経営

社長が経営に活かす「孫子の兵法」

「日経MJ」事例から兵法的思考を学ぶメルマガ。コンサルタント歴26年、中小企業診断士歴21年の私のイチオシは「孫子の兵法」だ。拙著「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」にも書いたが、この書には戦うリーダーが押さえるべきポイントのすべてがある。

全て表示する >

【孫子の兵法】パンのセレクトショップ登場、毎日がパン祭り

2018/02/01

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2018年2月1日〓〓〓〓〓〓〓〓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆        メルマガ通算3143号!        ◆◆◆
◆◆◆   (社長が経営に活かす「孫子の兵法」488号)   ◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
────────────────────────────────
 【今日の読者数:14771名】 〜 ありがとうございます 〜 !(^^)!
────────────────────────────────


      〜〜〜〜【兵法経営 今日のポイント】〜〜〜〜
         ギリギリ勝つというのでは危うい。
           余裕ある経営を心掛けよう。
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━ 2018年1月29日付「日経MJ16面」より━━━━━━
□■□  本日の注目企業・人
■□■   毎日がパン祭り  京都プルミエベーカリーマーケット 
□■□      パンのセレクトショップ登場
────────────────────────────────

今日は、昨年9月に開店、京都市内のパン屋さん約10店のパンを販売し
ている、京都プルミエベーカリーマーケットに関する記事です。

■ずらりと並ぶパンの上には、小さな看板が掲げられており、価格の書
 かれたプライスカードのデザインも看板ごとにばらばら。

■昨年9月に開店し、すでに月に約1万人が来店する。

■「京都市民は日本一パンを食べる。京都の中心である四条河原町のこ
 こに、パン屋があって“パン祭り”ができないかと考えたどりついた」。
 同店をプロデュースする住友不動産の事業企画部の石坂覚さんは話す。

■その顔ぶれは、例えば二条城の近くにあり、あんバタ(220円)が人
 気の「ぱんだよりノドカ」や、焼きカレーパン(220円)が好評の北
 大路エリアにある「レ・ブレドォル」など。

■「100店は食べた。味はもちろん、ならではの名物がある店を選んだ」。
 運営するエムジーフーズ(京都市)の橋本昌和代表は話す。

■驚くのは、どのパンも各パン屋さんでの販売価格と同じこと。パンは
 同店が買い取っており、1日2〜3回、ルートを変え各店を回って集荷
 している。パン屋さん側の金銭的負担はほぼゼロだ。

■「商売は成り立たないと最初断ったんですよ」と橋本さん。

■飲み物や有名飲食店とコラボしたフードを食べられるスペースを設け
 ることでやりくりしている

          とのこと。それで、↓↓↓

 ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────

ナルホド、ナルホド … ピンと来た!(^o^)
 ⇒ 業績アップのヒント ⇒ 自分で早速やってみよう!

パンにおいて、

・焼き立て

というのは極めて重要な要素です。

店で、すでにパンを選んで自分のトレーに乗せた客も、
奥から同じパンが焼き立てで出てくると、そちらに代えたくなるもの。

おそるおそる、

「代えていいですか?」

と店員に聞く客もいるし、

「焼き立てですよ! こちらをどうぞ」

と店員の側から客に声をかける店もあります。

ですから、この「焼き立て」の要素を捨て去る

・パンのセレクトショップ

は、私にはとても発想できませんでした。

学生時代のアルバイト先がパン屋を営んでいたなど、
パンに少し詳しいことが固定観念を生んでしまったと思われます。

しかし、よくよく考えてみれば、
ほとんどのパン屋で棚に並んでいる商品は

・焼いてから30分以上経過したもの

であり、だからといって味が極端に落ちている、
などということもありません。

中には、

・焼いた後、少し時間が経過した方がうまい

パンもあります。

だとすれば、

・焼き立てを捨て、その他の要素(味や具材や感触など)を重視して、
 各店から集めたパンを並べる

という手もあるわけですね。

ただし、
京都プルミエベーカリーマーケットを運営している橋本昌和さんが、

「商売は成り立たないと最初断ったんですよ」

と言うように、商売としてはかなり無理があります。

基本的にはその日中に売り切らなければならないパンを朝から走り回っ
て集荷し、しかも

「パン屋さん側の金銭的負担はほぼゼロ」

とありますから、元のパン屋の売価近い値段で仕入れることが多いと
考えられ、だとすればパンの売上で利益がほとんど取れない・・・

「飲食店と合体すればとんとんになるのではと」

始めたそうですけれども、とんとんでは長続きしないでしょう。

薄利多売状態をどう抜け出すか?
この点が重要な課題になると思われます。

しかし、おもしろい店なので続いて欲しいです。

京都プルミエベーカリーマーケット(食べログ)
⇒ https://zst.io/i0bi605


「孫子の兵法」では、

・勝っても自軍が弱体化すれば危ない

と教えています。

商売においても、

・繁盛しても経営者や従業員が疲弊しては長続きしない

もの。

可能な限り、
時間や利益の点で十分に余裕のあるビジネスモデルを考えましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ちょっと一言

パン屋に限らず、店や会社をオープンするときは、

「うちの特長はこれ。よそに負けないものを出していこう」

と考えますが・・・

最近は環境がコロコロ変わるため、これだけだと難しくなってきました。
必要に応じて他の要素を加えなければなりません。

この問題は社長に

・人脈と柔軟性

があれば、なんとかなります。

最近も経営診断にいそしんでいて痛感していることです。
心にも表情にも「やわらかさ」が大事ですね。

さぁ、診断報告書を書かないと。(#^.^#)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【もしかしたら役に立つかも】コーナー

メルマガと並行して読むと、理解が進みます!
「孫子の経営」を詳しく知りたい方、こちらをどうぞ。↓(濱本)

              ↓↓↓

■『孫子の兵法』─ 社長が経営に活かす70の実務と戦略

 経営指導歴17年の実力コンサルタントが、世界最高の兵法書
 「孫子の兵法」を、事業に活かせるよう、豊富な経営事例で
 分かりやすく解説した注目の書。激動の時代を生き抜くリー
 ダー必読の実践策を提示。原典読み下し文と解説も収録。

 https://secure.jmca.jp/sale/1114?&id=3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長が経営に活かす「孫子の兵法」
2018/2/1 vol.488

配信日:毎週木曜 +α

※メルマガタイトル「日経MJに見るマーケティングの戦略・戦術」時代から
 カウントすると、通算3143号     〜 since 2003/1/29 〜

◆◇◆【発行者】情報

 濱本 克哉 

 ハマモト経営代表
 兵法経営士、中小企業診断士、ミラサポ登録専門家
 プロフィール⇒ http://hamamotokeiei.jp/profile.htm 

【メール講座】「孫子」を使えるようになる講座(無料版)
 ⇒ http://hamamotokeiei.jp/heiho-mailmaga.html

【ブログ】

 「社長が兵法を身に付ければ経営は必ず好転する!」※スマホで読めます。
  ⇒ http://hamamotokeiei.blog.fc2.com/

【経営コラム】おかげさまでファンが増え続けています。
       シミルボンのファン登録者数 現在185名!

 「孫子の兵法」の教え(シミルボン)
  ⇒ https://shimirubon.jp/columns/1675632

 『十八史略』のツボ(シミルボン)
  ⇒ https://shimirubon.jp/columns/1674609

 「失敗しないための独立・起業コラム」(フランチャイズWEBリポート)
  ⇒ https://fc.dai.co.jp/column/expert/1013

【著書】

 『「孫子の兵法」─ 社長が経営に活かす70の実務と戦略』
  ⇒ https://secure.jmca.jp/sale/1114?&id=3 (日本経営合理化協会)

◆お問合せ
 このメルマガに返信して頂ければ、直接、私に届きます。
 または、hamak @hamamotokeiei.jp へお願いします。
     ※お手数ですが、@の前の空白を埋めてください。

◆メールマガジン内の広告を利用される読者の皆様へ
 広告につきましては、読者様ご自身の判断と責任においてご利用くだ
 さい。よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>

◆メルマガ広告の出稿をご検討の皆様へ
  ⇒ http://hamamotokeiei.jp/koukoku.html

◆メルマガ解除
 
 以下でお願い致します。

 まぐまぐの方
 http://www.mag2.com/m/0000104364.html

 メルマの方
 http://melma.com/backnumber_83215/

 弊社配信をご利用の方
 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=UiDpwwylTIRnM

◆Copyright 濱本克哉
 本メールマガジンは、お知りあいへの転送は自由です。
 経営の勉強に役立ててください。

────────────────────────────────
◆読者数:14771名 〜 今日もありがとうございました 〜 !(^^)!
   Mag2:12759  melma!:1422  自社:590
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊(金曜日)  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。