経営

社長が経営に活かす「孫子の兵法」

「日経MJ」事例から兵法的思考を学ぶメルマガ。コンサルタント歴26年、中小企業診断士歴21年の私のイチオシは「孫子の兵法」だ。拙著「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」にも書いたが、この書には戦うリーダーが押さえるべきポイントのすべてがある。

全て表示する >

【日経MJに見る】価格の高いPB商品、ついに登場

2010/11/25

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2010年11月25日 〓〓〓〓〓〓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆【日経MJに見る】社長のための兵法的経営戦略 1941号 ◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
────────────────────────────────
【今日の読者数:26205名】 〜 ありがとうございます 〜 !(^^)!
────────────────────────────────

売れない時代にどう売るか?
戦略立案に苦慮する社長が増えています。こちらの、

・CDを聴きながらシートに書き込む

方法なら、簡単に初めの一歩を踏み出せるでしょう。(濱本)
http://www.jmca.jp/sale/1064/?id=3

----------------------------------------------------------------
■佐藤義典の「経営戦略 虎の巻」CD

会社の未来の姿は、すべて社長が決断・実行する経営戦略
ひとつで決まる。では、売れない時代に売る我社の経営戦略
づくりとは。戦略の5大要素を社長の道具として活用し、成
熟社会から抜け出す「売る経営戦略」を解説指導
http://www.jmca.jp/sale/1064/?id=3
----------------------------------------------------------------


    〜〜〜【兵法マーケティング 今日のポイント】〜〜〜
         今の日本人は、粗悪品は買わない。
    安くても、商品のイメージが悪ければ売れないのだ。    
     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━━━━━ 2010年11月24日付日経MJより ━━━━━
□■□  本日の注目記事(7面)
■□■   品質重視の冷凍食品PB       ヤオコー
□■□      価格高め、家庭の主菜に
────────────────────────────────

今日は、素材や味にこだわったプライベートブランド(PB=自主企画)
商品の開発・販売を始めた、ヤオコーに関する記事です。

■シチューなど仕込みに手間のかかるメニューが中心で、価格はナショ
 ナルブランド(NB)より若干高く設定する。

■PBの名称は「やさしいテーブル」。第1弾としてシチュー、鶏肉の
 トマト煮、グラタン、ドリアなどを発売した。

■価格はクリームシチューとトマト煮がそれぞれ298円(240グラム入り)、
 グラタンとドリアは同398円(300グラム入り)。

■同社の冷凍食品の売り上げのうち弁当用が約5割を占めるが、近年は
 パスタやドリアなど家庭の昼食・夕食用の商品が伸びている。

■そのため多少価格が高くても、家庭で再現が難しいメニューは主菜と
 して受け入れられると判断した。

          とのこと。それで、↓↓↓

 ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────

 ナルホド、ナルホド … ピンと来た!(^o^)
 ⇒ マーケティングのヒント ⇒ 自分で早速やってみよう!

私の個人的な感想で恐縮ですが、スーパーのPB商品は、
どうもイメージがよくありません。

いまだかつて、PB商品を食べて、

「これはうまい!」

と感じたことがないからです。

・NBが一流ならPBは二流
・安い分、味もいまひとつ

などの印象が頭にあり、売り場で手を出すことはほとんどありません。

ところが、今回のヤオコーのPB商品は、

・NB商品よりも美味しく、その分、価格も高い

というもの。これまでのPBの逆を行っています。

その理由は、

「多少価格が高くても、家庭で再現が難しいメニューは主菜として
 受け入れられる」

と判断したためですが、背景に家庭の食事の変化があります。

例えば、2人暮らしをしている高齢の夫婦の家庭で
カレーを作ったらどうなるでしょうか。

食が細く、2人ともせいぜい大皿に一盛り程度しか食べないのに、
作るには大勢の分を作るのと同じ手間がかかります。

下手をすれば、3日も4日もカレーを食べなければならない、
などということになりかねません。

カレーはレトルトカレーが多いため代用も効きやすいですが、

・クリームシチュー
・鶏肉のトマト煮
・グラタン
・ドリア

などは、カレーに比べればレトルト食品、冷凍食品なども少なく、
自分で作らなければなかなか食べられないでしょう。

それに、仮にレトルト、冷凍食品が売ってあるとしても、
まずいと感じたら二度と買いません。

老夫婦は、

・ほんの少しでよいから、美味しいものを食べたい

と考えています。

また、若者も非婚化で、
中年にさしかかっても1人暮らしをしている人が増えています。
彼らにも、

・美味しくて少量の料理が入った冷凍食品

は受けるはず。

今回、ヤオコーが売り出した、

・NBよりも美味しい、高級PB商品

は、最初は少しずつでしょうが、品ぞろえが充実するに従い、
売れ行き好調になっていくのではないかと思います。

ヤオコーPB商品 
⇒ http://www.yaoko-net.com/original/index.php


●さて、あなたは、

・安かろう、悪かろう

というイメージを顧客に与えていませんか。

もしかしたら、あなたの商品は、

「安くて、よい品」

かもしれません。
しかし、顧客は、なかなかそうは見てくれないのです。

「安い」ことよりも、「よい品」であることを強調してください。
その方が売れるはずです。


【孫子の名言】「先ずその愛する所を奪わば、則ち聴かん」(九地篇)


───────────── 今日はここまで (^o^) ──────

■■■ちょっと一言

今日の西日本新聞を読むと、中国では、
「韓国が先に砲撃した」という北朝鮮の主張を先に報道するなど、
北朝鮮を批判する報道はなく、
ネット上でも北朝鮮支持派の書き込みが多いとのこと。

韓国と北朝鮮が砲撃戦をしたという事実は1つですが、
中国と日米の側で政府やメディアの見方がまったく異なり、
それに伴って国民の意識も違ってきていることが分かります。

で、結局、歴史というものは、勝者の側で描かれることになるわけです。

第二次世界大戦や、終戦直後の歴史も同じ。
日本人の中にも、勝者の歴史観によって振り回されている人がいますが、
気をつけないといけません。

昨日から右腕が上がりにくいです。もしかして「五十肩」? (#^.^#)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【もしかしたら役に立つかも】コーナー

元気の出る手帳として有名な「中村天風」成功手帳。

不況下で頭を抱えている社長や、
顧客に断られて気持ちが落ち込んでいる営業マンにピッタリ。

前向きになります。(濱本)
⇒ http://www.jmca.net/books/seikot/kk.php?&id=218 

              ↓↓↓

●2011年版「中村天風」成功手帳
 発刊20年、ご愛用・社用・贈答…に、年々ご利用が増え続ける大好評
 のダイアリーです。中村天風師の珠玉の金言・至言177語を365日持ち
 歩ける手帳に収録。「元気が湧き出てくる」「社員が明るくなった」
 「厳しい時に自分を励ましてくれる」…と絶賛の成功金言ダイアリー。
http://www.jmca.net/books/seikot/kk.php?&id=218
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日経MJに見る】社長のための兵法的経営戦略
2010/11/25 vol.1941発行

◆◇◆【発行者】
 マーケティングサポーターズクラブ(MSC)運営事務局
 専門家一覧⇒ http://www.marketing-supporters.com/18.html

 有限会社ぶしどうマネジメント 濱本克哉
  ⇒ http://www.bushidoman.net/

 拙著『「孫子の兵法」─ 社長が経営に活かす70の実務と戦略』
  ⇒ http://www.jmca.net/books/sonshi/ad.php?&id=7

  こんな書評が出ています。
  ⇒ http://encyclopaediafree.blog101.fc2.com/blog-entry-2266.html

 「社長のための兵法経営」ネット社長塾(日本経営合理化協会)
  ⇒ http://www.jmca.net/column/school.html

 「ちょっと一言」バックナンバー(楽天日記)
  ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/bushido/

 ご意見・ご感想をお待ちしています。 hamak@bushidoman.com まで。

◆メルマガ広告の出稿をご検討の皆様へ
 お試しキャンペーン実施中(11月末日まで)
  ⇒ http://www.bushidoman.com/koukoku/index.html

◆メールマガジン内の広告を利用される読者の皆様へ
 広告につきましては、読者様ご自身の判断と責任においてご利用くだ
 さい。よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>

◆インタビューにお答えしました。
  ⇒ http://www.dreamroad.biz/person/0008/index.html

◆メルマガ解除: http://www.bushidoman.com/mailmaga.htm でどうぞ

◆Copyright 濱本克哉
 本メールマガジンは、お知りあいへの転送は自由です。マーケティン
 グの勉強に役立ててください。
────────────────────────────────

今すぐクリック↓
-------------------------------------------------------------------
■佐藤義典の「経営戦略 虎の巻」CD
では、売れない時代に売る我社の経営戦略づくりとは。
http://www.jmca.jp/sale/1064/?id=3
-------------------------------------------------------------------

━━━━━━  ふぅ、メルマガ書けて良かった (^O^) ━━━━━━

【昨日の素読(そどく)】

昨日(11月24日)は『老子』の第一章を読みました。すべての物に、
最初、名前はありませんでした。名前は固定観念につながります。

────────────────────────────────
◆読者数:26205名 〜 今日もありがとうございました 〜 !(^^)!
   Mag2:21182  melma!:1484  E-Magazine:1068
   Melonpan:220  自社配信:2251
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊(木曜日)  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。