ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊  031

2003/11/02

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  NPO
 土佐の森・救援隊 031     (平成15年11月2日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■森づくりの募金付き銘酒「四万十太郎」を贈ろうキャンペーン

 ◆お歳暮には、ちょっと早いけれど・・・

  日頃、お世話になっている、あの人に、
     しばらくご無沙汰している懐かしいあの人に・・

  銘酒「四万十太郎」を、贈りませんか?

「土佐の森・救援隊」のお酒「10時までよ!」と「こうち山の日
制定記念」のお酒「森はともだち」のオリジナルラベル銘酒「四万
十太郎」(720ml)を2本セットで、全国何処にでも宅配便にて、
あなたのメッセージ(ご希望の方のみ)を添えて、お届けします。

 お値段は、5、000円(税、送料、募金すべて込み)です。

 ご希望の方は、下記の申し込み欄に該当事項を、ご記入のうえ、
メールにて返信ください。  

******************************
【記念のお酒2本セット、申し込み欄】・この欄だけの返信でOK。

■贈りたい方の
 住所・・〔     〕
  氏名・・〔     〕
  電話・・〔     〕

■ご依頼人の
 住所・・〔     〕
  氏名・・〔     〕
  電話・・〔     〕

■贈る方へのメッセージを、ご希望の方は、ご記入ください・・
〔        〕

(メッセージは、お酒に添えて、お送りいたします。)

******************************
                        <「土佐の森・救援隊」事務局扱い>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■「森林ボランティア祭」に参加して・・<報告>

 9月の連休に、4日間の「森林ボランティア祭」が無事に終了し、
本当に良かったですね!

 後方支援部は6日間の長丁場でした。無事に終わって、ホッとし
ていますが、「体力復活」には、相当時間がかかり「歳だなぁ・・」
とつくづく感じさせられました。

 それにしても、今回も、やはり予想通りの雨が降り出す土曜日の
スタート。午前中の会合時には一時的に雨脚も強まり・・・いつも
の「雨男」君が「雨どころか台風まで連れてきたのではないか?」
と、皆さん「雨男」君をジロリと見ましたが・・・雨に関しては、
君だけの責任ではないので、気にしなくてよろしいですぞ!倉辻君。

 ま、昼食後は小雨模様。全員、元気に間伐材の収集作業に出発〜!
はたして23日の「間伐材の配付会」で配る予定の間伐材が集まる
かどうかヤキモキしましたが、何とかなりそうで一安心。女御意見
番の安岡のお姉様も、お口軽やかに今回初参加。知人・友人を同行
しての大活躍!皆で間伐材や切り株を、滑る山道から泥だらけにな
って搬出。

 また、いつもは作業車を、小さな体でハリキッテ操る宇都宮さん
は、久々にチェンソーで「バッサバサ」と間伐して、満足のひと時
でした!

 翌、日曜日は自称「晴れ男」の尾崎宏隆氏の登場で、秋晴れ。青
空の下、順調な滑り出し〜!「搬出」やログハウス用の丸太の「皮
はぎ」に一日中汗をかく。

 夜には、久々の後方支援部長(ヤング・松本の久美ちゃん)が、
夕食を持って駆け付けてくれる。10名ばかりの「2日目残留隊員」
には、うれしい若さであった!

 さあ、3日目(月曜日)は忙しい!「一日・森の学校」で須崎小
学校の3名の先生と、40名の小学生、平行して「巻き枯らし間伐」
の研修会でした。この日ばかりは「四万十源流センター」もにぎや
かさを増し、晴天にも恵まれ、楽しい一日となりました!

 ボランティアとして、久美ちゃんが「森の学校」に参加。しっか
り先生になって、4年1組の子供達のハートをつかんでおりました!
須崎小の先生方や子供たち、一般ボランティアの参加者も沢山あり、
忙しかったけれど、充実した一日でした。

 なお、田所先生による「巻き枯らし間伐」の実習は、初体験のこ
ともあり本当に興味深いものでした。そして「森の学校」は参加し
た子供たちが、自然の中で、よく学び、よく遊びして、何よりも喜
んでくれた事が大収穫だったことを、ご報告しておきます。

 夜の交流会には、安岡のお姉様方も再度の合流。何よりこの日は、
訳あって、宇和島市からようやく参加にこぎつけた檮原の中越康幸
氏の初参加もありまして、歌(のど自慢)あり、踊り(土佐の森の
舞)あり、真面目な討論会(井戸端会議)あり、の楽しい「交流会
10時までよ!」だった事を、欠席の山地監事殿にお知らせしてお
きます!(中越氏が10時の時計を持った、証拠の写真あり。)

 とうとう最終日の23日(火曜日)となり、「ボランティア祭」
もクライマックス!「もしかして誰〜れも来んかも・・・」の予想
に反して、たくさんの方が、四万十川源流の山奥まで訪ねて来てく
れました。

 森林ボランティアが苦労して山から出してきた「間伐材」や「切
り株」に、朝早くから貰い手が現われたのには、朝食も忘れるほど
の感激でした。

 一番人気は「ヒノキのまな板」、山崎正彦氏のプロのカンナさば
きもさる事ながら(カッコ良かったですよ、お見せしたかった・・
惚れ惚れしました、さすが玄人です!)、市役所勤めの公務員の、
睦男さんの電動カンナの扱いもおみごと!それより何より、林業の
プロ、中越氏の大きなチェンソーでの丸太からの粗挽きは豪快で、
人柄そのものであった事を付け加えておきたいです!

 また、「ログハウス教室」も賑やかに行われましたが、ログづく
りというのは、簡単なようで、実に細かい作業でした。自ら手をあ
げた「4名の研修生」の内、「これほど細かい作業とは、思わざっ
た。手が震える俺には・・・チクト選択を間違うた!」と悔やむ方
(上岡ログハウス班員)もおりましたが・・結局、2段が組み合わ
されて終了。(今回はログハウス前で、全員の記念撮影。)

 この調子では、年内完成は微妙です。ま、気長に参りましょう〜。
これからが楽しみですね!研修を受けた湯浅ログハウス班長他3名
の方は、土佐の森・救援隊の「専属ログハウスの先生」として、今
後のご活躍を期待いたします。責任重大ですな・・・!両尾崎殿。

 こうして、なんとか「雨男」にも負けず、「森林ボランティア祭」
の全日程が無事に終了できました事、「森林ボランティアの皆様方
の力無くしてはなかった!」と感謝しています。

 楽しい「ボランティア祭」でしたが、次回はもう少し自分自身が
楽しめる余裕が欲しい、というのが唯一の反省点。あとは満点!
              (中川真理子・正会員副理事長)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■森づくりの募金付き銘酒「四万十太郎」を贈ろうキャンペーン

◆「メルマガ講読の謝恩プレゼント!」抽選会

 メルマガをご講読していただいている読者の皆さんに編集局から
感謝の気持ちに代えましてプレゼント(銘酒「四万十太郎」720
ml)を抽選で差し上げます。

 友人、知人など、あなたが銘酒「四万十太郎」を贈りたい方に、
メッセージを添えて、お送りします。もちろん、「あなた自身に贈っ
ていただいても、結構です・。」

□賞品

 森賞・・・ 1名
 (オリジナルラベル銘酒「四万十太郎」720ml、2本セット)
    を1名の方に、お贈りします。(無料)

 林賞・・・ 5名 
 (「森はともだち」又は「10時までよ!」720ml、1本)
    を5名の方に、お贈りします。(無料)

  木賞・・・50名
 (「森はともだち」又は「10時までよ!」720ml、1本)
    を50名の方に、会員価格で、お贈りします。
 (会員価格は<2モリ=2,000円・税込み・送料別>です。)

□応募方法
 下記のホームページ「山頭火と四万十川」を開き、カウンターの
ナンバーを返信メールでお知らせください。そのナンバー(4桁の
数字)が抽選番号になります。

 ▽HP「山頭火と四万十川」▽
   http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
 (トップページに、カウンターがあります。)

 ▽応募あて先メール▽ 
  mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp
 (あなたがHPを開いた時の、カウンターのナンバーを記入して、
  送信してください。)

□応募締め切り
 平成15年11月7日必着分まで。
  
□当選発表
 当選番号を新聞紙上で発表。当選者には、直接メールにてご通知
します。

□その他
 同じナンバーが届いた場合等、当選ナンバーが複数出現した場合
は勝手ながら、当方で当選者を決定させていただきますので、ご了
承願います。
                       <「土佐の森・救援隊」事務局扱い> 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔ボランティアの森〕  「酒のとくひさ(賛助会員)」の巻

■県に「こうち山の日」のキャラクター使用願いを提出

高知県森林局
宮地辰彦木の文化推進室長 様
                             須崎市原町1丁目5ー25
                              酒のとくひさ 徳久和宏

「こうち山の日」のコピー及びキャラクターの使用について

 「こうち山の日」の制定を記念してオリジナルラベルの清酒を販
売したいと考えています。つきましては、「こうち山の日」関連の
コピー(森はともだち等)とイメージキャラクターの使用につきま
して、特段のご配慮を賜りますよう、お願い申し上げます。
(使用希望期間は1年間。)

 なお、この清酒は当店のオリジナル銘柄「四万十太郎」をベース
にする予定です。「四万十太郎」は販売価格の1%を四万十川の、
「森づくりへの支援」として、ご寄付させていただいています。

 「こうち山の日制定記念ラベル」のお酒も、「四万十太郎」と同様に、
「森づくり」のための寄付金付きのお酒として販売する予定です。
販売開始日は、山の日の11月11日までにしたいと考えています
ので、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■新発売!「こうち山の日制定記念ラベル」のお酒
               <「酒のとくひさ」より>

 10月22日に、県から承諾のご連絡がありました。ありがとう
ございました。

 銘酒「四万十太郎」の美味しさには、絶対の自信を持っています。
少々、お高いですが、高いだけの価値はあります。一度銘酒「四万
十太郎」を飲んでいただければ、そのお値段にも納得していただけ
るはずです。 (1.800ml=4.100円、 720ml=2.100円)

「こうち山の日制定記念ラベル」は、11月1日に、新発売いたし
ました。ぜひとも、これを機会に、この稀に見る天下の絶品、銘酒
「四万十太郎」をご賞味ください。
                  (徳久和宏・賛助会員)

 <購入申し込み、問い合わせ>
 ▽酒のとくひさサイト・よさこい市場▽
   http://www.yosakoi.co.jp/
  mailto:tokuhisa@yosakoi.co.jp

******************************

◇メルマガ :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行:土佐の森・救援隊事務局
  mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp
◇ホームページ:「山頭火と四万十川」(未掲載)
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html

******************************
◆森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」の問い合わせ、
入会申し込み、若しくは、資料請求はメールで事務局へ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。