医学・薬学

e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

全て表示する >

e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室 No252

2006/03/29

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    e-doctor   ドクタースマートの医学なんでも相談室
                              
vol.252(2006.3.29)

毎週水曜日発行                    発行部数4184部

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


読者の質問に、内科医であるドクタースマートが、お答えするメルマガです。
病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。

質問は⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp
件名は⇒ 「医学相談」

医者には聞きにくいこと、聞くのが恥ずかしいこと、くだらないこと、聞くと
怒られそうなことなど、なんでも、どんなことでもすべてお答えいたします。
それに、分かりやすくお答えするように、常に心がけております。

質問はなるべく原文のまま載せるようにしておりますが、
文章が長いときには、割愛することもありますので、ご了承ください。

e-doctor ドクタースマートがメルマガ上で本音でお答えいたします。


訊きたいこと・年齢・性別・身長・体重・職業・現在服用しているおくすり
・今までかかったことのある病気等を、なるべくくわしくお書きください。
とくに、症状はくわしくお書きください。⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

件名を「医学相談」として、ドクタースマートにメールをください。
件名が「医学相談」でないと、間違って削除してしまうことがあるからです。

原則として、個別にはお答えできませんが、すべての質問にお答えいたします。


*********************************************************************

RanSta が、2月22日を持ちまして melma に統合されました。
それに伴って、当メルマガも RanSta 配信分を melma に併合いたしました。
現在、その事務処理中ですが、もう少し時間がかかるそうです。
申し訳ないのですが、もうしばらくご辛抱のほどお願いいたします。

(目次)

1)虫除けの殺虫剤などを使用してますが、胎児への影響はないでしょうか

2)249号の「吐き気とめまい」について、小生の体験談です

3)前号(251号)の「セックスの絶頂感」の件で、追加発言です

4)花粉症にジルテックを処方されてますが、長期間服んでも大丈夫ですか

5)原因不明の腸閉塞を4回しました、今後どうすればいいでしょうか

編集後記 「境界型糖尿病はいつ糖尿病になるの?」

興味のあるところ、読みたいところだけ読むようにしてください。



ドクタースマートの「医学なんでもブログ」のURLは下記↓です。
             http://drsmart.exblog.jp/
ブログの内容は、当メルマガの編集後記を多少手直ししたものです。


ドクタースマートのHPのURLは、下記↓です。
         http://www.bestmm.jp/e-doctor.htm
HPから、いままでのメルマガをすべて読むことが出来ます。
また、HPからドクタースマートにメールで質問を送ることができます。


*********************************************************************

  {ドクタースマートの医学なんでも電話相談室のお知らせ}

以前より、ご要望や問い合わせの多い「電話相談室」を開設いたしました。
電話相談は有料です。ご相談後の1週間、何度でもくり返して相談できます。

お申し込みは、件名「電話相談」としてメールでお願いします。
⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

メールを拝見したうえで、ドクタースマートからお電話をさしあげ、
その場でご相談にのります。

ご相談後、1週間以内なら何度でも相談できますので、再度メールをください。
この電話相談は有料です。1件につき1万円を指定の口座にお振込みください。

有料電話相談をご希望の方は、まずメールにてご連絡をお願いいたします。
        ドクタースマート⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

メールには、連絡先の電話番号・性別・年齢と希望日時などをお書きください。
そのご相談に対して、ドクタースマートから電話でご連絡を差し上げます。


*********************************************************************

1)虫除けの殺虫剤などを使用してますが、胎児への影響はないでしょうか
蚊よけ薬品の胎児への影響について教えてください。
中米の熱帯雨林に住む、38歳妊娠11週目の妊婦です。
今年は蚊が多く、毎晩悩まされるので蚊よけスプレー、蚊取り線香、殺虫剤
(いずれも現地製)を使っています。心配なのは胎児への影響です。
換気をして少量の使用なら問題ないとは思うのですが、こう毎晩毎晩使い続け
ていいものか悩んでいます。かといって使わないと蚊一匹のために睡眠不足に
なったり、マラリアやデング熱になって高熱が続いたりしたほうがそれこそ大
変だと思うのです。こちらの現地の人には刺さないか体が慣れているのか問題
になるようなことはなく、困っているのは私一人です。
影響はないものでしょうか?よろしくお願いします。


(回答)
虫除けの殺虫剤などが、胎児への影響はないでしょうかというご相談です。

殺虫剤が自分の体に直接かからないように気をつけていれば、胎児に影響が
あることはないでしょう。
蚊取り線香は、毎晩使用しても胎児に影響があることはありません。
蚊よけスプレーも心配することはないと思います。

この方は蚊よけ薬品の心配をしていますが、それより蚊に喰われて病気になる
可能性のほうがよほど危険ですし、怖ろしいですよね。
ドクタースマートなら、蚊に喰われないようにすべての蚊よけ薬品を遣います。


*********************************************************************

2)249号の「吐き気とめまい」について、小生の体験談です
いつも購読させて頂いてありがとうございます。
先般の(吐き気とめまい)についての小生の体験をお知らせいたします。
*眼鏡の度数が強すぎた。
ある朝、起床したら、めまいがしてして、一瞬うずくまったことでした。
やっと用をたした後、今度は吐き気をおぼえ、近くの開業医で苦しみながらも、
やっとの思いで、診察していただいことでした。

開業医は内科医であり紹介状を書いて、吐き気の止まる薬の処方をされました。
家に帰り薬を服用、途端に今飲んだ薬もすべて吐いてしまいました。

そのときふと思いあたることがあったのです。
それは、眼鏡をつくり変えたことです。前の眼鏡は、眼科医に「読み辛い」と
訴えているにもかかわらず、眼鏡処方箋は従来の眼鏡と同じ内容。
よって、眼鏡屋で再度検査してもらったら、処方箋より度が進んでいるとのこと。
よって、検査どおりのものを作って、前日から着用していたのです。
その後は、前の眼鏡に戻っりかけ直した結果、症状はすっかり治まりました。
その後は快適に過ごせています。


(回答)
249号の「吐き気とめまい」について、小生の体験談ですというご意見です。

この方はメガネの度を強くしてしまい、そのメガネによって吐き気とめまいが
生じた、ということのようですね。

249号のご相談者はメガネ使用者ではありませんでしたが、こういうことも
吐き気やめまいの原因になることはあります。
貴重な体験談をありがとうございました。


*********************************************************************

3)前号(251号)の「セックスの絶頂感」の件で、追加発言です
いつも配信をありがとうございます。参考になることが多く、感謝しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて「セックスの本物の絶頂感」の件ですが、その時には、「子宮の収縮」と
「非常に強い快感」があります。時間にして30秒弱ぐらいでしょうか。
この状態であれば、間違いなく「本物の絶頂感」でしょう。
(なお先生の書かれていた「しびれ」というのは、「一時的に血管が収縮し、
血液が回らないため」と自分で解釈しています)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー       一主婦より 


(回答)
前号(251号)の「セックスの絶頂感」の件で、追加発言がございました。
貴重な体験の持ち主が、とても貴重な追加発言をしてくれました。
すばらしいですね。本物の絶頂感の体験者のご意見には、迫力がありますね。

この主婦のご主人は尊敬に値しますね。このご夫婦に感謝いたします。
本音・本当のところをお教えいただき、まことにありがとうございました。


*********************************************************************

4)花粉症にジルテックを処方されてますが、長期間服んでも大丈夫ですか
スマート先生、こんにちは さっそくですが、花粉症について教えて下さい。
引越しした先が杉林の前で、引っ越して2年後から杉花粉症を発祥しました。
飛散前から薬を飲んでみましたが、症状が少し軽くなる程度です。

アレグラ、アレジオンなど、色々な薬を試しましたが、同様でした。
耳鼻科で鼻の内側を切除する手術を受けたら鼻詰まりや鼻水は出なくなり、
鼻の症状は薬が不用なまでに改善しました。同様に目の痒みも軽減しましたが、
喉の奥と上顎の痒みはそのままで、これが痒くてどうにもたまりません。

先生に話すと痒み止めの薬に切り替わり、これはよく効いています。
(ジルテック10mgを1日1錠服用)
強い薬のようですが、毎年花粉の時期に長期間飲んでも大丈夫でしょうか。
前に別の医者で「どうしても辛いという時だけ」ということで、痒み止めの強
い薬を出してもらったことがありました。ステイロイド系?とかで、副作用が
強いので先生としては勧めないというものです。

ジルテックは大丈夫でしょうか。担当医が転院されてしまって聞きそびれて
しまいました。何か注意することがありましたらご指導、宜しくお願いします。
43歳 女性 165センチ 57キロ 既往症:自律神経失調症 


(回答)
ジルテックを処方されてますが、長期間服んでも大丈夫かというご相談です。

ジルテックは抗アレルギー剤ですが、ステロイド剤ではありません。
ですから、長期間服用しても大丈夫です。なにも心配することはありません。

ジルテックに関しての注意は、クルマの運転です。ジルテックは眠気を催すこ
とがありますので、ジルテック服用時のクルマの運転は慎みましょう。

痒み止めの強い薬というのは、「セレスタミン」という薬だと思います。
セレスタミンはステロイド剤ですので、長期間の服用は注意が必要です。


*********************************************************************

5)原因不明の腸閉塞を4回しました、今後どうすればいいでしょうか
43歳男です。一昨年9月昨年11月今年2月3月と腸閉塞の疑いのある腸炎
をくりかえしてます。レントゲン、CT上は誰が見ても腸閉塞の様相を呈してる
そうなのですが症状は一日15回〜20回の水様下痢と腹痛です。
吐き気はほとんどありません。
都度入院し点滴絶食で軽快はします。検査はレントゲン、CT(造影も1度)、
小腸造影。胃、大腸内視鏡を行いました。発病時は小腸ガス、内容物停滞や胃、
小腸の膨張を認めるが狭窄等は認められず回復時にCTを行うと正常との事です。
診察していただいた、外科医内科医とも消化器専門医です。
原因はわからないとの事です。

別の病院で再度1から検査受けるのか(正常時に行ってもいかがなものか)運命
と享受し再発の不安におびえながら人生を送らなければ仕方ないのか?
なにかドクタースマート様のアドバイスいただければ幸いです。


(回答)
原因不明の腸閉塞を4回しました、今後どうすればいいかというご相談です。

腸閉塞には、機械的腸閉塞と機能的腸閉塞の2種類があります。
癌や腸ねん転などによる腸閉塞は機械的腸閉塞といわれており、腸炎や腹膜炎
などの感染症による腸閉塞は機能的腸閉塞と呼ばれているものです。

通常、機械的腸閉塞には手術的治療がなされますが、機能的腸閉塞では内科的
治療法が選択されます。

この方は腸炎による腸閉塞ということなので、機能的腸閉塞ということですが、
絶食と点滴(内科的治療)で治療しているのは普通の方法です。

原因は不明ということですが、腸に感染が起きているのは確かなことですので、
「腸に感染症が起きる原因が見つからない」ということなのでしょう。

病気の原因をつきとめるのは、どんな病気でも簡単なことではありません。
それに原因をつきとめたからといって、その病気が治ったり再発しなかったり、
また病気の予防ができたりするというものでもありません。

この方の腸閉塞は、内科的な治療で治す機能的腸閉塞なのです。ですから、
腸閉塞にならないようにするには、食生活を変えなければダメですし、主治医
からもらっている薬もきちんと服まなければダメです。

飲酒歴・喫煙歴・食餌の嗜好・職歴などが不明なので、明確にはお答えできま
せんが、主治医に言われていることを守って生活するより仕方がないですね。

腸閉塞を起こしていないときに、医者に行って検査をしても何も分かりません。
ですから医者を代えたいのでしたら、次に腸閉塞を起こしたときにしましょう。
ドクタースマートは、医者を代えても腸閉塞の原因は分からないと思いますが。


*********************************************************************

(編集後記)
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。 
近所の桜は、満開になりました。皆さまのところはいかがでしょうか?

今日は、境界型糖尿病はいつ糖尿病になるの?というお話です。
結論から申し上げます。いつ糖尿病になるのかは、誰にも分かりません。

糖尿病がどのように発症するのかが、まだ明確には分かっておりません。
とくに2型糖尿病(インスリン非依存性糖尿病、昔の成人型糖尿病のこと)で
は発症が緩やかなので、発症時期の特定がむずかしいのです。

インスリン非依存性糖尿病では急激な糖尿病の発症は考えられないのですが、
肥満・過飲食・運動不足・ストレスなどが長期間続いた後に糖尿病を発症する
のだと思われます。1週間や2週間の不摂生で発症することはないのです。

最近、境界型糖尿病は単に糖尿病予備軍というだけでなく、動脈硬化性疾患を
高率に発症するグループと捉えて治療をする必要があると考えられております。
要するに、糖尿病を発症したかどうかということではなくて、糖尿病発症以前
に動脈硬化などがすでに始まっているということなのです。

考えてみれば、これは当たり前のことですね。「糖尿病になった」と判定する
のは、医者が作った診断基準にかんがみて決めているのです。どこから糖尿病
と判定するかは、この糖尿病の診断基準に拠っているのですから。

糖尿病における動脈硬化は、血糖をどのくらいきちんとインスリンで分解でき
ているのか、という問題のほうが大きいのです。ですから、血糖値が高くなれ
ば、境界型糖尿病でも糖尿病と同じように動脈硬化が起きてしまうのです。

では、境界型糖尿病にも治療が必要なのでしょうか?もちろん必要です。
境界型糖尿病の治療には、ライフスタイルの改善が最も重要なことになります。
すなわち一般の糖尿病に対すると同様に食事療法・運動療法が大切なのです。

特に肥満の方は、体重を減らすようにしましょう。そうすると境界型糖尿病か
ら糖尿病への移行をおさえ、さらに正常型への改善が期待できるのです。また、
動脈硬化の発症、進展を防ぐという観点から、動脈硬化の他の危険因子の管理
も重要になります。すなわち、高脂血症・高血圧がある場合は、同時にこれら
の治療も必要になります。それから、禁煙するのもとても大切なことです。



ドクタースマートがブログを作りました。
皆さまの医学知識を少しでも増やすお手伝いができれば、と願っております。
ブログの内容は、当メルマガの編集後記を多少手直ししたものです。

ドクタースマートの「医学なんでもブログ」のURLは下記です。
        http://drsmart.exblog.jp/


掲示板を設けております。どうぞ掲示板のほうもご利用ください。
掲示板はドクタースマートのHPからお越しくださるようにお願いします。

ドクタースマートのHPのURLは、下記↓です。
       http://www.bestmm.jp/e-doctor.htm


内容で分かりにくいこと、もっと訊きたいことがありましたら、
遠慮なくメールで質問してください。⇒ drsmart@proof.ocn.ne.jp

お知り合い・ご友人の方にこのメールマガジンの購読をおすすめください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガ記載の内容に誤りがあったために生じた損害等についての責任は、
負いかねます。
本メルマガの記事を読んだために何らかの損害等が生じるとお考え
(またはお思い)の方は、直ぐこのメールマガジンの購読をお止めください。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

このメルマガの退会・解除は
まぐまぐで購読の方は、     http://www.mag2.com/m/0000106985.htm
melma で購読の方は、       http://melma.com/contents/taikai/
melonpan で購読の方は、     http://www.melonpan.net/mag.php?004239
カプライトで購読の方は、   http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7694.html

 ------------------------------------------------------------------------
 ■ドクタースマート医学相談室 ■毎週水曜日配信 ■発行:(株)PRINCESSE
      編集人:ドクタースマート  drsmart@proof.ocn.ne.jp
 ■232-0012横浜市南区南吉田町2-28-402 TEL:045-262-6630 FAX:045-262-6634
 ------------------------------------------------------------------------

<< melma!×グローバル・ファイナンシャル・サポート(株)タイアップ >>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■メールマガジン発行者連動企画⇒『発行者が語る投資の魅力とは?』■
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 http://melma.com/contents/campaign/project_toushi/20060313_vol1.html 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-09  
最終発行日:  
発行周期:週1回水曜日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。