ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊 019

2003/08/10

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 土佐の森・救援隊 019     (平成15年8月10日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■高知県内の間伐ボランティアグループの情報を・・

 代表者,活動地域、活動状況等を教えてくれませんか。なぜかと
いうと、間伐目的のボランティアグループを集合して、これから
の活動方向などを協議したらどうか、と考えています。

 間伐ボランティアグループも、これからの森林整備には欠かせな
い存在と位置付けて、森林環境税を使ってこれらのグループをどの
ように支援できるのか、また新しいグループの設立を応援すること
ができるのか、等を検討したいと考えています。(宮地)

【県の木の文化推進室から、間伐ボランティアグループについての
照会が事務局にありました。次のように、回答しました。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■間伐ボランティアグループについてのお答 (事務局)

「間伐ボランティア」を、どのように考えるか、ですが・・

1 林業の範疇に一部入り込み、プロが行うのと同じように、チェ
ンソー等の林業機械を使用し、適正な間伐を行う「森林ボランティ
ア」を「間伐ボランティア」というのであれば、高知県における、
「間伐ボランティアグループ」として、当方で把握している団体は
下記の「6団体」です。(組織の概要、活動状況などは、それぞれ
の団体に問い合わせてください。)

2 「間伐ボランティアグループ」を「林業作業団体」としないの
は、作業(労働)が、対価を求めない無償(いわゆるボランティア)
で行われるからです。有償なら葉山村の「林産企業組合」のように、
林業事業体ということになり、当然ですが「間伐ボランティアグルー
プ」とはなりえません。

 しかし、グループ(団体)としての活動は、有償か、無償かの違い
だけで、内容的には(プロが行う間伐の実行を目的としていますので
・・)ほとんど違いがないと考えます。

3 現在のところは、グループ数も、構成員も少なく、「間伐ボラン
ティアグループ」が行いうる森林の整備面積は微々たるものですが、
将来的には、荒廃森林の一部を確実に整備しうる団体として期待され
ると思います。

4 レクレーションの範疇(森林環境教育等で行われているような、
子供がノコギリで間伐をする間伐ごっこ、遊びの延長?)で行うもの
も「森林ボランティア」若しくは「間伐ボランティア」とするのなら、
数多くの団体があります。これについては、「高知県森と緑の会」に
照会すれば詳細が分かるかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■森林(間伐)ボランティアグループ  (高知県) 

1 NPO(申請中)土佐の森・救援隊
  <代表者・橋詰寿男氏  事務局 088-845-1864>
                            chiaku@mx81.tiki.ne.jp
2 によど川森林救援隊
  <事務局長・西森正信氏 事務局 088-893-3626>

3 森林救援隊四万十          
  <事務局長・山崎健吾氏 事務局 0880-34-5133>
                hata5133@peo.net-kochi.gr.jp 
4 源流森林救援隊
  <事務局長・松本誓氏  事務局 0889-42-2371>
                chikau_matsumoto@ken3.pref.kochi.jp
5 四万十樵塾
  <世話人・竹内秀行氏  事務局 0880-27-0113>
                            t-hideyuki@mx8.tiki.ne.jp
6 森づくり「助っ人隊」
  <頭・手島寿幸氏    事務局 088-860-0846>

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔ボランティアの森〕    「森林救援隊四万十」の巻 

■森林救援隊四万十の隊員より

 ご無沙汰しています。NPOの正式発足おめでとうございます。
まさに時を得た、グットタイミングです。私も参加して、微力です
がチエンソーを振ります。

 土佐の森・救援隊の日程は、手帳に12月まで書き入れましたが、
なにぶんにも用事(ゴルフ・釣り・囲碁・飲み会・畑仕事・ボラン
ティア、それに仕事・・)がありすぎまして、なかなか参加できま
せん。

 この間、活動拠点にしているという、元の森林センター(現・四
万十源流センター)はどこにあるがじゃろうと思うて行ってまいり
ました。少し中村からは遠いですけど、森林ボランチィアの基地と
しては最高ですネ。キレイに管理されてますから、次回は何として
も行くつもりです。(沢田・20号会員)

******************************
◇メルマガ :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行:土佐の森・救援隊事務局
  mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp
◇ホームページ:「山頭火と四万十川」(未掲載)
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
******************************

◆森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」の問い合わせ、
入会申し込み、若しくは、資料請求はメールで事務局へ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(PR)

〔おすすめ・メルマガ〕

 ▽新・四万十森林記行▽
  http://www.mag2.com/m/0000073803.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。