ボランティア

土佐の森・救援隊

森林ボランティアの役割は、実践活動を通して、森林・林業・山村が抱える問題を自らの問題として、「森林を守る応援団」「森林の良き理解者」になることです。森林ボランティアNPO「土佐の森・救援隊」のすべてをお送りします。

全て表示する >

森林救援隊

2003/03/09

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「森林救援隊」 002        (平成15年3月9日)
                                                   高知県
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〔伝言板〕

■森林救援隊

 森林救援隊は、大切な森を守り、育てていくため森林ボランティ
ア活動を通じ、恵みある豊かな森づくりを行って行きたいと、平成
10年1月、高知県の仁淀川流域で結成されました。

 現在、高知県では「によど川森林救援隊」(隊長:藤崎吾川村長、
隊員数306名)、「森林救援隊四万十」(隊長:西村土佐清水市長、
隊員数79名)、「源流森林救援隊」(隊長:明神東津野村長、隊員
数59名)の3隊が活躍しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔森林ボランティアの話・輪・和〕

■源流森林救援隊の第1回森づくり活動

  源流森林救援隊の記念すべき第1回目の森づくり活動が平成14
年11月23日から24日の2日間、四万十川源流点にほど近い、
東津野村船戸の県有林で実施されました。

 34名の隊員と一般参加の人が24名、総計58名の森林ボラン
ティアが間伐作業、植樹作業に快汗を流しました。

 宿舎の「四万十源流センター」には23名の隊員が泊まり込み、
交流会では、
お互いの自己紹介や、意見交換で夜が更けるにつれ、盛り上がり、
翌朝には、ビールが2ケース強、土佐鶴の一升ビンが5本ほど空に
なっていました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔掲示板・BBS〕  

『四万十源流域での間伐等ボランティア作業では お世話になりまし
た。お蔭様で、森林作業の一部を満喫させて頂き、チエンソーの使
用等勉強になりました。

 更に、自然の恵み、心温まる交流等を体験し、本当に有難うござ
いました。今後におきましても、出来る限り参加し体験したいと思
っていますのでよろしくお願いたします。(湯浅)』

******************************
◇メルマガ :『森林救援隊』 
◇URL  :http://www.pref.kochi.jp/~seisaku/ino/kyuuen~1/html.htm
◇編集・発行:森林救援隊事務局
◇ホームページ「山頭火と四万十川」
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2846/index.html
******************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。