ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊 093

2005/01/02

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  NPO
 土佐の森・救援隊 093     (平成17年1月2日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■新年に想う

         NPO土佐の森・救援隊理事長 橋詰寿男

 新しい年を迎え、安全第一・無理せず・楽しく・皆んなと一緒、
それのみ願っています。

 昨年は、いろいろな災いがありました。我が隊にも、いろいろ
な人災がありました。しかし今年は、災い転じて福になる・・で、
明るい道が展けるものと信じています。

 今年の、桜の咲く頃までには、ログハウスが棟上する予定です。
NPO結成以来、1年有余、その汗と足跡の結晶・モニュメントが
完成します。

 地元、船戸の人々は勿論、広く県民の方々の憩いのログハウスに
なることでしょう。これまで営々とログハウスに関わってきた隊員
の方々には頭が下がります。ご苦労さまでした。

 我が隊は、設立以来、3年目に入りますが、原点・初心に立ち帰
り、森林環境保全・間伐に精出しましょう。

 よい年でありますよう。グッドラック!!


       【「人災」って、何ですか?・・(中川真理子)】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■椎茸づくり体験(原木伐採)に参加して

 椎茸づくりの第一歩、原木伐採のため曙茶業組合の「お茶山」へ
向かう。東津野村船戸から、少し四万十川を下り、岩土という集落
で四万十川を渡り、山上のナラ林を目指す。

 山頂付近に広がる茶畑からの眺望は素晴らしい。畑周りのススキ
の穂が陽光に輝く。北に、初冬の日差しを受けた四万十川源流点の
ある不入山(1336m)や鶴松森(1100m)等の山並みが、青空を
背景に明るく映えている。

 茶畑の脇にある、茶の精製工場を見学させてもらった。来春は、
椎茸の種駒打ちと茶摘みが一緒にできるかもしれない、という話で、
今から一連の体験教室が楽しみである。

 椎茸原木の山林所有者の案内で、見事な広葉樹林に入り、大きな
ナラの木を選んで伐採する。多くが、切り口の直径が20cmを越
える太さ!先っぽの枝でも、十分な太さの椎茸原木に使えそう。

 椎茸原木の伐採体験は、周りの潅木をチェンソーで切り払いなが
らの作業であった。ナラは、カシ(樫)の次に硬いということで、
チェンソーの刃の食い込む速度はスギ、ヒノキに比べかなり遅い。

 また倒れにくい(つる幅が小さい)とのチェンソーマンの感想。
急斜面で木の重心は、全て斜面下側を向いているらしく、受け口を
上側にしても、斜面下側に倒れた。枝が張っており、全て掛かり木
となる。

 伐採した原木はそのまま置き、来年の3月ー4月に道路に上げて
1m位に玉切りし、菌を打ち込む。そして菌を原木全体にまわらせ
るため、積みあげて黒寒冷紗を被せ雨ざらしで山に放置。秋にそれ
を有刺鉄線等に立てかけて、椎茸が生えるのを待つ、という段取り。

 約1年半後の再来年春からぼつぼつ採れ始め、本格的な収穫は秋
からとなる。今回はまさに、一連の椎茸づくりの最初の作業であり、
5年ほど続く作業の、第一歩である。林の中には、丁度去年の今頃
伐採し、今年春に菌を打ち込まれた椎茸原木が黒寒冷紗を掛けで積
み上げられていた。木口を見ると、白い椎茸菌がよく回っているの
がわかる。

 しかし、椎茸づくりがこれほど時間を要するものとは、思わなか
った。今日は、四万十川源流の里で、いい体験をした! 来春が、
楽しみである。

                 (森岡郁夫・正会員)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔ボランティアの森〕     「土佐の森・救援隊」の巻

■三浦博史の「森林ボランティア日記」

◆12月18日(土)

 曇り。まずカヌー工房で滝本さんの作業を見て、心配ないとみて、
組合事務所へ。なんと、こないだの測量結果に問題が…。痛恨ー!
再測量か〜?そんで

 曇り。午後から、「佐川の環境展」にパネラーとして参加。前の
会社の上司の方々と並んでの参加でもあり、気楽だが、言葉を選び
ながら仁淀川への思いを語る。

 そのあと土佐の森救援隊の活動のために本川村へ。木の根ふれあ
いの森に泊。

◆12月19日(日)

 曇り。本川村で目覚める。又、又、実は昨日のうちに作業は終了
しており、今日は、今後のボランティア活動の現場視察。長沢ダム
湖沿いの森林軌道跡を歩いて・・・スギ林、5haという現場へ。

 間伐未実施林分で、2本に1本は切らなくては・(50%間伐?)

 こりゃあ、やりがいあるなあ〜。

                               (HP「仁淀川カヌー」より)

▽仁淀川カヌー▽
 http://www.d4.dion.ne.jp/~niyodo/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■1月の活動日程 (土佐の森・救援隊)

 参加申込みは、早めにメールで・・。
 メールのない方は、TELで・・。(080-3164-5261)
 会員外の一般の方の参加も大歓迎!ご連絡を・・。

◆焼畑による山おこしの会支援活動

 日  時 : 平成17年1月9日(日)10日(祝)
  活動場所 : 池川町
  活動内容 : 焼畑、間伐

◆朝霧森林倶楽部支援活動

 日  時 : 平成17年1月15日(土)16日(日)
  活動場所 : 窪川町
  活動内容 : 間伐、

◆土佐の森・救援隊 第24回定例会

 日  時 : 平成17年1月22日(土)23日(日)
  活動場所 : 東津野村
  活動内容 : 間伐

◆高知県森林局技術研修会

 日  時 : 平成17年1月30日(日)
  活動場所 : 仁淀村別枝
  活動内容 : 研修会

******************************
◇メルマガ :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行:NPO土佐の森・救援隊事務局
  mailto:npo_tosanomori@yahoo.co.jp
◇ホームページ:「土佐の森・救援隊」(生き活きこうちの森)
  http://www.digi-mori.com/dmr/ouendan/v_tosanomori.htm
******************************

◆森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」の問い合わせ、
入会申し込み、若しくは、資料請求はメールで事務局へ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。