経営

社長が経営に活かす「孫子の兵法」

「日経MJ」事例から兵法的思考を学ぶメルマガ。コンサルタント歴26年、中小企業診断士歴21年の私のイチオシは「孫子の兵法」だ。拙著「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」にも書いたが、この書には戦うリーダーが押さえるべきポイントのすべてがある。

全て表示する >

【日経MJに見る】メーカーと小売店の対話

2010/11/16

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2010年11月16日 〓〓〓〓〓〓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆【日経MJに見る】社長のための兵法的経営戦略 1935号 ◆◆◆
◆◆◆                          ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
────────────────────────────────
【今日の読者数:26242名】 〜 ありがとうございます 〜 !(^^)!
────────────────────────────────

大久保恒夫氏は、

・98年ファーストリテイリング(ユニクロ)の経営改革で
 伝説になるほどの驚異的な数字を残し、
・02年良品計画(無印良品)の経営改革も指導しV字回復! 

すさまじい実績です。↓(濱本)
----------------------------------------------------------------
■大久保恒夫の「また一歩、お客様に近づく経営」講演CD

企業価値をあげたいなら小手先の手を打つのではなく「お客様の満足を
あげる売り場」を徹底的につくることである。営業赤字13億、倒産の
危機に瀕する九州最大のドラッグストアに乗り込み、16億の黒字化を
達成。企業変革の現場で実証した氏の実務と戦略を余すことなく収録。

http://www.jmca.jp/sale/1057/?id=3
----------------------------------------------------------------


    〜〜〜【兵法マーケティング 今日のポイント】〜〜〜
         気持ちよく売ってもらうために、
      販売に携わる人との関係作りをしっかりやろう。    
     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━ 2010年11月24日付日経MJ(3面)より━━━━━━
 ◆
◆◇◆  「小売店さんが何を目指されているのかをちゃんと聞く」
◆◇◆
 ◆         カルビー社長  伊藤 秀二 氏
────────────────────────────────

今日は、2010年3月期の売上高が前期比2%増の1153億円、純利益が同53
%増の20億5900万円と好調な、カルビー社長の伊藤秀二(いとう・しゅ
うじ)氏へのインタビュー記事です。

■──お菓子の販路は広がっていますね。
 「‥‥カルビーはスーパーとの取引で成長をつかみ、コンビニで企業
 規模を大きくすることができました」

■「メーカーとしては小売店さんに直接、お話を聞くようにして、その
 小売店さんが何を目指されているのかをちゃんと聞くことが大切に
 なっています。メーカーは消費者調査には積極的ですが購入する場所
 はお店ですから、本当は、そこでの取り組みが重要なのです」

■──売り方や商品開発にも生かされると。
 「そうです。同じ商品でもスーパーで買うのとドラッグストアで買う
 のとではお客様の気持ちがちがいます。車や家電製品を購入するとき
 はじっくり考えますが、お菓子の場合は、店頭でほんの数秒で『ぱっ
 と』手にとって買いますよね。短期間の研ぎ澄まされた感覚をとらえ
 ないといけません。瞬間的に買う気にさせる商品が求められます」

          とのこと。それで、↓↓↓

 ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  わかったゾ!!! これぞマーケティングの極意なり。┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

先週の「カンブリア宮殿」
⇒ http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20101111.html

では、味の素の海外での営業風景が映し出されていました。

ベトナムに赴任した日本人の営業マネージャーが、
赴任してわずか1年ほどでベトナム語を覚え、
現地スタッフとともに同社の調味料「アジゴン」を売り歩きます。
路地裏の小さな売店にも足を運び、
商品についたホコリを拭きつつ店主に営業をして回るのです。

ベトナムには卸売業が無いようで、
食品メーカーは直接、小売店や飲食店に売り歩かねばなりません。

もちろん、店舗側は仕入れの判断を行なうにあたり、
商品そのものが売れるものかどうか、という点は大きいでしょうが、
メーカー側の営業マンの人柄、人間力も大きなウェイトを占めます。

その点、味の素の営業マネージャーは、
現地の人たちに好意的に迎えられていたようです。


私自身も大手小売業で現場担当を務めていた経験から、

・メーカーの接し方次第で売り場が変わる

のは非常によく分かります。

中には断りもなく、勝手に売り場を変えてしまうメーカー担当者もおり、
売り場担当としては憮然とした気持ちで元に戻したものです。

逆に、商品特長などを懇切丁寧に教えてくれるメーカー担当者の商品は、
つい情が働いて、よく売れる場所に並べたくなりました。

メーカーが消費者を知るのは大事なことですが、
実際に売ってくれる小売店との付き合い、対話も重要です。


カルビー社長の伊藤秀二氏は、この点をよく理解されています。
営業畑が長かったことによるのでしょう。

同社の商品は、

・菓子パン店
・スーパー
・コンビニエンスストア
・ドラッグストア
・ディスカウントストア

などで売られているそうですが、

・小売店が目指す方向を理解するのが大切

と言います。

私の小売店時代を思い出してみれば、メーカーの優秀な営業マンは、
私の上司の話をよく聴いていました。

・いつ頃、どれくらい売りたいのか
・メーカーとして協力できることは何か

などを聞き出して、提案してこられていたものです。

もちろん、本社のバイヤーともこういう話はするでしょうが、

・現場の売り場担当者に溶け込んでいく

地道な活動が大事なのです。

おそらくカルビーでは、
営業マンがこのような活動をしているのでしょう。

つい、商品力の強さに目がいきますが、
営業マンの努力が同社の業績を支えている部分も大きいと思われます。

カルビー
⇒ http://www.calbee.co.jp/


●さて、あなたは、

・自社商品を売ってくれる人

を味方につけていますか。


間に流通業者をはさむ場合はもちろんのこと、
仮に自社が直接売る形態であっても、

・自社の営業マンが会社をよく思っていない

ならば、売れ行きは思わしくなくなります。
売る人との人間関係作りが、販売の土台として重要なのです。


【孫子の名言】「上下、欲を同じうする者は勝つ。」(謀攻篇)


───────────── 今日はここまで (^o^) ──────

■■■ちょっと一言

コマーシャルにも名作があります。
子どもの頃、テレビで、

「やめられない、とまらない、かっぱえびせん」

という、今では有名なCMが放映され、
その後に初めて「かっぱえびせん」を食べたとき、

「本当にやめられない!」

と感動したのを覚えています。

あれから40年以上を経て、今も愛されているかっぱえびせんとそのCM。
こんな仕事がしたいものです。

かっぱえびせんテレビコマーシャル&メイキングムービー
⇒ http://www.calbee.co.jp/kappaebisen/cm/index.html

今朝の福岡は曇り。寒いです。いよいよ冬の到来か? (#^.^#)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【もしかしたら役に立つかも】コーナー

『執念の経営』には、すさまじい努力が描いてあります。

経営に迷いがある、どうしていいか分からない、勇気が湧かない、
などの方には最適の本。

両腕がないのに、若い頃は新聞記者をしていた高江氏。
文章力もすばらしいです。超お勧め。(濱本)
http://www.jmca.net/books/takae/kk.php?&id=218 

              ↓↓↓

 ■『執念の経営』〜絶対に守るべき経営の原点とは〜
 十歳で片目を失い、十七歳の感電事故で両腕を切断するも、
 百億円企業を築いた男・高江常男の力の根源とは何か─。
 「金儲けと人を幸福にする理念」を体現した炎の経営者の
 半生記から、事業の長期繁栄と社長業の本質に迫る異色の書。
 http://www.jmca.net/books/takae/kk.php?&id=218
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日経MJに見る】社長のための兵法的経営戦略
2010/11/15 vol.1934発行

◆◇◆【発行者】
 マーケティングサポーターズクラブ(MSC)運営事務局
 専門家一覧⇒ http://www.marketing-supporters.com/18.html

 有限会社ぶしどうマネジメント 濱本克哉
  ⇒ http://www.bushidoman.net/

 拙著『「孫子の兵法」─ 社長が経営に活かす70の実務と戦略』
  ⇒ http://www.jmca.net/books/sonshi/ad.php?&id=7

  こんな書評が出ています。
  ⇒ http://encyclopaediafree.blog101.fc2.com/blog-entry-2266.html

 「社長のための兵法経営」ネット社長塾(日本経営合理化協会)
  ⇒ http://www.jmca.net/column/school.html

 「ちょっと一言」バックナンバー(楽天日記)
  ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/bushido/

 ご意見・ご感想をお待ちしています。 hamak@bushidoman.com まで。

◆メルマガ広告の出稿をご検討の皆様へ
 お試しキャンペーン実施中(11月末日まで)
  ⇒ http://www.bushidoman.com/koukoku/index.html

◆メールマガジン内の広告を利用される読者の皆様へ
 広告につきましては、読者様ご自身の判断と責任においてご利用くだ
 さい。よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>

◆インタビューにお答えしました。
  ⇒ http://www.dreamroad.biz/person/0008/index.html

◆メルマガ解除: http://www.bushidoman.com/mailmaga.htm でどうぞ

◆Copyright 濱本克哉
 本メールマガジンは、お知りあいへの転送は自由です。マーケティン
 グの勉強に役立ててください。
────────────────────────────────

今すぐクリック↓
-------------------------------------------------------------------
■大久保恒夫の「また一歩、お客様に近づく経営」講演CD
企業変革の現場で実証した氏の実務と戦略を余すことなく収録。
http://www.jmca.jp/sale/1057/?id=3
-------------------------------------------------------------------

━━━━━━  ふぅ、メルマガ書けて良かった (^O^) ━━━━━━

【昨日の素読(そどく)】

昨日(11月15日)は『老子』の第76章を読みました。堅くてこわばっ
たものは死の仲間、柔らかくて弱々しいものは生の仲間です。

────────────────────────────────
◆読者数:26242名 〜 今日もありがとうございました 〜 !(^^)!
   Mag2:21186  melma!:1480  E-Magazine:1067
   Melonpan:220  自社配信:2290
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊(木曜日)  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。