トップ > 健康 > 医学・薬学 > e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

発行日:12/12

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    e-doctor   ドクタースマートの医学なんでも相談室
                              
vol.74(2003.12.12)

毎週水曜日定期発行・金曜日臨時発行        発行部数2190部

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


読者の質問に、内科医であるドクタースマートが、お答えするメルマガです。
病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。

質問は⇒ drsmart@nyc.odn.ne.jp

医者には聞きにくいこと、聞くのが恥ずかしいこと、くだらないこと、
聞くと怒られそうなことなど、なんでも、どんなことでもお答えいたします。
それに、分かりやすくお答えするように、心がけております。

質問はなるべく原文のまま載せるようにしておりますが、
文章が長いときには、割愛することもありますので、ご了承ください。

e-doctor ドクタースマートがメルマガ上で本音でお答えいたします。


訊きたいこと・年齢・性別・身長・体重・職業・現在服用しているおくすり
・今までかかったことのある病気等を、なるべくくわしくお書きください。
とくに、症状はくわしくお書きください。⇒ drsmart@nyc.odn.ne.jp

原則として、個別にはお答えできませんが、すべての質問にお答えいたします。

*********************************************************************

(目次)

1)ゴルフ練習で、膝に水がたまり、整体で治療をしました

2)日焼けのあとがまだらになって、皮膚科へ行っても元に戻りません

3)彼は寝ると人が変わります、朝起こしたりすると暴力をふるわれます

4)母は入院中なのですが、自己免疫疾患で脳の炎症がとまりません

5)腰痛のために硬膜外ブロックをしてから、しゃっくりが止まりません

6)アレルギーが借家では起こらずに自宅で起きることに対してのご意見です

7)インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンについての追加発言です

8)卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)の方へのご意見です


興味のあるところ、読みたいところだけ読むようにしてください。


*********************************************************************

1)ゴルフ練習で、膝に水がたまり、整体で治療をしました
ゴルフ練習をインストラクターについて練習してます。
スイングトップ時に右足体重にして、左足へと体重移動してフニッシュする。
従ってかなり今回は右足に負担がかかり、練習翌日に膝に水がたまり、
整体に行き治療受(電気マッサージとシツプと包帯)けました。
痛い右膝ははれて、痛く、曲げる事もできず、四苦八苦です。
今後の治療と再発予防はどの様にしたら良いのでしょうか。
身長 171cm   体重 75kg 筋肉量 59.4 体脂肪量 12.5
体脂肪率 16.6    インピーダンス 409    年齢 61歳


(回答)
ゴルフ練習で、膝に水がたまり、整体で治療をした方からのご相談です。

この方は、61歳になって、ゴルフの練習を始めたのでしょうか?
それに、病歴がまったくわかりません、変形性膝関節症とか膝のケガとか、
そういうたぐいの膝の病気が、まったくなかったのでしょうか?
ドクタースマートには、ゴルフの練習で膝に水がたまるなんていうのは、
とっても信じられません、スイングで膝を無理にひねったのではないですか?

この方は、整体で治療をしておりますが、これは間違いです。
整形外科へ行くべきなのです、そして膝の水を抜いてもらいましょう。
そうすれば、すぐに痛みも引いて、歩けるようになれます。
そして、膝のレントゲンを撮ってもらって、病気の有無を調べましょう。
ドクタースマートは、何か膝に基礎疾患があるのだと思います。
その病気をきちんと治療するようにしましょう。

ゴルフの練習で膝に水がたまるようでは、今後、ゴルフは出来ません。
そのくらいは覚悟して、整形外科の医者に行って下さい。


*********************************************************************

2)日焼けのあとがまだらになって、皮膚科へ行っても元に戻りません
5年程前に海外に行って、短期間で日焼けをして、
肌がぼろぼろにめくれたのですが、そのめくれた跡が、今でもまだらになって、
もとの肌に戻りません。
日焼けした後、皮がめくれて、その部分だけが他の肌に比べて、白くなっている、
いわゆる地図のような模様です。それが背中全体にあります。
皮膚科の病院では、でんぷとかゆう、カビの一種かもしれないといわれ、
カビを殺す、塗り薬をもらって、塗っていましたが、
2〜3か月たってもさほど効果がありません。
原因はカビじゃなくて、日焼けにとるやけどだと思うのですが、
病院ではカビが原因でまばら模様になってるのかもしれないといわれました。
皮膚科、何軒か回ったのですが、形成外科に行ったほうが良いのでしょうか?
身長は160センチ、体重42キロ、20歳です。


(回答)
日焼けのあとがまだらになり、皮膚科へ行っても治らない方からのご相談です。

この方が言うように、日焼けの後だと思います、でんぷうではないでしょう。
カビが原因でしたら、そこの組織を採って、顕微鏡で見ればわかるはずです。
そういう検査で確かめなかったのではないでしょうか?

この方は、皮膚科で治せないので、形成外科へ行こうとしておりますが、
形成外科では、皮膚の病気を手術しないで治すことは出来ません。
この方は、やけどの跡だから形成外科で治療してもらおうと思ったのでしょうが、
形成外科はやけどの跡を治すのではなく、やけどの跡を手術で取るのです。
やけどの跡とは、ケロイド状に皮膚が引きつってしまっている物をいいます。
同じやけどの跡でも、この方の皮膚は、形成外科では治せないのです。

それではどうすればいいのでしょうか?
ドクタースマートがいつも遣っている方法をお教えしましょう。

日焼けの跡を治すには、次に同じ色になるまで全身を焼くのです。
全身が同じ色になるように日焼けしたら、それでいいのです。
それで色が元に戻りますが、皮がむけるときがむずかしいのです。
全身が同じようにむけるようにしなくてはなりません、
一部の皮を残してしまいますと、そこがまだらになってしまいます。
全身が同じようにむければ、それでまだらからもとの皮膚に戻せます。
だまされたと思って、もう一度日焼けしてみてください。


*********************************************************************

3)彼は寝ると人が変わります、朝起こしたりすると暴力をふるわれます
私の彼氏のことなんですが、寝ているときがおかしいんです。
まず、やたらと寝汗をかきます。異常なほどです。
起きたら敷布団がぐっしょりになっています。
そんなに汗をかくのは体がおかしいんじゃないでしょうか。
それに、いったん寝ると人格が変わってしまいます。
たとえば、一緒のベッドで寝ているとして、私が寝返りをうった時に、
ちょっと手が彼の体に当たっただけで飛び起きたり、
朝、起こそうとして体をゆすったりしたら切れて殴られたりして、
手がつけられなくなります。本当にこわいです。
普段は殴ったりするような人ではなく、優しい性格だし、
寝ているときに私を殴ったりしたことは起きても全く覚えていません。
本人は夜狂症じゃないのかといっていますが、
こんな症状は本当に夜狂症なのでしょうか。
それに、夜狂症は子供の病気だと聞いていますが。

結婚する予定です。
もし子供ができた時のことを考えるととても不安になってしまいます。
妊娠中に殴られたり、赤ん坊を殴ったりしないかととても不安です・・・。
かといって隔離するのもいやだし。
彼は23歳のサラリーマン、病気にはかかっていません。
薬も飲んでいません。一度医者に見てもらったほうがよいでしょうか?


(回答)
寝汗をたくさんかき、寝ると人が変わる彼が居る方からのご相談です。

寝汗をたくさんかき、敷布団がぐっしょり濡れるのは、少し汗が多いですね。
子どもの時から、寝汗をたくさんかいていたのでしょうか?
たぶん、病気ではないと思いますが、彼が同意するなら、
一度、内科を受診して、診てもらったらいかがでしょう。

彼は寝ると人が変わって、朝起こすと暴力をふるうそうですが、
これは治らないでしょうね。
同じ悩みを持つ結婚した女性を知っていましたが、その方は離婚しました。
どうしても結婚したくて何とかしたいなら、神経科で相談して下さい。
もちろん、彼の同意がなければ、神経科にかかれません。

「夜狂症」は、「夜驚症」のことだと思いますが、彼の場合は違います。

この方が、結婚前にすべてを治そうという気持ちはよくわかりますが、
この方が思っているようには、彼を治せないと思います。


*********************************************************************

4)母は入院中なのですが、自己免疫疾患で脳の炎症がとまりません
実はうちの母(65歳)なのですが阪大に入院しています。
自己免疫疾患といわれており脳の炎症がとまりません。
ステロイドやエンドキサンをつかって治療中なのですが炎症がとまりません。
ドクターも困っています。

はじめは 交通事故によるむちうちでしたが次第に高熱が出るようになって
両耳が赤くはれてまいりました。
髄液検査もインターロイキン6が200とでております。
ウイルスも検出されません。
なにが原因なのでしょうか?  わかりますでしょうか?


(回答)
入院中のお母さまが、自己免疫疾患になった方からのご相談です。

自己免疫疾患のために、脳が炎症を起こしているのでしょうね。
ですから、この病気の原因は自己免疫の抗原抗体反応なのです。
その抗原抗体反応がなぜ起きているかはわかりません、その原因は不明です。
申しわけございません、ドクタースマートにも、まったくわかりません。

では、自己免疫疾患とは、どういう病気なのでしょうか?
人間は免疫機能をもっています、それがあるから病気にならずにすむし、
病気になっても簡単には死なないで、自分自身で病気を治せるのです。

免疫機能が、自己でないことを認識すると、その自己でないものを抗原とし、
体内で抗原抗体反応が起こります、それによって抗体が抗原を排除するのです。
つまり、この抗原抗体反応によって、抗原が排除され病気が治るのです。
これが正常の抗原抗体反応で、通常の免疫反応なのです。
この通常起こる抗原抗体反応、つまり免疫反応が問題になる病気なのです。

もし、自分の体の一部を自己でないと認識したら、どうなるのか?
自己でない認識が、自分の体の一部を抗原として認識するのです、
そして自分の体の一部に対して、抗原抗体反応を起こしてしまうのです。

むずかしい話で申しわけないのですが、自己免疫疾患というのは、
自分の体の一部に対して抗原抗体反応を起こしてしまう病気なのです。

抗原抗体反応が起きると、なぜ困るのか?
通常の抗原抗体反応は、よそから侵入した異物を除去しようと働いて、
その異物を処理してしまい、病気を治すのです。
しかし、自分の体の一部を自分でないと認識すると、それが抗原となり、
その抗原に対して抗体を産生し、体内で抗原抗体反応が起きるのです。
そして、抗原がなくならないので、この抗原抗体反応には終わりがありません。
体内で起きている抗原抗体反応は、簡単にいうと抗原と抗体の戦争なんです。
自分の体の一部を敵として抗体が攻撃したら、誰でも病気になります。
自分の体の一部を抗原として免疫が働き、それに対する抗体を産生して、
体内で抗原抗体反応を起こす病気を、自己免疫疾患というのです。

判っていただけましたでしょうか? むずかしい話で申しわけありません。
自己免疫疾患は、自分の体の一部を自分でないという間違った認識をし、
その間違った認識が抗原抗体反応を引き起こす、こわい病気なのです。

自己免疫疾患の治療には、免疫抑制剤とかステロイド剤をつかいますが、
この方のお母さまのように、上手く治療できない場合も多くみられます。
自己免疫疾患は、とても難しい病気ですし、治療も簡単ではありません。


*********************************************************************

5)腰痛のために硬膜外ブロックをしてから、しゃっくりが止まりません
先週、腰痛治療の為、ペインクリニックにて、
硬膜外ブロック注射をしてきたのですが、
翌日から、「しゃっくり」が止まりません。
もう7日間休みなくしゃっくりに悩んでいます。
昨日あたりからは、間隔も早くなり、しゃべる事も困難です。
漢方のくすり「ネオカキックス」というお薬を服用してみましたが、
効き目なく、胃腸の調子も良くありません。
ステロイド剤の副作用だとおもうのですが、
このまま、自然に治るのを待つしかないのでしょうか?
何か治療方法はありませんか?
夜も寝られないので、困っています
どうぞご連絡下さい。宜しくお願い致します
 

(回答)
硬膜外ブロックをしてから、しゃっくりが止まらない方からのご相談です。

硬膜外ブロックに、ステロイド剤を使用したのだと思いますが、
このしゃっくりがステロイド剤の副作用とは思えません、違います。

硬膜外ブロックの副作用の可能性はありますが、硬膜外ブロックの副作用で、
しゃっくりが出た話を、ドクタースマートは訊いたことがありません。
だいたい、しゃっくりの治療に、硬膜外ブロックが遣われるのが普通なんです。

この硬膜外ブロックをしてくれたペインクリニックでご相談ください。
その先生でしたら、その辺のところをよく把握しているはすです。


*********************************************************************

6)アレルギーが借家では起こらずに自宅で起きることに対してのご意見です
12月4日2番目の「アレルギーが借家では起こらずに自宅で起きるのは、
なぜでしょうか」の方について思い当たる節があり、
報告させていただきたくメールいたします。
 私の実家は平成8年築、ミサワホームです。
当初から落ち着かない気がしていましたが、両親だけが住むために建てた家で、
私の場所があるわけではないから、と思っておりました。
その後、平成9年4月から住み替えた新築の建材のにおいと新しい家具のにおい、
平成10年10月に住み替えた借家の湿気で咳がひどくなり、
平成11年6月に北大附属病院第一内科でアレルギー性咳喘息の診断を受けました。
咳喘息になってから実家に帰ると鼻が痛くて、ロスナイを止めると眠れません。
喘息になる前は、ロスナイを止めていても眠れました。
安眠できたかどうかは覚えていません。
思い当るのは、新築当時から実家ではなんとなく落ち着かなかったこと、
平成9年4月に入った借家でも同様に落ち着かなかったことです。
実家には窓を開け放す夏しか帰らないことにしました。
この相談の方も試しに開け放してみては如何かとおもいます。
私は37歳、女、162cm、58キロ、主婦、セレベント50を一日2回、
フルタイド200を一日2回です。
今までかかった病気は、治療中のアレルギー性咳喘息くらいです。

これまでは、お医者さんは忙しいのだから早く状況を説明して早く帰らなくては、
というイメージだったので、
なんでも相談に乗ってくださるドクターがいてとても心強く思っております。
これからも悩める人の駆け込み寺になってください。
どうぞよろしくお願いします。


(回答)
借家ではアレルギーが起こらず、実家では発作が起きる方へのご意見です。

この方が言われるように、窓を開けて空気を入れ替えるのも一法ですね。
こういうことは、原因が複雑でたくさんある場合のほうが多いのですから、
いろいろなことを遣ってみて、いい方法を自分で見つけるようにしましょう。

貴重なご意見をありがとうございました。
今後とも、よろしくご支援のほど、切にお願いいたします。


*********************************************************************

7)インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンについての追加発言です
ドクタースマート先生、こんばんは。
インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンについてメールさせて頂いた者で
ドクタースマート先生の予想通り、看護師です。
 
前回は、朝、急いでいた時にメールを送信してしまったので私の文章が簡単すぎ、
ドクタースマート先生に「お叱り」というふうにとられてしまったようで、
本当に申し訳ありませんでした。
 
また、インフルエンザワクチンが有効なのは3ヶ月、とおっしゃった先生の意見を
自分勝手な解釈で「3ヶ月しか効かない」と、
誤解してしまった事を深くお詫び致します。
 
それから、2回目の接種についてですが、私も1度でいいと思いますが
私の病院では5歳以下と65歳以上で、近年、インフルエンザにかかってなく、
なおかつ体力に自信のない方はSARS関連の事もあり、2回接種をすすめています。
 
ですから、もし、2回するのであれば3〜4週間の間にするのが
免疫獲得の面で1番効果的ではないか・・・という事を言いたかったのです。
これまた言葉が足りなくて申し訳ありませんでした。
 
最後に、
いつもドクタースマート先生のメルマガを楽しみに心待ちにしています。
勉強不足の私にでもわかりやすく書いてあるため本当に勉強になります。
お忙しいのに、こういう形で読者の方の相談に乗って下さるなんて、
素晴らしい事だな・・・と思います。
ドクタースマート先生からいろいろな事を学んでいきたいと思っています。
今後とも、宜しくお願いいたします。


(回答)
ワクチンについてご意見をいただいた方からの、再度のご意見です。

「お叱り」は、ドクタースマートにとって、うれしいことなのですよ。
なにも恐縮することはございません、また叱ってください。
叱られると、子どものときに、親から叱られたことを想い出します。

この方は、やはり看護師さんでしたね、それに本当に勉強家ですよね。
こういう方のご意見はうれしいですね。
こういう方たちから、これからもたくさんの応援が欲しいですね。

読者の中には、医学関係、とくに医者の方もいらっしゃいます。
ドクタースマートは、いつも正しい説明ができるように気をつけております、
それに、説明を誤解されないようにも気をつけております。

わかりにくいところ、よくわからないところは、遠慮なく質問してください。

 
*********************************************************************

8)卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)の方へのご意見です
私の妹もチョコレート嚢腫ではないかもしれませんが、卵巣嚢腫です。
妹の経験がお役に立てばと思い、メールしました。
妹は1年半前ほどに片方が腫れ、手術が必要な大きさになってから数日で
ぱかっと割れてしまいました。緊急手術で摘出しましたが、
おなかには350mlほど血が溜まっていたそうです。
また、現在残っている卵巣も腫れてしまい、4cm大までになってしまっています。
現在は生理をとめる注射をしてもらって治療をしています。
この治療だけでなく、冷え性を治す民間療法も同時にやっています。
妹は、養命酒と参考している本に書いてあった生姜紅茶を実行していますが、
なんと1ヶ月で医者が驚くほど腫れが引いたそうです。(3cm大になりました。)
婦人科系の病気はストレスと冷えの影響が大きいらしいので、
日常的にそれには注意するようにしています。

つまり、なにをお伝えしたいかというと、
大きくなってしまっているのでは、破裂や捻転の可能性もあり、
油断できない状態なのではないかと思います。
ドクタースマートがおっしゃるように「放って置いても、絶対によくなりません」
猶予があるのであれば、妹のような民間療法をためされたらいいかと思いますが、
いずれにせよ、積極的に治療をなさって、
早く健康を取り戻していただければと思います。


(回答)
卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)の方へ、妹が同じ病気の方からのご意見です。

この方の妹さんは、民間療法でよくなっているそうですね。
民間療法だけに頼って、医者に行かないのはよくないのですが、
医者にかかりながら民間療法を続けるのは、とてもいいですね。

こういう方法も、一部の人には効果がございます。
民間療法をあなどってはいけません、むかしの人は偉かったのです。
冷え性の方に、体を温めるというのは、とても理にかなっていますよね。

日本の医者は、むかしからの言い伝えなど、あまりよく知りません。
こういういい言い伝えがありましたら、また教えてください。
ご意見をくださった方、本当にありがとうございました。
また、何かお気づきのことがございましたら、遠慮なくご意見ください。


*********************************************************************

(編集後記)
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。 

昭和医大の脳外科の教授が論文を捏造して書いた、と朝日新聞で報道されました。
昭和医大では調査機関を作り、調査した結果たいしたことがないと発表しました。

本当にそうなんでしょうか?
捏造はあったらしいですね、手術成績などを、訂正して書いたりしたみたいです。
手術成績の改ざんは医学への冒涜ですし、医学教育者としても失格だと思います。

教授も教授なら、医科大学も医科大学です。
もっと、きちんとした対応をして、患者の信頼を復活してもらいたいものです。


Pubzineのスタンドでこのメルマガを読んでいらっしゃる方に、お願いです。
Pubzineは、会社の都合により、来年の2月に閉鎖することになりました。
大変申しわけないのですが、今のうちに、まぐまぐの方に引っ越してください。
ドクタースマートからの、切なるお願いでございます。

Pubzine で購読の方は、下記↓のURLで、解除してください。
http://www.pubzine.com/detail.asp?id=21942

そして、まぐまぐのURLは下記↓ですので、これで登録してください。。
http://www.mag2.com/m/0000106985.htm




掲示板を設けております。どうぞ掲示板のほうもご利用ください。

掲示板のURLは、下記↓です。
 http://www.bestmm.jp/bbs/bbs.php?sid=dea789c9e7&1052397726



内容で判りにくいこと、もっと訊きたいことがあったら、
遠慮なくメールで質問してください。⇒ drsmart@nyc.odn.ne.jp

お知り合い・ご友人の方にこのメールマガジンの購読をおすすめください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガ記載の内容に誤りがあったために生じた損害等についての責任は、
負いかねます。
本メルマガの記事を読んだために何らかの損害等が生じるとお考え
(またはお思い)の方は、直ぐこのメールマガジンの購読をお止めください。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
このメルマガの退会・解除は
まぐまぐで購読の方は、     http://www.mag2.com/m/0000106985.htm
melma で購読の方は、       http://www.melma.com/taikai/
melonpan で購読の方は、     http://www.melonpan.net/mag.php?004239
Macky! で購読の方は、      http://macky.nifty.com/check.htm
Pubzine で購読の方は、     http://www.pubzine.com/detail.asp?id=21942
カプライトで購読の方は、   http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7694.html

 ------------------------------------------------------------------------
 ■ドクタースマート医学相談室 ■毎週水・金曜配信 ■発行:(株)PRINCESSE
      編集人:ドクタースマート  drsmart@nyc.odn.ne.jp
 ■232-0012横浜市南区南吉田町2-28-402 TEL:045-262-6630 FAX:045-262-6634
 ------------------------------------------------------------------------






最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 今日の夕食

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    6887人

    料理のレパートリーが少なく、毎日何を作ろうか悩んでいませんか? 外食を減らしておうちでお料理にチャレンジしてみませんか? 簡単家庭料理レシピをお届けします。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. ホームページ情報局

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    15723人

    面白い・役に立つなど優れたHP・メルマガを紹介

  4. 目指せ!健康長寿【笑いながら脳を鍛える】なぞかけめ〜る♪

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    1538人

    NHK「ラジオ深夜便」などで作品が紹介されているなぞかけ作家・安楽庵えのでんがなぞかけのクイズを出してあなたを脳トレ。加えて、14か月かけ18キロ減量できたダイエット経験から得られた健康知識も発信します。脳を鍛え、健康な体を維持して長寿を目指しましょう。

  5. ■ 株主優待 配当利回り から見る 株式投資 ■

    最終発行日:
    2017/03/13
    読者数:
    1151人

    株式投資の楽しみのひとつに、株主優待や配当があります。本誌は、現時点で株主優待のある、あるいは配当予定のある銘柄を中心に紹介する株式関連メールマガジンです。応援してみたい会社を見つける題材として、優待あるいは配当を貰いながらのんびり株式投資を楽しむのっていかがでしょうか?

発行者プロフィール

ドクタースマート

ドクタースマート

http://www.bestmm.jp/e-doctor.htm

皇居にある半蔵門の近くで「麹町内科」を開業しているドクタースマートは内科医です。医者に聞きにくい事や聞けない事のご相談に全てお答えしようと、03年から医学相談を始め、05年から7年間メルマ!ガ・オブ・ザ・イヤーを連続受賞し、13年も優秀賞を受賞いたしました。受賞8回のメルマガを、ぜひお読みください。

過去の発行記事