経営

社長が経営に活かす「孫子の兵法」

「日経MJ」事例から兵法的思考を学ぶメルマガ。コンサルタント歴26年、中小企業診断士歴21年の私のイチオシは「孫子の兵法」だ。拙著「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」にも書いたが、この書には戦うリーダーが押さえるべきポイントのすべてがある。

全て表示する >

【孫子の兵法】発想がすごい。ITエンジニアによる食堂経営、小林さん

2018/04/20

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2018年4月20日〓〓〓〓〓〓〓〓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆        メルマガ通算3155号!        ◆◆◆
◆◆◆   (社長が経営に活かす「孫子の兵法」500号)   ◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
────────────────────────────────
 【今日の読者数:14634名】 〜 ありがとうございます 〜 !(^^)!
────────────────────────────────

この本が無料! 善は急げです。お早めにどうぞ。↓(濱本)
-----------------------------------------------------------------
【書籍プレゼント】「あなたの会社のお金の残し方、回し方」

 ◎第1章:経営者が知っておきたい銀行の「真」常識
 ◎第2章:銀行交渉前に必ずやっておきたい準備と知恵
 ◎第3章:経営者が資金繰りでやってはいけないこと
 ◎第4章:銀行がお金を貸したくなる交渉術
 ◎コラム:三條メソッドで、「会社のお金」問題を解決した経営者たち

 ◆書籍無料プレゼントはこちら《先着50名様限り》
  ⇒ https://wizbiz.me/book-Present?04s
-----------------------------------------------------------------


      〜〜〜〜【兵法経営 今日のポイント】〜〜〜〜
              常識を疑おう。
          まず中心目的を押さえるのだ。  
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━ 2018年4月18日付「日経MJ3面」より ━━━━━━
□■□  本日の注目企業・人
■□■   発想力の鍛え方       未来食堂:小林せかい氏
□■□      当たり前 解体して考える
────────────────────────────────

今日は、外食業界の常識にとらわれない発想で運営されている未来食堂
の女性店主、小林せかいさん(33)へのインタビュー記事です。

■「‥‥自分にとって普通の食事は、人それぞれ異なります。だけど従
 来の外食産業は、こうしたお客様の普通には対応してきませんでした。
 お客様一人ひとりの普通に応えるのが未来食堂の出発点です」

■「‥‥新しいサービスと呼ばれるものでも、全くの白紙から生まれた
 ものは多くありません。まずは、当たり前と思われることを解体して
 考えることが重要です。その際、当たり前のことに感じる自分の息苦
 しさや違和感を検証することで、自分だけのアイデアが生まれます」

■「例えば、あつらえは偏食だった自分が飲食店に感じていた違和感か
 ら生まれました。多種多様なメニューをそろえる飲食店に、偏食の自
 分は満足できませんでした」

■「豊富なメニューをそろえれば多くの人の要望に応えられますが、コ
 ストが膨らむ懸念もあります。そこで、冷蔵庫にある食材を使って一
 人ひとりのお客様を満足させたいと考えたのが、あつらえです」

■「IT業界は外食とは縁遠い世界と思われるかもしれません。アイデ
 アを練るときには、自分がいる場所から遠い世界から着想のヒントを
 探した方がいいと考えています。自分の身近な場所でヒントを見つけ
 ても、大きな成功は難しいかもしれません」

          とのこと。それで、↓↓↓

 ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────

ナルホド、ナルホド … ピンと来た!(^o^)
 ⇒ 業績アップのヒント ⇒ 自分で早速やってみよう!

小さな食堂の店主である小林せかいさんですが、
そのユニークな経営はたびたび取り上げられています。

以前、テレビで見たときの記憶をたどれば・・・

・メニューは日替わり定食のみなので、
 客が店に向かってくるとわかった瞬間から品出しの準備が始められ、
 カウンター席に座ったら、客の前にすぐご飯やおかずが並ぶ。

・夕食時からはお客が食べたいものをリクエストできる。
 厨房にある食材で作って提供する。これが「あつらえ」。

・一度、客として来店したことがある人は、
 50分間「まかない」として店を手伝えば1食分を無料で食べられる。

・事業計画書や毎月の決算書、日々のメニューなどをホームページで
 公開している。

・開業したい人を応援している。未来食堂で学び、その後、開業した
 人の店を訪問してアドバイスする。

小林さんは食堂の店主としては経歴が異色です。
記事によれば、

「1984年生まれ、東京工業大学理学部卒。
 ITエンジニアとして日本IBMとクックパッドで6年半勤めた後、
 学生の頃からの目標だった飲食店経営を目指し、様々な飲食店で
 1年4ヵ月の修業を積む」

つまり、頭脳は基本的に理系。

飲食というのはどちらかと言えば、美味しいとか楽しいなどの

・情緒面

が前面に出るため、文系の要素が強い気がします。

そんな世界に乗り込んだ小林さんは、まるで因数分解のように、

・外食の常識を分解

して、ニューサービスを次々と生み出しました。

例えば「あつらえ」。

偏食だった小林さんは既存の飲食店で、

「食べたいものが無い」

という経験を数多くしたのでしょうか。
客として満足できなかった小林さん。

そこから、

「客に何を食べたいか尋ねて作ればよいではないか」

という発想が生まれたようです。

未来食堂は、昼は日替わり定食のみですが、
ホームページ上で日々のメニューを公開していますから、
メニューが気に入らない日には、客は店に足を運ばないで済みます。
つまり、

「来てみてガッカリ」

ということが、ほぼ避けられるわけです。

一品しか無いにも関わらず、
多種多様なメニューをそろえている既存の外食店よりも
顧客満足を実現しているとも言えます。

ITの世界では、

「オープンソースが主流で、世界中で知識をシェアすることは
 当たり前」

なのだそうですが、小林さんはメニューを始め、
事業計画書や決算書までホームページで公開。

さらけ出すことで、信頼を獲得しているのです。

未来食堂が近くにあったらうれしいのですが。

未来食堂⇒ https://zst.io/1hkJsF6

「孫子の兵法」では、

・中心目的を押さえよ

と教えています。

敵を攻撃する際は、敵が、

「ここだけはやめて」

と思うような部分を事前に特定し、攻撃することで、
なるべく簡単に勝ち、戦争を終結させることが大事。

ビジネスにおいても、

「なぜ、それをしているのか」

目的を押さえれば、別の手段が浮かぶものです。

一般的に行われていることの目的を考えましょう。
そこからあなたの独自性が生まれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ちょっと一言

発想がすごいと言えば・・・

先日、株式会社イエス,アンドの森川美希社長にお会いしました。

森川さんは「安全マネジメントコンサルタント」。

最初、どんな仕事をされているのか、さっぱりわかりませんでしたが、
お話を伺ううちに、

「もしかして、日本で1社だけ?」

ということがわかってきて、その発想に驚愕!

スタッフは美しい女性ばかり。
その女性たちがトラックやバスなどの運転手たちに安全教育を行いつつ、
社内に安全を重視する文化を築く仕組みを作り上げる
コンサルティングを行っているそうです。
日本全国で展開中。

株式会社イエス,アンド⇒ https://zst.io/TVQcjc4

いやー、刺激を受けました。
いろんな人に会って、自分の常識を壊さないといけませんね。(#^.^#)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【もしかしたら役に立つかも】コーナー

メルマガと並行して読むと、理解が進みます!
「孫子の経営」を詳しく知りたい方、こちらをどうぞ。↓(濱本)

              ↓↓↓

■『孫子の兵法』─ 社長が経営に活かす70の実務と戦略

 経営指導歴17年の実力コンサルタントが、世界最高の兵法書
 「孫子の兵法」を、事業に活かせるよう、豊富な経営事例で
 分かりやすく解説した注目の書。激動の時代を生き抜くリー
 ダー必読の実践策を提示。原典読み下し文と解説も収録。

 https://secure.jmca.jp/sale/1114?&id=3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長が経営に活かす「孫子の兵法」
2018/4/20 vol.500

配信日:毎週木曜 +α

※メルマガタイトル「日経MJに見るマーケティングの戦略・戦術」時代から
 カウントすると、通算3155号     〜 since 2003/1/29 〜

◆◇◆【発行者】情報

 濱本 克哉 

 ハマモト経営代表
 兵法経営士、中小企業診断士、ミラサポ登録専門家
 プロフィール⇒ http://hamamotokeiei.jp/profile.htm 

【メール講座】「孫子」を使えるようになる講座(無料版)
 ⇒ http://hamamotokeiei.jp/heiho-mailmaga.html

【ブログ】

 「社長が兵法を身に付ければ経営は必ず好転する!」※スマホで読めます。
  ⇒ http://hamamotokeiei.blog.fc2.com/

【経営コラム】おかげさまでファンが増え続けています。
       シミルボンのファン登録者数 現在209名。

 「孫子の兵法」の教え(シミルボン)
  ⇒ https://shimirubon.jp/columns/1675632

 『十八史略』のツボ(シミルボン)
  ⇒ https://shimirubon.jp/columns/1674609

 「失敗しないための独立・起業コラム」(フランチャイズWEBリポート)
  ⇒ https://fc.dai.co.jp/column/expert/1013

【著書】

 『「孫子の兵法」─ 社長が経営に活かす70の実務と戦略』
  ⇒ https://secure.jmca.jp/sale/1114?&id=3 (日本経営合理化協会)

◆お問合せ
 このメルマガに返信して頂ければ、直接、私に届きます。
 または、hamak @hamamotokeiei.jp へお願いします。
     ※お手数ですが、@の前の空白を埋めてください。

◆メールマガジン内の広告を利用される読者の皆様へ
 広告につきましては、読者様ご自身の判断と責任においてご利用くだ
 さい。よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>

◆メルマガ広告の出稿をご検討の皆様へ
  ⇒ http://hamamotokeiei.jp/koukoku.html

◆メルマガ解除
 
 以下でお願い致します。

 まぐまぐの方
 http://www.mag2.com/m/0000104364.html

 メルマの方
 http://melma.com/backnumber_83215/

 弊社配信をご利用の方
 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=UiDpwwylTIRnM

◆Copyright 濱本克哉
 本メールマガジンは、お知りあいへの転送は自由です。
 経営の勉強に役立ててください。

────────────────────────────────
◆読者数:14634名 〜 今日もありがとうございました 〜 !(^^)!
   Mag2:12622  melma!:1424  自社:588
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊(金曜日)  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。