ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

土佐の森・救援隊 001

2003/04/20

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 土佐の森・救援隊 001     (平成15年4月20日)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔回覧板〕

■NPO「土佐の森・救援隊」が発足します。

◆設立総会が開催されました。(平成15年4月12日) 

  高知県東津野村の四万十源流センターに、会員(4月12日現
在27名)が集い、NPO「土佐の森・救援隊」の設立総会が開
催され、特定非営利活動法人として発足することになりました。


 NPO「土佐の森・救援隊」は、東津野村船戸の高知県立四
万十源流センターを本拠地として、県下の各森林ボランティア
団体に所属する森林ボランティアのリーダーになるべき人材の
養成等を目的としています。

 会員の27名は「によど川森林救援隊」「森林救援隊四万十」
「源流森林救援隊」「樵塾」「森づくり助っ人隊」等の森林ボ
ランティア団体に所属しており(多くの方が複数の所属になっ
ています。)これからの高知県の森林ボランティア活動の中心
になるべき人達ばかりです。

◆NPO「土佐の森・救援隊」設立総会

 日時 平成15年4月12日(土) 10:00から
  場所 東津野村船戸 四万十源流センター(旧森林センター)
  議事 (1)から(11)まで、すべて承認。

◆活動計画

 活動拠点は高知県東津野村船戸の「四万十源流センター」及
び船戸県有林を予定しています。活動は、月1回のペースで行
う計画です。(会員の方は前月末までに、翌月の活動への参加
の有無を事務局まで、ご連絡願います。)

*活動予定日(月例会)
 
第1回活動( 5月)  17日・18日
 (テーマ:チェンソーの目立て、及び分解組み立て)

第2回活動( 6月)  28日・29日
第3回活動( 7月)  19日・20日
第4回活動( 8月)  16日・17日
第5回活動( 9月)  20日・21日
第6回活動(10月)  12日・13日
第7回活動(11月)  22日・23日
第8回活動(12月)  20日・21日
(大雨、台風の時は、順延する場合があります。)

◆問い合わせ
 NPO「土佐の森・救援隊」設立準備事務局(松本)
  メール:chikau@mx81.tiki.ne.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの輪・和・話〕

◆機関誌「土佐の森・救援隊」をメルマガとして配信します。

 今回のメールマガジンが「創刊号」です。会員への連絡事項等は、
原則としてメールマガジンでお知らせします。機関誌「土佐の森・
救援隊」はメルマガ配信会社「メルマ」を通じて配信しますが、メ
ールが繋がらない方には、連絡事項等は、適宜プリントして郵送い
たします。

 現在(4月20日)NPO「土佐の森・救援隊」の会員は28名
になっていますが,そのうちメールが繋がっている方は19名です。
この19名の方には、19日までに事務局で「メルマ」の代理登録
の手続きをとらさせていただきました。「メルマ」から登録確認の
メールが届いたことと思いますが、今後ともよろしくお願いいたし
ます。

 本日(20日:6:00PM配信)「創刊号」として機関誌「土
佐の森・救援隊 001」をテスト配信いたしました。このような
形で、「メルマ」からの配信がご都合の悪い方はお知らせ願います。
配信を希望しない方は、直ちに登録を解除いたします。

 機関誌の発行は、民間の配信会社「メルマ」の配信システムを利
用しますので、当然、会員以外の方にも、講読希望者には配信され
ることになります。森林ボランティアの「輪」を広げていきたいと
考えていますので、ご理解をお願いいたします。現在、会員以外の
方の購読者は40名程度になっています。

 また、「土佐の森・救援隊」の森林ボランティアの「和」を保つ
ためにも、様々な「お話」をお寄せください。〔回覧板〕〔BBS
・掲示板〕あるいは、このコーナー〔ボランティアの輪・和・話〕
などに、積極的に掲載してゆきたいと考えています。ペンネームで
の掲載を希望する方は,その旨お知らせ願います。(事務局)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔BBS・掲示板〕  

◆正式名称

『NPOの設立総会の件ですが、正式名称(私が提案した「土佐の
森・救援隊」)について、ちょっと余計な事を言ったのではないか
と、帰りのバスで思いました。というのも先日の1号会員(松本)
さんのお話で、森というのは巨木があり潅木がありで望ましい姿で、
林は人工林で、こちらが問題であると理解しました。であれば「土
佐の森・救援隊」はおかしい気がします。

 森にも林が入っていると2号会員(橋詰)さんは言われてはいま
したが。「土佐の森」と言う言葉を使うとすれば、あるべき、又めざ
すべき「土佐の森」との意味あいで「土佐の森づくり支援隊」の方
がしっくりする気がします。

 設立趣旨書にある「高知県各地の森林ボランティア組織へのより専
門的な林業技術指導、財政的支援、森林ボランティア活動のノウハウ
の伝承等を行うことを目的」とするならば、各ボランティア活動団体
への支援という意味あいで「支援隊」の方が趣旨に合うのではないで
しょうか。(森岡)』

******************************
◇メルマガ  :「土佐の森・救援隊」 
◇編集・発行 :土佐の森・救援隊事務局
◇ホームページ:「山頭火と四万十川」(未掲載)
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
******************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。