町内科へどうぞいらしてください。


*********************************************************************

(編集後記)
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。 

今日は、甘いものにも依存性のあることが判明したんだって?というお話です。
糖には依存性があるという、長年疑われてきた説が科学的に立証されました。

スコッツデール(アリゾナ州)で開催された米国神経精神薬理学会年次集会で
発表されたのです。研究を率いた米プリンストン大学(ニュージャージー州)
心理学教授のBart Hoebel氏によると、糖の大量摂取が脳内で依存性薬物に極めて
よく似た作用をもたらすことが動物モデルにより示され、「糖依存症」が後に
アルコールなどの薬物依存症の「入り口」となることさえあるというのです。

糖依存の作用は長期間持続し、糖を断つ時間を長くするとさらに多量の糖を摂取
するようになり、糖を摂取させないと、アルコールの摂取量が増えることも分か
ったそうです。

研究グループは、このような脳の変化の一部が大食症(過食症)や無食欲症
(拒食症)などの摂食障害患者にも起こっていると推測しています。

太りやすい食べ物は満腹感を調節する機構を乱し、さらに食べることへと駆り立て、
その悪循環が体重増加につながるのだというのです。

ドクタースマートは甘いものも大好きですし、お酒も大好きです。
その両方に依存性があるというのです。両方とも辞められないですね。

    

ドクタースマートがブログを作りました。
皆さまの医学知識を少しでも増やすお手伝いができれば、と願っております。
ブログの内容は、当メルマガの編集後記を多少手直ししたものです。

ドクタースマートの「医学なんでもブログ」のURLは下記です。
        http://drsmart.exblog.jp/


掲示板を設けております。どうぞ掲示板のほうもご利用ください。
掲示板はドクタースマートのHPからお越しくださるようにお願いします。

ドクタースマートのHPのURLは、下記↓です。
       http://www.bestmm.jp/e-doctor.htm


内容で分かりにくいこと、もっと訊きたいことがありましたら、
遠慮なくメールで質問してください。⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

お知り合い・ご友人の方にこのメールマガジンの購読をおすすめください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガ記載の内容に誤りがあったために生じた損害等についての責任は、
負いかねます。
本メルマガの記事を読んだために何らかの損害等が生じるとお考え
(またはお思い)の方は、直ぐこのメールマガジンの購読をお止めください。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

このメルマガの退会・解除は
まぐまぐで購読の方は、     http://www.mag2.com/m/0000106985.htm
melma で購読の方は、       http://melma.com/contents/taikai/
melonpan で購読の方は、     http://www.melonpan.net/mag.php?004239
カプライトで購読の方は、   http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7694.html

 ------------------------------------------------------------------------
 ■ドクタースマート医学相談室 ■毎週水曜日配信 ■発行:(株)PRINCESSE
      編集人:ドクタースマート  drsmart@proof.ocn.ne.jp
 ■232-0012横浜市南区南吉田町2-28-402 TEL:045-262-6630 FAX:045-262-6634
 ------------------------------------------------------------------------

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 今日の夕食

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    6887人

    料理のレパートリーが少なく、毎日何を作ろうか悩んでいませんか? 外食を減らしておうちでお料理にチャレンジしてみませんか? 簡単家庭料理レシピをお届けします。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. ホームページ情報局

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    15723人

    面白い・役に立つなど優れたHP・メルマガを紹介

  4. 目指せ!健康長寿【笑いながら脳を鍛える】なぞかけめ〜る♪

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    1538人

    NHK「ラジオ深夜便」などで作品が紹介されているなぞかけ作家・安楽庵えのでんがなぞかけのクイズを出してあなたを脳トレ。加えて、14か月かけ18キロ減量できたダイエット経験から得られた健康知識も発信します。脳を鍛え、健康な体を維持して長寿を目指しましょう。

  5. シングルパパ熱意上げ郎の子育て泣き笑い奮闘記

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3439人

    シングルパパのイクメン熱意上げ郎がお贈りする、笑いあり涙ありのドタバタ子育て奮闘記!福岡県飯塚市で娘3人と暮らす上げパパが子供たちとの日々の面白出来事を綴るメールマガジンです。是非、覗き見登録しちゃってくださいね♪

発行者プロフィール

ドクタースマート

ドクタースマート

http://www.bestmm.jp/e-doctor.htm

皇居にある半蔵門の近くで「麹町内科」を開業しているドクタースマートは内科医です。医者に聞きにくい事や聞けない事のご相談に全てお答えしようと、03年から医学相談を始め、05年から7年間メルマ!ガ・オブ・ザ・イヤーを連続受賞し、13年も優秀賞を受賞いたしました。受賞8回のメルマガを、ぜひお読みください。

過去の発行記事