ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊 014

2003/07/06

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 土佐の森・救援隊 014    (平成15年 7月 6日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■ボランティア活動

 仕事に追われた会社勤めの頃より、定年退職して自由時間の多い
現在の方が、時が過ぎるのが不思議にも早く感じられます。

 所で高知県では「森林環境税」「高知県緊急間伐推進条例」等の
整備がされつつあります。先号でも「森林環境税」について色々と、
ご意見が述べられていましたが、今年の「土佐の森・救援隊」のボ
ランティア活動に何か変化があるのでしょうか?(森岡・土佐市)

【「土佐の森・救援隊」でも森林環境税から活動資金の支援を受け
る予定です。上限が30万円ですが、この様な支援がいただければ、
より「積極的で、活発な森林ボランティア活動」が展開できます。

 森林ボランティアはこれまで、行政からの支援というものには、
全く無関係でしたが、このように僅かながらも公的支援が受けられ
るということは、本当にあり難いことです。(事務局)】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■森林環境税     <高知県広告「www/pref.kochi.jp」より>

  高知県の山では、戦後の木材需要で過伐された森林が多かったこ
ともあって、国の拡大造林の方針に応じて、大規模な植林が続けら
れてきました。しかし、過疎・高齢化や木材価格の低迷によって森
林所有者が生産意欲をなくし、手入れが行き届かない、荒廃林が増
えています。

 密植されたままの人工林の中は日照量が不足するため下草が生え
ず、その結果、水源かん養機能の低下や土壌の流出、生態系への悪
影響が出現するなど、私たち自身の生活環境に関わる深刻な問題と
なってきています。

 森林環境税制度は、森林の荒廃という私たち自身の環境に関わる
問題に対して、高知県みずからがどのように取り組むことができる
のか、地方自治の仕組みの中でどのように解決していくか、という
ことを念頭に置いて検討を進めてきました。

 この制度は、森林を保全するために県民の皆さまに負担をお願い
するというものですが、その考え方としては、「税収自体を目的と
するものではなく、広く薄い負担によって、森の重要性を認識し県
民みんなで森を守っていく」ことを目的としています。(高知県)

▽高知県広告「www/pref.kochi.jp」▽
  申し込みはメールで 
 mailto:kodama@ken2.pref.kochi.jp 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■ツアーへの参加者募集            <主催:源流森林救援隊>

◆「四万十の森と川」探訪ツアー
  四万十川の中流域、大正町の一ノ又原生林(300年生のヒノキ
巨樹)を探訪した後、土佐の森・救援隊の橋詰代表が設計したとい
う沈下橋(現代の名建築に選ばれた上岡の沈下橋)を見学、そして
四万十川独特の、伝統的漁法「火振り漁」を間近で堪能し、四万十
川の鮎と、地元無手無冠酒造の栗焼酎「ダバダ火振り」を味わう会に
参加するプランです。

(ただし、「火振り漁」は天候と四万十川の流況によって、中止に
なる場合があります。)

◆日時
  平成15年7月18日 8;00から23:00まで

◆日程(全行程貸し切りバス)
  高知市発(8:00)ー大正町一ノ又原生林探訪ー大正町轟崎・田野々
ー上岡沈下橋ー火振り漁見学ー川原で「鮎と栗焼酎ダバダ火振り」
を味わう会ー高知市着(23:00)

◆参加費
  一人 6,000円
(バス代、保険代、原生林でのお弁当、鮎と栗焼酎の賞味会費など)

◆募集人数
 先着20名

◆申込み、問い合わせ
 「源流森林救援隊」事務局
 メール:chikau@mx81.tiki.ne.jp
  TEL:088−845−1864

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔ボランティアの森〕  「里ネット」の巻

■表敬訪問・・

 土佐の森・救援隊の事務局の松本さんとは、以前から交流があっ
たので、たまたま、先月、高知へ出掛けた折り、表敬訪問したとこ
ろ、「土佐の森・救援隊」発足の打合会へお誘い頂きました。

 その席で、代表の橋詰さんなどともお会いし、意見を交換してき
ました。みなさん、熱意に燃え、真摯な態度で、森の荒廃を何とか
したいと意気盛んでした。積極的に森林作業をリ−ドし、行動して
成果をあげています。その点が、特に高く評価できるところです。
勉強もされています。
 
 土佐の森・救援隊に参加のボランティアグル−プは、土佐の森・
救援隊の指導の元、枝打ち、間伐、搬出、間伐材の売却、利用まで
手がけているようです。(大森孟・埼玉県)

******************************
◇メルマガ :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行:土佐の森・救援隊事務局
  mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp
◇ホームページ:「山頭火と四万十川」(未掲載)
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
******************************

◆森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」の問い合わせ、
入会申し込み、若しくは、資料請求はメールで事務局へ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。