ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊

2003/05/11

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 土佐の森・救援隊 005     (平成15年5月11日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■第1回定例会

 設立総会でお知らせした通り、第1回の定例会を、5月17日に
開催します。今回は12名の会員が参加します。2人の講師をお招
きしての研修(講習)会です。「間伐とは何ぞや? チェンソーと
は?」 というテーマで、四万十源流センターの大会議室で半日か
けて行います。

 午後は、源流森林救援隊の愛林作業(総勢21名参加)に加わり、
船戸県有林で実地研修並びに、源流森林救援隊の新人隊員(6名)
の実践指導、森林ボランティア教育を実施します。

<研修(講習)会内容>

◆間伐作業(調査事業)のための研修                         
講師:「土佐の森・救援隊」専任指導員(元試験場長)橋詰寿男氏
   ?間伐調査事業について                                 
   ?こうち山の日について                                
  (高知県木の文化推進室主催の「森林環境税」懇談会に出席して)

◆間伐作業(実行事業)のための研修                         
講師:「土佐の森・救援隊」専任指導員(合路製作所)山中 泉氏
    ?チェンソーの安全な取扱い方                           
    ?チェンソーの目立て、分解組み立てについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

■第1回定例会(5月)の参加予定者です。

 尾崎紀雄・橋詰寿男・湯浅文彦・長野定雄・辻高志・森岡郁夫・
中川睦雄・中川真理子・中嶋建造・上岡洋・竹内秀行・松本誓・・・
以上12名の「ボランティアの輪」です。(ドタエントリー<急な
申し込み>も受けつけますので、都合がつく会員の方は、今から
でも結構ですので、事務局まで申し込みください。)

 天気予報では、またまた、雨の具合が心配されますが、もし雨の
場合、午前中は室内での集中講義、午後からは、傘をさしての間伐
地の実地調査をしたいと思います。(カッパを持っている会員の方
は、持参願います。いづれ,資金ができましたら、カッパも標準装
備にしたいと考えています。)

 その後は、予定通り宿舎で「交流会」をしっかりと開催して、翌
日さらに雨なら、チェンソーは使えませんので、間伐実践作業は中
止、ということにしたいと考えています。そういうことで、今回は、
台風でも来ない限りは、雨天でも決行しますので、よろしくお願い
いたします。

 また、「ボランティアの話」は四万十源流センターでの、源流森
林救援隊の隊員を交えての交流会「ボランティアの和」の中で、色
々と出てくることと思いますので、後号にて、ご報告いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

■第2回定例会(6月)

 6月28日、29日に行います。現在、会員数は28名ですので、
過半数の14名以上の参加があれば・・、と思っています。6月末で
すので予定が立ちにくいかと思いますが、5月末までに出欠の連絡を
お願いします。(とりあえず、参加の連絡で、ドタキャン<急な取り
やめ>をしてもかまいません。宿泊先の「四万十源流センター」には、
キャンセル料がありませんので・・)

 また、宿泊・食事の関係がありますので、しばらくは「源流森林救
援隊後方支援部」のご協力をいただく予定です。従いまして、当面、
山での実践活動は「源流森林救援隊」との合同開催となります。

■年間の活動計画(7月以降の定例会日程)

(会員の方は前月末までに、翌月の活動への参加の有無を事務局まで、
ご連絡願います。年間の予定の立つ方は全回の出欠をお知らせ願います。)

第3回活動( 7月)  19日・20日
第4回活動( 8月)  16日・17日
第5回活動( 9月)  20日・21日
第6回活動(10月)  12日・13日
第7回活動(11月)  22日・23日
第8回活動(12月)  20日・21日
(大雨、台風の時は、順延する場合があります。)

■定例会出欠の連絡、及び入会の問い合わせ(パンフレットを送ります。)
 NPO「土佐の森・救援隊」事務局(松本)
  メール:mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔ボランティアの森〕  「源流森林救援隊<第50号>」の巻

■新入隊員

 4月29日の梼原町での森林ボランティア活動の会場で、01号隊員
と33号隊員が、パンフレットを配って、キャッチセールスよろしく
「源流森林救援隊」へのお誘いをしたところ、梼原町の方が一人、新し
く加入してくれることになりました。

 「中越康幸」さんという51歳の方で、県外まで行って、チェンソー、
集材機を使っての林業をしておられる、バリバリの林業マンです。「源流
森林救援隊」にとっては、何とも頼もしい新隊員ということになりますが、
隊員番号は「66号」ですので、よろしくお願い致します。

 早速、第6回愛林作業に参加していただけるということで、間伐作業が
はかどりそうです。また、「交流会」には、地元産のアメゴを持参してく
れるとのことです。「カツオのたたき」といい、「アメゴの塩焼き」といい、
飲兵衛には、たまりませんなあ・・!?

 66号さんに、梼原でちょっとお話を伺ったのですが、お酒がかなりい
けるようで、酔うほどに、面白い山の話や、林業の現状について語っていた
だけそうです。山には、また、林業には素人の隊員ばかりですので、微妙に
うけること間違いなし、です。

******************************
◇メルマガ :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行:土佐の森・救援隊事務局
  mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp
◇ホームページ:「山頭火と四万十川」(未掲載)
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
******************************

〔事務連絡〕
「土佐の森・救援隊」会員、「源流森林救援隊」隊員の皆さんへ

■配信確認メールをお寄せください。

  このメルマガは、一般公開をしていますが、「土佐の森・救援隊」(会員
28名)の機関誌であるとともに、「源流森林救援隊」(隊員70名)の会
報誌も兼ねています。「メルマ」から発行していますので、当事務局には、
どなた配信されているか、全く把握できていません。このメルマガが配信
されていない会員、隊員の方には、大切な連絡事項も掲載していますので、
メルマガをプリントしたものを、郵送したいと思います。

 つきましては、このメルマガの正確な配信先(会員、隊員に限る)を
把握したいと思いますので、お手数ですが、「土佐の森・救援隊」及び
「源流森林救援隊」の会員、隊員の方は、下記の事務局アドレスへ、「配信
されていることの確認メール」を、このメルマガを見終わったら直ぐに、
送信してくださるよう、お願い申し上げます。コメントは何もいりません。

 メールアドレスをお持ちで、返信のない会員、隊員の方には、また、個
別にメールで連絡を取らさせていただきますが、メールとは無関係の会員、
隊員の皆様方には、ダイレクトに会報誌等を郵送致します。

 ▽事務局アドレス▽
    mailto:chikau@mx81.tiki.ne.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。