ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊 130

2005/09/25



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  NPO
 土佐の森・救援隊 130     (平成17年9月25日)
                 <130号の記念号につき、PRを3個挿入>
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■10月の活動日程

 参加申込みは、早めにメールで・・。(npo_tosanomori@yahoo.co.jp)
 メールのない方は、TELで・・。 (090-7579-2116)
 会員外の方の参加も大歓迎!ご連絡を(メールでも、TELでも)

◆こうち森林救援隊支援活動

 日  時 : 平成17年10月22日(土)
  活動場所 : 高知市(旧土佐山村) 市有林
  活動内容 : 間伐、

◆土佐の森・救援隊 第33回定例会

 日  時 : 平成17年10月29日(土)30日(日)
  活動場所 : いの町(旧本川村)
  活動内容 : 間伐
  詳 細    :  http://www.digi-mori.com/dmr/20/5/2050000181/index.htm

◆朝霧森林倶楽部支援活動

 日  時 : 平成17年10月29日(土)30日(日)
  活動場所 : 窪川町                              
  活動内容 : 間伐、
  詳 細    :  http://www.digi-mori.com/dmr/20/5/2050000213/index.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔ボランティアの森〕  「おおのたまらん!土佐の山・里」の巻

■本川での間伐  

 本川で間伐してきました。場所がなかなかマニアック。道中を、
以下に紹介します。長沢ダム湖畔ですが、軌道敷がひかれていたよ
うです。道中なかなか難所続きです。列を組んで約40分。ダム湖半
に突き出す半島まで!谷を越える空石積みの橋。おっと!野生の、
シイタケ!台風で根こそぎ倒れた木の根もなかなか味があります。

 搬出した小径木は杭に、大きいのは角材や板材に!おがくずも
山に返します。普通材は市場にも出荷します。

 この連中、本来の山の活用の仕方を追求しています。なかなか、
ここまでやるのは工夫がいりますね。これを実践しているのは、
「NPO土佐の森・救援隊」です。

          (中嶋健造:おおのたまらん編集局長) 

◆ブログ:おおのたまらん!土佐の山・里
 http://washinosat.exblog.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■【木こり】のこと

 某・人物に騙されて、なかば強制的に「こうち森林救援隊」なる
ものに参加させられた。もっとも、某・人物は、若いときには、
「・・そんなボランティアかたけ」する人物ではなかったもので、
「おまんができるがなら、オレも・・・」がついつい・・・。

 何やら知らんうちに、くだんの仲間の飲み会に誘われ、ビールの
つまみに無農薬てんぷら(これがいかざった)を、ふんだんに喰わ
された。 が、ここまではまだ、よかった。

 挙句、「これ読んじょいて・・・」。「む、なんぜよ、これは??」
 仕舞いに、「ここへ、名前書いて・・・」  渋々署名したら・・。
 「全ての責任は自分で取り、一切文句を言わんこと!」

 これはまるで、オレオレ詐欺か!? 悪質リフォーム業者か!?

 かくて、初出陣の当日は、何故か早く目が覚めた。土佐山までは
意外と近く一番乗り。

 くそ面白くもない、えらい手の話にも、やらせの儀式にも、
“うんざり”して現地の杉林に着いた。「現場にくれば、こっちの
もの・・・」何しろ登山暦ウン10年! と思いきや、これまた
急峻。土なし。地面は杉の子だらけ。「こんなの山じゃないっ!!」

 50年もの(一抱え)を一人で、切り倒したときは、ブルブル
・ドキドキ、震撼した。

 「こんながを切ったらバチがあたりやせんろうか!?」

 誰かが、運動会の笛を吹いた! 「倒れるぞうぅ〜」 もの凄い
音がする!!

 「メリ、メリメリっ、 ばっキーん、 ザッざー・・・ド、 
ドっっしーん!!」静寂。

 50数年 生きてきた木の 最後の悲鳴!思わず片手で、   
南無阿弥陀仏! の心境。 ほんと凄い。たった1本の木を切る
ことが、これ程の緊張と、一種独特、奇妙な快感を生むとは。

 命あるもの いつか必ず滅ぶが、人間だけが、自然に対し、尊大
不遜では、ダメだと感じ、生きとし生きるものの、全ての ものの
哀れ と 無情 を感じた。

 その晩は、はじめての【木こり仲間】と心置きなく、グビグビっ
とやり、大酔いになった。とおく、夏の夜空に、無情の光と音を聞
いた・・・ような・・・ういっー。

 花火かあ・・・。

       (佐竹敬孝<高知市>/こうち森林救援隊隊員)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■第3回定例会のお知らせ(こうち森林救援隊)

 下記の要領で開催しますので、隊員の皆さまのご参加をお願い、
いたします。

 なお、当日は前回と同様に「NPO法人土佐の森救援隊」の支援
も受けることとなっており、チェンソー等の機械類の技術研修も、
実施しますので、初心者の方もお気軽に参加願います。

◆日  時  平成17年10月22日(土) 9時〜15時
       旧土佐山村役場へ8時30分に集合(時間厳守)
◆間伐場所  高知市土佐山菖蒲の市有林
◆内  容  こうち森林救援隊第2回定例会
       講習会(チェンソーの技術講習他)
       実技訓練(市有林での間伐作業)
◆その他   弁当・飲み物等は各自持参
       当日は、山での作業可能な服装でおいでください
       初参加の方の軍手と地下足袋、ヘルメットは当方で
       用意いたします。

※出欠等の連絡先  中川(090-2895-9083) 
          武市(090-1009-8388)


******************************

■メルマガ : 「土佐の森・救援隊」 

◇編集・発行:NPO土佐の森・救援隊事務局(中嶋)
  mailto:npo_tosanomori@yahoo.co.jp
◇ホームページ:「土佐の森・救援隊」(生き活きこうちの森)
  http://www.digi-mori.com/dmr/ouendan/v_tosanomori.htm
◇ブログ「土佐の森・救援隊」
  http://blog.melma.com/00085614/

******************************

■森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」の問い合わせ、
入会申し込み、若しくは、資料請求はメールで事務局へ。

■関連ブログ:四万十通信
 http://blog.melma.com/00143032/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。