ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊 037

2003/12/14

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  NPO
 土佐の森・救援隊 037    (平成15年12月14日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■テレビ番組「eco応援団・森は友だち」

        <土佐の森・救援隊 中川真理子(広報報道担当理事)>

 11月30日、テレビ高知で放映された「eco応援団・森は友
だち」はご覧になりましたか?橋詰理事長が大変カッコよく長時間
「出演」されていたばかりか、我等「土佐の森・救援隊」のボラン
ティア・メンバーの出番が半分近くありました。11月11日の、
「こうち山の日」の活動状況を撮影したものでした。

 バッチシ、ビデオに撮った(20分間ですぞ!)ので、これはも
う「12月の定例会」にて会員の皆様に、ご披露するしかありませ
ん・・!お楽しみに。

【12月の定例会】
  12月20、21日、東津野村船戸の四万十源流センターで実施
します。参加予定者は次のとおりです。これからの申し込みもOK。
会員以外の方の参加も歓迎します。詳しいことの問い合わせ、参加
申込み等は事務局まで。

【事務局】
 アドレス : mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp
  TEL  : 088−845−1864

〔参加予定者〕
 01松本、02橋詰、03中川(真)、04湯浅、06辻、08森、10川田、
12山地、13竹内、14尾崎(紀)、17谷、18中川(睦)、19武市、
22田之畑、26三浦、30山崎(正)31倉辻、32尾崎(宏)、35中井、
36森岡、38宇都宮、40徳弘、42山崎(哲)、賛助・山中 計24名

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■仁淀川のカヌーイストが「こうち山の日」に参加して・・。

 晴れたり曇ったり雨降ったり。今日は「土佐の森・救援隊」の
活動の一環で、「こうち山の日制定記念イベント」に参加。中学生
の間伐体験をサポートする。場所は土佐山田町、県立甫喜ヶ峰森林
公園。

 久々に根挽峠を越える。なんと着いてみると天気が悪いという、
理由でイベントは中止となり中学生はこないという。拍子抜けして
たら天候が回復、また状況が変わってやはり中学生は来るという。
大丈夫かよ!まあいいか。

 でも午前中はやることがなく、時間があまる。昼食後、続々と、
バスが着いて、中からガキ供(一宮中の2年生)が撒き散らすよう
に出てくる。こいつらが間伐すんのかい!僕は6班の班長で、隊員
1名のアシストを受けて20名くらいを引率する。

 教師時代の生徒に対する不信感を捨て、彼らを信じて現場へ入る。
服装は時代遅れのルーズソックスもおるし、ヘルメットを被らせる
だけでもひと騒ぎするし・・。ええ加減にせんかい!

 男子にも女子にもとりあえず手鋸でヒノキを倒させようとする。
が、男子は頑張るものの、やはり女子には荷が重い様子。男子がよ
うやく1本倒した頃にはすでに時間が少なくなっており、やむなく
女子にチェーンソーを持たせて切らせるが、結局全部切れずにタイ
ムアップ!

 だいたい、間伐体験の時間がわずか1時間なんて無理なんだよ!
せっかく生徒たちとも仲良くなれかけたところだったのに!たぶん
彼らは間伐とは何かほとんど分からなかったと思うんだけど。まあ、
それでも木を切ったという体験が重要なのかな?

 来年はもっと硬派なイベントがいいな。 (三浦博史・正会員)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■仁淀川のカヌーイストのプロフィール

 氏  名 : 三浦 博史(ヒロシ)  性別 : 男 
 生年月日 : 昭和42年3月15日(36歳)
 趣  味 : 登山、カヌー、スキューバダイビング      
 特記事項 : 独身、
      「土佐の森・救援隊」第26号会員、理事。
 好きなアーチスト : 尾崎豊 JUDY AND MARY 
           エレファント・カシマシ スピッツ
 経歴等 : 

<高校まで>
 福岡市で生まれ、高校までを過ごす。昆虫や野鳥が好きで、かな
り詳しかった。また、なぜか子供の頃からぼんやりと田舎への憧れ
を持っていた。中学、高校は陸上部(短距離)だった。

<大学時代>
 愛媛大学農学部環境保全学科に入学、松山市で6年を過ごす。4
人部屋の学寮で内容の濃い暮らしだった。在学中は登山部(ハイキ
ング部)に在籍し、おもに石鎚山系をフィールドにしていた。

 3回生の夏に訪れた四万十川(この時は手作りの筏で下った)の
美しさに衝撃を受け、いずれ移住することを夢見るようになる。部
の役員の任期を終えてからは川遊びにハマり、4回生になってフジ
タのファルトボート、SS−1をキットで購入、完成させ、以来、
愛艇とする。

<大学卒業〜四万十川へ>
 大学卒業後、いったん熊本の県立高校の生物の教師となるが、初
任者研修をサボって北海道の大雪山と釧路川に行ったのがきっかけ
で1年で辞める。

 再び四国にわたり、高知市の西日本科学技術研究所に入社、6年
勤める。この間、近自然河川工法を学び、高知県内の河川の改修の
設計施工に携わり、先進地スイスへの研修にも参加した。また、
ビオトープ管理士(2級計画)の資格を取得。

 退職後、1年半のプー太郎期間中に、大工の職業訓練所に通いつ
つ(半年)、潜水士、1級土木施工管理技士の免許を取得。また神
奈川のカヌー工房でウッドカヌー作りを学んだ。

 99年9月に西土佐村森林組合を訪ね、造林作業に参加させても
らえることとなり、同10月に西土佐村口屋内へ正式に移住した。
以来、下刈りや間伐の山仕事に携わりながら田舎暮らしを実践、満
喫していた。この間もカヌー工房開設に向け、3艇目を自作した。

<四万十川から仁淀川へ>
 下記のHP「日記帳」をご覧ください。

▽仁淀川カヌー▽
  http://www.d4.dion.ne.jp/~niyodo/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔ボランティアの森〕  「源流森林救援隊 第87号」の巻

■源流森林救援隊、創立1周年です!

 思い起こせば、源流森林救援隊のスタート(平成14年10月)
からもう一年になりますね。早いものです、この1年、いろいろ
ありました・・・が、これほど「森林ボランティア活動」に夢中に
なるとは、思ってもみませんでした。今後の活動も、益々努力した
いと思っております!

 さて、丁度1年目の10月(11日、12日)の愛林作業は連休
とあって、参加者はいつもの半数・・・その上、またまた天候不良
でした。もしや、今回参加出来ずにいた、雨男、倉辻君の「涙雨」
だったのでしょうか・・・?

 四万十源流センターに到着やいなや、そぼ降る雨をものともせず
に、谷にこかしていた間伐材の後片付けに大奮闘!昼ごはんも忘れ
るほどの熱心さではありましたが、強まる雨脚に、これ以上の作業
は無理と断念。

 その後、全員、泥だらけで宿舎へ帰還。シャワーで汗を流し、遅
いお弁当タイム・・・。そこへなんと、はるばる檮原よりにぎりめ
しを携えて、自転車で駆け付けてきたボランティアがひとり・・・
あの有名な「N氏」でありました!(雨の中、ずぶ濡れで参上!、
ま〜本当にこの「おんちゃん」は、すごいだ!あきれてものが言え
ん・・・!)

 昼食後は、11月11日の「こうち山の日イベント」の打ち合わ
せ会議・・・。なんとしても「NPO土佐の森・救援隊」が主体で
行なう森林ボランティア活動をアピールすべく、平日ではあります
が、各森林ボランティア団体から20名の参加者が欲しいと、熱の
こもった討論会。

(注:おかげさまで、11月11日は源流森林救援隊を始め、23
名の森林ボランティアの皆さんの参加があり、大成功裏に、イベン
トは終了しました!ご協力、ありがとうございました。<「土佐の
森・救援隊」事務局>)

 県への意見書をまとめたところで、さあ一日目の後半がスタート
・・・。全員、入浴でサッパリと身を清め、楽しい「交流会」と相
成りました!

 もちろん、話題は土佐の森・救援隊御用達、「銘酒:10時まで
よ!」のお話でした。全員、監事のお達し(10時までよ!)を厳
守した事は、間違いありません。

 2日目、相変わらずの、ぐずつく天候にもかかわらず、朝食もそ
こそこに下の倉庫から、前回行った森林ボランティアフェアーで集
めていた木屑、おが屑等を運び出し、間伐後の森に散布。有機質の
良い肥料になるそうです。(「スポンジ大作戦」と命名。)

 この「木質スポンジ」を山に返そうという運動は、森づくりの重
要な作業として、これからの、「土佐の森・救援隊」のメインの活
動にするとのことです。

 全ての活動を終了し、昼前に、解散となりました。
                (中川真理子・40号隊員)

******************************
◇メルマガ :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行:土佐の森・救援隊事務局
  mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp
◇ホームページ:「山頭火と四万十川」(未掲載)
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
******************************
◆森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」の問い合わせ、
入会申し込み、若しくは、資料請求はメールで事務局へ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。