健康・家庭の医学

健康お役立ちサイト

漢方情報・がんと免疫情報・ダイエット情報など貴方の知りたい幅広い健康情報を各週で配信いたします

全て表示する >

健康お役立ちサイト情報

2004/07/19

■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  貴方の為の健康お役立ちサイト  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★メールマガジン 健康お役立ち情報 NEWS★2204/7/19
NO.000043
発行日2003年2月1日より  
http://www.sm-sun.com/kenkou/hyousi.htm
======[ ▼PR ]================================================
 
健┃康┃お┃役┃立┃ち ┃情┃報┃ 
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★ショップ紹介★
■美容と健康の通信販売NMO
http://www.goken.com/nagae/
■漢方薬のホームぺージですよー
http://www.goken.com/kanpou.htm
■免疫本舗
http://www.meneki.info/
■美肌本舗
http://www.cosme.cc/bihada/
■ダイエット本舗
http://www.diet-honpo.com/
=================================================[ ▲PR ]====  
■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■

            血糖値を下げる食物繊維

 
■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■―■

 糖尿病を予防するための基本は食事です。
その中で「食物繊維」をクローズアップしてみました。
食物繊維とは、食物の中で人間の胃や腸から分泌される消化酵素では消
化できない成分のことを言います。
 かつては吸収されずに便として排泄されてしまうため、人間にとって
はまったく無用の食べ物と考えられていました。ところが、最近の研究
によって健康に及ぼす効果が非常に大きいことが明らかになり、にわかに
注目を集めるようになっています。
 効果の一つは便秘改善効果です。さらに大腸がんの予防にもなるとい
われたり、コレステロール値を下げる効果もあると考えられています。
 これらの効果とともに、血糖値を下げる働きがあることが注目され
ているのです。食物繊維には、粘性や吸着性といった物理的性質があり
ます。そのため、胃の中で食べ物と結合し、食べ物が胃から小腸へ移動
する時間を遅らせ、消化にかかる時間も遅くなります。
 消化・吸収に時間がかかるので、血液中に糖が吸収されるのに時間が
かかります。そのため、食物性の繊維をとると血糖値の上昇カーブはゆ
るやかになり、膵臓からのインスリンの分泌量も通常より少なくなり、
インスリン分泌を節約できます。まったく同じエネルギー量の食事をし
ても、食物繊維の多い食事をとると、血糖のコントロールによい結果が
表われることが明らかになっています。
======[ ▼PR ]================================================                   
水溶性キトサンはマインドーエス

             http://www.meneki.info/item/mind-ace.htm
 
★ショップ紹介★
■プラセンタいろいろ
http://www.goken.com/placen/index.htm
■SMSUNインターネットショッピング
http://www.sm-sun.com/netshop/index.htm
■コンドームの通信販売
http://www.goken.com/maya/skin.html
■癌と戦う人たちへ
http://www.meneki.info/

=================================================[ ▲PR ]====  


 ●食物繊維の多い和食がお勧め●
 食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがあります。水溶性食物繊維は糖尿
病の予防や血圧降下作用などがあるといわれ、不溶性食物繊維は便秘の解消、大腸がんの
予防などに効果があるとされています。
 食物繊維を効率よく摂取するには、和食が適しています。1日に摂取する食物繊維の
目安は、約20〜25gです。
現在の日本人(成人)の摂取量は15グラム以下と考えられており、年々低下傾向に
あるようです。
 なお、食物繊維5gに相当する食品とその量は、別表のようになります。

●キャベツ(1/2個)●さつまいも(1本少々)●ひじき(大さじ2
●レタス(3/4個)●キウイ(1個少々)●切り干し大根(24.6g
●トマト(4個)●りんご (1個半)●キクラゲ(約10枚
●キュウリ(6本)●バナナ (2本弱)●干し椎茸 (4杖
●ごぼう(1/3本)●大豆(大さじ3)
●人参(1本半)●小豆(大さじ3)





=====[ ▼PR ]=================================================

冠心調血飲でケツエキサラサラ 
http://www.goken.com/nagae/kore/kansin.htm

ルンブレンSPゴールドで血液サラサラ

http://www.goken.com/produc/order004.htm

--------------------------------------------------------------

シナモンと糖尿病

 糖尿病の人がシナモンを摂取すると血糖値やコレステロール値、血中
脂質が下がるという論文をパキスタンの研究者らが、アメリカの糖尿病
協会に発表しました。
 ?型糖尿病患者、平均年齢52・5歳の男女60人を6グループにわけ、
シナモンを1日1g、3g、6g摂取する各グループと、ニセ薬として同
量の小麦粉を摂取する各グループにわけ、40日間摂取してもらったとこ
ろ、前者のグループすべてで、空腹時血糖値が指〜29%低下し、コレス
テロール値や中性脂肪値が低下しました。
 まだ、その仕組みは不明です。また、とりすぎると害のある場合もあ
るので、1日1g(小スプーン4分の1)がめやすです。しかも1gで3キロカロリー
しかないので、食事制限をしている人も問題なし。健診の検査値が気になる
人は、飲み物に混ぜたり食事に取り入れてはいかがでしょうか。

 ===================================================[  ▲PR ]====  
貴┃方┃の┃為┃の┃健┃康┃お┃役┃立┃ち ┃サ┃イ┃ ト┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
★メールマガジン発行 SINCE 2003/0201  下記関連サイト ★
■生活習慣病と癌対策室
http://home.e06.itscom.net/life/web/
■兄弟サイト 家庭の中医学
http://www.sm-sun.com/family/ 
■がんと免疫系健康食品
http://home.t07.itscom.net/kenkou/meneki/index.htm
===================================================[ ▲PR ]====

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-02-03  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。