自然科学一般

波動ライフメールマガジン

水の結晶技術、波動技術を活用し情報発信している、株式会社 アイ・エイチ・エムのメールマガジンです。「I.H.M WORLD」の情報を中心に、主幹、江本勝のメッセージや、セミナー情報、新商品情報、トピックスなど、ユニークな情報発信をしていきたいと思います。

全て表示する >

波動ライフメールマガジン 第3回水曜会 伊藤てんごく。さん講演会 「時空を超えた不思議な話、リアルアセンション物語2016」

2016/02/06

波動メールマガジンの読者の皆様、いかがお過ごしでしょうか?
寒い日が続き、インフルエンザなども流行っておりますので、
うがい、手洗い、マスク、そして波動水などで体調管理をしましょうね。

今回は、次回で3回目となる水曜会のお知らせです。
第3回目は、講演活動で忙しくされている伊藤てんごく。さんです。

伊藤てんごく。さんはとにかく波乱万丈の人生を歩んできました。
5歳でダンプカーにはねられるなど、3度の交通事故を経験。
2011年、自らの身体に起こる何らかの変調を予感しつつ、
3.11東日本大震災では両足を骨折、約2ヶ月の入院生活を送りました。
一方、社会ではリストラ、ニート、上場企業内での社内起業、
子会社役員・社長就任、と様々な経験をし、独立。
現在は波動アストレアと数霊システムを使った、
波動オペレーターとしてたくさんのクライアントの問題を解決しています。

その波乱万丈な体験の中から得た宇宙的な感覚をもとに、
3次元の現象を宇宙、言霊、波動などから独自の視点で紐解き、
スピリチュアルな思考と現実世界の融合をコンセプトとし
インターネットマーケティングを効果的に利用して
自己実現を果たして行くリアルアセンション(人生光転)を提唱しています。

本当に伊藤てんごく。さんのお話は面白いですので、
是非ご興味ある方お気軽にご参加ください!

*********

第3回水曜会 伊藤てんごく。さん講演会 
「時空を超えた不思議な話、リアルアセンション物語2016」
日時:2月10日(水) 18:45〜21:30 (18:15開場)
場所:中央区産業会館 会議室
参加費:2,000円
国際波動友の会会員様には「集中力」波動水1本プレゼント
主催:アイ・エイチ・エム 
お申し込み・お問い合わせ:03-3863-0211 またはhiromasa@hado.com 

http://hado.com/seminar/wednesdaycollege/ 

【講演内容】
高次元のサポートを受け、縄文、弥生、平安と時空を超えて
時空間を移動する龍音の源とは?
5歳でダンプカーにはねられ宙を飛ぶ!
3.11東日本大震災、両足骨折からの学び。
5年かけて巡った近畿の五芒星。
富士、出雲、レイラインとサウンドライン。
熊野から始まった「双頭龍」日本列島開びゃく物語。
富士で体験した前世の死。
その時天空に現れた神の光。
空海の故郷善通寺で、いったい何が起こったか。
室戸岬で空海が悟ったビジョンを見た。
空海は今も生きている!
龍音で21m巨大空海像の手から光が!
空海が残したエネルギーと、空海が私に伝えたこと。
人生はこのように時空を超えて組み立てられている。
絡み合う複数の前世と「いまここ」の不思議。
龍音で身体が消えた!?
龍音はUFOを呼ぶ音だった!?
地球のアセンションは高次元からサポートされている。
誰にも起こせるリアルアセンションとは。

【講師プロフィール】
生体共鳴磁場研究所所長 伊藤てんごく。

オリジナルメソッドによるリアルアセンションを提唱、
好きなことを仕事にして自立する人生光転のお手伝い、
コンサルティングをしています。
また国際波動インストラクターとして(株)船井本社、
天空のサロンをはじめ全国での波動改善セッションを行っています。

また、水曜会昼の部は、今、健康産業界で話題のサプリメント
「水溶性珪素UMO」の無料説明会を行っておりますので、
こちらも宜しければご参加ください!

水溶性珪素umo『命の源』説明会
講師:一般社団法人 日本里山協会 代表理事 池田志朗

【場 所】 株式会社アイ・エイチ・エム 会議室
【日 程】 2016年2月10日(水)13:30〜15:00 
【参加費】 無料
http://hado.com/seminar/umo/

最後までお読みくださいまして、誠に有難うございます。

愛・感謝

江本博正
アイ・エイチ・エム

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-28  
最終発行日:  
発行周期:月刊、臨時発行あり  
Score!: 84 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。