ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊 118

2005/06/26

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  NPO
 土佐の森・救援隊 118     (平成17年6月26日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■サンゴの森・救援隊

 サンゴの森・救援隊にはいりました。

 NPO土佐の森・救援隊で森を守る活動に情熱をそそぎ、また、
棚田保全活動もしている中嶋さんが、土佐清水市の大岐の浜にある
我が家に来てくれました。

 山を守り、森を育てる事が川、海を守ることにつながる、それを
森林ボランティア活動として、足摺宇和海国立公園の竜串周辺で、
始める、という話を聞きました。

【注】
 中嶋氏が「竜串自然再生事業」として、森の整備をボランティア
により進めようと、環境省の土佐清水自然保護官<通称レンジャー>
事務所に、提案したものです。『森は海の恋人、川はその仲人・・』
の実践活動です。なお、「サンゴの森・救援隊」は仮称です。

 NPOが行っている地域通貨制度の考え方や、ボランティア精神
だけで、NPOを運営していく趣旨に、大いに賛同し、さっそく、
5人目のボランティア(隊員)になりました。

是非、興味の在る方は、
土佐清水市にいるレンジャー(自然保護官)に問い合わせ下さい。
 電話=0880ー82ー2350

              (岡田充弘・高知県土佐清水市)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■竜串での森林ボランティア活動に、ご協力を・・・

 高知県土佐清水市竜串にある足摺宇和海国立公園のサンゴを守る
ために、森の整備をしようと、環境庁のレンジャーの呼びかけで、
森林ボランティア団体を設立する動きがあります。

 土佐の森・救援隊ではレンジャー(三宅氏、仁尾氏)から、森林
ボランティア団体の立ち上げ、組織の管理・運営、そして実践活動
での技術指導などの協力要請を受けましたので、高知県中村林業事
務所との協働で、全面的に支援することにしました。

 幡多方面の会員の方の、ご協力を、お願いいたします。     

          (中嶋健造<いの町>・正会員/事務局長)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■3ヶ月ぶりに、定例会に参加。

 5月の定例会は、5月14日(土)。 
 雨男、と自他共に認める私が参加したのに、珍しく(笑)晴れ!!
 (だがしかし、このツケは翌週払うことに・・K気象予報士。)

 この間、様々な事情により、活動場所が
 それまでの旧東津野村から、旧本川村に替わっていた!

 この日は、どういう訳か、晴天の予報だったので、
 早めに本川に入り、伊予富士に登ろうと計画。

 夜中に家を出て、夜明け前に、瓶が森林道へ入る。
 七色に染まる美しい朝焼けを横目に、伊予富士登山口へ。

 登山口から20分。
 稜線に辿り着くと、尾根筋は満開のアケボノツツジ。
 頂上からは周囲のどの山を見ても、
 ツツジのピンクに彩られており、
 今年の花付きの多さを改めて実感する。

 往復約2時間の稜線散歩。
 作業前の、いいウォーミングアップとなる。
 体の中の空気を入れ替えて、来た道を戻り、
 集合場所の旧本川村役場へ。

 全員集合の後、すぐ近くの、本川基幹集落センターに移動。

 午前中はその2階で総会。
 諸々の議題が出され、特に異論もなく、無事に終了。

 昼食後、今夜の宿泊施設で、
 バーチャル本川村の拠点でもある、「だんだん荘」の見学。

 街から来た人間の、手前勝手な感想ですが、・・・
 「こんな家に住みたい!!」

 高い天井、欄間や床の間の装飾、部屋毎に違う照明器具、等々...。
 聞けば由緒ある旧家。
 その素晴らしい造りは、他の隊員も感動してました。
 家の外に出れば、脇を小さな沢が流れ、
 裏には畑。周囲の展望にも恵まれ、
 これ以上を望むべくもない環境には、やはり憧れますね。

 その後、今回の作業場所である、本川小学校の裏山へ。

 4つの班に別れ、
 私は“カヌーイスト”三浦さんを班長とする、第3班に。
 班員は5人。まずは繁茂する笹と潅木の除去。

 潅木の中には、先ほど伊予富士で堪能してきた、
 アケボノツツジも含まれており、勿体無い・・・
 されど、伐らなければならないし・・・などと、
 人間らしいエゴに悩みながらの作業。

 杉の伐倒では、後で整理し易いように極力横倒しに、と
 “新婚”三浦班長の指示が。
 枯損木や細い木から順番に、班員4人で代わる代わる倒してゆく。

 終了間近に、チェーンが外れるトラブルに見舞われる。
 班長に直していただいている間に、別のチェーンソーの目立て。
 でも、まだまだ研ぎが甘かったようで、再目立ての指導を受ける。

 ややあって、周辺からチェーンソーの音が消え、作業終了。

 この日の、3時間あまりの作業は、
 久々にチェーンソーを持ち歩いたせいか、かなり腕が疲れた。

 でも、朝の鬱蒼とした状態から、
 すっきり片付いた林内を見渡した時、
 「よく働いたな〜」と、すごく実感の湧く一日でした!

              (倉辻奉和<高知市>・正会員)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔ボランティアの森〕 「土佐の森・救援隊専属気象予報士」の巻

■焼き畑体験に、参加するはずが・・・

 5月22日(日)、この日は194元気塾の主催する、焼畑体験に
参加する・・・はずでしたが「曇り・降水確率40%」の天気予報
が見事に外れ、朝から大雨のため、焼き畑体験は中止に。

 私を、この日の作業にさそったM氏、並びに「194元気塾」の
リーダーのN氏のおふたりは、雨のことを、全く考えていなかった
ようで、中止の連絡を各参加者(愛媛県の大学生を中心に40名程
とのこと)に伝えるのに、かなり大変だったとか・・。

 そして、なぜ、天気予報に反して、雨が降ったのか、さんざん考
えた挙句、やっぱり原因は、いつも雨を降らす、「“雨男・Kさん”
を呼
んだせいだ!」との結論に達し、その日の夕方に高知市内某所で、
行われた、焼き畑体験スタッフの反省会の席上で、一杯やりながら、
その、“Kさん”を、攻(口?)撃しまくった、とのこと。

 反省会に参加して、反省させられた"Kさん"は、ただ苦笑いする
ばかりでしたとさ、・・・チャンチャン♪

                               (K<高知市>・正会員)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■7月の活動日程

 参加申込みは、早めにメールで・・。(npo_tosanomori@yahoo.co.jp)
 メールのない方は、TELで・・。 (090-7579-2116)
 会員外の方の参加も大歓迎!ご連絡を(メールでも、TELでも)


◆こうち森林救援隊支援活動

 日  時 : 平成17年7月3日(日)
  活動場所 : 池川町
  活動内容 : 間伐、

◆194元気塾支援活動

 日  時 : 平成17年7月9日(土)10日(日)
  活動場所 : いの町本川
  活動内容 : 焼き畑に伴う森林整備、

◆土佐の森・救援隊 第30回定例会

 日  時 : 平成17年7月16日(土)17日(日)
  活動場所 : いの町(旧本川村)
  活動内容 : 間伐

◆朝霧森林倶楽部支援活動

 日  時 : 平成17年7月23日(土)24日(日)
  活動場所 : 窪川町                              
  活動内容 : 間伐、

 【24日は、黒潮森林倶楽部との合同活動です。】


******************************

◇メルマガ :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行:NPO土佐の森・救援隊事務局(中嶋)
  mailto:npo_tosanomori@yahoo.co.jp
◇ホームページ:「土佐の森・救援隊」(生き活きこうちの森)
  http://www.digi-mori.com/dmr/ouendan/v_tosanomori.htm

******************************
◆森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」の問い合わせ、
入会申し込み、若しくは、資料請求はメールで事務局へ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。