経営

社長が経営に活かす「孫子の兵法」

「日経MJ」事例から兵法的思考を学ぶメルマガ。コンサルタント歴26年、中小企業診断士歴21年の私のイチオシは「孫子の兵法」だ。拙著「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」にも書いたが、この書には戦うリーダーが押さえるべきポイントのすべてがある。

全て表示する >

【孫子の兵法】号外!3億の家を売る営業マンの秘密

2018/07/13

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2018年7月13日〓〓〓〓〓〓〓〓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆    社長が経営に活かす「孫子の兵法」号外!    ◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
────────────────────────────────
 【今日の読者数:14409名】 〜 ありがとうございます 〜 !(^^)!
────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□  本日の注目情報
■□■   
□■□  「クロージングの心理技術21」 

      著者:ドルー・エリック・ホイットマン

     http://directlink.jp/tracking/af/1466959/pSw71woV/

                         ダイレクト出版
────────────────────────────────

信頼してもらえばモノは売れる。。。

その通りだと思います。

では、売れない営業マンの言葉や行動は不誠実なのか?

いえいえそんなことはありません。
一所懸命、努力を重ねている営業マンがほとんどです。

例えば、

手紙を書いてみたり、
顧客に役立ちそうなレポートを渡したり、
遠方でも時間をかけて顧客に会いに行ったり。。。

では、売れない人には何が足りないのでしょう?

以下にヒントがあります。(濱本)



    ↓↓↓ 以下、ダイレクト出版様からのご案内です ↓↓↓
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


「もう無理、限界。気が狂いそう」

私は、不動産会社の営業をやっていて、
3人の子どもの父親なのですが、
去年5月のある日、
私は泣き崩れそうになったのです。


それは月曜日の朝、
私の元に1本の電話がかかってきました。


約1カ月の間、
候補物件の内覧
絞り込みも終わり、
購入の申し込みを、
すでに終えていたお客様からでした。


「購入の申し込みをキャンセルしたいのだが…」
との連絡。


私は驚きました。
この一ヶ月、内覧から申し込みまで、
会うたびに会話も弾んだし、
不安だろうと思う要素を
全部取り除きました。


購入申し込みをもらった時には、
握手を熱く交わしたほど。。
完全に信頼してくれていると思っていました。




それにもかかわらず、
突然のキャンセル。


大したことがない。よくあることだ
と、思うかもしれませんが、
私にとっては一大事です。


こんなことがこれまでの3年間
頻繁に起っていたからです。


体力的、精神的にも
しんどい時期もありました。
毎日朝10時〜20時まで接客。
移動では常に走っていましたし、
残業がない日はありませんでした。


正直、家族の時間も犠牲にしていて、
妻との喧嘩も多くなっていました。。


しかし、いつも結果は同じ。


一件でも多く契約を取ろうとして、
親身な接客を意識して接客をしたり、
相談にもできるだけ多くの時間割いたりしても、
あとちょっとのところで契約がなくなる、、
それも、インセンティブが入るような高額の物件で。。


次こそは…と思い、
帰宅後に本を読んで勉強をし、
休日にはセミナーにも参加しました。
これだけやったのだから、
今回はいけるのではないか…そう思っていたけど、
ダメでした。
他に何をしたらいいのか、もうわかりません。
完全にギブアップでした。


ですが、
まさにこの翌日から私の人生はガラリと変わりました。
あるクロージングの法則を
見つけたからです。


以来、私はその法則を使って、
お客さんに接客をするようにしてみました。
すると、
上司に羨ましがられるような
ズバ抜けた営業成績を
みるみるうちに達成できるようになったのです。


一体なぜこんなことが可能になったのか?


それは
「クロージングの心理技術21」に
答えがあったのです。


私はクロージングの心理技術21の
P237に載っていた、
このクロージングの法則から試してみました。


ーーーーーーー
P237 ”欠点を表に出す”


商品のメリットや特徴を
丁寧に一所懸命主張できたとしましょう。
あなたのその商品が
お客さんの払える価格内であっても
きっとあなたは買ってもらうことができないでしょう。
その一番の理由は
お客さんはあなたの言葉を信じていないから。


しかし、あなたが自分の商品のあまり良くない点や
ライバル商品に劣る点を
1つか2つ明かすとしたら、、?


面白いことに人間は欠点を明かされると
相手への信頼のアクセルを強く踏むのだ。


お客さんは欠点を客観的な情報源と判断し、
結果、あなたの言葉だけでなく、
あなたという人間を信じるようになる。


ポイントはあなたの商品が
ライバルのものにちょっと劣る、
ごくごく小さな点を伝えること。


こうすれば、セールストーク自体に傷をつけることなく
信頼が得られる。


ーーーーーーーーー


私は、すぐに実践しました。
すると、
「他のところは
いいところしか教えてくれないもんだから、
なかなか決断できなくて。。
でも君はいつも正直に教えてくれるから、
安心して買えるよ」
と3億円の大型案件の成約を得たのです。


その他の20の法則もどんどん実践していき、
私の業績、生活は新しく生まれ変わりました。


契約率がグンと上がったので、
また、キャンセルをされるのではないか?
そうやって心配することも今はもうありません。


契約率も3倍、給料も倍になりました。


残業も減ったことでストレスも減り、
こんなに調子が良い事はありません。
何より、家族との時間が増えました。


このクロージングの法則は
あなたにも効果があります。
なぜなら、
あらゆるビジネスに有効だからです。 


「クロージングの心理技術21」は、 
間違いなく役に立つ
21個の法則を教えてくれます。
そして、
あなたも
”お客さんに求められる”ようになるでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1466959/pSw71woV/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長が経営に活かす「孫子の兵法」
2018/7/13 号外PR版発行

◆◇◆【発行者】情報

 濱本 克哉 

 ハマモト経営代表
 兵法経営士、中小企業診断士、ミラサポ登録専門家
 http://hamamotokeiei.jp/

◆今日の購読者数:14409名
   Mag2:12425   melma!:1422  自社:562

◆メルマガへの広告掲載
 詳しくはこちら ⇒ http://hamamotokeiei.jp/koukoku.html

ご意見・ご感想はこのメルマガに返信願います。直接、私に届きます。
または、info @hamamotokeiei.jp へお願いします。
※お手数ですが、@の前の空白を埋めてください。

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
◆メールマガジン内の広告について
広告につきましては、読者様ご自身の判断と責任においてご利用くださ
い。よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
――――――――――――――――――――――――――――――――

◆メルマガ解除
 
以下でお願い致します。

まぐまぐの方
http://www.mag2.com/m/0000104364.html

メルマの方
http://melma.com/backnumber_83215/

自社配信の方
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=UiDpwwylTIRnM

◆Copyright 濱本克哉
本号外PR版を転載・再配布することは、禁止しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊(金曜日)  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。