自然科学一般

波動ライフメールマガジン

水の結晶技術、波動技術を活用し情報発信している、株式会社 アイ・エイチ・エムのメールマガジンです。「I.H.M WORLD」の情報を中心に、主幹、江本勝のメッセージや、セミナー情報、新商品情報、トピックスなど、ユニークな情報発信をしていきたいと思います。

全て表示する >

波動ライフメルマガ【3月28日水曜会・澤?レンネさん・シュンガイト】

2018/03/23

来週3月28日(水)の水曜会では、澤?レンネさんを講師としてお
迎えして、「本来の輝きと自由を取り戻す〜MRS Gunmaのシュンガ
イト石とエネルギーヒーリング〜」というテーマでお話をお伺いし
ます。

シュンガイトとは、ロシアのカレリア共和国のみで出土する特殊な
鉱石であり、自然な状態でフラーレン(サッカーボールの形をした
炭素化合物であり、C60と表記されます)を含んでいて、大きなヒ
ーリング作用があるとのことです。

【日 時】3月28日(水)開場/18:30 講演/18:45〜20:30
【題 名】「本来の輝きと自由を取り戻す〜MRS Gunmaの
     シュンガイト石とエネルギーヒーリング〜」
【講 師】澤?レンネさん
     (MRS Gunmaのシュンガイト石担当、施術者)
【参加費】会員・一般 2,000円
【会 場】中央区産業会館 東京都中央区東日本橋2丁目22-4
     http://www.chuo-sangyo.jp/access/access.html

【お申し込み方法】以下の2つの方法があります。
(1)以下のサイトから申し込むことができます。
   http://hado.com/seminar/wednesdaycollege/
(2)オフィス・マサル・エモトでは、ネット上のショッピングサ
   イト「ツクツク!!」で、「光と水と麻の研究所/オフィス・
   マサル・エモト」という名前のお店を出しており、以下のサ
   イトからウエブチケットを購入することもできます。
   https://tsuku2.jp/water
   「ツクツク!!」で購入すると、購入価格の少なくとも3%分
   のポイントが付くという利点があります。

# 「ツクツク!!」に初めて参加される方は、最初に無料の
# ユーザー登録が必要となります。

以下に講演内容を記します。

>私はご縁を頂いて、2017年4月より、日本におけるシュンガイト
>石の総代理店としてMRS Gunma で活動しています。この石は、ロ
>シアのカレリア共和国のみで産生される黒色の鉱物であります。
>フラーレンと呼ばれるサッカーボール型の炭素化合物C60と類似
>している天然鉱物であり、最近よく研究されています。その一方
>で私は聖者サイマーとの繋がりが深く、サイマーから各種のヒー
>リング手法を学んできており、昨年10月にはイエス・キリストの
>パートナーであったマグダラのマリアのイニシエーションを受け
>ました。そこで男性性と女性性のエネルギーの統合が近年ますま
>す重要になってます。

>2018年1月より、ヒーリングのセッションで、シュンガイト石を
>積極的に使い始めました。このシュンガイト石の相乗効果によっ
>て、とても深いところでの癒しが起こり、肉体から魂のレベルま
>での良い影響を受けることが分かました。この宇宙からの贈り物
>を使うことによって本来の光に戻り、高い波動として宇宙へ恩返
>しが出来るという感じがします。特に日本においては、シュンガ
>イト石の助けを借りて多くの人々にヒーリングを行うと顕著な結
>果を得ることができます。私個人的には日本人の意識を高めるた
>めに、このシュンガイト石がこの世に現れたと思っています。そ
>のような私の経験に基づいて、今回皆様にお話します。

>また当日はシュンガイト石の商品とヒーリングセッションの予約
>を特別価格にてご提供します。多くの皆様のご参加をお待ちして
>おります。

     *****

私は昨年12月9日に開催されたIHM主催のイベントで初めてレンネさ
んとお会いしましたが、最初から何故か親近感を感じており、レン
ネさんによれば、弘法大師・空海の頃、私たちはお互いにとても親
しい関係にあったとのことです。

今年1月にはレンネさんから、実際にシュンガイト石を使ったヒー
リングを受けましたが、確かにとても深いところで作用しているよ
うに感じました。

セミナー当日は、シュンガイトをお買い求め頂くこともできます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

根本 泰行
オフィス・マサル・エモト代表
http://www.masaru-emoto.net/jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-28  
最終発行日:  
発行周期:月刊、臨時発行あり  
Score!: 85 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。