ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

森林救援隊

2003/03/16

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「森林救援隊」 003       (平成15年3月16日)
                                                  高知県
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔伝言板〕

■森林救援隊の活動は・・・

 森づくりに協力する目的で集まった「森林救援隊員」は主として、
高知県の源流域の森林で、植樹や間伐など森づくりボランティア活
動に参加しています。

 また、各流域の森林救援隊は、森林整備(間伐や植樹など)のほ
か、山から切り出した間伐材を使ってのログハウス作り、また丸太、
切り株などを無償配布をするイベント、チェンソーの技術講習会、
森林、環境、山村などに関する講演会、などなどを企画、実行して
います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの話・輪・和・〕

■源流森林救援隊が第2回目の愛林作業を計画(間伐)

 窪川町志和峰の森林で、日帰りで実施します。間伐する面積は、
0.24ha、林齢は35年生のスギ、ヒノキの森林です。今回は
35本のスギ、ヒノキを伐採します。概ね20%の間伐です。

 搬出できる木材のボリューム(材積)は、約4立方mが見込まれ
ています。現在、木材価格は低迷していますが、立方mあたり、1
万円程度とすれば4万円の収入ということになります。市場までの
木材運搬賃や市場の手数料、隊員の保険代、機械器具の借り賃、燃
料費など、必要経費を差し引くと、3万円位が残るでしょうか。

 山主さんから、間伐材の売上金については、須崎名物「鍋焼きラ
ーメン」を食べながらの交流会の経費に使ってください、との申し
出でがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔掲示板・BBS〕  

『森林で働く人や、森林保全に興味がある人達と交流を深めたい。』

******************************
◇メルマガ :『森林救援隊』 
◇URL  :http://www.pref.kochi.jp/~seisaku/ino/kyuuen~1/html.htm
◇編集・発行:森林救援隊事務局
◇ホームページ「山頭火と四万十川」
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
******************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。